2010年4月アーカイブ

4月3日 五日市剛さんのセミナーに行く

 基本的に人のセミナーはあまり聞かないほうです。なぜか?きっちりとしたコンセプトや人生観や仕事感をもっていてしっかりしゃべれる人が意外に少ないから。
 でも今回は違いました。
急げヤマト! 遅刻だ
五日市剛氏セミナー
五日市剛氏:話はうまいし、納得なことが多いです。当たり前のことかもしれないけれど、重要な気づきを与えて頂きました。
 重要なことは、彼の言っていることを疑うことではなくて自分の生活の中で少しずつ実践してみることだと思います。
 ・・・といいつつ、お仲間を探すと前列側にクニさん一族がいらっしゃいます。
セミナー風景

セミナー風景:★1に、よっしーさんが、★2の前につぼひ、なかむ夫妻が。後ろに若くない若女将がいらっしゃいます
お隣は・・・
写真2を拡大すると・・・:つぼひさん、若女将さんなどがいらして、その後ろをMr溶射屋氏が通過中。
 そして、遅刻してきたのは我々だけでなくこの方。顔は見えないけれどわかるよね!自分以上に、講演風景を激写されておりました。
講演後の交流会
グランシップからの富士山
グランシップからの富士山:憎いくらいに晴れています。早朝から撮影会のあった午前まで全部曇天だったのに。
お集まりの皆さん
お集まりの皆さん:いい笑顔です。不思議ですね。真ん中の美人さんはなかむさんの奥さんです。そして、多分、ここに集まってくださった皆さんはたぶん。
  • 会社の経営を一生懸命に考えられている
  • だけど従業員やお客様や地域に感謝している
  • 単に、人に勝てばいい、と思っている人は少ない
  • ネットを媒体にしてるけれど
  • ネットだけが全てではないと思っていらっしゃる
  • 人の心がとても大切と思っている
 だから岐阜や名古屋、山梨、群馬からもきてくれるんだよね。
集合写真
溶射屋さんどうも有難う:僕達(静岡弁でぼくっち)はあなたのお陰で仲間になれたし、気持ちを一つに前にすすめる。
 感謝!
 いつも思っていたけれど、溶射屋さんってブログ界の長嶋茂雄(徳人)だと思う!
GO!GO!山梨

GOGO山梨
実はイベントはこれだけでなかった:山梨で一本桜のライトアップ撮影会があって、それに駆けつけたのです。
これは52号線を疾走するこばやしさんのお車の後部座席からの撮影。
しかもそれを高速で追尾する車両が・・・
それはくりちゃん+ぽてちよさん+あべさんのトリオです。本来は群馬に変える予定が(汗;

あいかわらずぽてちよさん、お茶目さんで、あべさんとダチュウののポーズを取っておられます。(笑い

 
群馬山梨
急遽、群馬山梨AZAZU交流会に:夜桜撮影して、そのあとにデニーズへ。
 八ヶ岳の青い月さんも元気で。良かった。回復おめでとう。あなたの復帰を私は渇望していました。

  • 皆さん「CANON派が一気に増えましたね~」
  • こばやしさん「私も思い切ってかっちゃいました!」
  • 青い月さん「伯爵が、ようこそ極道の世界へ!てのがよくないよ!」
  • 青い月さんに怒られちゃいました
  • 伯爵「タバコや酒で身を持ち崩すのはあるけれど、写真では聞かないもんね」

 このあとくりちゃんずは一路群馬へ。恐るべし群馬パワー

素晴らしい出会いに感謝!

4/3 御殿山

 御殿山とは、静岡市新蒲原にある桜山のこと。かつて家康の隠居所があったと聞きます。
 富士市でyokoさんとこばやしさんと合流しましたが、富士市の撮影ポイントで富士山にふられつづけたのですけれど、最後によった御殿山の付近駐車場で富士山が姿を現します。でも、御殿山からは富士山は見えません。無念。
吊橋をわたる
吊橋を渡る
御殿山の吊橋:富士山が撮影できなかった場合に用意してあった場所。吊橋ならなんとなく楽しめますよね。
御殿山

御殿山快晴:御殿山の頂上付近までいってみたのですが、見所は吊橋だけ。富士山は見えないし、海は見えるけれど、風景の中に建物や人工物がたくさん移りこみますから
 よって、御殿山は下から撮影するのが多分正解です。
御殿山は桜山
御殿山は桜山:家康が隠居所にした気持ちがなんとなく分かる青空と御殿山の桜。
夏みかんと桜
夏みかんと桜:ちょっと奇抜な構図で初夏の雰囲気を表してみました。

 you tubeでみつけた、伊勢正三と元ハイファイセット(翼を下さいで有名な)山本潤子のデュエット曲「青い夏」。私の大好きな曲です。
清水港で食事
刺身定食
刺身定食850円:溶射屋さん主催。五日市剛さんのセミナー時間も切迫。そのなかで、途中の清水港で刺身定食をいただきます。
 ほんとはぽてちよさんらと蕎麦屋へ行く予定でしたが。ごめん。
早飯早食いは芸のうち
本当は間に合ったはずです:多分。(汗;
いよいよ明日は・・

4/2 栗ちゃん来襲

それは"カワセミプロジェクト"の会話から始まった。
栗「溶射屋さんのセミナーがあるじゃあないですか。前の日から行って桜撮りたいっす」
伯「だったら泊まりにくれば?」

くりちゃんin I link consultant

くりちゃんとチャーハン
くりちゃんと昼飯: 4月2日の昼12時半ころに私の携帯電話がなります。もう静岡インターを越えたとのこと、私の自宅で待ち合わせて中華屋に昼飯くいにゆきました。
事務所のくりちゃん

事務所のくりちゃん:当日Webサイト構築の打ち合わせがあったので、5時までアイリンクコンサルタントの事務所で待機してもらいました。その間、富士山の本を貸してあげたらガッツリと食いついていました。
 ケーキはうちのスタッフOとTが準備、なにげにくりちゃんの後ろに Oが写りこんでいます。
 その後、5時になったので、私のいきつけの床屋経由で駿府公園にゆきました。

 この床屋は代替わりして成功した床屋「ミラクルホール」といいます。前の屋号は「加藤床屋」でした。長男が店主になったとたん店のガラスに「あれ、入りました!」と大書きしてマスコミの取り上げられたのです。私も3ヶ月に1度お世話になっています。開業当初のファンキーさは失われましたが、兄弟+嫁のユニットはかわらず。HPやブログを出すことによって若者を取り込んでいます。

静岡祭りの宵
許可得て撮影させてもらいました
桜とJK(女子高生):えっとですね、許可得て撮影しています。桜とJK。いいっしょ。
静岡祭り
静岡祭りの夜:彼にすると静岡は大きな町なのだと思います。結構大きな公園だと語っていました。
いざ宵
十六夜:青い空がなにげにロマンチック!
 7時にはなかむさんが来るので、宴会の買出しに2人でゆきます
  • =宴会の準備=
  • 甲州ワイン、葡蘭酎、磯自慢大吟醸、景虎にごり酒←貯蔵酒
  • 寿司 3人前
  • 静岡おでん 3人前(20本)
  • ふらい、鶏肉 2人前
  • なかむさん提供 デザート
  • つぼひさん提供 肉まん4個、ちまき4個
宴会
 家人は旅行にでていて、のんびりできます。準備は万端です。
伯爵家 de 宴会
肉まんをほうばる
うまい肉まん:実はこの日は私が準備したものよりもなかむさん提供のスイーツとつぼひさん提供の肉漫が秀逸。
乾杯
乾杯!:4人で景虎のにごり酒をやっつけています。
なかむ「もっとくりちゃん飲めば」
栗「明日おきられないとやばいっす」
そう。早朝撮影会があるのです
伯「俺がおこすから遠慮するなよ」
肉まん
肉まん:これって、つぼひさんの友人の店の商品らしいのですが、中華街の肉まんよりおいしいのです。
プリン
プリン:誰もがお腹一杯で食べられなかったけれど、みながおいていったら子供達が食べた。凄く好評だった。
静岡一加番神社の桜
一加番神社の桜
春の宵:気持ちよく酔っ払い、かつ、お腹一杯美味しいものを食べて、翌日は撮影会。なかむさんとつぼひさんを駅まで徒歩で送る中、家の近くの一加番神社でみなで桜を撮影しました。
楽しい宴会だった。

 

すこぶるCMS、好調です。講演をするとそのつど、お客様のお問い合わせ、入会をいただけています。ほんまに皆さん有難う。応援してくださいね.

2010年3月30日 身延山久遠寺のしだれ桜

 関与先の仕事を4時過ぎに終えて4時45分発の身延線特急ふじかわ号に乗りました。普段だとこのまま家に帰るのですけれど、今日はさらに特別な狙いがありました。
 天気が良く桜の状態の良いうちに、4個目の被写体をゲットしようとおもったのでした。(1個目 雁堤、2個目 潤井川、3個目 王仁塚一本桜(わにづか))です。
日没真近の境内で
樹齢400年の桜
樹齢400年のしだれ桜:身延駅に5時20分頃到着、バスが本数が少ないのでタクシーを飛ばしました。けど、う~ん、残念でした。ちょっと到着が遅かった。空に色がなくなっていました。「もっと、光を」=ゲーテ=
まあ、ここまで3個の撮影を成功させて、しかも日中仕事をこなし、4個目の撮影ですから仕方がないです。
赤く染まる五重塔

赤く染まる五重塔:しかし、しかし。渡辺真知子的には「例えば。例えば」。ではなくて、撮影後30分くらいするとライトアップが始まり。これはまたなんとも幻想的な風景と成りました。
 溶射屋さんがここにいたならば「ツイテマス、撮影させていただき有難うございます!」と叫んだことでしょう。冗談ぬきにそう思います。はい。
西谷俯瞰
西谷俯瞰:さらに、ロープウェイ乗り場から西谷(にしだに)方面を見下ろすとなんとまた素敵な夜桜が。こんなに見事で日本画のような夜桜はみたことがありません。
 身延山が桜の名所といわれるゆえんもわかるようなきがいたします。
西谷コンサート
夜桜コンサート:今日は夜桜コンサートがあるようです。本当だったら聞いてゆきたい。でも、バスの時間が。7時32分の身延線に乗らなければ帰りが10時を回ってしまいます。身延線って特急が2時間に1本しかないのですよ。 夜桜コンサート

宵闇迫る、夜桜風情
宵闇迫る、夜桜風情:自分は夜桜を撮影するときは日没30分が一番美しいと思っております。このなんともいえないブルー。「あなたはやさしい眼、だけどとってもブルー」なんて余韻に浸っていたらバスに乗り遅れてしまいました(汗;
 タクシー運ちゃんが教えてくれた時刻が間違っていたのです。しかたがないので再度タクシーを呼ぶと間に合ってくれてなんとか最終便の特急に乗ることができたのでした。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700
  • 天候 快晴、時刻 午後6時15分~午後6時30分ころ
  • WB=AUTO,ISO400,F11,シャッター 10秒
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Niikor 12~24mm F4  →2枚目
  • Niikor 105mm VRF2.8 手振れOFF →3枚目
  • Niikor 35mm F2 →それ以外全部
意外にカメラマンが少なかったのはなぜでしょうか。
自分もなぜいままで来なかったのか後悔したのでした。
味わい深い感動を覚えました

潤井川からの桜と富士山

 桜と富士山の撮影ポイントをもう一つ知っています。それは富士市から車で約10分のところにある潤井川。タクシーを再び呼び出し、潤井川へ。さすがに皆さん、今日が空前絶後のチャンスと知っていて、すでに20人近く砲列を作っていました。
2010年3月10日 潤井川からの富士山
桜満開・富士快晴
桜満開、富士快晴ナリ:気持ちがいいでしょう、富士と桜似合いすぎます。
 これが撮影できるのだったら、合計でタクシー代3000円使いましたが全然です。
潤井の流れと富士、桜

潤井の流れと富士、桜:綺麗です。そして艶やか快晴の富士が桜の衣をまとう姿。日本人でよかった。
※フルサイズのカメラなんですが。視野率が100%でないので、見たまま撮影したら煙突等の構造物が移りこんでしまいました。少しトリミングしてあります。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700
  • 天候 快晴、時刻 9時00分ころ
  • WB=AUTO,ISO200,F11,シャッター 1/500秒
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Niikor 105mm VRF2.8手振れOFF
 いったんここで私は仕事で甲府にゆくためにタクシーで富士駅へ向かいました。
潤井川、春爛漫
潤井川、春爛漫:日本画風に作画イメージを持って撮影し画像加工しました。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700 RAW
  • 天候 快晴、時刻 9時00分ころ
  • WB=AUTO,ISO200,マイナス一段階,F32,シャッター 1.5秒
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Niikor 105mm VRF2.8手振れOFF→1枚目
 画像加工順序は
  • 作画イメージ
  • RAW撮影(長時間露光)
  • RAW現像後、フォトショップ加工(表面ぼかし)
4/3 山梨からのお客様を迎えて

 前夜からくりちゃんがうちにお泊りしていて、そして、当日、なかむさんとつぼひさんとの早朝撮影会が空振り。その後、山梨からおこしのYokoさんとこばやしさんをお招きして潤井川に再び。
撮影隊

撮影隊:左上から①こばやしさん、②yokoさん、③Yokoさん。④くりちゃん。
潤井土手

花盛り潤井川:富士山こそ目得ませんが晴れ模様になってきて花が笑っているかのようです。
桜とハナモモ

桜とハナモモ:素敵な日本の春です。日本人として誇りに思います。

潤井川の桜楽しんでもらえましたか?

雁堤からの桜と富士山

 桜と富士山の撮影は困難を極めます。桜の時期は約2週間。その間、晴れてかつ富士山に雲がない日はおそらく1日か2日。このチャンスを逃すと撮影は困難です。
 そのチャンスをじっと待っていました。山猫がヤンバルクイナを狙うように。3週間ぶりにおがむ完璧な富士の姿。桜は五部咲きですが今後のチャンスがあるかは微妙な情勢です。
富士市雁堤
雁堤からの富士山
富士市雁堤の富士:このポイントは昨年も撮影させていただいたポイントです。今回はJR富士川駅からのアプローチ。タクシーで1,700円くらい。
 富士山撮影に絶好なお日和であることは前日から予感していました。 ①気温が低下していること、②快晴の予報であること、③富士市だけでなく山梨全域に晴れ予報であること、 ④そして、星や月が明確に見えること。
 当日幸いに山梨県に出張だったので(9:50静岡駅発)、 7:30分頃に自宅を出て、7:44分のJR東海道線に飛び乗りました。8時5分頃に富士川駅着、そこでタクシーを拾ってGoです。気分は郷ひろみで「あははははは・・・・。(郷ひろみの笑い声で)富士山と桜を撮影させていただき有難うございます(溶射屋さん風)」と思っていました。
桜のゲート

桜のゲートと富士山:既に先着の方々が4~5人いらっしゃいました。そして、必ず撮影するのがこの写真。これが取れる場所が雁堤では1箇所しかないのです。これがかなりのローアングル。人工物も結構映り込むので撮影は困難を極めますが、皆さん、譲り合って撮影しています。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700
  • 天候 快晴、時刻 8時30分ころ
  • WB=AUTO,ISO200,F11,シャッター 1/500秒
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Nikkor 35mm F2 →2枚目
  • Niikor 105mm VRF2.8手振れOFF→1枚目
 1枚目の写真は近くのドライブインの二階からの撮影です。ドライブインの許可を得て撮影させていただきました。声かけが重要だな。最初は「何者?」と女将に怪訝な顔されましたが、ちゃんとマスターに断ると「いいよ」
 最後は仲良くなっていました。
そして、明日は・・・

2010年3月29日~4月1日の講演紀行

 おかげさまで年度末ですが色々仕事を与えていただき感謝です。頑張って仕事します。
茜姫を訪ねて山形へ
一路山形へ
茜姫の会社に御呼ばれです:新幹線があるから便利ですが、やっぱり5時間くらいかかります。
 山形を通り直ぐて、さくらんぼ東根という駅で降ります。ご担当者と鶏そばをたべてお伺いします。
茜姫

HPのコンサルティング:商工会のかた2名、Web担当業者さん、茜姫、私の4人でコンサルティング。左上のフキノトウは茜姫が以前ブログでだしていたものです。
3/30 顧問顧客を訪ねて甲府へ!
 顧問顧客の巡回日でした。お客様のエンドユーザさんが吉田うどん屋を開業されたので写真撮りとアドバイスを頼むといわれました。須玉にお邪魔します。
蕎麦
蕎麦屋さん:吉田うどんもおいしいですが、根っからの蕎麦っくい。4人で別々のメニューを頼んで撮影に。最初は職人さんも驚いていたのですけれど最後は笑顔です。
蕎麦屋、吉田うどん屋
コンセプトは山野草:健康的に山野草の和え物やてんぷらが出ます。美味しいですよ。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700
  • 天候 晴れ、気温 12度、時刻 12時30分ころ
  • WB=太陽光,ISO400,F5.6~11,シャッター 1/125
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Niikor 105mm VRF2.8手振れON(手持ち時)
  • Niikor 28mm F2
鶏モツ
鶏もつ:山梨で蕎麦屋とくれば定番の鶏モツ自分も大好きです。箸は割り箸はNGだそうですから、竹箸を使いました!とりあえず。
3/31 浜松女性グループMTOS講座最終回

居酒屋りょうぶんバナー
 MTOS講座最終回でした。居酒屋さんのバナーを作ってみました。
こちらはコンサルタントの方
 MTOS講座最終回,厳しかったよといわれました。そうかもしれない。すみません。
努力なしで技術は見につかないし努力しないと他の方に迷惑をかけるから。

 でも、嬉しかったことがあります。この方々が、私を5月の懇親会に誘ってくださったこと。本当にいやなやつだったら呼んでもらえないですよね。有難う。 

4/1 出版打ち合わせで山梨県へ

サラダボウルさん
共著者のサラダボウルさんに会いにゆく:農業関係の出版をしますがサラダボウルさんに助けていただきます。そのための打ち合わせにお邪魔します 。

彼の著書にもあるけれど年収7000万円を振り切って農業に。こういう方と一緒に仕事をできること光栄に思います。頑張って本を書きます。


 そうしたらサラダボウルさんなんと、レストランも開業していて自社で作った野菜の料理を食べさせてくれました。早速取材、取材。
サラダボウルさんちの料理
サラダボウルさんおすすめのく:野菜巣揚げカレーを頂く。ご飯は五穀米で。おいしいです。直ぐに席がうまります。凄い関心事。
 場所は山梨県、身延線、東花輪駅前通をまっすぐ。200m先右手です。

4/2 出版準備とHP制作打ち合わせ
大井川商工会
大井川商工会の方とお打ち合わせく:会員さんを伴ってお越しです。有難うございます。経営革新を撮られたそうでHP構築の打ち合わせ。
 当社のビルはシンドラーのエレベータです。最後にエレベータまでお見送りです(笑い
4/4 甲府駅前花盛り
甲府駅前
  • =週末の行動=
  • 4/2 群馬の使徒、くりちゃん来襲
  • 4/2 我が家で宴会(くりちゃん、なかむさん、つぼひさん)
  • 4/3 山梨の使徒、YOKOさん、こばやし塾さん襲来→早朝撮影会
  • 4/3 五日市剛さんセミナー参加→その足で山梨へ
  • 4/4 山梨で早朝、午前、大撮影会
  • 4/4 写真の整理、ブログのまとめUP
 こまかいことはまた報告させていただきマンモス!
ほんまにいろいろの方とお会いして勉強になりました、感謝!

3/28 岡崎市、奥山田のしだれ桜

 休日、静岡市の自宅にいて、富士山が顔をのぞかせるチャンスをうかがっていました。しかし、晴れ間はあっても富士山が顔を出す見込みがありません。
 以前から気になっていた岡崎市にあるしだれ桜に遠征してみることにしました。
岡崎市 奥山田

奥山田地区
奥山田地区:JR岡崎駅からバスで1時間15分くらい。よく考えるとJRではなく名鉄東岡崎の方が料金的にも時間的に安く早かった。
 いずれにしても、北斗台というバス停で降りて20分くらい迷いながら川を遡ってゆくと桜が見えるのです。
 ちなみに写真は途中で撮影した桜の風景です。散っている花びらが写りこんでいるのはわかりますか

 
奥山田地区

奥山田しだれ桜:なんでも持統天皇が手植えされたとか。持統天皇は702年になくなっていますから。今から1300年くらい前の桜なのでしょうか。
しだれ桜

しだれ桜:岡山市内は桜祭りに賑わっています。こちらの桜も地元の人々に愛されていて、路上には多くの自動車が路駐状態です。
 折からの夕陽に照らされて枝垂桜が輝きます。
水仙
桜散る:このしだれ桜が咲き始めたと新聞に載ったのが3/17日頃。そう桜も終盤です。風が吹くたびにはらはらと花びらを散らしています。
さらば奥山田地区
さらば奥山田地区:本来はライトアップまでいるべきなのだろう。でも、帰える時間を逆算すると結構、凄い時間になりそう。未練はあるがライトアップの桜はこれからも撮れそうなので。再びバス停まで。

岡崎市奥山田地区の宝物を目に焼き付けて去る

エゾフクロウの撮影

 札幌に来ました。本当の目的はエゾフクロウを撮影すること。
 以前、北海道では野幌森林公園でとり逃しています。
エゾフクロウ

エゾフクロウのウィンク
エゾフクロウ:エゾフクロウの大きさは体長50cmくらい。夜行性ですから昼間は大きな木の空洞(うろ)で寝ています。だから、このように動きのある写真を撮るのが難しい。
 このエゾフクロウは♂。つがいの♀(三笠のおっかさんと呼ばれていた)は昨年、子供の餌撮りにいって自動車に撥ねられてなくなりました。このフクロウはそのつれあい。
 厳密に言うと、三笠のおっかさんは再婚ですから。このフクロウはその再婚相手です。今は男やもめ。
ふくろうの爪

フクロウの爪:この爪をみてください。これでネズミなどを捕らえて食うのです。

子育て期には親はネズミを半殺しにして、捕まえてきて、子供に狩の練習をさせるのだとか。
こんな爪で掴まれて。このとがった嘴で突かれたくない。人間でよかった。(汗;

最近わかってきたのは、フクロウは額から超音波を出す。そして地にもぐったネズミなどの動向を探っているらしいのです。それってプレデター(predetor :捕食者)じゃん。

三笠の林の野鳥達
ゴジュウカラ

ゴジュウカラ:普通、木を螺旋を描きつつ垂直に登るのですけれどこっちをむいてくれました。
コゲラ
コゲラ:近くに来てくれました。
影
:吹雪の合間にこのように日が差し込む瞬間もあります。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D300
  • 天候 吹雪、時刻 AM10時00分~12時00分ころ
  • WB=AUTO,ISO800,F8,シャッター 1/500秒 連射
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Niikor 300mm VRF2.8 手振れOFF
  • Niikor テレコン2倍
  • =観察できた野鳥=
  • エゾフクロウ (218種類目)
  • コゲラ
  • シジュウカラ
  • ヤマガラ
  • ゴジュウカラ
  • ミヤマカケス
また、ひとつ目標がクリアされました。

私の人間的特性として、ひとつひとつ、地を這うように目標を1つづつ消してゆくという特性を持つ人間です。唯一人に誇れることは、志の炎を消さずに長く生き続けられることです。

札幌にきた本当の目的は

 函館の仕事を終えて札幌に来ました。本当の目的はある生き物を撮影すること。
 数年来の念願がかなうのでしょうか
男はやってきた
男はやってきた
S氏:S氏は札幌市在住のコンサルタント兼大学講師です。
 実は私は"ツンドラ友の会"という会に入会しています。この会は若い頃YH(ユースホステル)活動をしていて、それに染まり結婚できなくなった人の会です。いまだに独身率50%くらい。
 名前の由来は「ツンドラ=花が咲かない。コケしか生えない」から来ている。ちなみにS氏はYHのヘルパー経験があり既婚者です。
場所は北海道三笠市
撮影現場

撮影現場:札幌市から車で1時間程度。三笠市にきました。
 さて、被写体は森の中にいる生き物です。なんだと思いますか?
  • =被写体クイズ=
  • ア キタキツネ
  • イ エゾリス
  • ウ フクロウ
  • エ モモンガ
撮影を終えて食事
小ばと食堂
おとん食堂:被写体をまっているうちに吹雪になりました。石狩地方は、10km程度の幅で縞模様的に天気がかわるとか。撮影を打ち切り食事に。この地方で人気の小鳩食堂へ。
小鳩食堂内部
内部はレトロ風です。:料理が出てくるまで、鉄腕アトムをいぢって遊んでいました。
カツ丼
カツ丼:エネルギを失うと補完したくなるのは人情ということで、カツ丼。凄い形状です。
厨房を撮影させてもらう
厨房は隣の家にありました。内外の温度差が凄いのでレンズが曇って仕方がない。
わんこ
良く寝る人ね、わんこ:店の外にでるとわんこが寝ていました。毛皮を着ているにしても、良くこんな場所で眠れるなあと思いました。
さあ、あしたは結果発表です!

札幌市 2010年3月21日 吹雪

 函館の仕事を終えた私は16:42北斗号にのって一路札幌へ。しかし吹雪の影響で若干到着が遅れて午後20:00到着となりました。
 でも、昔だったら函館→札幌は4.5時間だから。3時間を少し越えても仕方ないかなという気持ちです。
北海道庁は雪の中
道庁
北海道庁雪景色:札幌ルートイン北口店にチェックインした私はとるものとりあえず三脚とカメラ防寒設備を施して、外へ出て行ったのでした。
 ホテルのスタッフに「ライトアップはあるかな?」と聞いても知らなかった。でも、あるはず。地図だけ貰って撮影にでました。結果はこのとおりです。
道庁から

道庁から:道庁から通りを見渡すと。それはまたいい感じ。三脚大活躍です。もってきてよかった。
 自分の三脚は70cm以上。機内持ち込みができません。このため預けになる。預けになるということはそれだけ次の乗り継ぎに影響がでるのです。それだけのリスクを犯しても今回の旅行に三脚は必須という認識です。
時計台へ
時計台
時計台:実は観光地三大ガッカリというのがあって。①時計台、②高知はりまや橋、③沖縄守礼門なんですが(いずれも行ったことがある)個人的には②がThe Worstだと思っております。①は確かに小さくてビルの間に埋没しかけていますが、夜景にするとこのとおり風情があるものです。
時計台夜景
時計台夜景:時計台を別の角度から撮ってみたくて・・・
 ビルの二階からとってもしっくりいかず真横から撮影してみました。
札幌大通り公園、テレビ塔
大通公園テレビ塔
テレビ塔:正直美しい夜景だったと思います。以前、僧兵さんから聞いたこと「札幌は函館に"100万ドルの夜景"を譲っている。
 真実はわからないけれど、人口規模からすると真実なのかもしれない。
 函館の夜景は美しい。でも札幌も相当であることは事実です。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700
  • 天候 吹雪、気温 -2度、時刻 PM20時30分~21時30分ころ
  • WB=AUTO,ISO400,F11,シャッター 30秒 bulbe
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Niikor 105mm VRF2.8手振れOFF
  • Niikor 28mm F2 →1枚目
 駅構内で塩ラーメンを食べるも。美味しくない。よって半分ほど残し去る。
吹雪の撮影、体力を使いました

吹雪のトラピスチヌ寺院を訪ねる

 いよいよ、仕事も終えて函館を離れることとなりました。その前に、ちょうっと時間があるからということでトラピスチヌ寺院を訪ねました。
 ここで注意!
  • =トラピスチヌ寺院とトラピスト寺院は違う=
  • トラピスチヌ寺院は女子修道院
  • トラピスト寺院は男子修道院
 以前、僧兵さんが奥さん孝行旅行をしたときに間違って行ったのがたしかトラピスト。あとで地図を確認してください。まったく別方向です(笑い;
吹雪とトラピスチヌ寺院
トラピスチヌ寺院
トラピスチヌ寺院: 雪もまた風情ですが、きっと青空はもっと素敵なんでしょうね。
雪中のマリア
雪中のマリア:日本の仏像は静謐であったり、巨大で人を圧倒したりするのですがマリア像はなにやら悲しげでかつ慈愛をたたえた表情をしているのが通例です。シロトビ的な写真をあえて撮ってみました。
ドウダンツツジも雪の中
吹雪:観光している間に雪が猛烈にふってきました。
マリア像
マリア像:ほんのひととき太陽が雲間からでてきました。それをマリア像の指先と重ねてみました。
地図
函館市街図:トラピスチヌ寺院とトラピスト寺院の位置関係がちょうど正反対であることをご確認下さい。
それと函館山の位置。市街地からみて真南なんですね。数十年前から、真西だと勘違いしていました。
これからオフです。札幌に旅立ちます

静岡駿府公園の春

 3月27日に撮影した夜景と駿府公園の昼間の顔をお届けします。
朧月夜
朧月夜
朧月夜:思わず同様の「菜の花畑に入日薄れ」と心で歌いながら撮影していました。これで、かがり火が炊いてあれば・・・日本画の世界ですね。
西門からの風景
桜の門:駿府公園の西門です。桜のゲートができています。
お掘りの映りこみ

お堀の映りこみ:毎年1年に1回この時期にしか見れない風景です。しっかりと目に焼き付けておこう。
桜の門
西門からの風景:同じ場所からなのですけれども視点をかえると全然別物ですね。
それぞれの幸せの風景
記念撮影
記念撮影:左の方に写真頼まれて送信しました。掲載もOK!右の方ご連絡をお待ちしています。
昼間の顔
さくらとメジロ
桜とメジロ:この時期の定番。あたりまえなんだけれどないとさびしいワンショットです。
 これ以下2枚の写真だけ、80~400mm使っています。
ツグミ
ツグミ:しだれ桜のいる芝生に住みついているツグミ君。今年もお世話になりますね。
静岡のやわらかな春の風景です

山梨からのお客様

 山梨からお客様が3月27日にいらっしゃいました。どうせだったら美味しいお寿司を食べていただこうということで静岡市田町寿し幸にご案内しました。
静岡市田町寿し幸

寿し幸(すしこう)カウンター
寿し幸カウンター:威勢のよい職人達が総出で握り、女達が料理を運ぶ。熱気があります。
フルヤ技研社長と秘書yokoさん

フルヤ技研社長と秘書yokoさん:実はわざわざ仕事の打ち合わせに来ていただきました。有難うございます。

最初、会社とyokoさんとの関係がよく読めず、そこが謎でした。実はyokoさんって、高齢の社長さんのことを凄く理解して、この社長さんの長所を引き出す理解者であり秘書的な役割の方と知り納得です。こういう方の存在って経営者にとって大きいですね

酒は焼津の誇る磯自慢
磯自慢:ダンチュウなどに取り上げられたこともある。磯自慢。飲み口の良いから口でも芳醇。静岡が誇るお酒のひとつです。なにより水が良い。大井川の伏流水がポイントだと思います。 磯自慢

おいしい静岡のお寿司
ほたるいか
おつくり:初夏の味覚ホタルイカやアジ、イカ、鮪などがどんどんでてきます。
上寿司
上寿司:主力の鮪のほか、イカ、ハマチ、海老、アナゴなどスタンダードなナンバーが続きます。
鯛、ハマチ
鯛、はまち、アサリの味噌汁:自分はすしを食べるときアサリ汁が定番です。口の中がさっぱりするような感覚を覚えます。
あと、ガリもガリガリゆきます。
静岡ならではの味覚
タチウオ
岩海苔、キンメダイの寿司、タチウオの寿司:どうです?他の地方で食べられますでしょうか。是非、静岡にいらっしゃいませ。
おいでませ、静岡へ

函館キュイジーヌを訪ねて

 函館キュイジーヌ。キュイジーヌとは家庭料理のこと。函館は港町だけ会って洋食の文化がある。これを函館独自に家庭料理風に進化させた料理を函館キュイジーヌと呼ぶのだそうです。その提唱者にあってきました。
グランポルテ Grand Porte
スープを飲めば
グランポルテ Grand Porteランチバイキング:料理人の力量はスープを飲めばわかると最近知りました。本当に美味しい。
 実は受講生にGranad Porteのスタッフの方がいて。HPをなんとかしたいんだとおっしゃっていた。だから許可を得て取材を兼ねてランチです。
カボチャ

カボチャと金時豆:洋食一辺倒かと思うとこういう洒落たメニューがあって。誰も手をつけないかなと思ったら、他の女性スタッフがとっていた。両者の意見「おいしい!」
ささみと、真蛸
ささみと真蛸:洋食基調なんだけれども洋食にこだわらずというスタンスが函館キュイジーヌの思想とみた。
パスタとデザート
パスタとデザート:パスタはカレー風味とトマト風味。これは何所にでもある感じ。デザートも同様。
「グランポルト」の総料理長池田洋二氏
函館キュイジーヌ 提唱者池田料理長:そんなとき、池田料理長登場。函館キュイジーヌについて問う。
池田氏「函館キュイジーヌは洋食をベースに限りなく地のものを使う。そして、子供さんや家族がともに楽しむことのできる料理をいいます」とのこと。その柔軟な思想は素晴らしいと思った。かたくなばかりが、こだわりではない。
総料理長池田氏

池田洋二氏開発の新作デザートを賞味
新作デザート
新作デザート:質問しているうちにデザートの話になって。なんでも、通販用のデザートを開発したとか。これは食べたいと思ったら出してきてくださった。イメージとしてプリンとチーズケーキを足して凍らせた感じ。カラメルが味を占めている。
函館キュイジーヌ楽しめました

 

昨日の答え  ア 780円  FA

函館グルメ、君は耐えられるか

3/19 大門横丁 さくらの刺身定食と生ウニ
かにいくら丼
かにいくら丼:函館駅構内にある立ち食いすし屋、1,500円。ただし量がすごく少ないから要注意。ダイエットしていてもちょっと不満。でもうまい。
定食

大門横丁さくらの刺身定食:ハウマッチ(ご飯、刺身、小鉢、味噌汁)。これもうまい。
  • =解答群=(うには別とします)
  • ア 780円
  • イ 850円
  • ウ 980円
  • エ 1,200円
生うに
生うに:これで450円。大変、美味。
3/20 函館「函太郎」の回転寿司
にしん寿司
にしん寿司:函館の回転寿司のレベルの高さを味わって欲しいとご担当者。その手に乗る伯爵。う~んマンダム。
寿司
  • 左上から
  • 甘エビ
  • かに
  • 生かに
  • 生たこ
  • あぶりサーモン
  • 稚貝(ほたて)の味噌汁・・・うまいので2杯飲んだ
  • この他:はまち、まぐろ、いかも頂きました。
いくら
3/21 中華ゆうみんのあんかけチャーハン
 本当は他の店に行くはずが満員で入れず。
函館名物あんかけチャーハン

函館名物あんかけチャーハン:ゆうみんは函館駅前のとおりをまっすぐわたって直ぐ。
ぱりぱり餃子無美味い

ぱりぱり餃子も美味い:はしやすめに餃子をば・・・
餃子うまい
餃子:うまさが泊まらない。という感じ。いやあ、函館はなんといってもグルメ王国です。
やっぱり地元の方が良くご存知だ

函館山 2010年3月19日

 発達性低気圧で明日からの天候に保障はありません。だから函館山にいって撮影をする決意でした。
テーマは藍色に近い青
函館の夜景(藍色の世界)
藍色の空と夜景:前回はどうしてもこの青が出ませんでした。しかし、今回は気持ちよく出ました。
5時半に函館山に登って場所取りして、寒いなか待ったかいがありました。気持ちよく。良いポジションで撮影ができました。
摩周丸のあたり

函館港遠望=摩周丸のある風景=:氷点下ですから寒いことは当然ですが、人がたくさんのぼってきて、三脚を蹴飛ばされます。風も強いこともあって 300mmでの撮影は断念。105mmで試すとしっくりくるようです。
元町あたり(夜景)
元町あたり:右下にハリスト寺院とヨハネ聖堂を配しました。
濃いねずみ色に染まる海
船と夜景と
船と夜景と:かれこれ待機が30分、撮影が40分になると。手は縛れてきていうことを感覚がなくなってくるし、根気がなくなります。でも、最後の気持ちを振り絞って函館山の90度西側を撮影することにしました。気持ちのよい「濃いねずみ色 #4f455c」が表現できました。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700
  • 天候 雪、気温 -2度(気象情報から)、時刻 6時9分ころ
  • WB=AUTO,ISO400,F11,シャッター 1.6秒,RAW
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Nikkor 300mm F2.8 VR→使用したが掲載なし
  • Niikor 105mm VRF2.8手振れOFF →2枚目、3枚目、4枚目
  • Niikor 28mm F2 →1枚目
風景写真では三脚を据えたら手振れ機能をOFFにします。手振れ機能をONにすると逆に手振れしやすいのです。
青の深さに染まっていただきたい!

3/24~26 駿河友の会

 今回も弊社主催セミナーに多くの方々が集まっていただけました。有難うございます。
テーマはSEO(bing対策)and RAW撮影・画像加工講座

ぶにゃにゃんさんとなかむさん
くったくのない笑顔で:そう!気負いもなく自然体で、仲間と交流し学ぶことがコンセプト。
中古PCさんと溶射屋さん

溶射屋さんと中古PCさん:中古PCさんは連夜、仕事が終わると豊橋からかけつけてくださいます。有難う。
RAW現像
講座風景:初日がSEO(bing対策),二日目が撮影設備を使ったRAW撮影、三日目が RAW現像とフォトショップを使ったバナー作成。

 欠席者のためにビデオ配信しています。これなかった会員はインターネットでビデオ情報を見ながら最新技術をチェックできます。

参加ご希望は(有)アイ・リンク・コンサルタント 駿河友の会 事務局 平野まで。

会費は月額たったの2,000円

 TEL               054-205-3320         E-mail info(a)katoken.gr.jp

撮影素材はクニさんトマト
トマトRAW撮影
RAW撮影: RAW撮影は、画像データが1枚10MBになることと、現像処理が必要な点で敬遠されるむきもありますが、PC内で現像中に再設定変更が可能なことと、画像品質が保ちやすいこと、そして、軽いjpegファイルが作れる点で優れものです。
トマトとザル:撮影効果を高めるために黄色いマットとザルを使ってみました。背景においたレモンもクニさんちのレモンです。 ザルとトマト

トマトを齧るとはぐきから血が出ませんか? トマトをかじると歯茎から血が出ませんか?:というのは大嘘で、ぶにゃにゃんさんがトマトを齧られているとこを撮影させていただきました。
参加者の方々
 全員ではないですが参加された方々と、スタッフをご紹介します。何人わかるかな?
俺達清水組

俺達清水組:①なかむさん、②つぼひさん、③美容師さん。
ぶにゃにゃんさん

笑顔が素敵な中間たち:①税理士のikeikeさん、 ②ぶにゃにゃんさん、③服屋Hさん。
中古PC屋さん+よっし~
混成チーム: ①溶射屋さん(静岡)、②中古PCさん(豊橋)、③よっしー(沼津)です。
伯爵とスタッフ
皆さんいつもお世話になっております

 

「すこぶるCMSサービス」のホームページをオープンしました。
URL:
http://www.sukoburu-cms.com/

お蔭様で結構お問い合わせいただいています。感謝!


低価格でのホームページ構築が可能なサービスです

初期費用約3万円でHP構築、月額約3,000円

ご連絡は info(a)katoken.gr.jp SE アイリンクコンサルタント 駒井まで

 

大沼でエゾリスを狙ったが

 大沼でエゾリス撮影可能情報が入りました。エゾリスはフィルムカメラのころに散々撮影したのですがデジタルで撮影できたことはありません。
 ぜひ、撮影したいなあと想って出かけた次第です。
大沼
駒ケ岳
大沼と駒ケ岳:大沼と駒ケ岳です。大沼は凍結したままでした。
 午後から天気が崩れると効いていたので、午後1時に行って撮影できたのはラッキーです。北国は天気がいつ天気が崩れるか分からないので、とりあえず、まず撮影しておきます。
 3月19日~22日の三連休は発達性低気圧の通過が予想されていて北海道の晴天は期待できそうにないのでこれが晴天の見納めかという画像になることでしょう。
冬日=小沼=
小沼=冬日=:エゾリスを探しに小沼に。大体北海道の場合、午後になると天気が崩れてこんな感じになるのです。
ワカサギ釣り
大沼のワカサギ釣り:有料の釣堀化しています。氷の近くまで降りたいのですがお金を払わないと無理そうで望遠で撮影しました。マガモの夫婦がのどかに泳いでいます。コハクチョウは2羽飛び立ってゆきました。
野鳥撮影

野鳥撮影:左上:アカゲラ、左右:ゴジュウカラ、右下:ハシブトガラ。
 結局エゾリスは撮影できませんでした。観察センターの方曰く「早朝だね」そうです。エゾリス君は早朝に食事を終えると穴の中でじっとしているのが通例です。昔の経験でエゾリスの習性はわかっていたので、がっかりしませんでした。
雨氷
 皆さんは雨氷はご存知でしょうか。雨が木に降ってそのまま凍結する減少。京丹後のおやじさんなら「うひょー!」とか突っ込んできそうです(笑い;
雨氷I:雨は夜半になって急激に冷却され一滴の宝石となった 雨氷1

雨氷II
雨氷II:折からの日中の温度に暖められて雫となって再び、雪原のなかに落下してゆく。
雨氷III 雨氷III:まるで、枝の抜け殻であるかのような形状が面白く雪原に腹ばいに近い姿勢となって撮影した。
 エゾリスは撮影できなかったけれども、珍しい雨氷が撮影できてラッキーでした。これも天の配剤でしょう。
エゾリスの撮影のつもりが雨氷の撮影になってしまいました

「すこぶるCMSサービス」のホームページをオープンしました。
URL:
http://www.sukoburu-cms.com/


低価格でのホームページ構築が可能なサービスです

初期費用約3万円でHP構築、月額約3,000円

ご連絡は info(a)katoken.gr.jp SE アイリンクコンサルタント 駒井まで

函館市役所のMTOS講座にいってきました

機上にて
ANA機上にて
3/19 機上にて(ケータイです):羽田からANA機で函館を目指します。曇り予報ですが山形上空は快晴でした。飛行機内は混雑していていたので。そうか。三連休の始まりだったですね
 下界の雪景色がとても綺麗。でもカメラを頭上の荷物棚から取り出すためには隣席の方に迷惑をかけてしまうので携帯電話での撮影です。
函館駅にて
函館駅にて:正午くらいに函館空港に到着。12:30くらいにホテルにチェックインです。そこで、リュックを背負ってエゾリスの写真を撮りに行くことに。
 狙いはネットで調べて大沼に。だめもとです。この写真は函館駅2階からの風景です。
大沼へGお
大沼駅は雪の中:お見送りは黒いいかくんロボットです。函館はいたるところにイカがいます。多分、いかが好きなのだと思います。
大沼
大沼公園:大沼公園で伯爵は久し振りにエゾリスにあえるでしょうか?
函館MTOS講座

3/21 函館MTOS講座:仕事?一生懸命やらせていただきました。当然です。優勝者の方、おめでとうございます。写真は余技ですから(笑い;
ビジネスプランコンテスト優勝者はレストランのWebマスターです。こちらのレストラン情報も掲載しますね!
雨のステーション
雨のステーション:函館はとうとう暴風雨です。この日、多くの飛行機が欠航になったから帰らなくて正解でした。雨の路面電車のステーション。あわてて走り去る人がいます。
札幌
3/22 札幌空港:うってかわって3日後の札幌空港です。なぜ、函館で仕事のはずが、なぜ札幌にいるのかは折々、ストーリを追うと分かります。しかし、飛行機到着が30分も遅れて、品川駅でのひかり乗り継ぎができなくなりました。でも、無事に帰ってきたからよしとします。
  • =今回の撮影機材=
  • Nikon D700 0.95kg
  • Nikon D300 0.9kg
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ 3kg
  • Nikkor 300mm F2.8 VR 2.8kg
  • Niikor tele plass 2倍 0.5kg
  • Niikor 105mm F2.8 0.9kg
  • Niikor 28mm F2 0.5kg
  • -----------------------------------------
  • 撮影機材重量合計 約10kg 
 D700とD300の二挺拳銃(笑い;体重2.8kgの巨砲300mmは火を噴くか! 2倍テレコンもついて・・・
 これで空振りなら大笑い!
 失敗?成功?お楽しみです
今年度最後の函館シリーズ(全9回)はじまります

「すこぶるCMSサービス」のホームページをオープンしました。
URL:
http://www.sukoburu-cms.com/


低価格でのホームページ構築が可能なサービスです

初期費用約3万円でHP構築、月額約3,000円

ご連絡は info(a)katoken.gr.jp SE アイリンクコンサルタント 駒井まで

高級居酒屋とパスタバイキング

先攻 浜松の居酒屋りょうぶん(名鉄ホテル地下)
ほたるいか
浜松の懇親会のはずが:受講生を交えた懇親会のはずが手違い。中小企業診断士のしんちゃんとの反省会になってしまいました。ま、いいか。
刺身盛り合わせ
刺身盛り合わせ:ということ、受講生の居酒屋りょうぶんさんにお邪魔です。居酒屋というには高級な感じ。

お魚 氷の中におかれた商品を撮影させていただきました。結構、魚と酒に特徴がある居酒屋です。 

  日本酒もいってしまい。残りの写真はへべれけになってしまいました。だから、冷水を飲んで覚ましてから最後の写真を撮影です。

魚

うな茶 鰻茶 しめに鰻茶漬けをいただきました。しんちゃん曰く「新幹線まで残り10分です」多分、間に合いそうです。だって地下道をとおってエスカレータのぼり在来線改札から入れば多分大丈夫。
 日本酒の出るから走れないっす!なんとか間に合いました。

 
後攻 豊橋のcannery row
キャナリーロー
cannery row:豊橋で気のいい箱屋さんちに寄った日のランチがここ。別の店によったら満員で入れずにこっちに10分ほどまって入れました。
サラダバイキング
1,575円のサラダバイキング:野菜がたっぷり楽しめるのと、飲み物がフリードリンクなのでこれにしました。パンも会ったのですがメタボに成るのが嫌なのでパス。
バジルパスタ

バジル風味、帆立パスタ:香草風味で静に口の中に風味が広がるパスタでした。
リゾット
リゾット:おまけにリゾットがついてきました。今まで食べたことのないような味。
 ご担当者は「腹が減っていない」といいながら自分よりも早く完食。私はリゾットとパスタ両方少しずつ残しました。
さあ。どっち

 

「すこぶるCMSサービス」のホームページをオープンしました。
URL:
http://www.sukoburu-cms.com/


低価格でのホームページ構築が可能なサービスです

初期費用約3万円でHP構築、月額約3,000円

ご連絡は info(a)katoken.gr.jp SE アイリンクコンサルタント 駒井まで

宴会対決 豊橋・蒲郡チーム対駿河友の会

 豊橋・蒲郡チーム対駿河友の会、東海道の宴会対決です。
先攻 豊橋・蒲郡チーム

味噌田楽のきく宗
味噌田楽のきく宗:今日も一日言い天気でした。青さが残る豊橋駅近くに男達が集結します。その場所は味噌田楽のきく宗です。
味噌田楽のきく宗
蒲郡と豊橋の熱い人々:私がコンサルティングで豊橋に泊まっているので蒲郡と豊橋の熱い人々が懇親会を開いてくださいました。
料理一式
料理一式:味噌尽くしです。でも、こんにゃくやら餅やら工夫しています。定食で3700円です。酒を入れると5,600円。う~ん、静岡なら寿司が食べられます。金額だけ納得が行きません。さらに餅の写真を撮っていたら方向を訂正されました。(汗;

 ちなみに日本酒の蓬莱泉(ほうらいせん)吟でした。辛口で美味でした。ハイ! 
味噌田楽
本命味噌田楽:とうとう本命の味噌田楽登場。味噌の中に豆腐が入っています。だからヘルシー。
味噌田楽、ご飯のせ
味噌田楽ご飯のせ:きのいい箱屋さんに教えていただいた食べ方。ご飯に乗せるんですね。
記念撮影I
記念撮影:前列左から①中古PCさん、②気のいい箱屋さん、 ③蒲郡信金ご担当。
 後列左から④箱秀さん、⑤蒲郡会議所ご担当さん。
記念撮影II
伯爵と皆さん:今度は仲間に入れていただきました。たくさんお集まりいただき有難うございます。

月の宴で、するが友の会懇親会
月の宴

懇親会会場は:JR静岡駅前。夜が遅いから、終電に間に合うようにです。ぶにゃにゃんさん手配有難う。
友の会懇親会
懇親会:うちのスタッフも加えてPM10:00から駅前の月の宴で懇親会となりました。
料理
深夜にカルボナーラは危険だ!:でも、みなさんお腹が空いているからでしょう。がっつりと。
最後は蕎麦でしめる。
最後は蕎麦でしめる:沼津のよっし~が帰り、清水区のなかむさんやつぼひさんたちが帰りして、人数が少なくなったところでシメの蕎麦がきました。これが一番うまい。お腹をとっておいてよかった。
ちなみにEXILEこと、クニさんの息子さんはホテルに泊まったそうです。でも朝4:30起きで仕事に帰られたそうです。お疲れ様です。
さあ、どっち!

 

昨日の答え:ユメとノンちゃんの飼い主は 中古パソコン屋さんです、皆さん正解です。

かわいい訪問先のわんこ

 愛知県というのは不思議な県で、事業所の中にわんこがいる確率が非常に高い。なぜだろうか。

大工さんちにいるわんこ

甘えるわんこ
いきなり吼えられました:こんにちは~。なんて入っていくと。いきなり吼えてきました。こわいのでしょうね。でも、ご主人様の腕の中でリラックスです。あくびまでしていますね。
見つめる瞳
見つめる瞳:みつめる瞳が潤んでいてかわいい。
やさしいわんこ
やさしい表情:飼い主の大工さんに「うちのこのこんな表情は撮れね~!」と褒めていただきました。

二匹のわんこ

散歩からただいま!
散歩からただいま:仕事終えて撮影しようという段になるといません。そこでしばらく待っていると散歩からお犬様のお帰りです
高い場所におかれて
そろい踏み:さあ、撮影してちょうだいねと高いところにおかれたわんこ達
ユメとノンちゃん
ユメとノンちゃん幸せ:わんこの幸せはご主人様に愛されるかどうかだよね
※クイズです
ノンちゃん、ユメちゃんのお父さん(飼い主)は誰でしょうか。
  • 藍ちゃんママ
  • 気のいい箱屋さん
  • 中古パソコン屋さん
  • shidaさん
さあ!クイズにお答えください

3/16~3/18の講演紀行

 静岡県と愛知県、近場を集中的にまわらせていただきました。
3/16 箱屋さん2件+1の旅

気のいい箱屋さん
気のいい箱屋さん:この日は午後に箱屋さんが2件集中しました。午後Iでは木箱の箱秀さん。午後IIは気のいい箱屋さんです。
箱屋さん
奥さんがコーヒー入れてくれました:いずれも結構な規模な会社で、立派であるなあと感心した次第です。気のいい箱屋さんには「宴会の時間をとってほしいなあ」と要望されて(汗;
箱屋さんと伯爵様
箱屋さんと伯爵:最後に記念撮影をお願いしました!
3/17 コンサルティング3件+豊橋商工会議所講演
建具、リフォームのカネヘイ
大工、リフォームのカネヘイ: MTOSのHP構築が進んでいないということだったので、コンサル方々取材、撮影をさせてもらったり、製作見本を作って差し上げました。
MTOSはこんなときに便利ですね
cocoカレー
cocoカレー:今日はアテンドの信金ご担当が別人。前日のご担当はパスタがお好き。多分、今日の方はカレーがすき。なので、 coco壱番館へ。あさりカレーに惹かれましたが。あさりしかはいっていなのも嫌ですからチキンカツカレー+サラダ。
 ころもをはずして、かつ、ご飯残しの技を展開していたら、ウェイトレスの方が心配してそのつどよってきて、肉は口に合うか、とか、カレーを継ぎ足しましょうかなどと聞いてくる。変な客ですみません。悪意はありません。
SEO,Yahoo対策
中古パソコン屋さんちでSEO対策:世の中、嘘なSEO対策がおおいので気をつけましょう。また、しらずしらずにペナルティを食っているケースもあるのでお気軽にご相談ください。
豊橋商工会議所卸商部会ネット講座
豊橋商工会議所に御呼ばれです:愛知県で3件のコンサルティング後、夜に豊橋に回って卸商部会のネット販売対策を講演させていただきました。
ネット販売講座
豊橋商工会議所卸商部会ネットビジネス講座:会議所は重厚感、商工会はよそ者な感じが最初はありますが、それをどう払拭して聞いてもらえるようにするかは講師の腕次第です。
岡崎、豊橋、蒲郡の商工会議所さんには「遠路有難うございます」といわれますが(汗;
全然近いじゃん(静岡弁)です。
3/18 まるせい千客万来チームネットビジネス講座

焼津信用金庫講座
焼津信用金庫ネットビジネス講座:前2日間も蒲郡信用金庫のお導きでした。同様に、これも信用金庫。人数は少ないように見えて、最終的に15~6人になりました。
今、信用金庫の方が商工会などよりも積極的に企業支援に動いています。そのうち商工会などはおちおちしていると銀行に仕事を奪われてしまうことでしょう。
 なによりも信用金庫は自分で診断士の資格を取る方や、中小企業大学校へ行って国家資格である中小企業診断士をとる方が多い。 また、商工会議所とコラボレーションしています。
 商工会は勉強が足らないのでは?大学校に行くにしても一次試験が受かっていないといけないので、いけないということは・・・
shidaさん
shidaさんいつもありがとう:休憩時間にCANON派カメラマンに○撮されていました(汗;
焼津の方はレンタルキャットが多いので、もっと積極的になるべきです。

いわきパスタ
3/23 日帰りで福島県いわき出張:Gパンデカのお招きでコンサルティングを 2件やってきました。
清水商工会議所相談会
3/24 清水商工会議所相談会:相談者は2件でした。最後の方は、妊婦のお腹のエコー写真をフォトアルバムにするビジネスの方でした。頑張ってほしいですね
浜松MTOS講座
3/25 浜松MTOS講座:女性グループの講座を午前中に行った後に一人で昼食バイキングをいただき、営業活動を浜松でした後にバスと新幹線を乗り継いでかえりました。
常連の皆さんありがとうございます。
体重は昨年の4月に比べて△6kgです。

3/14 佐鳴湖での野鳥撮影 II

カワセミの登場です。このあたりは冷静に三脚でした。

風に立つ
風に立つ:ダイビング直後の雄のカワセミ。やはり早朝に活発に狩を行う。
カワセミノ急降下
カワセミの急降下:まるで急降下爆撃機のような急角度でビオトープの湖面に飛び込みます。

しかし、動きに対応するためにこのあたりから、300mm+テレコン+D300を振り回し、手持ち撮影。さらに、続々と来る撮影チャンスに手振れ補正を修正する余裕なし。後は経験と体力と腕力頼りの撮影です。 
小魚捕まえた
小魚を捕まえたカワセミ:捕らえられた魚の銀色のうろこの輝きが、高く上った日に映えて綺麗だ。数秒後に丸呑み。
捕食するカワセミ
捕食するカワセミ: 1日どのくらい。自分の体重比でどの程度の魚を食べるのだろうか。
枯れ枝とカワセミ

小さなハンター・カワセミの休息:枯れ枝にとまり、一息ついている。
予想に反して
予想に反して:当初、カワセミは右下に飛ぶものとして構図をつくってまっていた。
 「さあ、飛べカワセミ」
 しかし、逆を突かれてこのありさまです。
 佐鳴湖のカワセミは4月以降は抱卵になるため、あまり人の前に姿を見せないそうです。来年、チャンスがあったらまたきます。

また、来年!

3/14 佐鳴湖での野鳥撮影

 4月6日の合同佐鳴湖撮影会。雨に祟られてまったくの大失敗でした。無論、それは撮影のことであり、懇親会としては大成功でしたが。
 私としては負けたままではいられない、とおもっていました。そこで、リベンジの機会を狙っていましたが3月14日は朝から快晴なので 1人で浜松にゆき撮影をしてみようかなと思っていました。

 もう人かた中古パソコン屋さんは土曜日にいかれているみたいです。でも、土曜日1回しか出なかったらしい。もう一点、バードウォッチャーからいわせていただくとカワセミは日の出とともに活動を始める。だから7時から9時ころまでが活動のピークなのです。

見事な快晴!出て来いカワセミ

3月の佐鳴湖
飛行機雲:新幹線をおりて、タクシーに乗って佐鳴湖北岸の駐車場へ。飛行機雲が綺麗です。
Nikon D300+300mm F2.8
サンニッパ登場:満を持してサンニッパの登場です。 レンズだけで2.8kg。伯爵がこれを持ってきたら気合が入っている証拠です(笑い;

レンズ2.8kg,テレコン0.5kg,Nikon D700 0.95kg,D300 同,三脚 3kg 合計 8.5kgくらい(汗;

撮影装備 備考
Nikon D700+D300 二挺拳銃 WB=太陽光,RAW
三脚:ベルボン645 レリーズ使用
Nikkor 300mm VR F2.8 手振れ補正OFF+2倍テレコン F5.6,1/800~1/2000,ISO800→ISO400


 最初は綺麗な画像が欲しくてD700を使っていましたが、望遠領域での力不足を感じてD300へ転向。基本的にNikon D300で撮影しています。

 それと脚したら手ぶれ補正はOFFが望遠カメラマンの定石です。三脚時に手振れ補正ONしていると、補正の遅れが来て逆にてぶれするそうです。

佐鳴湖は休日の風景です
 三々五々、10人程度の人々が三脚と望遠レンズをもって集まりますがなんかダラダラとした雰囲気です。
柳も新芽が
柳の新芽が:撮影に犬も連れてくる人がいてビックリです。普通、こういう現場は犬ご法度なはずです。
ワンコ達

お犬様:カワセミを待っているとジョギング人や、バードウォッチャー、カメラマンやそのギャラリーが集まってきます。
 だれかが「装備はお一人様300万円」といったらしく、しつこくレンズやカメラ装備を品定めされます。野鳥撮影に集中したいのに、めんどくさいなあ。
いよいよバード撮影開始
コサギ飛翔

コサギ飛翔:最近、サギは撮影しなくなったけれど、あまりに空が綺麗だから。
ジョウビタキ♀
ジョウビタキ♀:オスに比べて色が大人しいけれど、そんなに嫌いな色ではないのでOKです。
モズ
小さな猛禽モズ:カワセミを待っているとモズが背の高い木に止まってくれました。手持ち撮影です。モズは小さな猛禽類と言って狩をやるので警戒心が強くまともにさつえいできたのが今回が初めてです。
カワセミノダイビング
カワセミのダイビング:1/2000秒のシャッターでもこれ。最初のチャンス(ダイビング)でこのありさまです。
 加速する前にシャッターを切るくらいでないといい写真は撮れそうもありませんね。
  パンツ屋さんの写真とはいかなくても、少なくても飛び写真をがっちりものにしたいものです。
  • =静岡→浜松=
  • 5:30起床
  • 6:05の下り始発新幹線に乗る、7:31浜松着
  • 浜松駅からタクシーで現場へ 6:50頃
  • 10:15頃撮影終了、10:29のバスで浜松駅へ
  • 11:10の上り新幹線ひかりに乗る、11:32静岡着
さあ、7時から3時間1本勝負。逃げるなカワセミ出て来い!

3/15 東京本郷にゆく

 本郷直樹といったら仮面ライダー1号というのは古いでしょうか(汗;
久し振りの営業

本郷三丁目
本郷三丁目:久し振りの営業です。出版社に本の企画書を持ってゆくのです。
 コンサルタントとしての私の原点です。中小企業診断士の資格を取得した私はさっそくソフトバンクにアポをとってライターとしたの仕事をはじめ、特集記事→連載→出版への階段を登りつつ、大学院への学資をためつつ、かつ、独立への道を模索したのでした。
 当時と今とでは時代が違います。今は実績ができた反面、実務に埋没していると、ブログに集結してくださる皆さんは私の活動を理解してくれるけれども、プロの仲間の評価は下がってきます。
 そして、世間的にも過去の人みたいな扱いになるのです。
 新人の追い上げも予測されるし、地元でもうちから独立した人が成果を出してきたので、ここらあたりで、本を出しておくべきだと決断しました。
 折からの出版不況でしたが、ある出版社があってくれることになり、好感触だったので、企画書を2本携えて東京駅からメトロに乗って本郷三丁目まで。
 打ち合わせは比較的好印象で後は結果待ちです。今回、大手企業の新入社員研修が入らなかったことを幸いにして、その時間をコンサルティングや著述にあてて、力を蓄えようという作戦です。

東大
赤門
赤門:今は大学を出たからどうだという時代ではないけれど、やはり、東大は学問の城。出版会社の帰り道にちょっと中を見てみようという気になりました。赤門をくぐると・・
寒ざくら咲く
寒桜咲く:寒桜がキャンパスに咲いていて幼稚園児がきていたり、カフェ(スタバ)では女性がお茶していたりのんびりとした雰囲気でした。自分もネクタイ、スーツ、コートに鞄(いつものリュックはなし)で周囲に溶け込んで歩きます。
 こうみえて学会論文も何回か出しているし、大学の国立大学で非常勤講師の経験があります。体質的に会わないのか直ぐに首になりますが(笑い
安田講堂
安田講堂:安田講堂をみるのはTV以外では初めて。自分が子供の頃には多くの学生がここに篭って機動隊と対決したのです。そのときに学生達読んでいた本が「明日のジョー」です。
生協

生協:出版の打ち合わせもしたし、そのまま帰ろうかなと思ったのですが、なんとなく午前11時なんだけれどランチを生協でしてみようかなと思い。案内看板で探しました。今ではカフェもあるけれど、昔の郷愁に浸ってみたかったのです。
ランチ440円
チキンカツランチ440円:東大法学部の地下がメトロカフェという生協食堂。さっそく440円のチキンカツランチのチケットを購入しました。
 カロリーが1000カロリーなので、ライスは五穀米の小ライスにしました。
 そのうえで、カツのコロモをはずして、ご飯を1/4残しました。
回廊
回廊:いいですね古い大学は。私の出た芝浦工業大学は単科大学だったし、当時としては比較的新しい大学だったから、こんな趣のあるキャンパスではなかった。
競争が厳しい東京
競争が厳しい東京:ランチの看板やディスプレイです。競争が厳しいからあの手この手で・・・
 妻にはカステラを東大赤門前で買って。娘には東大の生協でウサギのクリアホルダーを買い求め本郷三丁目から東京駅、静岡を目指したのです。
大学の頃が懐かしい歳になりました

追伸! 出版決定「農業法人の設立と運営・販売促進」及び「0円からのネットショップ構築」(MTOSテンプレート活用)です。

請うご期待!

3/13 静岡丸子でハナモモが咲きました

 溶射屋さんが奥さんと横浜でデートしているときに、美しいハナモモの風景を独り占め。
ハナモモの咲く風景
ハナモモ咲く郷・丸子
ハナモモ咲く丸子路:日本の原風景に近い風景の一つ。こんな風景に渇望していたような気がします。
風景写真講座

 いきなりですが、風景写真を語らせてください。

風景写真のコツ
風景写真考:実は同じ写真を3/12(写真左)と3/13(写真右)で撮影していました。
 撮影した当初、左の写真でも納得していたのですが。帰ってからRAW現像するとなにやら物足りないのです。理由は細部の描写力が不足しているからです。特に写真Aのハナモモの背後にある白木蓮と竹林にピントが来ていないこと。

  そこで翌日、右の写真Bを取り直しました。
 どこがちがうかというと、絞りの深さ(絞込み)と三脚を使った点です。
 普通デジタルで回析現象というのがあるので絞り込みすぎるなというのですがどうやらフルサイズカメラ(Nikon D700)ではf22まで絞っても大丈夫なようです。後ろの竹林までしっかりと描写しています。
 写真の神様が教えてくれました。

ハナモモ  
3/12 花びらの行方:3月12日は午前中快晴だったが、午後から曇天となった。でもハナモモの花が美しいことにかわりがない。手に触れると零れ落ちるような咲き方をする。
 でも、みためは艶やか。そんな不思議な花。

花びら散る:夜は寒くても、日中が暖かい静岡。ハナモモは満開だ。でも最盛期は今日明日だろうと思う。満開に花を茂らせながら、ハラハラと散り落ちてゆく。そのはかなさがたまらない風情となる。 花びら散る

茶畑の春
茶畑の忘れ物:ハナモモが咲く場所の上に祠がある。さらにその上は茶畑。3月13日は天気が良かったのと運動靴だから茶畑に登ってみた。茶の木の上に農家の方の忘れ物がある。でも、それも一興だと思った。
撮影装備 備考
Nikon D700 WB=Auto,RAW
三脚なし、手持ち 結局使わなかった(傾斜地ゆえ)
Nikkor 35mm F2 F11,1/200,ISO400

春の忘れ形見
花筏(ハナモモ):小さな流れとよどみ、そこに滞留する花びら。最後の命を与えられたように実を震わせる。
撮影装備 備考
Nikon D700 WB=Auto,RAW
三脚:ベルボン645 レリーズ使用
Nikkor 105mm VRF2.8 手振れ補正OFF F32,1.6秒,ISO200(1段減感)

ゆく春
茶畑の春(左):祠の下に大木が1本、祠の横に1本その奥に1本。計3本。昔はもっとあったそうだが台風で倒れてしまったとか。祠の後ろは茶畑だった。茶畑が春の光を浴びて気持ち良さそうです。
ゆく春(右):ハナモモの木の根元に持参したビニールシートを敷いて心行くまで寝転がり撮影した。
菜の花
菜の花:畑の奥にあった菜の花畑。農家の方にお断りして撮影した。
これで撮影は終了。ハチミツを買って、自転車をこいで帰ろう。
本当に地元の方も知らない風景なのだそうです

3/13 静岡丸子

 天気に悪い週末が多かったのですが、なんとか土曜日は午後が晴れの予報です。
久々のサイクリング
久々に自転車で
サイクリングで丸子路へ:溶射屋さんからハナモモの場所を教えてもらったし、満開が今週だろうから、なんとか撮影したいなと考えていました。
 そんな折、妻が、蜂蜜がきれそうなので、丸子にある蜂蜜屋で買って来てねというので猫に鰹節状態となりました。
蔦の細道の入り口、丸子
蔦の細道の入り口
蔦の細道の入り口:宿場町だった丸子。静岡と藤枝を結ぶ蔦の細道の入り口です。静岡市街からは6kmくらい。自転車で逆風のなか苦労しました。宿場町だった丸子。江戸時代は人口が800人だったのですね。
 でも、サイクリングで着たからこそ、安倍川の土手でジョギングしていた高校時代の友達に会えた。これも運です。
高札場
高札場:いかにも宿場町。高札がかかっています。

大きな地図で見る
静岡の中心地から約6km:自分が住んでいるのが日吉町駅の近く、丁子屋さんが左下の長田地区。安倍川を挟んで結構距離がある。
丁子屋
丁子屋:江戸時代から脈々と続いてとろろを商う丁子屋さん。今日も1時過ぎにこの場所にきましたが盛業でした。静岡にきたらとろろという一つの観光ポイントになっているかのようです。
溶射屋さんも重要な取引先は丁子屋さんにご招待でしょう。伝統の店構えと味を守り続けています。われらの仲間の「新米父ちゃん」がその人であります。
花咲く丸子路
丸子路を彩る花たち
春の花たち
  • 左上:ユキヤナギ
  • 右上:ハナモモ
  • 左下:桜の一種
  • 右下:サンシュウ
桜がバラ科の花ってご存知でしたか?
茶店による
 帰りに丁子屋さんの隣にある茶店による。夏みかん300円と紅茶アイス300円を買う。
 カメラマンの格好が珍しいらしく(そうだよね、梅の季節は終わったし【丸子梅園】)何しにきたか話しかけられる。「新米父ちゃん」「溶射屋さん」 の友達といったら、両方とも知っているだって!売店の兄ちゃんの友達が、溶射屋さんちに勤めているんだって。世の中狭い。
静岡のみやげ物
  • 左上:たたみいわし
  • 右上:ピーナツの金時豆
  • 左下:お茶をご馳走になりました
  • 右下:目に鮮やかなお茶の緑色
紅茶アイス
紅茶アイス:抹茶アイス、緑茶アイス、紅茶アイスとあったが、紅茶アイスが最も珍しいということで。美味しかった。ミルクティを甘くなくしたような味。
アカシアの蜂蜜を買って帰りました。

ヒトの睡眠という生態

 ギフチョウ撮影に同行させていただき。僧兵さんの車に乗せてもらい移動しました。くりちゃんと僧兵さんが交互に運転すると思いきや・・・
よくねるヒトねくりちゃん
良く寝るヒトねくりちゃんは:浜松をたって暫くたってくりちゃんは熟睡モード(AM8:40頃)、午前11時半頃まで3時間ピクリとも起きず。
名和昆虫博物館
名和昆虫博物館:ギフチョウの撮影を終えて。このときくりちゃんはおきていたようです。(笑い;
手羽先三兄弟
僧兵さんが食べたいといった手羽先三兄弟:自分は三男が食べられないので、注文しなかったが・・・
手羽先を食べる男
手羽先を食べるくり画伯(フォトコン入選者):食べない、食べないといったくりちゃんが手羽先を食べ始めました。栄養をつけて帰りはくりちゃんが・・・。
名古屋コーチンの味噌煮込みうどん
名古屋コーチンの味噌煮込みうどん:岐阜に来た限りはご当地の名物をということで3人とも主食としていただきました。コーチンは歯ごたえがあっておいしゅうございました。
高速に入ると・・・
高速にはいると:いきなり・・・くりちゃんがしゃべらなくなって・・・、別の世界にまた行ってしまいました。きっとまだ見ぬ被写体の構図を描いていることでしょう。
ただ今熟睡中
ただ今熟睡中:自分は後部座席にいたのだけれど。僧兵さんの消耗がちょっと心配でした。だから、彼が大丈夫か気をつけていました。多分大丈夫だろうけれど思いつつ。
 浜松西インターの手前の休憩所でアイスくって気合いれている僧兵さん。
 静岡からは、くりちゃんが交代していったようです。ホンマ、運転しないで申し訳なし(一応免許は持っている)。心配していたんだけれど当日夜にmixiメッセージが入ったので無事を確認。良かった。
僧兵さん、お疲れ様です。くりちゃんいい夢見てた?

カテゴリ

ウェブページ

links