2010年2月アーカイブ

千葉県市原市でみた風景

 経営革新塾のお仕事で、千葉県市原市を訪ねました。10年以上も前に尋ねたことのある街でしたが、ジェフ市原しか思いつかなかった。でも、この地域の方々と触れ合ったり、語ったりするといろいろなものが見えてくるのです。
市原から富士山が見えるという驚き
富士と京葉工業地帯の夜景
富士と京葉工業地帯の夜景:この日、猛烈に天気が良くて・・・。仕事の後に懇親会があって。その前にホテルにチェックインすると富士山がシルエットで猛烈に綺麗。そこで、受講生の方に相談すると。その方、街づくりのNPOの方でビル管理組織に掛け合ってくださいました。有難う。
 でも、猛烈に風が強く、私も飛ばされそうなくらい。殆どが手振れでした。
五井からの富士山
市原市一望:翌日も強風快晴でした。 NPOの方が、「朝も撮れよ」とのことでお言葉に甘えました。
※市原サンプラザビルF11から撮影:ビル管理組織の許可を得ています
小湊鉄道
レイルウェイ
レイルウェイ:市原市のメイン駅はJR五井駅。その五井駅は、内陸部を縦貫するような小湊鉄道の始点でもあります。
夜景とSL
SL:くだんのNPO氏。ついでにこっちと夜景の富士山の撮影後に小湊鉄道のSL置き場に連れて行ってくださって。思わぬSLとの対面となりました。
現役車両、小湊鉄道
小湊鉄道現役車両:なにか猛烈にレトロな雰囲気。でも、この車両は現役なのだとか。凄い存在感です。
袖ヶ浦からの富士山

袖ヶ浦からの富士山
袖ヶ浦からの富士山:おりからの強風快晴で、富士山くっきり。東京湾を挟んで富士と対面です。東京湾に浮かぶ海苔筏。そして三角浪。 海に立つ高架は東京アクアラインです。
まだまだ知らない土地や風景との出会いがあります。

前日の答え:EM店長=奥さん、7Dオーナー=パンツ屋さん

仕事で出会う人との縁

 以前、仕事で沖縄県の与那国島までいったことがあります。恐らく独立してコンサルタントにならなければいかなかったことでしょう。これもご縁だと思います。
東京駅で偶然・・・
山形新幹線つばさ号 山形新幹線つばさ号:静岡のコンサルティングが順調に推移して2本早いひかり号に乗れました。山形新幹線のつばさ号まで20数分あります。そこで東京駅の本屋さんをみようとコンコースに出たらなにやら人だかりができています。
 しかも小学生くらいの子供達。なんだろうと思ったら・・・

konishiki
konishiki:おにぎり屋さんから巨体で体の黒い人がでてきました。konishikiです。やった! 偶然一眼レフを持っているし、しかもわんこを撮影した直後ゆえ、レンズもついています。超ラッキー!
 連射、連射「シャラララララ!」Nikon D300が火を噴きます(笑い;
 さすがのkonishikiも連射音に驚いた様子。
konishikiと子供達
konishikiと子供達:さすがサービス精神旺盛です。
 偶然なんですが、この日、狼藉を働いた横綱が引退。この横綱、「頑張ってください」行った人を殴ったとか。言語道断です。それと彼の姿は大違い。
溶射屋さんちを訪ねる=新たな始まり=
EM店長さん
EM店長さん:なんでもEMサイトを作ったから、EM店長さんに教育してね!とのこと。ラジャー!
 このEM店長さん。よくころころ笑ってくださる方。嬉しくなりました。さてEM店長さんの正体ってどんなかた?
  • ア 溶射屋さんちのスタッフの方
  • イ 溶射屋さんちの奥方
  • ウ 鈴木京香さん
  • エ "君の名は"の「まちこ」

妖しい頭巾
俺達、ひょうきん族: EM店長さんが笑っていたのはコレ!。もう妖しすぎる。誰かって、それは(汗;
浜松卸商団地最終回
どうも、皆さん有難うございました。
イメージモンスター
その名はイメージモンスター:さて、このマシンの所有者はどなたでしょうか。ちょっとクイズをひねります。
  • 無地 はがきショップ店長
  • おたすけ爺さん
  • 僧兵さん
  • くりちゃん
 自分たちコンサルタントは、人がいて始めて仕事になります。そして。いろいろな方から、業界のこと、ものの考え方を教えていただいております。コンサルタントは人に希望を持っていただける商売でないといけないと思っております。
まだまだ寒い日が続きます

コンサルティングとわんこ

 コンサルタントとして、企業を訪問すると職場にいるわんこ(犬)と出会うことがあります。

 実は私、犬好きが嫉妬するほどわんこに好まれるタイプ。やっぱ、わんこも犬が好きな人はわかるみたい。こつはお尻の臭いを覚えさせること。いきなり手を出さないことです。向こうがこっちの正面の臭いをかげばミッションコンプリート。(笑い 

岡崎市でみたわんこ

ココアちゃん
藤花観光さんのココアちゃん:藤花(ふじ)観光さんはバス観光会社。その会社に二匹のわんこが持ち込まれました。雑種のメスです
 かわいそうにおもった社長が二匹とも引き取って、二匹とも無事に大きくなりました。 幸せそうです犬と人間も家族も基本的に信頼関係、愛情関係ですね。
ミルクちゃん
バニラちゃん:白いわんこがミルクちゃん。ココアちゃんと双子の姉妹です。

清水市でみた精悍なわんこ
狼と見まごうようなフォルム
狼みたい:昔、「あなたも狼に代わるのですか?」(石野真子)(あたりまえじゃんとか・・・思ってました 笑い;)というへんな歌がありましたが、精悍なフォルムのワンコ。いい感じです。
凛として
凛として:小さい犬なんですが凛とした雰囲気があって大好きです。
鼻でか犬
鼻でか犬に挑戦:でも、むずかしいですね。ご主人様で無いとなかなか言うことを聞いてくれません。根負けです。
じゃあまたね
じゃあまたね:自分は仕事で郡山にいかなければならないから、また会いましょう。そのときまで元気でね。
 最近、第六感が解明されつつあります。それは、気持ちが動いたり体が動くと特殊な電磁波が体から発散されるといいます。
 これが気配の正体です。
 動物などは人の気配や、その気分を察知する。しかし、どの部分で察知するかは今後の研究次第だそうです。
わんこ、かわいいなあ。

雨滝豆腐

 鳥取での懇親会の翌日は、誕生日プレゼント工場さんとカキちゃんとの早朝撮影会の予定でした。しかし、天気は最悪、天気予報は曇りのち雨だったのですが曇りのち、雨のち雪。
雨滝豆腐
雨滝豆腐
雪景色の中のほのかな灯り:当初の計画では撮影ポイントは「浦富海岸」しかし、本来の持ち味である緑色が曇りでは出ないので、かきちゃんの「雪が少ないみたいです」という情報を頼りに雨滝。
 結果は最悪。残雪が多く車で入れません。
伯爵「これでは撮影になりません。帰りましょう」カキちゃん「わかりました。」
 しかし、坂を下ると雨滝豆腐店の工場からほのかな湯気と明かりが漏れていてなんとなくいい感じです。
春まだ遠し
春まだ遠し鳥取の大地:山陰の冬は鉛色に空に白い大地というケースが非常に多い。
雪のある風景
空洞
空洞:雪が少し解けてできた穴。でも分厚い雪にほんの少し穿たれた穴。
残雪と雪解け水と
雪解け水:この日も、ときどき雪に混じって雨が降ってきたから、少し雪が解け始めたかもしれない。
表面張力
表面張力
おちそうで落ちない:表面張力とは、液体の特性のうち、物質の表面について落ちない状態を言います。。
蕾の準備
春まだ遠し:なんの花の蕾かはしらねど季節は着実に動いております。
鳥取撮影隊:撮影隊の面々です。カキちゃん、誕生日プレゼント工場さんです。傘をさしています。雨になったり、雪になったりまるで山陰の気候を体現しているかと思います。夜の懇親会、朝の撮影隊、昼のセミナーや相談会にご協力いただきまして有難うございます。 鳥取雨滝探検隊
白と黒の世界

鳥取パワーの覚醒

 鳥取県人は大人しく、やさしいと相場が決まっています。その点は京丹後と似た傾向にあります。これは地形的に隣接地ということも無関係でないと思います。
俺たち、カキちゃんブラザーズ

俺たちカキちゃんブラザーズ
合言葉は「あい~ん」:私が鳥取県にお邪魔しているときはいつもカキちゃんと飲んでいました。それではいかんだろうと問題提起。
伯爵「誕生日プレゼント工場さんもブログに参加してきてくれたので他のメンバーを含めて飲み会をセッティングしてください」
カキちゃん「わかりました。」
Web診断を通じて面識を得たモルタルマジックさんもムードメーカになってくれそうなのでお誘いすることにしました。予想外にメンバーがあつまりました。 前回と比べると、断然人数が増えております。


 

さすが!鳥取の冬の味覚
鳥取の冬はかにがうまい
鳥取の冬はかにがうまい:なんといっても鳥取といえばカニ。これを食わずして尻尾を巻くわけにはいきません。
モサエビ
モサエビ:甲殻類が苦手の人もいらっしゃいますが。私は大好き。しかも生がにと生海老、これを逃してなるかというくらいのラインナップです。
鶏から
鶏カラ:昔なら、ガッツリとらいついていたのですが、今は危険。衣をはずして1個だけいただきます。
中小企業診断士カキちゃん
カキちゃんご乱行?
カキちゃんご乱行: ①をみるとずいぶんひょうきん。②では、トイレに展示されていた絵画を、おむかえの女性にみせてご満悦のカキちゃん。しかし、彼が③実はインテリなのは最後の写真を見ればあきらか。
 そう、カキちゃんは中小企業診断士なのです。
カエル食い
Q.さて、私たちは何を食べているでしょうか?
  • ア 鶏から
  • イ 大海老フライ
  • ウ カエルからあげ
  • エ うなぎす揚げ

茶漬け
〆はお茶漬け:私は海苔茶漬けをいただきました。さあ、明日は!

  • 左上:モルタルマジックさん
  • 左下:誕生日プレゼント工場さん 
さあ、鳥取はこれからだ!

大寒の全国を駆け巡る

 鳥取県、愛知県、静岡県、福島県、千葉県で仕事させていただきました。
2/1~2 鳥取県でMTOS講座とIT相談会
鳥取県のMTOSセミナーとIT相談会
MTOSセミナー:鳥取県もMTOSセミナーをやってくれとの要望があり、たった1日ですがやってきました。短い時間でしたが「なるほど、これならばいけそうだ!」との意見も寄せられてきました。
IT相談会
IT相談会:モルタルマジックさんと誕生日プレゼント工場さんの合同チームが第一弾で押し寄せてきました。モルタルマジックさんは似顔絵を自分のHPに出しています。ご覧ください
2/3 午前、午後 蒲郡でIT相談2件
藤花観光さん
藤花観光さん:前夜午後11時半に自宅に帰り6時おき。そして岡崎へ。岡崎駅から車で30分の場所に藤花観光さんがある。
 藤花観光さんの近くに巨大水車があることを教えてもらい見学する。
ランチ
ランチ:午後からもう1件、その前に腹ごしらえ。左が私(うどん+とろろご飯)、右がご担当(うどん+五平餅)
2/3 夜 浜松卸商団地でMTOS講座
勝負パンツ

勝負パンツを撮れ!:夜に浜松卸商団地にまわり、デジタル撮影講座。
 パンツ屋さんがマネキンと商品を持参。さあ撮れ!

 

草食系男子よ

立ち上がれ!

2/4 午前清水でコンサルティング、午後 郡山で経営革新塾
郡山商工会、経営革新ビジネスプラン発表会
郡山商工会、経営革新ビジネスプラン発表会:なんといっても皆さん緊張しながら一生懸命発表されました。
郡山記念撮影
郡山地区商工会、経営革新記念撮影会:この講座の結果が素晴らしく、全員卒業。1日以外は皆出席。しかもその1日が忌引きでした。
 担当さんも感動していました。有難うございます。
2/5 午前 移動、午後 溶射屋さんちでコンサルティング、午後は浜松卸商団地
溶射屋さん
午前中郡山から一気に静岡までとって返す。午後から溶射屋さんちです。溶射屋さん奥さんとご登場。しかも、入り口に看板。さすが徳の人溶射屋さん。
2/6~7 市原商工会議所で経営革新塾最終回
市原商工会議所経営革新塾ビジネスプラン発表会
こちらも大接戦。お疲れ様です
記念撮影
郡山地区商工会、経営革新記念撮影会:発表を終えて、緊張がほどけました。千葉の方が有難うございます。
  • 2/1 静岡→相生→上郡→鳥取★ 宴会 宿泊
  • 2/2 IT相談会☆☆☆→鳥取→姫路→名古屋→静岡
  • 2/3 静岡→豊橋→岡崎☆☆→浜松★→静岡
  • 2/4 静岡→清水☆→静岡→東京→郡山★ 宿泊
  • 2/5 郡山→東京→静岡☆→浜松★→静岡
  • 2/6 静岡→品川→千葉→五井★ 懇親会 宿泊
  • 2/7 ★→五井→東京→静岡
7日間で6個の講演、7つのコンサルティング

埼玉を旅してきました

 埼玉には、特に東大宮に大学の2年間住んでいたため、関心がなく。平凡な県というイメージがあったのですが。今回の旅で見直した次第です。
寄居・喜楽
 寄居は秩父の入り口です。
秩父鉄道熊谷駅
秩父鉄道熊谷駅:秩父へ入るルートは、①東京・拝島から八高線。②池袋から西武線。③埼玉熊谷から秩父鉄道と3種類くらいの方法があります。今日は③で。秩父鉄道は埼玉県羽生から秩父三峰口まで延びている鉄道なんですが。
 私は、羽生から熊谷区間の乗車経験がありません。
喜楽
寄居・喜楽:寄居・喜楽は昼は蕎麦屋、夜は居酒屋風の蕎麦屋ということです。以前も夜に数回お邪魔していましたが昼は初めてでした。
 ランチの前菜とスープです。
蕎麦
ざる蕎麦:基本的に田舎風のそば。ごつっとした味覚が特徴かもしれない。いずれにしても蕎麦食いのわたしにとっては大歓迎です。
定食メニュー
おかず:残念ながら天麩羅はあげたてではなかった。だから、健康のために少し残しました。煮物はありがたかったです。
おいしい蕎麦 秩父は蕎麦文化:秩父で蕎麦屋にはいったことはありますが。うどん屋をみかけたことはありません。近隣の伊勢崎市はうどん文化(おっきりこみ)、みなかみ町はみなかみうどんなのなんですがこちらは蕎麦。
寄居・今井屋
 翌日セミナーを終えて、主催者と入ったのが今井屋さんです。
今井屋
今井屋:事前に聞いていたから驚かなかったけれど、何も聞かずに寄居にきたら絶対にはいらなかったと思う。も、雑誌にも取り上げられているらしく有名店だそうです。私達が入ったときも満員だった。
ソースカツ丼
今井屋とくればソースカツ丼:でた~!キャベツ無しソースカツ丼。
 これで食文化の連鎖が判明!
女将さん:先代からの味をそのまんま守り続けているらしい。いくつかメニューはあるけれど、客が注文するのはソースカツ丼だけ。 女将
  • =ソースカツ丼のルーツを訪ねて=
  • 伊那路(駒ヶ根、伊那)
  • 甲府
  • 秩父寄居(今井屋)
  • 伊勢崎市(赤堀)
  • 新潟県(三条市)
  • 会津(福島県)

 飯田線→中央東線→八高線→上越線→白新線→羽越線→磐越東線上にソースカツ丼の文化が横たわっているような気がする。

 

埼玉県・加須市
 1月末の日曜日にIT相談会で訪問した。こちらは東武線伊勢崎線上にある。
鯉幟
鯉幟(こいのぼり):加須は鯉幟や雛人形、せんべいなどの産地。青空に鯉幟が漂っている。
吉野屋のうどん
吉野屋のうどん:寄居が蕎麦なら、こちらはうどんの産地。やっぱり太田や伊勢崎とつながった食文化をもっているのかなとも思う。
注ぐ 注ぐ:ここのうどんの人気は、蕎麦とうどんの相盛り。これは初めてでした。なおかつ、ちくわ天麩羅がまるまる1本盛り。これはびっくり。
 皆さんや当社のT君は全部食べていましたが。さすがにダイエット中の胃はすべてをたべることができなくなっていて。蕎麦の方とちくわ天麩羅を残しました。
 まずいのではなく胃が小さくなっているのです。
全国各地の食文化、楽しめました

埼玉県寄居町、中間平

埼玉県寄居町は。秩父への入り口です 

前日の天候は曇りのち雨。担当さんは暗い表情で言いました。でも、埼玉の皆さんが半年前から楽しみされていた、合同早朝撮影会。曇りだからやめましょうよとはいえないですよね。
やさしい朝の色
やさしい朝の色:実際におきてみても曇り空。撮影会場にいってみると前景のない風景、しかも遠くに送電線がみえる。
 ここで、撮影法を教えて欲しいといわれてもなあと思いかけたとき。
 わずかに空いた雲間から太陽がのぞく気配。チャンス到来。そしてまずは抑えた一枚。
夜明け前の茜空
夜明け前の茜空:ときどきあるのです。快晴よりも空が美しく染まるときってあるのです。
染まる朝
染まる朝:いままで眠りに沈んでいた街に太陽が当たり、一瞬だけれど赤く染まった。
この日は、油断のならない天気で、その一瞬ごとに風景や色が変わる。
ロウバイ
原種ロウバイ:ロウバイの原種は花の真ん中が茶色い。
福寿草咲く
福寿草咲く:これは前日の昼間に撮影した。前日は快晴だった。
埼玉撮影隊
埼玉総長撮影隊:前日の懇親会をへて皆心を通わせて早朝集合しました。

撮影装備 備考
Nikon D700 RAW
三脚なし 手持ち撮影
絞り F11 ISO 800
シャッター 1/30秒 ホワイトバランス 曇天
Nikkor VR105mm F2.8 撮影時刻 1月30日 06:50頃、曇り
皆さん良い撮影ができたでしょうか

1/26~1/31の講演紀行

 おかげさまで皆様と楽しくやらせていただいております。
1/26京丹後日帰り
京丹後ランチ
若者がつくるヘルシーランチ:「あみ☆けん」は京丹後市峰山にできた新いレストラン。とっぽい兄ちゃんがやっており、早くも女性ファンがついたもよう。でも、このランチおいしい。

やっぱり気合のある店は黒板を出す:入り口にサイン看板があると入りやすいよね。今回も美味しい店だった。正解。
黒板のある店は美味しいやっぱりこの店も:料理が出るのが少し遅かったけれど、美味しかったので良いと思いました。
人間は考える葦である:京丹後日帰りでした。本当は2日抑えていただいていていたのですが、翌日が急遽キャンセルになり残念。宿泊ならずです。その代わり、面会の依頼の方の日程が取れました。これも運でしょう。
 京丹後にいってこの方を撮影しないてはありません。さすがのキャラクタと個性です DJ OZUMAなみ!
考える人

イメージモンスターとokudaさん

イメージモンスターと奥田さん:joyokudaさんは奥田啓子さんとおっしゃいます。さて、この方、とうとうやってしまいました。CANON 7Dイメージモンスターを入手。レンズも赤ハチマキの高級レンズ。
伯爵「ようこそ、極道の世界へ」(笑い
joy「先生、三脚がさっそく潰れました。新しいの買い換えたら凄い散財です」
伯爵「ネットで稼げばいいと思います」

 

これでイメージモンスター派は

  • カーボン屋さん
  • 八ヶ岳の青い月さん
  • パンツ屋さん
  • joyokudaさん

CANON派にはたまらんのでしょうね
COMEさん:この方は地味な活動をされている方で、多分、ご存知の方は少ないと思いますが長いこと京丹後の活動をされている方です。ハンドルネームの通りお米を売っておられて少しずつ成果を出している努力家です。 comeさん

katagiyaとmeganeさん
katagiyaさんとmeganeさん:このお二人もいないと寂しいので必ず来ていただかないといけないメンバーです。坂本屋さんも画面の左隅に少し見えていますね。
1/27~28日 埼玉寄居でMTOS講座

 埼玉県寄居町というのは八高線沿線にあるまちで、秩父の玄関口に当たる街といえます。ここでMTOS講座です。
肖像画
肖像画:ネットが繋がらないので急遽撮影講座を先に執り行うことになりました。 やっぱり準備が重要です。
豚肉製品撮影
豚肉:やはり、野菜などを盛り付けると綺麗なかんじになります。
テディベア
オリジナルのテディベア 和久井さんという人形や着ぐるみを扱うお店の商品です。赤ちゃんの体重の重さに応じて重さを変えてきます。


 ここから夜は郡山にまわって経営革新塾ダブルヘッダーです。

 この夕方受講生が大量のデータをサーバに送り込み危うく郡山の講座ができなくなるところでした。ビックリしたのはフォトショップのソフトを画像の変わりにアップしていたり、デジタル写真をリサイズしないでアップしたり、psdファイルをアップしていたり。

 あちこちで、必ずリサイズして欲しいとか、アップするとき容量やファイル形式を確認することと教えているにもかかわらず聞いていない感じです(汗; 

1/29 この日はトリプルヘッダー
いわきのかいわいでランチ

いわきのかいわいでランチ:磐越東線8:02郡山発でいわきへゆき、Gパン刑事と仕事して、一緒に「かいわい」という店でランチしました。

 

Gパン刑事の写真を楽しみの方もいるかと思いますが、すみません。失敗しました。


 ここから埼玉県の羽生にゆき、コンサルティングして、加須の経営革新塾にまわります。
ビジネスプラン発表会
加須市商工会経営革新塾記念撮影
加須市の皆さん有難う:お疲れ様でした。初年度にしては立派な発表会でした。優勝、準優勝も接戦でした。特に、プレゼンのうまいかたが多かったなと思います。
1/30 加須市商工会。IT相談会
ビジネスプランは票回
IT相談会と部下のT:相談件数が8件もあったのさばききれずに部下のKも休日出勤で対応です
1/31 市原会議所経営革新塾
画像加工とMTOSのHP制作
MTOS演習:いよいよ演習に入ってきました。皆さん画像加工に苦しんでいます。
今週も充実していました。

磐越東線の旅

 最近、郡山で経営革新塾があると、必ずと言って良いほどいわきでコンサルティングの声がかかります。プロだから朝が早かろうが夜が遅かろうが仕事があればお伺いします。
郡山の宴会
郡山宴会
経営革新塾の懇親会:担当さんをまずfish eyeで撮影、可愛そうですから(もともとイケメン)、渋く撮影。私は日本酒をちびちび。でも酒に弱いので既にできあがっています。
地鶏焼き
地鶏焼き:お腹が空いていたので、美味しくいただかせていただきました。
キュウリ漬物
キュウリ漬物:やっぱりこの店、以前にも来たのだけれど日本酒が自慢。だから日本酒に会うように料理を作っている節がみうけられます。
鶏鍋 鶏鍋:この日の郡山は風も強く、放射冷却の夜。月も綺麗にみえます。だからとても寒いそんな夜に鶏鍋。体が求めていると思いました。

身欠きにしん:背景の赤は馬刺しです。郡山の方は「これは保存食だからなあ」とおっしゃるのですけれど、食べてみると案の定美味しい。けして卑下する必要はないのです。文化ですから。 身欠きにしん
翌朝、磐越東線でいわきに・・・
ドラキュラ伯爵 ドラキュラ伯爵:なぜ、伯爵なんぞというかというと・・・実はこのシルエットからきております。もうわかりますね。コートを着た姿がドラキュラ伯爵に似ているのです。
 しかし、ドラキュラ伯爵ですと女性が不信感を持つので短くして伯爵。 「わかってください」

北国列車:磐越東線8:02郡山発をまっておりました。偶然、そのとき北国からの貨物便の列車が郡山駅に到着し、停車します。
寒い夜を徹して走ってきたのだろう。連結器は雪まみれでした。
北国列車

連結、切り離し作業 連結切り離し作業: 4両でいわきから走ってきた列車。通勤、通学列車なんです。でも、帰り便は2両でもがらがら。そこで連結切り離し作業してから再出発です。

運転手の交代:ちょっと年齢高めの運転手。お疲れ様。ほっとしたような顔されていますよね。 運転手の交代

一人だけの降車客 1人だけの降車客:郡山、いわき間約1.5時間。阿武隈山中をとろとろ走る。中途半端に客がいて、それぞれの目的の駅で降りてゆく。途中いわきにちかい小川郷という駅で大概多くの客が乗り込んでくる。
ハッピーバレンタイン
ハッピーバレンタイン
窓にかかれたメッセージ:列車には様々な人が乗り、そしてその人生を運ぶ。
明日の自分は・・とも思ったりする

函館発、八戸行きのたび

 函館からの帰りは青函海峡を鉄道で踏破する旅。
旅のお供
 函館発の特急白鳥にのって八戸まで3.5時間の旅。かつては青函連絡船だけでも4.5時間。早くなったものだ。
旅の友
旅の友:前夜までのグルメ三昧で海鮮弁当は食傷気味(汗。だから北海道産のお茶「うらら」と駒ケ岳牛乳プリン、赤飯おにぎりを函館駅で買って改札をくぐります。
JR函館駅

歴史壁画
歴史壁画:改札くぐるとコンコースには函館の歴史が壁画化されて掲載されている。土方歳三。いい男だな。函館まで京女に追っかけてもらえてこの幸せ物。ちょっとジェラシー。
JR函館駅の風景
JR函館駅の風景:左上:札幌行き特急スーパー北斗、右上;在来線(松前行き)、左下:自分が乗り込む八戸行き特急白鳥。右下:函館駅の弁当売りのおじさん。
津軽海峡冬景色
五稜郭駅 五稜郭駅到着:全然、五稜郭に近くない五稜郭駅。まだ、函館市内だから建物がチラホラ見えて雪の中を走っていても寂しくはない。

吹雪の中を疾走
吹雪の中を疾走中:JR東は無責任にも電車を止めるが、JR北海道が「雪だからとめる」といったら笑われるだろう。荒涼たる荒野の中を吹雪を蹴散らして特急はゆく。
乗務員交代:途中蟹田駅にて乗務員交代。ここからJR東日本の乗務員で運転。途中で運行を打ち切ったらいかんからな~! 駅員の交代

竜飛岬を通過 竜飛岬を通過:関門トンネル中撮影しようにも撮影のしようがありません。暗いし、早いし最悪でした。
 津軽海峡線上を疾走する電車の中から車窓を撮影します。
八戸駅で新幹線に乗り換える
 青森からも乗り込んできて、結構、八戸駅は大混雑。
八戸駅
八戸駅で乗り換え:ここで新幹線はやて号に乗り換えです。仙台までおおよそ1.5時間です。特急だったら3時間くらいかかったよね。
仙台で、やまびこに乗り換えて郡山へ

ライブドアの方へ、モバイルPCゆえ、数日間コメントできません御容赦!

グルメで

 函館のグルメはもはや想像を絶するものがある。
函館元町・五島軒のカリー
 「先生、明日はカレーでいいですか」とご担当。基本的になんでもOK!どうせ、「美味いに決まっている」と高をくくっておりました。
元町のレストラン
五島軒看板
元町五島軒:昨日、摩周丸を撮影した坂道の途中にあるレストラン。見た瞬間に正解を直感します。新潟ならば、イタリヤ軒と同格なのかな。
サラダ
サラダと福神漬け:カレーへの付け合せの福神漬けやラッキョウをなんというのだろうか。これすら高級に見えてしまう(汗;
イギリスカレー イギリスカレー:五島軒のカレーは①イギリスカレー、②フランスカレー、③インドカレーの三種。
  • イギリスカレー→ビーフカレー、辛口
  • フランスカレー→ビーフカレー、甘口
  • インドカレー→チキンカレー、中辛
・・・らしい。

食後のコーヒー
食後のコーヒー:部屋は特別室(市役所のご予約により)でした。静かな雰囲気で食事で、仕事にGo!
函館の「いか太郎」海鮮三昧

 新潟や鳥取および京丹後の魚も相当美味いと思うのだけれども・・・
いか刺身
活いかソーメン:きた~!いきなり登場。いかさん、まだ生きていらっしゃいます。
刺身盛り合わせ
刺身盛り合わせ:どんどん食べてねという具合で・・・
 まるで海鮮料理の百鬼夜行状態。
しらこ
たらの白子:くっぅ~!もはや。言葉がありません。なんというか・・・
鯨ベーコンとジャガバタ
鯨ベーコンとジャガバタ:鯨ベーコンは店主の差入れ。かつ、日本酒は千歳鶴。北海道の酒です。また、函館ではジャガバタにさらに塩辛を乗せて食べるとか。これがまた絶品。
帆立炭焼き
ほたて炭火焼:この帆立も先ほどまで生きていた。これに醤油をかけて炭火でジュージュー焼き。あっちっち、はふはふと食べてゆきます。
いか焼き
あぶりいか:さきほどのいかソーメンのいかの頭と足を炙って食べます。
バンクーバー、銀メダル
長島選手、加藤選手おめでとう:スケートの銀、銅メダル。凄いです。自分なんかどうあがいてもオリンピックなんて遠い世界。レベルの高いトップの中での2位と3位。価値があります。

※(c)朝日新聞 

さあ、どっち(笑い

函館、屋台村・大門横丁

 函館駅近くに大門横丁という一角があります。初めて知ったのは市の方のご案内でした。ことしもよってみました
大門横丁:自分の感覚でいうと、函館は当たり外れがありますが(2勝2敗)、大門横丁にはずれなし。
 だから、だれでも安心か価格で美味しい料理が楽しめます。ジンギスカン、ラーメン、寿司、魚料理などジャンルも豊富です。
大門横丁

居酒屋大謀 居酒屋大謀:名前からきくと凄い感じがして、入ると座るや否や・・・というイメージですがさにあらず。名称は大謀網からきていて、この店。ほんまもんの漁師がやっている店なのです。魚がおいしく、おさけもいいのがある。ご主人は麻雀の22年無敗の男、桜井昇一に似ています。
 今回はご主人がいらっしゃらなくて雇われ女将がいらしたのですが、なんと昨年私が来たことを覚えていらして。
 社長の奥さんがブログに乗っていると印刷して持ってきてくれました。きれいにとっていただき有難うございます。だって

おかみと鮭フライ:はいるやいなや、何を注文しようかと悩む。そのとき、左隣のカウンターのおじさんが食べていた鮭のフライが目に入る。
これ、おいしそう。さっそくたのみました。結果は大正解。めっちゃおいしかった。
女将と鮭フライ

昆布しめ
まだら昆布しめ:まだらの昆布しめをいただく。う~ん、魚本来のうまみに昆布のうまみが渾然いったいとなってたまりません。
日本酒鶴の友 越後の日本酒、鶴の友:なぜか越後のお酒が函館にある。鶴の友、辛口でおいしい。お米本来の味がする。新潟でも飲んだことのない銘酒。


ミニいくら丼
最後の〆は、ミニいくら丼:かるくご飯モノをたべたくなって頼んだ一品。本当はごっこ汁とかを勧められたのですが。
ごっこ汁というのはホテイウオの煮物。いくら丼を食べているとき、左隣のおやじさんにおやじさん「君、これ食べない?」
伯爵「ばばがれいの煮物、うまそうっすね」
 こんな会話も屋台のいいところ。
 どうやら、函館は浅田次郎問題で揺れ動いている。直木賞作家の浅田次郎さんが函館朝市を名乗る通販業者にだまされたことをJALの機内誌に書いたとか。
 でも、それが嘘記事で、函館朝市が風評被害にあっているという噂。個人情報流出などというセンシティブな話題までついて大問題です。
 物書きはこういう被害が及ぶことがあるのでしっかりとした取材で内容も吟味して書きたいものです。

 

 大謀は、ある雑誌に取り上げられて夏場は超行列のできる店となったらしい。 

全部で2,450円でした。

駿府公園の紅梅白梅の撮影

 函館シリーズは少しお休み。速報的に1月25日に撮影した駿府公園の紅梅白梅をお届けします。
白梅咲く
白梅咲く:たまたま京丹後の仕事がキャンセル、午後から来客があるので昼休み撮影に出る。ここで撮影に出ないと、この梅は多分撮影するチャンスがない。幸いに好天。
青空と白梅
青空と白梅と:有料150円なりを支払って紅葉庭園へ。白梅が空に向けて枝を伸ばし、わが世の春を謳歌していた。
白梅のえがお 白梅のえがお:もし白梅に感情があるのであるならば、この晴天、そして暖かな静岡の気候に感謝をしているのであろう。うららかな初春の気配を見せる駿河の国の1月後半。

可憐:庭園内には私とあと一人。もう一人もカメラを持っている。でも、違う感性で撮影しているから作品は多分、随分異なるものになるだろうなあ。 可憐

紅梅
紅梅:不思議と白梅は撮影しやすく、紅梅は撮影しにくい。その一因として紅梅の花が痛みやすいことにも原因があるかもしれない。
もうすぐ春

光る水面
光る水面:帰り際に反射が綺麗だったからお堀を写してみた。(ホワイトバランスは蛍光灯モード)
駿河の国の紅梅白梅、満開です

函館元町の夜景

 函館山を降りて美しい元町の夜景を求めて雪の中をさ迷い歩きます。ただし雪道に革靴、転倒しないように三脚を杖がわりに老人のようなはまざきあゆみです。
ヨハネとハリスト寺院
ヨハネ聖堂とハリスト寺院:函館市役所の方から、みたことのない構図といっていただいた作品。美しい寺院を2つ同時に収めてみた。
元町教会
元町教会:赤い屋根が美しい。私が長時間露光している目の前で、韓国人の旅行者がタバコをほおり棄てた(女性)。喝!
ヨハネ聖堂と函館山に浮かぶ三日月
ヨハネ聖堂と函館山に浮かぶ三日月:ヨハネ聖堂の入り口がみつかる。滑らないように気をつけて境内に入るとたくさんの雪。ヨハネ聖堂の右手に函館山。そして美しい鎌の様な三日月。
港の見える坂道
港の見える坂道:ヨハネ→元町教会→ハリストとあるき函館西高校のある八幡坂へ。ここから摩周丸の鎮座する函館港が見渡せる。美しい風景だと思う。
撮影装備 備考
Nikon D700 望遠レンズ用,夜景用
三脚 ベルボン645
絞り F11 ISO 200
シャッター 1秒、レリーズ ホワイトバランス AUTO
RAW 色補正なし
Nikkor VR105mm F2.8 撮影時刻 1月24日 19:30頃、快晴

路面電車のたび
路面電車の旅:雪道のなか苦戦して坂を下る。函館西高校生に道を聞きながら、路面電車の元町駅まで。ここから路面電車にのって函館駅まで200円。函館西高校は北島三郎が中退した高校です。
函館元町の夜景と温かい人の心の通う街

函館山の夜景

 函館に来た限りは一度は見たい100万ドルの夜景。
100万ドルの夜景
100万ドルの夜景:構図はいつもといっしょ。でも、毎年少し何かが違う。なぜかな。
 ロープウェイや山頂は韓国からの観光客に占拠されているかのごとくでした。
撮影装備 備考
Nikon D700 レリーズ
三脚 ベルボン645
絞り F11 ISO 200
シャッター 2秒 ホワイトバランス 電球
RAW 色補正なし
Nikkor 35mm F2.8 撮影時刻 1月24日 19:19頃、快晴

摩周丸
摩周丸と夜景:函館湾からを望むと摩周丸が横づけされている。あたかも1つの命を持っているかのごとく輝いている。
撮影装備 備考
Nikon D700 レリーズ
三脚 ベルボン645
絞り F11 ISO 200
シャッター 2秒 ホワイトバランス 太陽光
RAW 色補正なし
Nikkor VR105mm F2.8 撮影時刻 1月24日 19:19頃、快晴

函館山山頂のライトアップ
函館山山頂のライトアップ:以前はこんなのあったかしら、ほんわかした灯りが観光客を見つめていた。
 撮影したときは気がつかなかったけれど、金星だろうか。星が写っていた
寄り添うカップル 寄り添うカップル:そうだよね、恋人どおしでこの夜景だったら、猫に鰹節。撮影なんかを考えずにまずはラブラブに見つめているのが一番だよね。
函館山の100万ドルの夜景、あなたの値打ちは?

1/19~1/20函館の旅はじまります

 「キャラメルあけたらはこだけ♪」と歌いながら函館の異国情緒をお届けします。
 
カモメ
カモメ飛ぶ:夜景を撮影に行きたいと思っていました。少し早めに出ようとしたら良い時間のバスがない。だったら港に直結ですから撮影に出ました。
 かもめがすいすいと飛んでゆきます
誰の足跡かな
誰の足跡かなあ?:多分、無粋なカラス君。残雪に夕陽が映り込む。
摩周丸
摩周丸:かつて青函連絡船として活躍した摩周丸。いまは係留されるだけ。なつかしいなあ青春がフラッシュバックします。
  • 25~30歳位のときのことです
  • 当時ユースホステラーでした。リュックをしょって上野発の夜行列車に乗って一晩かけて青森駅へ
  • 北に帰る人の群れは誰も、無口で海鳴りだけがないていました。
  • 私は一人連絡線に乗り・・・問題はここからでした。密かに同じ背格好の人間を物色していたのです
 その理由は
  • 青函連絡船をおりると当時国鉄のホームまで1kmくらいのタラップがある
  • 函館から札幌行きの特急の自由席を取るためにダッシュしなければならない
  • 理由は、20日無料の周遊券では指定席が買えないからです
  • それと、すでに青函連絡船到着以前に函館からのお客さんが特急に乗っているから残席あとわずか
  • しかも、自由席に乗れないと恐らく4.5時間、札幌までたちっぱなし
 それはいやです。そこで、私はプランを持っていました。
  • まず、青函に乗るとみなは、寝転がる席をまずとりに行くのだけれど
  • 私は青函職員に「どの出口が函館で開く?」とリサーチをするのです
  • 青函連絡船は4.5時間で函館に着く。その間に仕事をします。それは・・・
  • まず同じ格好の仲間を探すこと、その人と1時間くらいかけて仲良くなること
 リサーチが終わると気配を消して、静かに本など読みながら時間を1時間ぐらい潰します。次に・・・
  • 20代の伯爵「どこゆくんですか?」
  • 男1「網走です。こんばんは札幌です」
  • 20代の伯爵「奇遇ですね?YHはホワイトYH?」
  • 男1(警戒を解いて)「偶然ですよね?」
  • 20代の伯爵「あそこ評判いいんですよ。ところで・・・」
  • 男1「本当ですか?そんなに競争倍率高いんですか」
  • 20代の伯爵「協力してくれますよね?」
  • 男1「ぜひとも」
 利害が一致すると、合意は形成されます。
  • この要領で仲間を10人くらいに増やします。男5、女3くらいのプロジェクトができます
  • 20代の伯爵「プランを発表します。まず、青函の出口に到着1.5時間前にリュックを山積みにして他の人が並べないようにおいてください」
  • 男1「荷物番は4人ですね」
  • 20代の伯爵「はい。体の大きい人が4人くらい」
  • 男2「残った一人はどうするのですか」
  • 20代の伯爵「みなの金を集めてお弁当を買いに行きます」
  • 皆さん「なるほど。到着が11時半ですものね」
  • 女性陣「私達は何をしますか?」
  • 20代の伯爵「女性はからだが小さい方が多いので、青函職員の規制を振り切れるので、猛然とダッシュして席取りを2ボックス(8人分)お願いします。」
  • 女性陣「荷物を持って走れません」
  • 20代の伯爵「大丈夫。男性人5人であなたがたの荷物を持ちながらあとからお伺いします」
 プロジェクトは役割の明確化と目的の明確化、意志の共有が重要です。
  • 20代の伯爵「青函が着岸してハッチが開きますよね」
  • 男1「どうするのですか」
  • 20代の伯爵「まず女性陣を走らせる」
  • 男2「女性陣が青函職員の制止を振り切って駅へまっしぐらですね」
  • 20代の伯爵「そう、身軽な格好で・・・」
  • 男3「我々は何をするのですか」
  • 20代の伯爵「荷物を横に目一杯広げて後ろの人が我々を追い抜けないように 4人で楯をつくりブロックするのです」
  • 男4「了解です」
 One is for All.All is for One.
むかしからこんな馬鹿なことをやっていました。
摩周丸と夕陽
残照摩周丸:日が傾いてきて摩周丸のマストを輝かせます。かつての栄光のように
夕暮れ、函館山
夕暮れ、函館山:雲が出てきて残念ですが。日が暮れてゆきます。風が夢炊く手が痛いです。
エネルギー源のトラマン エネルギー源のトラマン:さあ、これからが撮影のスタートです。数時間の撮影の体力をトラマンに託して。三脚持って函館山にGO!
いよいよ函館シリーズスタートです。お楽しみに

1/16 荒川メンバー+(TWINS & Agos)さんとの宴会

 久々に新潟で・・・(そんな訳ないか)。
1/16 経営革新塾フォローアップ講座打ち上げ懇親会
鴨鍋宴会
鴨鍋宴会:TWINSさんやアゴスさんをお迎えして、楽しくやりましょう。
乾杯 皆さんの健康を祝して乾杯!:場所は磯部さんです。新潟のお魚や美味しい全国お酒が楽しめそうです。

プロ対アマ
プロ対アマ?:とうとうAGOSさんもプロになってしまわれました。凄いなあ。TWINSさんのストロボの位置もも参考になりますね。もうお一方は笹川流れさんです。
幽霊談義
T幽霊談義:この奥様の方が霊感があるみたいで幽霊談義になりました。
奥様「私、ときどきホテルなんかに泊まると感じるんですよね」
伯爵「本当ですか?」
奥様「東京○○の○○年○会館はやばいですよ」
伯爵「自分はみないんですよね」
奥様「多分、いるんだけれど、純粋で前向きだから出てこない」
伯爵「まぢっすか?」

乾杯
越乃寒梅:特別なお酒を出していただきましたのでちょっとだけ。
いそべさん親子
二次会はいづみ屋旅館にて
 明日も早いので寝るつもりでしたが、何気に楽しそうなので1時40分頃までお付き合いさせていただきました。
昆布じめ
昆布じめ:あてで出てきた秘密兵器。確か、ひらめ、鯛、かわはぎだったと思う。
肝
:昆布じめも絶品なんだろうけれど、これはどこを探してもない。また、酒にあう。
夫婦の絆
夫婦の絆:なんとなくいい感じでしょう!
豊作夫婦
豊作夫婦:豊作さんも旦那さんが迎えにきました!
 私はここで失礼させていただき睡眠をむさぼります。 TWINSさんたちは3時頃まで楽しまれたそうです。
ご馳走様でした、そして有難う

夫婦はだんだん、顔が似てくる。

1/18~1/24 演歌の講演紀行

 北国の仕事が固まりました「上野発の夜行列車♪」と歌いながら1週間の仕事にでかけます。
1/18 新潟で富山様社員研修支援
お皿の上の、雪だるま お皿の上の雪だるま:新潟に到着後、仕事をして昼休みのランチ。デザートがおまけについてきてアイスクリームの上にマシュマロがのっておりました。可愛いでしょう。

富山ブログ研修
富山様社員研修:佐渡などからあつまっていただきました。お疲れ様です。
1/18 荒川商工会、経営革新フォローアップ研修会
レアなお客様
TWINS & Agosコンビご一行様:新潟から、白新線、羽越線を乗り継いで荒川へ。いづみ屋旅館に投宿すると既に先客がいらっしゃいました。お久し振りです。
プロの道具は誰もが気になる
プロの道具は誰もが気になる:中休みに、TWINSさんがタバコをすいに行った合間に、皆さんで彼のCANON 5D MarkIIを激写。
TWINSさんのプレゼン
TWINSさんのプレゼン: TWINS & Agosコンビで、ニュービジネス。つまり商品写真を撮影する仕事を開始された旨を荒川の皆さんにプレゼンされていました。頑張って欲しいですね。
 この後、宴会、そして二次会。
1/19 一路函館へ
 この日は単純移動日でした。午前8時過ぎに坂町駅を出て、午後4時すぎに函館につきました。
函館SEOセミナー
函館SEOセミナー:函館市役所と函館商工会議所の合弁セミナー。
 帽子かいました。あまりに冷え込むので、頭を防御するために。帽子を函館駅のコンビニで買う。
1/21福島県商工会連合会の経営革新塾
ご担当者O氏 青函トンネルを越えて:前回は45,000円のタクシー代を払って、お邪魔した郡山。今回は青函トンネルを越えてお邪魔します。放射冷却で福島は寒いです。
1/22 いわきと、埼玉県でダブルヘッダー
商工会
商工会でネットビジネスコンサル:磐越東線で郡山をへていわきに着。Gパン刑事と仕事していわき駅まで送ってもらう
 仕事を頑張りすぎて、時間オーバー。ランチの時間無くなり、豆ご飯を買って電車に乗り込む。
埼玉加須市商工会
埼玉県加須市商工会経営革新塾:MTでHPを作ります。皆さん、必死!
 翌日の移動のために、大宮へ深夜の移動。
1/23~24 千葉県市原商工会議所・経営革新塾

ランチは蕎麦定食
笑える、おしんこの包装紙:蕎麦定食をランチでいただきました。おしんこの包装紙のたぬき笑える。
夕食560Kcal

夕食560Kcal:ジェフ市原で有名な市原市、飲食業が少ない。そこで回転寿司に行くも凄い行列。ビックリドンキーへ。夕食でカロリー計算して注文する。少し残す。
市原商工会議所
市原商工会議所経営革新塾:コンセプトシート記入後、SEO講座、マーケティング講座、撮影講座を2日で実施。
  • 1/18 静岡→東京→新潟☆→新発田→坂町★ 宴会、二次会、宿泊
  • 1/19 坂町→東京→羽田→函館 撮影、宿泊
  • 1/20 函館★ 宴会 宿泊
  • 1/21 函館→八戸→仙台→郡山★ 宴会、宿泊
  • 1/22 郡山→いわき☆→上野→大宮→久喜→加須★→大宮 宿泊
  • 1/23 大宮→南浦和→葛西臨海公園→蘇我→五井★ 宿泊
  • 1/24 五井★→東京→静岡
冷え込むなかの移動でした

凍結の湖面

 霧氷がいまひとつだったから少し時間もあるし、ということで榛名湖によってみました。皆さんがうろうろしている間に結氷部分の面白い景色を発見です。
青(blue)
青(blue):もうすこし、後一歩寄れればもっと・・・、縦位置から撮りたい。その思いも薄氷に阻まれた。
一角獣のごとし
一角獣のごとし:氷の結晶を一角獣の角とみるか牙とみるかはそれぞれの方の想像力に負うところが多いだろう。
亀裂ある湖面
亀裂ある湖面:最初にこの写真を撮っているからこそ、榛名湖に寝そべるつもりはなかった。
榛名湖、凍結の風景
榛名湖凍結の風景:そうなんだ、この風景を長く求めて得られなかったような気がするんだ。そうそう、これこれと食いついてマクロ撮影した風景です。
乱反射
乱反射:H20が勝手に、思い思い結合したのがこの氷なんだろうな。だから勝手な方向をそれぞれ向いてお日様の光を多面的に反射するようになってしまったのだ。草食系眼鏡理系男子はそうつぶやきながら撮影した。
閉じ込められて
閉じ込められて:すでに土に返ったであろう落ち葉が、結氷のハザマで生きながらえている。
  • Nikon D700,WB=太陽光,RAW
  • レンズ Nikkor Vr 105mm,手振れ補正ON
  • 手持ち
  • レリーズ
  • ISO400 F11,1/60
沈黙する氷の中に命が宿る

暁の榛名山

 もんじゃパーティを10時過ぎに切り上げた私達は、翌日、早朝 5時に再度、ハーベストホテルの玄関に集結した。
榛名山の峠から
朝と夜の間
朝と夜の間:展望台から、伊香保の町を見下ろす。
暁の空:もう少しずつ明るくなってきて、天上の星も姿を消しつつある。朝焼けは色を増してオレンジ色の光で輝く。 暁

暁撮影隊
暁撮影隊:シルエットはぽてちよさん、でも、機材は別の方のもの。

榛名山に霧氷なし

 榛名山の朝焼けと霧氷撮影を企画したのですが。天候条件 (晴れ,-7度)は良好だったけれど、霧氷はでませんでした。
榛名山の朝焼け
-7度の朝焼け:しかし、今日も榛名山はその身を赤く染めて
狂おしいまでの赤
狂おしいまでの赤
氷点下の朝、私達はまた美しい風景を見た

決死の撮影、榛名湖結氷編

いきなりですが・・・
俺たち、あざらし探検隊
僧兵榛名湖に死す!:ある強く冷え込んだ朝、榛名湖に僧兵さんが倒れこんでいました・・・どうした!駆け寄る仲間。とうとう、不死身の僧兵さん榛名湖に・・・ 僧兵、榛名湖に死す?

俺たちアザラシ探検隊 俺たち、アザラシ探検隊:実は答えはこれ!榛名湖の結氷を利用して、風景写真を撮影していたのでした。
 群馬生まれの皆さんは榛名湖の湖面の強度を熟知していたから、平気なんだろうけれど、自分はびびってしまい、周辺撮影のみ、

わか、榛名湖
余裕の若!:写真のできばえはどうだったのでしょうか、氷上でプレビュー確認するわか。
僧兵「わか、大丈夫?」
わか「大丈夫っす」
ぽて「わか、rinrin(奥さん)が保険かけているって!」
わか「汗;」

危険、真似してはいけません
子供さんは真似してはいけません:こんな姿を人が見たらどう思うんだろうなあ~
榛名山
結氷榛名山:彼ら命がけで撮影していた風景がこれ!自分は、湖の端から撮影しました。
早朝の湖面の反射
早朝の湖面の輝き:日は登り湖面を温める。また新しい朝が来た。

ハーベストホテルの朝食は楽し


ハーベストの朝食とぽてちよさん
-7度からの脱出:ハーベストホテルのおいしい。皆さん、楽しみにされています。このホテルバイキング9時に終了なので、9時10分まえに飛び込みました。
 ぽてちよさん、うれしいそうです。
男性陣の朝食風景
むくつけきおのこの朝食:左から若、タムさん、ワンカップ尾崎さん。
集合写真
おいしい朝食:いつにまして、氷点下からの生還。朝食で確認します。すくなくとも体の芯が氷結から解凍するとき
さあ、短期連載の始まりです

美しき、上毛の台地のサンセット

 1月15日、仕事を終えてぽてちよさんと僧兵さんとで夕景の撮影にでました。
紅梅:上州路は寒くって空っ風がふき気温は0度くらいなんですが。紅梅は既にみごろを迎えておりました。 紅梅
暮れる上毛

榛名、浅間
暮れる榛名、浅間:会場に到着すると調度いい時間。サンセットに間に合いました
左が浅間、右が毎度おなじみの榛名です。
はるな愛!とか駄洒落を言いながら撮影します。
サンセット
サンセット:まわりはただ広く、前景に邪魔者が多いので木を前景にしてサバンナのような雰囲気で撮影しました

ぽてちよ、僧兵
撮影する人:ぽてちよさんも僧兵さんも広大な風景の中、一幅の風景となって溶け込んでいます。
暮れる 自動車への映りこみ:ああ、良い一日もこれから暮れてゆくんだなあ、明日はいい日かなあと思いつつ、三脚をしまう。
ホテルハーベスト夜景:伊勢崎市の定宿です。もう既に何泊もしています、皆さんのカラオケ大会の会場でもあります。
 もんじゃパーティまでに時間があるので、少ししゃれて撮影してみました。
ホテルハーベスト夜景
さて、明日は・・・。お楽しみ

久しぶりの宴会対決 後攻 群馬伊勢崎商工会

 今回は盛り上がっている糸魚川と伊勢崎市の対決。
伊勢崎もんじゃについて
伊勢崎もんじゃ
伊勢崎もんじゃ:どうやら伊勢崎はもんじゃの殿堂らしいのです。自分はもんじゃというと「サッカーのカズの実家がもんじゃ屋だった」くらいしか思い出せず、もんじゃを食べたことすらなかったのです。

伊勢崎もんじゃ、恐るべし

伊勢崎もんじゃ、恐るべし
まずは メニューをご覧くださいませ。
僧兵さん「先生、伊勢崎もんじゃにはあまからというのがあります」
伯爵「あまから?って日本酒のようにですか?」
僧兵さん「いえ、あまは、イチゴシロップがからは、カレー粉が入っています。」
 正直、気絶しそうになりました(笑い
広島風お好み焼き
広島風お好み焼き:とりあえず、なんかの予防のために、広島風お好み焼きも注文してもらいました。
わか「先生、オレのマヨラーなんすよ」
伯爵「そうかあ!わしも大好きや。それっ!」
rinrinさん「わかマヨネーズを大量にかけるよね」
わか「おれらがお好み焼きの店行くと、店の人が業務用のマヨネーズを大量に机の上においてくれるんす」
rinrinさん「そう、勝手にかけろってね」
伯爵「もはや勝手にしやがれ」ですな。
マグロカツ丼
絶品、マグロカツ丼:これも皆さんで分かち合ったのですが、絶品です。うまい。「ソースの香りに埋もれてしまいそう」です。

余談ですが・・・

北斗の拳の第一部の終盤で
ラオウ「この部屋の空気は殺気に満ち溢れている」
海のリハク「ラオウ、ユリア様の香りの中で死ぬが良い

※伯爵解説「ユリアっていうのは化学的に尿素のこと」です(笑い。

一応、草食系眼鏡理系男子なので! 

やっぱり楽しい伊勢崎飯

伊勢崎もんじゃパーティー
お助け爺、5Dを買いました:でもご本人はCANON D5だと思い込んでいます。
楽しかった、伊勢崎の皆さん、ご歓待有難う。くりちゃんがいなかったのは残念だったけれどね。
さあ、どっち
 今回は盛り上がっている糸魚川と伊勢崎市の対決。 話題が多いので2日にわけて、お届けです
ガツンと美味い日本海

糸井川の宴会
海の幸を堪能します:雪海老の炭火あぶり、栃尾の油揚げ、おいしい刺身をいただきながら私はカウアミルクで乾杯です

壊れたNさん

for_egg,nakasima

 普段まじめなNさんが壊れてゆく過程を激写しました。
 Nさんの親族からクレームが出るとまずいので、まず事前にお断り。 これはNさんの強い要望で掲載しています。
Nさん「先生、オレのことブログで絶対に書いてくださいね」
伯爵「まじっすか!」
Nさん「先生、オレのことブログで絶対に書いてくださいね」

Nさん
日本酒は怖いっす!: Nさん、普段呑んで帰えると嫁にぶたれるのです
Nさん「先生、オレの嫁、里帰りなんですよ」
伯爵「そうかあ!ゆっくり酒が飲めるなよ。ほれっ!」
Nさん「オレ、嫁のこと愛してるですよ」
伯爵「そうかあ!どのくらい?」
Nさん「そうですねビデオが3回リピートするくらいっす」
全員「まぢっすか?」
このくらいでやめておきます。(笑い
他のメンバー「おれら、若い頃でも卓球のタブルスくらいだったけれどね」なんて馬鹿なことをいいながら飲みすすめました。
集合写真
大雪の中記念撮影:皆さん、雪を見て興奮されているようです。すっかりできあがっています。

・・・とくれば 

カラオケ大会


カラオケ大会
地獄の釜があきました:自分は氣志團 - ONE NIGHT CARNIVAL を唄いました

ヤングマン、YMCA
最後はやっぱり:ヤングマン「YMCA」でした。
 糸魚川の皆さん、ご歓待有難う。
投票は明日です。(笑い

大脱走の講演紀行の後編です

 糸魚川での大脱走の顛末の全体像をお届けします。暫く間が開きましたがお付き合いください。
 大脱出を終えた私は福島県や埼玉県を経て伊勢崎市にいました。
1/16 群馬伊勢崎商工会にてIT相談会
相談会
相談会の皆さん:女性の相談者は子育ての目線でお母様が安心して子供に与えられるおもちゃのネット販売を企画されています。
ワンカップ尾崎さんは酒販業としての新たなビジネスプランを考えておられます。
悪徳T社にやられた方は、立ち直りの手段を相談しました。でも、それぞれの方々が笑顔になっておられてよかったです。予約無しにこられた方もいらっしゃいましたが、臨機応変に対応できてよかったです
ペーパーナイフ
ペーパーナイフ:おもちゃも綺麗なものはいいものがおおいです。陽だまりの光を使って撮影してみました。
1/16 最後の相談者はこの方
 そうです、皆のアイドルぽてちよさんです。
  大福食べて私は幸せ
お土産持参の相談者達:ワンカップ尾崎さんは、伊勢崎市名物神社コロッケ。ぽてちよさんは、妙ちきりんをもって来られました。
 伊勢崎はこんな暖かいメンバーによって支えられています
 ところでぽてちよさんから相談を受けた内容を公開してもいいかな(笑い
ぽてちよ「ところでダイエットは成功しています」
伯爵「そうですね12月末の段階で4kg減りましたが・・」
ぽてちよ「私は4kg成長しました」
伯爵「まじっすか!」
ぽてちよ「そうそう、大福召し上がりませんか?」
伯爵「ワンカップ尾崎さんが・・、神社コロッケもってこられたのですよ美味しいんだけれど危険で(汗;半分に切りましたが召し上がりますか?」
ぽてちよ「ええもちろん」
 こうやって相談会は粛々と進んでおります(笑い
 このブログを観て憤慨している監督官の方(君だよ:苦笑)
 真面目にやってないのではなくコミュニケーションだからね(誤解しないように) 
1/17 相談会の2日目も楽しく
ポテチヨさん
お弁当持参の方もいる相談会:お弁当を持参の方もいます。奥様の愛が伺えますね。
 りんりんさんご夫婦は、イチゴを持参されました。なぜか途中から今日相談のないぽてちよさんもご参加されて楽しい相談会となりました。
  • 1/12 静岡→袋井☆→浜松★ 宿泊
  • 1/13 浜松→東京→越後湯沢(遅延)→糸魚川★ 宴会、カラオケ 宿泊
  • 1/14 糸魚川→(TAXIで脱出)→長岡→大宮→郡山★ 宿泊
  • 1/15 郡山→仙台→鹿島☆→仙台→大宮→加須★→羽生 宴会宿泊
  • 1/16 羽生→太田→伊勢崎→国定☆☆☆☆☆ 宴会宿泊
  • 1/17 (早朝撮影会)→国定☆☆☆☆☆→高崎→東京→静岡
今年のポータルサミットは伊勢崎です

昨日の答え  イ 350円

1/9 香川県、坂出市、日の出屋と亀城庵
日の出製麺所

日の出製麺所この行列、他県からも大量のお客様。
 この店、1日の中で午前11時半から12時半の1時間しか開店しないのです。凄い。これで商売が成立するのだから凄いよね。

楽天からも誘われているらしいけれど、断っているというこだわりの店。

とてもおいしいです。

店主「あなたの講座に出たかったのですが、このとおり、忙しくて」

伯爵「光栄です」

うどんがくると

自分でネギを切って

自分でタレをかけて食べます!


 行列に並んでいると、商工会議所さんが横のスペースへ私をひっぱりこみます。これがVIP席。あらかじめ会議所さんとの関係が深いので別の部屋に食べられるスペースをご用意いただいていたのです。
 並んでいる方には申し訳ないのですが、講演時間もありますのでご招待に預かります。
伯爵「1時間の開店で、よう経営できますな」
ご担当者「本業は製麺所なのです.。それがうまいので直接食わせろとなって・・・一般開放したらこのとおり!」


さぬきうどん
さぬきうどん小を3つ
:異なる味を楽しみます。最後の温たまは、さぬきうどんのカルボナーラ。

さて、3個でいくらでしょうか(油揚げのトッピングを含めて)

  • ア 290円
  • イ 350円
  • ウ 590円
  • エ 650円
坂出駅中、亀城庵

亀城庵
亀城庵:坂出駅の中にある亀城庵。経営者は「お客様の体のことを考えて添加物はつかわない」ことをコンセプトにしている。
 また、高知の馬路村のゆず商品も調味料で採用。ユニークな経営が伺えます。

麺は長時間二段熟成で3日間。だしは水出し製法で2日手間隙かけてつくる。

これがまずいわけがない 

伯爵「なぜ、おでんがあるのですか?」
ご担当者「うどんのタレでおでんを煮るのです」


海老天、餅天うどん780円也
海老天、餅天うどん780円也:私は冷麺、他の皆さんは温麺
伯爵「なぜ、温麺なんですか?」
ご担当者「さぬきの人は、毎日うどん食べているので、その日の健康状態に応じて、あるいは気候に応じてオーダーを変えるのです」

さぬきうどんを食べる

さぬきうどんのもちもち感がとてもつよく、うまみのある麺。うどんの粘り成分のグルテンのうまみなのだろうか。
 さらに、小エビの天麩羅と餅の天麩羅がマッチしてとてもおいしい。


大瑠璃セレクションでもさぬきうどん好調です

  坂出市には、「製麺所」とだけ書いてあって、実は食することができる店がたくさんあります。この文化はまるで、コンクリーのように硬い富士吉田と同じで民家みたいなとこに上がりこんで食べる雰囲気です。
 まさに「さぬきうどん」は食文化であると認識したのでありました。

この3日間の私の体はうどんでできている

坂出、瀬戸大橋のある街

 坂出に来た限りは、瀬戸大橋を撮影したいと思っていました。一人でも撮影しようと思っていたのですけれど、Yさんがご案内しましょうかといってくださいました。有難うございます。
藍は藍より出でて
藍は藍より出でて:撮影のことを考えるなら前日の方がよかった。でも、懇親会があったりして撮影はできなかった。だから悪条件でも、それなりの作品にしてみたいと思っていた。
瀬戸大橋夜景
瀬戸大橋夜景:瀬戸大橋を四国側から撮影するのは始めて、夕陽も曇ってしまったから、かねてからの予定通り、ぼろ三脚を使って30秒露光。 橋の向こうに岡山県倉敷市があります。

  • body Nikon D700
  • レンズ 105mm VRF2.8 手振れ補正オフ
  • 三脚 あるものを使う、レリーズ
  • ISO200,F32,30秒
  • 場所:聖通寺山,サン・アンジェリーナ
  • 時刻:2010年1月10日、午後5時30~6時ころまで

多度津夜景:多度津は瀬戸内海をはさんで児島と瀬戸大橋で結ばれている町。その夜景を坂出側から撮影する。

画面右上にみえるのは、宇多津のゴールドタワーである。

偶然ながら撮影できました

多度津夜景


  • body Nikon D700
  • レンズ 28mm F2
  • 手持ち
  • ISO1600,F5.6,8秒
Lexar 300X
コンパクトフラッシュをプロ用にしました。
 理由は長時間露光時の復元時間を短縮し、撮影チャンスを増やすためです。
lexar300X.jpg Lexar 300:
 デジタルカメラは長時間露光すると(仮に30秒とする)、その撮影後に、同じ時間(30秒)撮影が不能になります。
 これは、撮影データの書き込み量が多いのとと、「長時間露光時のノイズ低減処理=ON」にしていることが原因です。無駄な光が入り込んだのを除去するためです。
 高品質の画像を取りたいので、「長時間露光時のノイズ低減処理=OFF」にしたくないため、プロカメラマンのTWINSさんに教えていただき。このLexar 300Xを購入しました。


 しかし、このLexar、人気商品らしくびっくりカメラにいっても対外品切れ。そこで、大宮のさくら屋にいったらありました。しかも2000円も安い8,500円。即座に購入です。
 TWINSさん、教えていただき有難う。


 

Yさんお世話になりました。お礼に絵葉書を・・・

カテゴリ

ウェブページ

links