2009年9月アーカイブ

長野市、善光寺参道・路上パフォーマンス

ホテルの夜景
レトロホテルの夜景:撮影していると夕闇が降りてきました。
 このまま撮影を終えてホテルまで食事をしながら歩いて帰る予定でした。
磯五郎の唐辛子
八幡屋礒五郎:唐辛子で有名な八幡屋礒五郎を通り過ぎること・・・
歌舞伎パフォーマンス
歌舞伎パフォーマンス:路上パフォーマンスに出会いました。そこで、参道の坂を下りながら、パフォーマンスを撮影するプランに変更しました。
 よく言えば臨機応変、悪く言えばいい加減です。
ピエロと撮影する人
ピエロと撮影する人:ジャグリングするピエロとそれを撮影する赤ハチマキ(CANON)カメラマン。
太鼓囃子、白塗り男
太鼓囃子、白塗り男:左側の太鼓囃子は獅子舞です。でも、獅子舞は店舗の中に入っているので、撮影できませんでした。白塗り男は酔っ払いパフォーマンスで、男のたちが怖そうについてきていました。
玉屋玉屋:路上パフォーマンスを振り切って、静に駅前に食事を求めてさ迷い歩きます。
街づくりの創意工夫を見ました。

善光寺

善光寺を訪ねる
善光寺:仕事で訪問した長野に滞在することになりました。 天気もいいし、仕事は午後の4時半に終わり、疲労を回復するために5時15分まで夕寝したので 体力は万全です。
 かねてから、晴れだったら善光寺を訪問して夕景を撮影するプランでした。
塔と夕暮れ
塔と夕暮れ: けして何か目的の被写体があったわけではありません。ホテルから歩いたのですけれど、 意外に遠くて40分ほどかかりました。
 もう、すでに日は傾いていて、暫くすると夕焼けの色がなくなりそう。焦って被写体を 探して。塔を撮影するポジションが見当たらず試行錯誤してこの構図となりました。
象形・図形的風景 象形・図形的風景:お寺さんは、結構定型的な撮影パターンに陥りやすいので、ちょっと工夫をしてみました。 自分は子供の頃から図形が昔から好きで、コンパスや定規を使って図形を描く方法や図形を描くための式を考えるのが大好きでした。

提灯
提灯:もう、闇が善光寺を包み込もうとしています。 暖かい色の提灯と、よいやみ迫る雰囲気を出してみました。
静に染み入る風景が好きです。

鉄馬バイカーとの約束

真夏のオリオン
真夏のオリオン:ある鉄馬バイカーとの約束があった。日南の朝は東京に比べて 1時間遅い。
 私は、午前5時に起きだし、その男の待つ海岸にいった。空にはまだ真夏のオリオンが浮かんでいた。
暁のハーレー
暁のハーレー: そう、その男はハーレーダビッドソンを乗りこなすバイカー。私に写真の撮影を依頼してきた。
朝日に輝く計器
朝日に輝く計器:自分はバイクに乗らない。でも、この計器類が格好いいものだということは認識できる。
さらば、鉄馬バイカー
さらば、鉄馬バイカー:短い時間はあっという間に過ぎて、お互いが仕事に向かう時間がきた。「さらば!」とエンジンを踏み込む男。2人だけの濃密な時間がもてたことを誇りに思う。
新たな1日の始まり
新たな1日の始まり:その一部始終をハイビスカスが見ていた。新しい1日が始まる。
う~ん、マンダム!

福島県商工会連合会いわき支所IT戦略コース

  • 9/3 福島県商工会連合会いわき支所IT戦略コース 17:30~21:00
  • 9/4 蒲郡商工会議所で経営革新塾フォローアップ相談会 6件 13:00~16:30
  • 9/5 長野県商工会連合会IT戦略コース 09:30~16:30
  • 9/6 長野県商工会連合会IT戦略コース 09:30~16:30

 日南商工会議所から8.5時間かけて福島県いわきに。
いわき懇親会
セミナー後懇親会に:珍しくいわきで懇親会がありました。Gパン刑事、蕎麦スティックを召し上がっておられます。

蒲郡商工会議所で経営革新塾フォローアップ相談会

レストランでランチを
ランチの焼きカレー:いわきから5.5時間かけて愛知県蒲郡へ。ランチに焼きカレーを頼むとチーズがかかっている。あわてて取り除きつつ。
相談会:2.5時間で6件のコンサルティング。結構きつかった。
 写真の方は観光会社の社長さん、私の影響で極道に(笑い。なんと、はじめて持つカメラが NIKON D300S。マニュアル撮影がまだできないのだとか。
蒲郡商工会議所相談会

 ここから、再び5.5時間かけて長野へつくと。9時半でした。
 ホテルまでちょっと距離があるのと10時間以上の移動のあとで早くホテルに入りたいので、タクシーに乗るとワンメータだった。そこでTAXIの運ちゃんにいやみ言われました。 おいおい、暇なくせに嫌味いうなよ。何も悪いことしていないのに。

いやな長野県人のやっつけ方

運ちゃん「お客さん。ワンメータしかいかないから、早めに金だしておいて」
伯爵「どういう理由?」(なんで、到着前から金出せという?)
運ちゃん「お客さん。ワンメータしかいかないから」
伯爵「長野県は教育県でしょう、あなたの言い方論理的ではない。合理性に欠ける。だから、論理的いいかたしてくれないとわかんないなあ」(頭きているからイヤミ)

以前もあったのですが公的支援機関職員向けの講演会場にて
伯爵「BtoBとは事業者間取引のことで・・・」
聴衆「英語を言われてもわかんないなあ(イヤミ)」
伯爵「長野県は教育県でしょう、英語ぐらい理解していないのですか?」
他の聴衆「笑い」
 長野県人の社会的評価は一般的に「理屈っぽい」とのことになっております。しかし、実際に旅行して接触してみると、このケースのように非論理的な部分で突っ込んでくる特性があります。

 しかし、このようなケースにおける切り返し方は簡単です。「長野県は教育県でしょう」といえばいいのです。
 彼らは教育県ということに誇りを持っているので、非論理的なふるまいができなくなるのです。(笑い;

 これがイヤミな長野県人のやっつけかたのコツです。

 
長野県商工会連合会経営革新塾
長野県商工会連合会IT戦略コース:講演の友、キンカンと共に。この私の写真mixiに掲載しておいたらポテチヨさんが「画像加工したんじゃないの?」とショックを受けた写真(笑い;

冷静な某中小企業診断士は「伯爵様のレンズによるいたずらじゃあない」。どっちも多分、正しいと思う。 
ランチ会場
ランチ会場は:ホテルの和室大広間でした。
刺身
ランチは刺身:美味しかったです。
午後のアイスコーヒー
午後のアイスコーヒー:暑くなるとアイスコーヒーを頼んでしまいます。おいしい。
記念撮影
講座終了後の記念撮影:参加者から、なんでITなのにITが少ないの?あなたの講座を楽しみにしていたのに。 MTOSって凄いのですね、なぜ詳しく教えてくれなかったの?といわれる。
すみません、主催者の要望です。だからMTOS可能な限り封印せざるを得ない。それぞれの地域ごとに事情があります。

1週間ぶりに家に帰りました。

日南商工会議所経営革新塾IT戦略コース

  • 9/1 宮崎商工会議所でWeb診断 13:00~15:00
  • 9/1 日南商工会議所で経営革新塾IT戦略コース 18:30~21:00
  • 9/2 宮崎商工会議所でWeb診断 09:30~12:00
  • 9/2 日南商工会議所でWeb診断 14:00~16:00
  • 9/2 日南商工会議所でWeb診断 16:00~18:00
  • 9/2 日南商工会議所で経営革新塾IT戦略コース 18:30~21:00

 日南商工会議所では自らMTOSによるHP技術指導をするから、売れるコンテンツ作りを助言、授業をして欲しいとのことです。
海幸
日本料理、海幸:宮崎有数の日本料理店海幸で、魚の蒲焼をいただきます。
ところがこの海幸の主人、筋金入りのアマチュア写真家。全国的コンテストで金賞受賞の人物。
 なんでも、天体望遠鏡を売り払ってNIKON D300を購入したとか。その操作やデジカメ独特の特性の情報収集にお出ましいただきました。
海幸主人
デジタル撮影
日南商工会議所 デジタル一眼レフ撮影:地鶏焼きや焼酎を撮影したけれど、日本酒風になってしまった。(汗;
茸蔵さんの椎茸ピクルス
茸蔵さんの椎茸ピクルス:以前、取り上げましたね。これで経営革新計画の認定を受けましょうよ
会食
講座終了後、有志の皆さんと会食:茸蔵さんなかいいですね。嫁さん結構ビールがお好きでたくさん、召し上がっていました。

相談者の伊勢海老撮影
相談者の伊勢海老: 9月2日から宮崎の伊勢海老が解禁になりました。相談者がイセエビを盛ってきて撮影してちょうだいとのこと。
 面白いけれど、結構難しい撮影です。
餃子のあんなんの財津さん
餃子のあんなんの財津さん:餃子のあんなんさんもMTOSでHPができてきましたよ。右上の写真は夕食の刺身、右下の写真は安藤水産さんの佃煮
日向小夏アイス
日向小夏アイス:空港で時間ができました。ある目的があったので日向小夏アイスを一緒に撮影。美味しかったです。
もこれから8時間半かけて福島県いわき市へ移動です

8/29 安倍川花火

 8月28日広島県三次市でのポータルサミットのあと、鵜飼と29日の早朝撮影会を終えて午後3時15分に無事静岡に帰り着きました。
 1時間ちょっと仕事をして、いそいそと三脚とカメラの準備をして午後5時、自転車に乗って安倍川べりの徳願寺のある山を目指しました。
 予定では午後6時に山頂に到着する予定です。
 急坂を自転車を押してなんとか山頂にたつことには成功しましたが汗みずくになってしまいました。直前のコンビニで水を買う予定でした。しかし、急に山道に入ってしまい水なしでここまできました。大失敗でした。
平和を祈る花
平和を祈る花:実は安倍川花火、昭和20年、終戦直前の大空襲でなくなった方を慰霊するための行事だったのです。この年になるまで知りませんでした。
空中の大輪
空中の大輪: 10尺玉です。安倍川花としては最大級。望遠レンズにかえた直後でしたので、レンズ交換が間に合わずはみ出てしまいましたが、それも愛嬌です。
 溶射屋さんの秘密の場所は午後6時にもかかわらず、40人くらいの人が集まっていました。三脚も10本以上。いかにもセミプロ風の方々もいらっしゃいます。私はその一人(お年寄り)と仲良くなりました。会話をすると、有名な会社の親族の方でした。
低空に咲く花
>低空に咲く花:この花火の下に溶射屋さんがいるなあと考えながら撮影。実は、このとき彼から携帯に電話があったが、集中していたのでわからず。
ハート型の仕掛け花火
ハート型の仕掛け花火:大輪のほかにこのような企画型の仕掛け花火も面白いなあと思いました。
青いしだれ柳
青いしだれ柳:静岡市の空中を覆う青いしだれ柳。
 じつはこのときエヴァンゲリヲンの「使徒襲来やなあ」なんてくだらないことを考えておりました。
祭りは終わって
祭りは終わって:静岡の町にも闇が覆うようになりました。私は、カメラ機材をリュックにしまし、三脚を自転車にくくりつけ急な山道をブレーキに気をつけながら下っていったのです。
 この日は風がなく、前の花火の煙を吹き飛ばしてくれず終盤はラッシュだったのですが殆ど絵になりませんでした。
撮影後に自宅で食べたカレーとビールは美味しかったです。

作木の滝を撮りに行く

 早朝撮影会は8月29日午前5時集合で、高谷山に三次名物の霧を撮影しに行く予定でした。しかし、濃霧が凄くて風景が見えない。そこで急遽山を下って島根県境の作木までいって、常清滝を撮りに行くことにしたのです。
滝の全景
常清滝全景:正直、皆さん雲海を撮影しに早朝から起きたのでがっかりしていたと思うのですが、この滝を見た瞬間にその考えがかわりました。とにかく大きい。落差が凄い。
樹幹より落つ
樹幹より落つ:三次中心街から作木まで自動車で30分程度。そして徒歩15分。早朝起きの身としては辛いところですけれど、素晴らしい光景に粋を飲みました。
白いカタツムリ
白いカタツムリ:滝から落ちた水は急流となって川に注ぎます。これが江の川に合流して日本海に注ぐのです。その傍らで白いカタツムリを見つけました。
小さい命を育む水
小さい命を育む水: じっと立ち止まって川の流れや滝を撮影していると小さい命を発見することが多い。滝つぼにサワガニを発見しました。私がいるのを知っていて、じっと身をかがめています。私ももっとよりたいですが、短パン、Tシャツに革靴なので水没や腹ばいが許されません。

大きな地図で見る
常清滝探検隊記念撮影
撮影隊記念撮影:常清滝の撮影終了で午前7時です。ここで解散となります。
みなで食べる朝食
合同、朝食会:解散後ホテルに帰って朝食を静岡チーム、京丹後チーム、伊勢崎チーム合同でいただきました。
 実はレア写真があります。それは溶射屋さんの朝食シーン 彼は基本的に朝食は食べません。何十年ぶりかで朝食を召し上がったそうです。

P.S クリちゃんは、前日の酒が二日酔いになって、一度起きたんだけれども、再度ダウンだそうです。 

三次の皆さん有難うございます。

三次の鵜飼 2/2

鵜匠
鵜匠:鵜匠は大変です、鵜をあやつり、魚(鮎)を捕まえたら即座に引き上げて魚籠(びく)に吐き出させます。自分には難しいですね。
鵜と馬洗川と 鵜と馬洗川と: 鵜飼では、休憩があります。その折、着眼した鵜船と鵜の写真を撮らせていただきました。後ろに見える鉄橋の赤い色がなんともいえません。
船頭の背中と鵜船: 鵜飼をやる川は、馬洗川と西条川が合流して江の川になる地点。だから、結構操船が難しい。船頭は自らの感と力で舟をコントロールしますので重労働だと思います。 船頭の背中と鵜船

鵜飼と川に映るほの明かり
鵜飼と川に映るほの明かり:提灯の赤い光、その光が川面に反射して滲んでいます。それがなんともいえない風情で。これが哀愁のある古きよき日本なのでしょうか。
鵜飼、また、見れるでしょうか。

三次の鵜飼 1/2


鵜飼のはじまり:三次は鵜飼が有名。懇親会を終えたメンバーが三々五々あつまり4艘の舟に分乗して鵜飼が始まりました
おだっくい
おだっくい:静岡県では、お茶目さんの芸達者のことを「おだっくい」といいます。おだっくいとは、おだてられて・・・という意味。でも溶射屋さんは違います。サービス精神旺盛な方です。有難う、写真1枚いただきました(笑い。
 さりげにぽてちよさんや若の背中も見えますね!また、船名に注目です。
記念撮影
記念撮影:リワークさんと平成の武田信玄さんが記念撮影されていました。私も負けじと仲間にいれていただきました。三次の鵜なんですが白いのが混じっているのが特徴です。
 白いのは中国産らしいんだけれど怠け者らしい(笑い;
おやじさんと鵜飼 京丹後のおやじさんと鵜飼: さすがに彼の写メもこの暗闇では・・・のようです。それは冗談として、懇親会の開催挨拶も終わって緊張が解けたおやじさんの表情が素敵です。
提灯の灯りはあかし: あやしくみなもにゆらめく提灯の赤い光。ゆらりゆらりとゆれて、川面を漂う風に溶けてゆくかのようです。 提灯

鵜飼船はゆく
鵜飼舟はゆく:鵜飼は知っていても体験した人は少ないでしょう。お大尽遊びの鵜飼。それぞれの方の思いを乗せて鵜船はゆきます。
明日は少し風情を変えて

おやじの背中

| コメント(53) | トラックバック(0)

ふと、父親を撮影しようと思った

 若いときに肋膜(ろくまく:結核みたいなもの)をやって、陸軍士官学校を受けられなかった父。 不思議と健康で、今は何も悪いところがないのだという。自分よりも健康だ。毎晩、母と4kmは歩いている。そんな父親を撮影しようと思ったのはなぜだろうか。
おやじの背中
 自分も50歳を越えて、だけども不惑なんて言葉はとてもとても。まだ、惑いの中にいる。この昭和4年式の肉体と精神は何を考え、そして生きてきたのだろうか。
いまだに現役
 父は若い頃、家が貧乏で。本当は一ツ橋大学に入れる学力があったのだそうだが静岡大学に。 そして中小企業系金融機関である国民金融公庫へ。父がかつてそのような仕事をしていることと 自分が現在の仕事をしていることの連続性の不思議さを感じざるを得ない。
 父は今、私の会社の経理をやってくれている。
父親
 父親に似ているのか、似ていないのか。自分のやっていることが正しいのか正しくないのか。 意外に父親は冷静で、それをよく見てくれているように思う。
 無職から一転就職が決まったときは「世の中は見ている人がいるものだ」といった。そして、 裏切られても仕事続く状況を見て「やはり実績とまじめに取組む姿勢が重要だ」と言ってくれた。
来年もこのような写真が撮れることを祈る。

おいしいコーヒーを飲ませるスプレモ

スプレモ入り口
スプレモ入り口:実は広島県、三次ポータルサミットの開始直前、少し時間があったので商工会議所のご案内されて、コーヒーショップのスプレモさんを訪問させていただきました。
ブラックボードとマスター
ブラックボードとマスター:スプレモの特徴は、フェアトレードコーヒーを出すこと。つまり開発途上国の豆を買い叩くのではなく、きちんと評価してフェアにお金を払って仕入れること。分かっていてもなかなかできないことです。
ハンドピッキング
ハンドピッキング:もうひとつの特徴がハンドピッキング。欠点豆という汚い汚れた豆やムシクイのある豆をスタッフ自らの手ではじく。これは澄んだお客さんに美味しいコーヒーを飲んで欲しいからだそうです。
リラックス溶射屋さん リラックスする溶射屋さん:なんか大人の雰囲気を醸し出す。溶射屋さん。格好エイです。ワシも早くこういう、大人になりたいです!
東チモールコーヒー:インドネシアの横の開発途上国東チモール。このコーヒーは味わったことがないので、ちょっと冒険でした。でも正解。まず軽い苦味がきて、少しフレーバーな香が通り抜けます。いい感じ、美味しいコーヒーです。 東チモールコーヒー

ミニ黒板
ミニ黒板:ギフトの広告に使われているミニ黒板がレジ前のテーブルに置かれていました。目に付きますね。
美味しいコーヒーでリラックス

英知の共有を目指した三次ポータルサミット2009

 西日本、しかも広島県の島根県よりの不利な立地。「遠くて行けないよ」との声が多く、どれだけの方が集まっていただけるか心配でした。しかし、主催者の頑張りがあってなんと150名以上の方がご参加。盛会となりました。
三次サミットへの道
三次サミットへの道:静岡から三次へ向かう道は静岡→名古屋→広島→三次です。広島駅に到着して、芸備線に乗り込むと、あれっ、どこかでみた白い頭。
 電車の外に出て確認すると溶射屋さんです。撮影していると気づかれてしまいました。二人で1時間超の道行きで三次への到着です。
パネルディスカッション
パネルディスカッション:三次代表はガラス工房アイリス様(左)、製造業代表は溶射屋さん(中)、仮想工業団地代表は平成の武田信玄さん(右)です。このパネルは好評で、感動したとの意見が多々ありました。
基調講演
サミット共同宣言:私の基調講演趣旨として、①ITは技術であり、道具である、②大切なのはコミュニケーション、 ③年齢や性別を理由に努力を怠ることなかれ、④おごる平氏は久しからず、⑤技術革新の波に遅れるな。です。
 サミット共同宣言も滞りなく行われました。
 なお、欠席のZUKUDAS@松本チームはビデオレターでのご参加有難うございます。
交流会、三次ワイン
三次ワインで交流会:会場を移して三次ワインへ、いよいよ交流会の始まりです。
乾杯はおやじさん
乾杯の音頭はおやじさん:おやじさん、かなり緊張しています。でも、さすが写メール名人。無難にこなして乾杯です。
 僧兵さんとパンツ屋さん。お二人共、髪型がそっくりでまるで真田十勇士の三善入道兄弟みたいですね。
全国各地からの参加の皆さん
全国からのご参加の皆さん:私は三次の皆さんや女性司会者の方と記念撮影
  • 韮崎の皆さん:午前2時に韮崎を出発、車で100km近く走破、淡路島などを経由して
  • パンツ屋さん(浜松):原爆ドームを撮影後いらっしゃいました。
  • 京丹後の皆さん:久美浜→豊岡→姫路→広島→三次を経由して鉄路でf
  • 群馬伊勢崎チーム:前日、お台場のガンダム経由で参上!


やまたのおろち退治の舞いのアトラクション
:夜の帳も迫ってこの後、鵜飼のアトラクションが控えております。
来年度のサミットは伊勢崎
来年のサミットは伊勢崎!:気合はいりまくりです。実現に向けて色々あるかと思いますが頑張ってください
帰り道も仲良く
帰り道も仲良く:帰りは広島まで、溶射屋さんと京丹後メンバーとご一緒でした。新幹線がそれぞれ異なるのでここでお別れです。
 後日談、パンツ屋さんと伊勢崎のメンバーは自動車に乗り合わせ呉で戦艦大和をみてかえったそうです。パンツ屋さん曰く「帰ったら23時半でした」だそうです。

※後日談:伊勢崎チームからの報告があり、帰宅が翌朝4時だったそうです。お疲れ様です!

 

皆さん、お疲れ様でした。有難うございます

九十九里、浜辺にて

 早朝の浜辺は美しさにあふれています。
貝殻(紅)
紅色のした貝殻はなぜかいとおしくて:潮の香がしたと誰かが呟いている錯覚にとらわれてしまうから。
砂に埋もれた忘れ物
砂に埋もれた忘れ物: 波が置き去りにした忘れ物。また海に帰ってゆくのだろうか。
浜辺にて
浜辺にて:流山からきたkanekoさん。「一度、九十九里の朝焼けを見てみたかったの」と幸せな表情。散歩の犬も軽やかな足取りで駆け抜ける。
黄金色に輝く風紋
黄金色に輝く風紋:なぜに早朝の輝きはこれほどまでに美しい風景を創造するのだろう。
千鳥足
千鳥足と風紋: 浜チドリ、お前の行く先に幸せはあるのか。
ジャスミンの香に誘われて
ジャスミンの香に誘われて:一度、しまったレンズをもういちど取り出してしまったほど。
撮影隊
撮影隊 : 一度、行方不明になったHさんも見つかって、めでたし、めでたし!
美しい風紋がまた撮影できたなんて!

九十九里の朝は今日も快晴だった

 東金商工会議所の新担当者及び受講生2名、 komaiと私の5人で早朝撮影会を実施しました。
朝焼けと樹木
この日の朝焼けは: 黒い雲を伴っていて不気味な赤い色を帯びていた。 (50mm F1.4)
九十九里早暁
九十九里早暁:荒涼な砂だけの浜辺。朝焼けだけが美しい。(12~24mm F4  露出はF11)
早暁の波頭
早暁の波頭:この日は東風もあって、天気は良かったが波が高かった。
早朝の雲の流れ
雲は流れる: 雲はどこから流れてきて、どこへゆくのだろうか。ふと感がるほどの速い流れ。
堤防の見える風景
堤防の見える風景:早朝からデジタルカメラで撮影しようとする女性グループが2組。爆竹でふざける若者達。堤防で釣る無数の人々。
 なんでも、この日の太陽はダルマだったらしい。だけれども、堤防にさえぎられてきっちりと見れたわけではない。でも、それはけして目的でなかったから。これで十分だった。 記念撮影
記念撮影: 左:komai,中:akbたん。右:kanekoさん。
 ストロボを使ったシンクロ撮影です。
記念撮影2
記念撮影2:撮影はkomai
おかげさまで、久々に気持ちのよい撮影ができました。有難うございます

おもろいakb48たん(akb48ちゃん)

東金商工会議所の秘密兵器
 新担当者はいきなり一眼レフを持って登場した!
指
東金商工会議所IT戦略コース新担当(補助): ニューフェースの登場です。この指先でわかりますね!
 可愛い女性です。仮に呼称を"akb48たん"としましょう(オタク風表現:笑い;)
パフェのフィギア
一眼レフを持った。サブ担当者:このakb48たん、女性なんですが、初手からペンタックスの一眼レフ持参です。
 このパフェは彼女がセミナー会場であるU-BOXで購入したフィギアです。なんでも、商品撮影するときに背景として使えるからだとか。なかなかやります。東金商工会議所。
 なんでもAKB48たん、メイド服も持っているし、イタ車も好きだとか。さらにねずみ~ランド好きときて、もしかして、講師の性格を読んだ最終兵器かと思ってしまったしだいです(冗談)
デザートを召し上がるアキバたん
デザートを召し上がるakb48たん: 受講生の皆さんと懇親会になりました。ご担当のisaka氏は別の会合があるとかで今日はakb48たんが仕切ることに。
 そこで、最後の〆はということでデザートタイムに。なななんと、散々、飲んで召し上がったあとに、パンの上にアイスがのってさらにそのうえにカマンベールチーズが乗ったデザートを完食されましたあ♪
早朝撮影会 日の出を撮影する少女!: ・・・ということで4時おきの九十九里浜における早朝日の出撮影会も参加いただきました。
 一眼レフをもった立ち姿もなかなか様になっております。

記念撮影
早朝撮影会記念撮影:撮影はkomai. ワタクシは、腰に手をやってラッパ飲みポーズですが、良く見るとしっかりとakb48たんにイジラレテおります(汗;
講座のフォローも抜群、なかなか気配りOKのニューフェースです
私の夕食のカロリーは何カロリー! は650kcal

8/24~30 講演紀行

福島県商工会連合会 IT戦略コース
8/24 福島県商工会連合会 経営革新塾IT戦略コース: いわき駅前ビルの"ラトブ"(ヒデブではない)で待ち合わせ、そして講座終了後に食事。
ステーキのカロリー計算
ステーキのカロリー計算:このような夕飯をお見せするとおしかりのコメントを良くいただくのですけれど、さて、このステーキライスのカロリーをご存知でしょうか。
  • =ヒント=
  • 類似メニュー オムライス 1,100kcal、パスタ890kcal、ハンバーグ840kcal
  • ライス 普通のライス 300kcal,小ライス 220kcal
  • この日のオーダー! さいころステーキプレート+小ライス
  • 付帯条件 小ライス 1/5 残しました!
さて、私の夕食のカロリーは何カロリー!
  1. 650kcal
  2. 800kcal
  3. 840kcal
  4. 950kcal
  5. 1,000kcal

Final answer!

 
東金商工会議所創業塾 フォローアップ講座
8/25~26 東金商工会議所 創業塾フォローアップ講座: 早朝いわきをでて、いわき→柏→船橋→蘇我→東金のコースで到着!
fc2ブログで作るHP作成講座
fc2ブログで作るHP作成講座: 2日目から当社のイケメン・メンバーkomai(左:小さいのでコマイではありません)の協力を得て。fc2でつくるHP制作講座となります。
 講座中、fc2に集中アクセスによるトラブルあり。モハメッド・アリ(^^;
 会議所isaka氏(右)の支援力で回避。有難う。
楽しい講座
楽しい講座:会場のUスポットは銀行の跡地。これを創業施設としてつかっております。そのため、会場には様々な創業者の作品がおいてある。
 そんななか、参加者は仲良く、それぞれのお弁当を持ち寄り、互いに分かち合う。お握りは当たり前、漬物や果物を持ってくる人、なかには圧力釜で肉じゃがを煮てくる人も。
 一端、komaiと静岡に帰る。
甲府でいただくカツ

8/27 甲府の顧問先訪問: 顧問先の顧客の和食レストランへ。定番ランチを頼んだらチキンカツだった。
 山梨で多いのが豚カツ屋、次が寿司屋、その次がうどん屋。間違いない。すし屋がない点が伊勢崎と違う。
三次ポータルサミット2009

8/28 三次ポータルサミット2009:毎年恒例。ポータルサミット。立地の不利性(遠い)、知名度のなさ(ブログ活躍メンバーなし)の不利性を克服し 150名の集客は立派。
 詳細はまた別途報告します。遠路参加の方感謝です。有難う。
 伊勢崎、山梨、千葉、静岡からのご参加。あれっ?(笑い;

 
来年の開催は伊勢崎市、さ来年は山梨、その次は・・・:続々と名乗りの挙がる立候補地。やっぱり、価値が分かる人はわかってる。連携と知恵の共有のその意味が。

8/30 移動日 東大和へ:

シジミチョウ

移動日です。午前中はゆっくり休んでそして、選挙にいって。仕事して、ブログ更新して出かけます。

蝶嫌いな人がいるのは知っている。でも、怒らないで!(笑い;

私、昆虫が好きな理系、眼鏡男子っですから。(本来は草食系でもあります)

生き物の観察大好きなんです。小さい頃からミジンコ自分で培養して顕微鏡で見ていたんです。

蝶の標本も作りました。天気図も書くことができました。

ただ、運動と自分の体より大きい機械が(自動車など)苦手です。

得意なものですか?

ボードゲーム(将棋、中国将棋、チェス、軍人将棋、バックギャモン、ポーカー、麻雀)、生物や気象の観察、実験、スケッチやデッサン、製図、定理の証明

子供の頃の得意なものは役立っていると思っています。

 

だから、精神分析法のクレペリン検査でも選択性の強い職業嗜好性(要は得意と不得意が極端に激しい)が見られるので、職業配置を考えて、この人を採用すべきだと書いてありました。正解だと思います。

皆さん、有難う。遠路、有難う

世界遺産、安芸の宮島へゆく

 楽しい会話もそこそこに。太陽が傾いて。でも、その時間だけ雲が多くて夕焼けは実現しませんでした。
赤鳥居、夕まづめ
赤鳥居、夕まづめ: 潮満ちて、夕闇迫る。ライトアップされる赤鳥居。
世界遺産宮島
世界遺産宮島: 青い空、赤い宮島。点在する対岸のライト。深く止みに沈みつつある瀬戸内海は見るものを感動させる。
宮島口、対岸の夜景
宮島口、対岸の夜景: 狭い瀬戸内海を渡る連絡船と対岸の夜景。静と動の風景。
回廊幻想
回廊幻想: 満ち潮は回廊下まで満たした。美しく映り込む回廊。最後の1枚に相応しいと思った。
 回廊の写真をもっと撮影したかったけれど、午後7時を過ぎると急速に交通の便が悪くなる。最後の1枚として撮影したけれど、この撮影に時間を使ったのでJR連絡船に乗り遅れる。
 仕方なくJR連絡線の復路チケットを諦めて私鉄の連絡線で宮島口に帰る。
蒸し暑い中の撮影で大量の汗をかきました。

世界遺産、安芸の宮島へゆく

 ここ7年位前から頻繁に広島に仕事でゆきます。しかし仕事で行くために、なかなか観光ができませんでした。そこで宮島です。
 かつて一度だけ宮島に夜につれてきてもらったことがあるのですが、コンデジであったことと、三脚を持っていなかったので、思うような撮影ができずに掲載をしなかったことがあります。今回は数ヶ月前から狙っていました(笑い;
安芸の宮島へゆく
連絡線に乗る:  広島駅から25分。JR宮島口駅下車。徒歩で連絡線口に。コインロッカーに鞄と背広を預けて連絡船に乗ります。連絡線は私鉄とJRがあるのですが、JRの往復を買ってしまいました。これが失敗。340円なり。
はしゃぐ外人たち
はしゃぐ外人たち: 外人たちが連絡線のデッキでもはしゃいでいます。そうかもしれません。わざわざ時間とお金をかけて世界遺産の宮島にきたのですから。
宮島の鹿 宮島の鹿:宮島についた瞬間。立派な角の鹿をみました。ほんとに奈良にいるのと同様に普通に、しかも猫のようにどこにでもいます。
回廊をめぐる
 宮島に来た目的は夕焼けと夜景。でもそれまで少し時間がありますから撮影ポイントを探したり、軽く観光もしてみたいと思いました。
宮島本殿
宮島本殿:赤い回廊はとてもあざやかで魅力的です。以前。大学生のとき群青という戦争映画をみたのですが、ここで死に赴く海軍将校と奥さんの見つめあうシーンがありましたがふとそれを思い出しました。
回廊を渡る神職
回廊を渡る神職: 観光客もそれほど多くなく、静けさが漂う神殿を若い神職がゆく。
回廊と太鼓橋
回廊と太鼓橋: まだ,干潮時で回廊までに海水が来ていません(干上がっています)。でも、夕陽を浴びた回廊と太鼓橋綺麗です。
巨大な木
巨木: 回廊を抜けて神殿背後の山に登り、撮影ポイントがあるか偵察に。その際に、巨木を見つけました。根の部分に空洞があります。
出会いと会話
外国人のカップル:日が傾いて、潮が満ちてきます。夕焼けや夜景を求めて海岸端の土手に人が集まってきます。
 それぞれが思い思いの風景を求めて、佇んでいるのです。
 そんな折、私の後ろでコンデジを構えている若い女性から声をかけられました
女性「夕焼けは難しいですね」
私「そうだねえ、でも諦めずに狙うし。夜景も綺麗だよ。多分」
 この方、茨城県からお越しのお茶屋さん。
女性「お茶屋は夏が暇なんです」
外国人のカップル
記念撮影 沖縄から来たカップル:二人で鹿児島まで船で来て、そこからバイクの二人乗りできたそうです。
カップル男「ラムネの見ますか」
私「有難う。」
カップル男「よかったら写真撮ってもらえますか」
私「OK。一緒に写ろう!」
旅先での出会いと会話は楽しかったです。

ティンカーベルさんのお弁当・ランチお助け隊

改めて写真撮影の難しさを知る。
 ティンクさんのお弁当・ランチお助け隊の撮影が残っていることが気がかりでした。でも、家で食事をするきっかけがないと食べられないのでなかなか撮影できないからです。
お弁当・ランチお助け隊
お弁当・ランチお助け隊:  先攻するコンテンツにTWINSさんのものがあり、秀逸です。だから違う表現をしようと考えていたのですが、やっぱり彼が撮影したように背景が黒が撮影しやすいということが 3種類くらいの背景で撮影してみて判明。
 そこでの、最後はブラックボードにつるして撮影してみたのですが、下に液体が偏る。だから凹凸が表面に出て光を反射する。やっかいです。彼はもしかすると、一端、このラミネートを湯洗してラミネートを膨らませてから撮影したのかもしれない。
 でも、時間がないのでド~モすみません。
女性を意識したマーケティングコンセプト
女性キャラクタ 女性キャラクタ:ティンカーベルさんの考え方は非常に徹底していまして、女性をターゲットとしているのであるならば、味覚だけでなくパッケージの色彩やキャラクタなどにも徹底的に拘る点。
 だから、地域でも繁盛店となるのでしょう。小林さんの決断の早さ、行動の早さもZUKUDAS@松本グループのなかでも秀逸。あらためて関心いたしました。
妻に料理をつくってもらう
ミートソース焼きそば
即席、ミートソース焼きそば: 今日ぐらいしか自宅で昼ごはんを食べられる日はありません。
 ちなみに朝食はベーコン2枚と卵1個とコーヒーだけですませました。(ダイエットをしているので胃が小さくなり食欲が乏しいらしい)
 妻曰く「焼き蕎麦」というので、塩焼き蕎麦にして、ミートソースをかけてみると面白いのかなと考えたのです。
美味しいミートソース
美味しいミートソース: 塩焼き蕎麦にミートソース。一見するとむちゃですが、予想通り美味しかった。しっかりとした味付け。下味の塩コショウとフィットします。
 お手軽便利!ティンカーベルさんのお弁当・ランチお助け隊
ミートソース焼きそばを食べて診断士研修に出かけました。

宮崎県日南市北郷の陶スタジオ

 先日取上げた焼酎「たおやかなり」の撮影を企画していたら天気予報が外れて雨になりました。事前に場所を使わせてもらうことを会議所I氏が出をまわしていたので、陶スタジオさんの庭や展示場所等を使わせていただくことができました。
自然豊かな北郷
バナナの木
バナナの木: バナナの花の根元をご覧下さい。付加緑色の房のようなもの。これがバナナになるそうです。なるほど。
カタツムリ
カタツムリ: 皆さん、カタツムリは大丈夫ですか?(不快ではないですか 笑い:)草食系、理系眼鏡男子の私としては全然大丈夫。むしろ、大好きな被写体なのですが
被写体としての陶器I(奥様作)
ひよこの置物
採光と陶器:撮影許可を得て展示品を撮影させていただきました。(作業中と、工房、仕掛品はNGだそうです)陶スタジオさんは採光と背景の庭が緑で綺麗!フォトジェニック(一種の撮影萌え)です。
陶器の猫
猫の陶器: ここまでの作品は奥さんのものだそうです。優しく繊細な感じの作品ですね。色も暖かい色彩です。
被写体としての陶器II(旦那様作)
黒い線の碗
黒い線の碗: ご主人の作品は静かな景色の碗や皿に線が書き込まれています。この風情が静に心に落ちてくる感じがします。
陶器とスイカ
陶器と西瓜(すいか):何か買って帰りたいな。という気持ちになりました。無論、撮影場所をお借りできたり、雨宿りさせていただいたり、お仕事の邪魔をしたり、コーヒーを出していただいたり、なによりも陶器の撮影させていただいたりのお礼という意味もありますが。作品が「感性フィットしたこと」があるとおもいます。
 また、白い陶器なので、この後の食品の撮影に持つ変えそうです。色々な思いを持ちつつ。工房を去ったのでした。
陶スタジオさん。有難うございます

日南のごっそ

 日南商工会の経営革新塾に参加されている方の商品撮影を実施しました。
先攻 焼酎たおかやなり
 以前も取上げましたが、all lady's project。
焼酎
緑の中で: 本当は屋外で撮影する予定だったのですけれど、突如雨に。天気予報の嘘つき!
 陶芸工房に避難させていただき(あらかじめ、アポイントを取ってあったのです)庭の緑を背景に撮影させていただきました。
社長
社長と新焼酎(たおやかなり): 先月撮影した、水の中の写真を社長が気に入っていただき、暑中見舞いに使ってくださった。より完成度を求めて連続チャレンジするも、まだ少し不満。
フォーマル写真
室内でフォーマル写真撮影: 夜の講座に来ていただいた折、日南は日本の西にあるため東京よりも日没が1時間遅い。この時差を利用して撮影した。
 撮影を始めると生徒さんが集まり始め、バックの背景を工夫するなど協力を頂きました。やさしいね日南人。
後攻 餃子のあんなん
餃子のパッケージ
餃子のパッケージ:宮崎牛餃子、地鶏餃子、マンゴー餃子。定番のあんなん餃子など品揃え豊富。楽天や展示会で評判の商品をネットで売ろうというのです。
焼き餃子
焼き餃子:宮崎牛餃子、地鶏餃子を焼いてもらいました。ホテルの会議室に密かに調理器具を持ち込み焼き餃子!
タレをつけて
タレをつけて: 試食してみましたが、宮崎牛餃子は正攻法のうまさ。地鶏餃子はごろっとした地鶏肉と歯ごたえがうまい。
餃子の餡
餃子の餡: 餡は野菜が豊富。ヘルシーで野菜のうまみがじわり!しかも添加物なし!
さわこママ

頑張る人と応援する人: あんなん主人の財津さわこさんは、かつて、繁盛するスナックの店主だった。
 離婚しても子供に経済的な不自由さを味合わせたくなくてはじめたスナック。でも、子供が大学を出て自立するようになったとき、突如、繁盛店を未練なくたたんだのです。
 今の自分の方が楽しい。「好きな料理でご飯が食べられる。貧乏しても平気と!」気持ちのよい言葉です。
 商工会議所のイケメンI氏もそんなさわこママを応援して、ITの技術支援をしています。
多くの方々の人生を背負って、講座ができています!

8/17~8/22 講演紀行

8/17 豊橋商工会議所→パンツ屋さん→焼津信用金庫講座
 快晴で暑いです。
豊橋商工会議所
豊橋商工会議所に御用: 仕事の打ち合わせにお伺いしました。今日は暑いので駅ビルで桃フレッシュジュースを飲む。 500円也!
豊橋
午後パンツ屋さん、後、焼津信用金庫講座: パンツ屋さんはタバコを吸うことをこの写真で発見。そうかあ、自分が吸わないので合せていてくれたんだ。凄い気遣い。有難う。
 まるせい(焼津信用金庫)講座でshidaさん発見!いつも有難う。
8/18 日南商工会議所経営革新塾
マグロステーキ
空港でマグロステーキを食べる: とてもおいしかったです。1時間のトランジットの後、空港線、日南線を乗り継いで油津へ。
日南商工会議所経営革新塾
日南商工会議所経営革新塾: 生徒さんはさんさんごご集まる。保険屋のおっちゃんは欠席!
8/19 日南商工会議所,診断2件、経営革新塾
冷麺ランチ
冷麺ランチ:ひき肉冷麺。凄くおいしかった。
保険屋のおっちゃん
保険屋のおっちゃん:お忙しい中、いつもご参加有難うございます。
8/20 移動日(日南→広島)
ハイビスカス咲く油津駅
ハイビスカス咲く油津駅: 油津→日南線→南宮崎→宮崎空港→JAL→福岡空港→地下鉄→博多→広島
 ちょっと移動日を使って小旅行しました。ご報告はまた後日!
8/21 中小企業大学校広島校、経営指導員研修
 商工会議所、商工会さんの職員さんむけの研修です。
中小企業大学校広島校
中小企業大学校広島校、経営指導員研修: この広島校、肴がランチにでてくるので嬉しいです。
 講座の昼休み、ポータルサイト三次の主催者のK氏が打ち合わせに。彼は昨年、49歳にて子供さんができた。おめでとう。
広島風お好み焼き
広島風お好み焼き:駅ビルで食べてから"のぞみ号"に乗る!個人的には関西風お好み焼きよりも広島風がすき!
8/22 蒲郡商工会議所、経営革新講座最終回
お弁当

蒲郡商工会議所、経営革新講座最終回: 普通のお弁当がどれだけうまそうにみえるか工夫してみた。右は生徒さんの売りたいアクセサリ。
MTOSでつくるHP
ビジネスプラン発表会
MTOSを使ったHP発表会:MTOSで作ったHPを使いビジネスプラン発表会です。右下の不動産業の従業員の女性が優勝。でも、皆さん、立派なHPを作る。左上の男性は中古PC販売のHPをつくり準優勝。
有難う、皆さん

受講生と記念撮影
受講生と記念撮影: 職人軍団の皆さんと。

その後、大失敗:豊橋駅からひかり号に乗る。しかし、そのひかり号、静岡で泊まらず。新横浜で折り返す嵌めに。
多くの方々に支えられて講座ができます!

ガンダムファンではないけれど・・・

 アニメにも世代があって、私は鉄腕アトム~宇宙戦艦ヤマト世代です。だから機動戦士ガンダムにはまったく興味なし。です。
 なんでもガンダムがお好きな方は「宇宙での戦闘シーンで炎が出ないのは酸素がないからで、リアリティがある」といわれますが。登場キャラクタがいまいち中途半端な感じがします。
 その点、その数年後に出た新世紀エヴァンゲリヲンはそれぞれのキャラクタ設定が詳細で魅力的です。心理描写も絶妙で、単なるロボットものやかつての戦隊ものとは違う感じがする。
 とはいえ、せっかくお台場駅に来たのだから、近いからガンダムによってゆこうということになりました。これは豪華な夕飯時間をとるかガンダムを見るかの究極の選択でもありましたが家族全員の興味が勝ちました。
燃え上がれガンダム
燃え上がれガンダム:お台場駅から歩いてみたら、結構遠い。10分弱はかかります。我々は昼間にボーリングも水泳もしているので結構、体力的に大変でした。昼間にゆくと1000円取られるというガンダム。夜間は無料でした。
 何よりも、夕焼け直後でしたから、なにげに雰囲気のある戦闘前の静けさ的雰囲気を撮影できたのはラッキーでした。ガンダムの背景で東京が燃えているようでしょ! 背景で動いている光は船です。
宵の明星とガンダム
宵の明星とガンダム:オタクの皆さんやカップルの皆さんは、ケータイやコンデジでストロボバシバシ。でも、「とれねえ~」とか苦しんでいらっしゃいました。申し訳ないけれど、ある意味当然です。
 その点、一眼レフ(D300)、三脚とフル装備の私。40秒長時間露光。レリーズを忘れたのご愛嬌。「ふふ~ん」、「あは~ん。」で撮影完了です。

 家族旅行に真剣撮影用の三脚をもってきた私の勝ちかな?D300とケータイだったら、戦艦と巡視艇くらいの兵器力差があると思います。良いカメラは悪条件になるほど強いです。

 1枚目はISO感度1200で撮影したもの。WBは曇天ですね。2枚目はISO感度200で撮影し、WBはオートです。ずいぶん、画像の雰囲気が異なるものですね。

 予断ですが、ガンダムの集客150万人だったそうですが、8月27日段階で326万人きたそうです。又、ネットオークションで、ガンダムの顔の部分で撮影する権利が競られたようですが230万円で落札されたそうです。

 
家族と(失敗写真)
家族(失敗写真)" :ガンダムに興味のない方、この写真でまあ、お許しください。失敗写真ですけれど、面白い画像になったでしょう。
 ストロボ発光して、かつ、長時間露光設定のまま撮影したので手振れが面白い!

 ブログねたは、見る方の趣味嗜好があるので苦労します。多分、ガンダムというだけで、shidaさん、cotton母さん,くまこうさん、山里の木地師さん、京丹後のおやじさん、餃子ママさんあたりは多分駄目でしょう。

 ある方は蝶だと、コメントをくれなくなりました(汗;

 おやじさんあたりは、なんとか、発想の盲点を着くようなコメントで切替してこられるのですが、真面目な年上の方々にコメントしていただけるような仕掛けがブログに必要です。

 だから、メインテーマが今回のようにジェネレーションギャップを感じさせる嗜好性の高いテーマの場合、それをはずしている方々のフォローが必要です。果たして、伯爵様の意図は皆さんに伝わるでしょうか。

 
 品川駅までなんとかかえって、駅構内の回転寿司を食べてホテルでバタン・キューでした

う~ん、ガンダム!

レインボーブリッジが撮影したくて

 実は家族旅行に行く1つの楽しみがありました。それはレインボーブリッジの夕景の撮影。多分、イルミネーションが綺麗です。
 天候は不順で期待していないから夜景でいいやと考えていましたが、なんと快晴。欲が出ました。暮色を撮影した。でも、時間は水族館で時間を費やしたのでギリギリ。
 かねてから撮影ポイントとして定めていたお台場海浜公園駅にむかうため、家族と山手線で新橋へ、そして、ゆりかもめで海浜公園までむかいました。結果をご覧ください。
東京、夏の暮色
東京湾の夏の夕暮れ:どうやら、間に合いました。ベイエリアのショッピングセンターに設置された展望用のタワーに駆け上がり三脚を据えます。
 既に先着のカップルがいらしたのですが、場所を少し譲っていただいて撮影させていただきます。こういうときは三脚は便利で、 「このヒトはしっかり写真を撮ろうとしているのだから」という理解が得られます。
メガロポリスの夕暮れ
メガロポリスの夕暮れ:このとき、家族を振り切っていました。家族もどこかでこの美しい夕焼けを見ていることでしょう。
巨大マーケットと都市
巨大マーケットと都市機能:たまたま最近、「オペレーション・ローズダスト」というこのベイサイドエリアを破壊するテロ小説を読んだばかりでした。
 しかし、ゆりかもめ駅の1つ1つにこの大規模な商業施設。さすが東京です。
レイボーブリッジ
レインボーブリッジ:今度はお台場駅まで移動して夜景撮影。妻が子供とみやげ物を探している間に自由の女神を撮影します。

屋形船と巨大ブジッリのある風景
館舟と巨大ブリッジのある風景:しずかな墨を流したような海にすいと,屋形船がとおりすぎます。
ここから我が家はさらに欲張って
もう1箇所出かけます!それは・・・

品川プリンスホテルの水族館

 家族旅行で品川プリンスホテルにいってきました。ボーリングとプールの後に水族館に入りました。
品川プリンスホテル水族館
品川プリンスホテル水族館:今日はどんな発見があるのでしょうか。
イトマキエイ
イトマキエイ:水族館のお約束ですね。どこにでもいる人気者。
ノコギリザメ
ノコギリザメを撮影する子供:私が撮影していると、他の方々も気がついたみたい。
イルカショーの始まり
イルカショーの始まり:撮影に集中しているときに妻に、「ショーがはじまるからおいで」といわれました。
 このときお客様から不意に携帯に電話。この方悪意はないのですが、携帯に不意に電話が来ます。
 しかも、休日、かつ、家族旅行、かつ、水族館。
 シチューエーションはいつも同じです。(笑い;
イルカとスタッフのコラボレーション
イルカとヒトのショー:イルカに乗ったヒトを高くイルカが打ち上げて太鼓を叩く芸です。
イルカのハイジャンプ
イルカのハイジャンプ:それにしてもイルカの推進力とジャンプ力は凄いものがあります。
鰯の晩御飯
鰯の晩御飯:実は今回の目玉がコレ!HPで検索していてぜひ見たいと思っていました。この時点で午後5時半です。
ここから我が家は欲張って
もう1箇所出かけます!

8/15~8/16 家族旅行

 本当は家族で青森へ行き、太宰治の家等を訪ねたかったのですが仕事が入ったので、東京でリゾートとしゃれ込みました。
品川プリンスホテルでリゾート
品川プリンスホテル
品川プリンスホテル: チェックイン前にボーリングをしました。
サラダ
ステーキ
ランチ:ステーキピラフ、猛烈に美味しかった。
屋外プール
品川プリンスホテルのプール: 初めてホテルのプールで泳ぎます。ビルの谷間にあり、風が渡ってきて涼しいです。
プールの乱反射
プールの乱反射: 妻が、ラッツの桑野らしい人を見たといっていました。本当かな?髭の人はいたけれど。
 この後、プリンスホテルの水族館でイルカをみたあと、お台場にゆく。
横浜みなと未来へ
横浜
海のエジプト展へ: 海に沈んだ古代都市アレキサンドリアの遺跡展をみに横浜へ行く。
会場限定で300円のガチャポンが。家族で引いて、そのうち2個はレア物のスノードーム(海底にある遺跡のフィギア)をゲット!
中華街の中華料理
チャーハンと杏仁豆腐: そして、ショウロンポーと海老餃子。
 チャーハンはいまいちだったけれど、その他はおいしかった。
 新横浜駅は混雑していて、お茶をする場所も無かった。流石、大都会。
久々に家族旅行しました。

初めての花火撮影

 自分は花火の撮影をしたことがありません。理由は、土日曜日もかまわずに仕事をしていること。お客さんも祭りの時期に私を呼んで講演させるはずはないからです。
偶然の出会い
撮影隊
撮影隊: でも、皆さんが美しい花火を撮影されているのを見て、今年撮影できる機会はないかネットで検索するとありました、ありました。
 8/14。仕事はありますが午前中に終了です。移動しても絶対に撮影できる。そこで、県内の同業者の方にmixiで声掛けして2人。午後6時に焼津駅で待ち合わせ。
 花火の発射位置もネットで把握して、風方向も計算すると必然的に一箇所だけになります。
 花火は煙が来るので風下は駄目。その場所にゆくと、なななんと、相模原の受講生であった昌龍飯店店長から「先生」と呼びかけられて大ビックリ!
 偶然の出会いでした。彼もD80のはずがD700になっていて(汗;
焼津の会場花火
 予備知識として花火撮影についてネットで調べました。三脚必須は同然として、レリーズを用意しつつ。 18~70mmを持っていったのですが。よく考えるとこれはDXレンズ。
 FXタイプのフルサイズカメラに使えません。よって、50mm1本勝負になってしまったのです(汗;そのために画格が限定されて、花火の爆発位置の予測に翻弄されることに。
緑の花
緑の花: F8、ピンとは無限大。シャッター速度は8秒と聞いていました。8秒開いていると後続の花火も写りこんできますね。
大輪の花
大輪の花:この日のテーマは写すだけではつまらないから。風景写真的に撮る。でも、前景もないから結構難しい。
菊の花
菊の花:この撮影をしているときは「菊の花みたいだなあ」といいつつ、レリーズのシャッターを切っていた。兎に角、花火と花火の間隔が狭いので設定替えや、多重露光設定をあとでしようなんて考えているのが甘かった。
ナイヤガラ
ナイヤガラ:どの場所で実施されるかも不明で。いきなり発射されるので慌ててしまった。8秒だとこれは明るすぎるかもしれない。反省!
風景写真としての花火
夢の跡
夢の跡: 花火の時間はあっという間で、なんだかカシャカシャ、シャッターを切ったり。バルブ撮影の時間を即指定したり。
 デジタルの場合、ノイズ低減しているシャッター時間と同じくらいの時間、ノイズ除去するから撮影できない時間があってもどかしく撮影しているうちにタイムアップ。
 海風の、天上に咲く花一輪 「忠宏」
NIKON D700,50mmレンズ1本勝負でした。

あらためて商品撮影の難しさをしる

 日本中の方々が商品撮影を期待してくださって果物を送ってくださいます。有難うございます(笑い;果物大好きですから
枝豆の撮影
枝豆
新潟県黒崎茶豆: 富山(とみやま)様ご提供。枝豆といえば新潟、新潟の枝豆といえば黒崎茶豆です。
塩と枝豆
枝豆を食べるとビールが飲みたくなる: それゆえ、塩にこだわって撮影してみました。岩塩と枝豆。茹で上げるとふわっとした風味がして、芳醇な豆の臭いが口の中を漂う感じ。
 ネットを見たお客さんの来店が多くなるにつれ、食料品店として生きて歴史と異なるニーズが散見されるようになってきたからです。そこで、店舗の工夫が必要になりました。ネットをみたお客様がいらしたときにもHPのイメージと矛盾無く、店舗でお買い物をされる工夫が必要になったのです。
メロンの撮影
メロンというと静岡の浜岡メロンが有名ですが、京都の久美浜の砂丘メロンが届きました。送ってくださったのはjoyokudaさんです
砂丘メロン
砂丘メロン:京丹後市の久美浜地区は砂丘が多くメロンやスイカの栽培に適しています。この写真の意図は、メロンのマスクとタグを強調しつつ背景を単純化したかったので、標準レンズでF4で撮影しました。
メロンの盛り付け
メロンの盛り付け:joyokudaさんと電話で相談して。食べごろを推定。その翌日に帰ってきて割ってみるとこのとおり、ちょっと熟れすぎていました。すみません。
メロンを食べる
メロンを食べる:送ったご本人は、甘くないとご謙遜。でも、売れた副産物として甘いメロンをいただきました。
梨の撮影
鳥取梨(なし)
鳥取梨: スポンサーは鳥取県商工会連合会さんです。その方はHP診断に現れたのだけれど、梨を持ってきたことが話せずに帰りました。後で鳥取県商工会連合会さんから送っていただきました。
梨を剥いてみました
梨を剥いてみました: 鳥取の方は山陽の方と比べると大人しく。優しい。ちょうど京丹後の久美浜の皆さんにそっくりです
 京丹後というと「おやじさん」の個性が際立っていますがけして、そうではありません。(笑い;
桃の撮影

福島県産桃
福島県産桃:以前取上げたです。やわらかくするために冷蔵庫の中においておきました。
桃の盛り付け
福島県産桃の盛り付け: 色々やってみて、桃の撮影は、背景も皿も白がいいと気がつき始めました。
入選しました
可睡ゆりの園、フォトコンテスト優秀賞: フォトコンテストに入選しました。これも皆さんのお陰です。作品は「白百合の咲く森」(入賞作名は「渓谷に咲く白ゆり」)です。
 実は、もっと自分なりに良い作品はあったのです。でも、このコンテストの過去の入選作をみているとみな、ピントの深い作品が上位入選している。つまり、審査員にクセがあるということです。

 だから、普段は「ピントとボケ」がウリの写真を撮る私ですが、ピントの深い写真を1枚

混ぜておきました。これが入選。やっぱりという感じです。

 1年に1入選ぐらいできたらいいな!と思います。

 

撮影すると色々、考えさせられます

家族で支える、息子が変える

 日本の中小企業の多くは家族が支えています。今、時代は変革期です。そんな家族経営の中小企業も変革を考えてゆかないといけないときがきているように思えます。
群馬の地酒、高橋本店
高橋家の人々
高橋家の人々: 高橋家では、従来の家業である酒屋を守りつつ、インターネットを使い誘客をしたりネットでの受注を伸ばそうと家族総出で頑張っておられます。
地酒の酒屋として
地酒の酒屋として: 地酒の酒屋としての本道をインターネットで通すこと大変なことです。それは本業との葛藤です。地域に貢献してきた酒屋として、地元の方に必要な食料品なども扱ってきた歴史があります。
 ネットを見たお客さんの来店が多くなるにつれ、食料品店として生きて歴史と異なるニーズが散見されるようになってきたからです。そこで、店舗の工夫が必要(改造の様子はこちら)になりました。ネットをみたお客様がいらしたときにもHPのイメージと矛盾無く、店舗でお買い物をされる工夫が必要になったのです。
若
:その作戦本部の司令塔がこの方。
トレードマーク
トレードマーク:自社のトレードマークを考えてTシャツにしてみたり、新しいお酒の売り方や見せ方に工夫をしたり。とても重要なことだと思います。
高橋家の子供達
高橋家の子供達
男の子、女の子: 高橋家の子供達はとても魅力的です。娘さんは恥ずかしがり屋さんですけれど、息子さんは結構、お茶目でいろいろなポーズをとってくれます。
カエルの子はかえる
カエルの子はかえる: お父さんがカメラを持っているのなら僕もということで。
 結構、カメラを構えるポーズも様になっています。間違った道に(動物撮影家とか 汗;)進まず、正しい酒屋になって欲しいです。 
群馬のネットショップじわじわ進み始めました

祭の子供達

 祭りは老若男女が参加します。日本は幸せですね。そんな中で子供さんは可愛いですね。撮影しました。勝手に撮影したので怒られるかな!
動と静
太鼓の掛け声
太鼓うちと掛け声たからかに: 太鼓うちの少年達、カメラ目線を時々くれるので(撮影しやすい)。元気があってとっても気持ちが良い。
髪飾り
髪飾りの少女: それぞれの少年や少女ごと。家庭ごとに子供達を飾り立てて、祭りに送り出す。そんな親心。
太鼓の少年
少年:祭りの中で少年と少女を観察していると随分行動パターンが異なる。男の子はやっぱり落ち着きがない(笑い;。
子供の表情
男の子、女の子
男の子、女の子: 眼鏡をかけた男の子の真剣な顔、女の子のなんともいえない表情。祭は不思議な空間です。
幼女の横顔
幼女の横顔: 可愛い子発見。密かに撮影させてもらっていたのですが、脚立を持った強引な撮影をするカメラマンが登場。一緒にいたお母さんが隠れてしまいました。
 撮影は難しいですね。さりげなく自然に撮影しようとしていても、他者の影響を受けてしまいます。
祭りの撮影は、写真の腕前の試験を受けているようでした。

カテゴリ

ウェブページ

links