2011年9月アーカイブ

9/5~9/10 講演紀行  ほぼ1週間家に帰りません。
9/5 足利商工会議所facebook講座
吉田成子様
ペンションあじわい、吉田成子様: 講座受講生番号1番の方。facebookで知り合った吉田さん。 ペンションあじわいという宿を那須高原で経営されています。 私のことを信頼いただき、足利まで2時間車を飛ばしてご参加です。 有難うございます。
さらにこの写真でfacebook登録していただいたのですが、これが仲間の評判を 呼んで、地元でも招請してくださる話が持ち上がっております。楽しみです。

美人の多い足利商工会議所facebook講座
美人の多い足利商工会議所facebook講座: 女性の美しい比率高いっす。結構、みなさんに声かけすると休み時間が 撮影タイムになりました。
ここから、一路、塩尻を目指します。
9/6 塩尻の原タイル産地のコンサルティング
原タイルさんに3000点
原タイルさんに3000点:結構、悩んでいることがありそうです。 少しずつ解決しましょうね。
原タイルさん一族
原タイルさん一族:この作戦会議には 長男の方の嫁さんも加わって・・・
9/6 ZUKUDAS@松本 ブランディング講座
zukudas@松本、ブランディング講座
zukudas@松本、ブランディング講座: なんでも、ティンクさんはfacebookで超大物との取引を成立させたらしく、 上機嫌でした。



9/7 瀬戸市facebook講座
瀬戸市のfacebookセミナー
瀬戸市facebook講座:陶器の町瀬戸市は初めての場所でした。お招きいただき有難うございます。 仕事キッチリ!

瀬戸市のfacebook講座のみなさん
瀬戸市facebook講座のみなさん:こちらも、撮影要望が高く、休み時間をフルに使っての撮影となりました。
興味を持っていただき有難うございます。

ここから一気に福岡県の直方市(炭鉱の町)へ深夜の移動

9/8 中小企業大学校直方校(のおがた)管理者養成課程


9/9 伊那商工会議所でfacebookセミナー
伊那商工会議所facebookセミナー

こちらも定員オーバー。有難うございます。帰りはカモシカが電車にぶつかるなどして、ダイヤが乱れ、危うく静岡にかえれないところでした。

  • =今回の旅行日程=
  • 9/5 静岡→東京→上野→久喜→足利市★→久喜→赤羽→新宿→塩尻 宿泊
  • 9/6 塩尻☆→松本★ 懇親会、カラオケ 宿泊
  • 9/7 松本→千種→大曽根→瀬戸市★→大曾根→名古屋→小倉→折尾→直方 宿泊
  • 9/8 直方★→折尾→小倉→新大阪 宿泊
  • 9/9 新大阪→名古屋→塩尻→岡谷→伊那市★→岡谷→甲府→静岡
まだまだ列島縦断の旅は続きます



久し振りのグルメ対決
 最近、やっていなかったけれど、グルメトラップ発動しま~す!
先攻 柏のル・クープル Le Couple
柏のル・クープル Le Coupleに行ってきました
柏のル・クープル Le Couple:1500円のランチを食べに行ってきました。ル・クープル Le Coupleの創業を支援した商工会議所の方といったので、右側のランチメニューとは別にシェフから赤いグレープフルーツジュースとティラミス風の スイーツを無料でご提供いただきました。
柏のル・クープル Le Coupleシェフの佐々木清恭(ささききよやす)様 柏のル・クープル Le Coupleシェフの佐々木清恭(ささききよやす)氏:赤坂の「ル・マエストロ ポール・ボキューズ トーキョー」、代官山の「オー・シュヴァル・ブラン」などの料理長を務めた方らしく、落ち着きのある、 かつ気さくな方でした。ポージングも慣れたものです。さすが。
場所は千葉県柏市柏3-9-20 2F
スマホの方はチェックインできます。


柏のル・クープル Le Coupleの1,500円ランチのメインディッシュ: 数種類の中から選ぶことができます。相方の商工会議所職員の方は肉料理です。見るからに美味いこと間違いなし。


下の写真が私のオーダーしたスズキによる魚料理ですね。凄く美味しいです。 薄すぎず、濃すぎず、しかも素材の質と風味を損なわない調理。
肉料理

スズキの魚料理
後攻 9/3 濱村屋さんといったごえもん(回転寿司)
 最近の回転寿司はレベルが高いので馬鹿になりません。土曜日午前中の仕事の後、 濱村屋さんに誘われて、回転寿司へ 濱村屋さんと回転寿司屋ごえもんへ
濱村屋さんと回転寿司屋ごえもんへ: 濱村屋さんは、静岡市にある流通センターで冷凍食品を売る会社を経営しています。 なんでも若いころから外食をされているそうで、「2000万円くらい使ったかな」と おっしゃります。その方がお勧めする店なので期待が持てる。
 下手するとグルメ評論家の山本益博よりもあてになるかもしれない。
濱村屋さん曰く「ごえもんは。本来焼肉屋なんだけれども、大間のマグロの寿司が 食えるんだよね」これは耳がダンボになりますぜ。
 右中段大間のマグロ赤身、左下段、大間のマグロのヅケ。右下段は大間のマグロの中トロ
大間のマグロ、大トロ握り
浜大間のマグロ、大トロ握り:でた~。これを銀座で食べたら いくらなんだろう。感動です。
ごえもん、回転寿司
ごえもん、回転寿司: 卵もオーダーが出てから焼きあげます。左上から順番に①金目鯛、②サンマ ③ステーキ、④焼肉サンチェ巻、⑤卵、⑥コハダ、⑦イカ、⑧鯛そしてとどめは・・・
桜エビ軍艦握り


桜エビ軍艦握り: これは、木仙人さんに見せて差し上げたくて、注文しました。桜エビのチクチクが なんとも。うま~っ!

今回も黄色い光のお寿司屋さん、RAWで撮影して、RAW現像時に補正、jpegで自動補正。そうするとよい色がでることが発見できた。

ごちそうさまでした!さあ、どっち!
移動とそしてランチと
 以前から受講生より「絶対美味しいものばかり食べている」と言われております。 そう言われる理由は「駄目な状態を見せいていないから」だと思う。
 ちょっと対比的に書いてゆこう。
8/30 anmoバーガー初体験
ganmoバーガーの安倍さん
ganmoバーガーの安倍さん:創業の相談にこられた話は、 すでに書いたけれどもその翌日、事務所に電話がかかってきて「何時までいるの?」
「11時までおりますが」といったら、ganmoバーガーを持参してくださいました。 有難うございます。お弁当にしようかなと思います。
東海道新幹線のなかでganmoバーガー
東海道新幹線のなかでganmoバーガー: いろいろとったけれど、これがわかりやすいと思って。
 ガンモドキの間にライスバーガーとレンコンが挟まっていて、バジルソースで 味付けがされているんだ。初体験だったけれど、凄く美味しかった。
8/30 うまい浜松の鰻のかば焼き弁当
浜松養魚協同組合、特性、鰻かば焼き弁当
浜松養魚協同組合、特性、鰻かば焼き弁当: 浜松駅で購入 夕飯用です。混み合う各駅停車で食べられず、商工会到着後、お茶を頂き食べました。 1,750円ですが、凄く美味しく、冷めていてもやわらかく食べられます。お勧め。
 この日の朝食は、味噌汁、すこしのご飯、味の干物でした。
9/1 青山さんと蕎麦を食べる
南部町の美味しい蕎麦
南部町の美味しい蕎麦: 静岡市から通勤して南部町で開業するお蕎麦屋さん。凄く美味しかった。
甲府駅エクランで食べた、中華(ミニ天津飯+ミニ坦々麺)
甲府駅エクランで食べた、中華(ミニ天津飯+ミニ坦々麺): 945円だった。結構。おいしい。
 この日も、フツーの朝食でした。
9/2 イケメンと食べる、富士吉田うどん
甲州イケメン軍団
甲州イケメン軍団:おなじみ吉野さんと、銀行にお勤めのイケメン(撮影許可OKだそうです)。
せんしゅうの富士吉田うどん
せんしゅうの富士吉田うどん: 甲府市にせんしゅうという富士吉田うどんの繁盛店があります。富士吉田うどんというと猛烈に堅く、私は「コンクリーよりも堅い」と表現しましたが、この店のうどんは びっくり。蕎麦のような食感です。凄く美味しい。
 天ぷらうどんにキャベツと肉をそれぞれ@50円でトッピング。店の名はせんしゅう。ちょっと変わった名ですが、箸の名前からきています。
  • =この日の朝食(東横イン、無料)=
  • 鮭ふりかけにぎり+ミニかっぱ巻き
  • サラダ+漬物
  • コーヒー+オレンジジュース
  • =この日の夕食(自宅)=
  • 冷凍ピラフ(小)
  • 娘の食べ残しのカボチャの煮物
  • ハムエッグ

 この日は身延線の特急が止まり、各駅停車で4.5時間空腹を抱えて 帰ったのに手違いで夕食がありませんでした(泣き;
みなさんに私の食生活を理解していただきたくて
9/1 マルヤマ宝飾を訪ねる旅
 以前からの経営革新塾受講生であった、ブライダルモデルのちささん。 facebookページを しっかり作りたいとのご要望で、甲府市の勤務先のマルヤマ宝飾をおたずねします。 ちささんは東京在住。甲府駅まできて、同社で合流予定です。
 時間早めに到着して、入口でウロウロしていたらちさママに見つかりました。 さすがに宝飾会社だけあって、入口が分かりにくくしてあるし、開店しているか どうか、わからないような風情にわざとしてあるのです。
丸山宝飾のメンバー
マルヤマ宝飾の人々
マルヤマ宝飾の人々:丸山宝飾は2年前に悲劇に見舞われました。 専務がお医者様にひき逃げされ、一週間後になくなったのです。警察に出頭してきたのは老医師。その亡くなった専務はWebマスタとして有望な方でした。おしい方をなくされたのです。そこでたちあがったのが ちささん。丸山宝飾社長娘です。ネットはどこにいても作業できるから東京で Webを更新しているのです。
 私は元専務の葬儀があったとき、山梨で仕事をしていました。専務が生前私のことを他の方に話してくださっていたので、ご遺族から要請されてご葬儀にお伺いする予定でした。でも、スケジュールがどうしても合わずに悔しい思いをしました。でも、ここで再びご縁があったことに感謝して一生懸命仕事をさせていただきます。

左がちさママ、右が営業部長。
片山ちささん 素敵なちささん:ちささんはブライダルモデルだけでなく、 ヨガの講師やモデル講座の先生もしています。なぜブライダルモデルかというと、 背が低いから。背が低いとファッションモデルは駄目だけれど、ブライダルモデルとしては映えるからだそうです。
 ちなみに旦那さまはライオンキングに出演されているそうです。多才ですね!

素敵なブライダルモデルちささん: さすがプロモデル。写真家が撮りやすいようにポーズをとってくれますし、 ポーズも多様。
 今回はいろっぽく髪の毛をかきあげていただきました。
 吉野さんが「どうやったら写真写りが良くなるのだ」と聞いたそうです。その答えは 「レンズを"おいしいもの"だと思い見つめること」だそうです。
 それ以外でも、瞬間止まってくれるのもありがたい。85mmのポートレートレンズは 被写界深度が浅いですから、動かれるとピントが外れてしまいます。
素敵なブライダルモデルちささん
アクセサリーと天然石
シルバーアクセサリ
シルバーアクセサリ: シルバーアクセサリーは通常、黒バックで撮影するのが定石ですが、 今回はテスト的に白バックで撮影してみました。 工夫は①ライティング(ライティングで全然仕上がりが異なります)、②RAW撮影、③三脚撮影。これは宝飾撮影の必須と言えるでしょう。細部まで精密に見せるために、重くても、雨が降っていても三脚をお持ちいたします。それが私の誠意です。

宝石
Nikon D700 RAW
Nikkor 105mm F2.8 VR(off)
WB=AUTO
ISO800,F14,1/80
三脚、レリーズ
ライティング バックライト(下)上から左右二灯

水晶 水晶:水晶、透明で、白バックだと映えないので 背景をピンクに変えてみました。また動きを与えるために、ちささんにもっていただきました。

赤いダイヤモンドカット:ダイヤモンドカットしてあると 、光が屈折するためライティングを変えるとそれにあわせて宝石の表情がかわります。 勉強になるなあ 赤い宝石
アクセサリーと天然石なら、マルヤマ宝飾へ
8/31 天子養魚場を訪ねる旅
 facebookで依頼を受けた、青山真弓さん。清水出身で、山梨県南部町にお住まいです。3月後半ごろにfacebookで知り合いました。アマゴの養魚場を経営されています。
青山さんご夫婦
青山真弓さん 青山真弓さん:旧清水市出身。青春期に病気をされて入院したときの 病床の隣の方が山梨県南部町のかた。

青山さんは退院後、ポルトガルで日本語教師をされたのち、 帰国して昔の友達を南部町に尋ねたことが結婚のきっかけになったそうです。

 青山さんが南部町を訪ねるちょっとまえ、旦那様の親族で霊感の強い方が 「嫁が南から来る」と予言されたようで運命的な出会いを感じますね。

青山和男さん: 真弓さんの旦那様です。寡黙で恥ずかしがりやです。
以前は養殖の方が同じ地区で3件あったらしいのですが、他の方は廃業されていて青山さんが堅塁を守っています。

 山梨県南部町という地区は、山梨県でも最南端。国道52号線で清水まで直結。 そう考えると県庁の甲府にゆくよりは清水の方が近い地域です。

 だから進学を考える学生は富士宮の高校に進学すると聞きます。


 身延線は雨に弱くすぐとまってしまうから、この間の震災後の停電時には高校生を持つご家族が交代で静岡の高校まで送り迎えをしたとか。
青山和男さん
天子養魚場
天子養魚場
内船駅から車で30分、天子養魚場: 青山さんのご自宅は、身延線の内船駅近く。内船駅は特急で静岡から1時間ぐらいにあります。特急駅として一番、マイナーでいままで私も唯一上下車したことがありませんでした。富士宮の隣の特急駅です。
 そこから車に乗って30分の天子湖近くの養魚場にゆき取材します。
 facebookはその方のご商売の実態を適切に把握していないと、表現が難しい。 往復1時間、取材時間が1時間。1回分の支援の大半の時間を使い切りますが、 必須と考えました。
 facebookで信頼を得た限りは、その予想を上回る仕事をすべきと考えます。
岩魚、アマゴの養殖場
岩魚、アマゴの養殖場の魚影:水面は反射します。 持参したPLフィルタをつけて撮影します。
アマゴとイワナの違い
アマゴとイワナの違い
アマゴとイワナの違いについて: 地元の方はすべてイワナと言っておられるようですが、パーマークが異なります。
 パーマークとは魚のもつ斑紋のことです。アマゴは赤い斑紋のようなパーマークを もつ点が特徴です。これさえわかればすんなり解決です。
養魚場を守るワンコ達
養魚場を守るワンコ達:4匹もいます。 うち左上のジュニア君は養魚場、残りの三匹は加工場を守ります。
 ジュニア君、全然かまってもらえていなくて、冬毛が毛玉になっています(汗; 右上の犬はモモちゃん。
 右下の軍手君は左下の母親犬"夢"の長男坊。5兄弟(全部オス)の中で一番頭が悪いらしい。手が白いので軍手!私が近寄るとうれしくておしっこをもらしていました(汗;

アマゴ、イワナの加工商品
岩魚、あまごの燻製製品
岩魚、あまごの燻製製品: 今回の依頼がコレ。イワナやアマゴの燻製やお肉をインターネットで売りたい。 特に青山さん曰く「量がとれないので、まずはfacebookで信頼を得ている方に売りたい」なるほど、得心します。
アマゴの魚卵 アマゴの魚卵:これは現地でしか食べられない食品。 アマゴの魚卵。宝石のようにきれいです。黄金色に輝いて小さいから箸で持ち上げるのも大変。
 きっと、お酒のつまみでもよいでしょうし、また、ご飯に載せてもおいしい。 食べてみましたが、やや、イクラよりも堅く。かみしめるとプチプチとして、 粘りのある食感が楽しめます。

すでに、天子養魚場のファンがfacebookでいらっしゃるらしく、私の存じ上げている 方々も、青山さんからfacebookで連絡して商品をご購入されているらしい。
facebookでブレークするか天子養魚場

★続報 天子養殖場は先の台風15号の土石流に飲みこまれてしまいました
 今も、ご主人は山間地で孤立、まだまだ予断は許さない状態。アマゴは一部生きているものの道路は寸断されています
 私は即座に復興計画を青山様に立案しております。
 復興に当たり、faceboook及び、blogでみなさんのご支援を仰ぐかと思いますが、よろしくお願いします。

8/29~9/3 講演紀行
 facebookとCMSが人気です。みなさん有難うございます。
9/29 one day cafeの安倍さん来襲
one day cafe安倍さん


one day cafeの安倍さん: 1か月に一度、空き店舗でganmoバーガーを売り出す安倍さん。飲食業の免許も 取得したみたいで、創業に向けた相談にお越しになりました。
9/29 丸井商事の新商品開発プロジェクト
RAKUDAS枕、新商品開発
RAKUDAS枕、新商品開発:開発した丸井商事さん。 新Web開発のプロジェクトに着手です。
夏休みでお越しのお客様が協力してくださりモデルになってくださいました。
9/29 清水町商工会、facebook講座
清水町商工会facebook講座
赤ちゃんもご参加: 最近は赤ちゃんもfacebookに興味があるようです。
 facebookの戦略的な活用、単に飲み会に終わらせず、企業間の信頼を結ぶ facebookについて話をさせていただきました。
8/30 浜松と大井川でコンサルティングと仕事
浜松駅
浜松でコンサルティング:新製品の販売促進ということでしたが、どうもSEOの興味があったらしく、その説明をさせていただきました。ここから、各駅停車に乗って藤枝まで。
大井川商工会、facebook講座、質問編
大井川商工会、facebook講座、質問編: facebookページ編が終わって、その後1か月。みなさんから質問が出たので 講座形式で対応を。
 参加者の山本さん(ビーズ制作者)が本に掲載されたようで、 話題となっておりました。
8/31 facebookからのご依頼、天子養魚場
青山夫妻
天子養魚場青山夫妻: facebookで知り合った、山梨県南部町の天子養魚場からfacebook活用の ご依頼がありました。 うれしいです。
 御依頼者の青山さんは、清水出身で、南部町にお嫁に来られ、旦那さんを助けて アマゴやヤマメの養殖されています。
 彼女たちの養魚場は、内船駅からなんと車で30分の場所、大雨とか降るとがけ崩れなどで陸の孤島となります。よって、ヘリポートまであるんです。
 身延線内船(うつぶな)駅は初めておりました。そこから甲府へ
9/1 甲府で2件のfacebook支援
吉野さんとBMW
吉野さんと愛車: 1件目は吉野さんです。吉野さんのfacebookページが完成しました。
 吉野さんはfacebookに参入後、Webサイトのヒット数が2倍になったそうです。 おめでとうございます。さすがですね。
9/1 2件目は・・・
美しき指先
美しき指先: そして、2件目は美し指先の持ち主のfacebook支援。さて誰でしょう(笑い;
甲府駅まで送っていただき身延線に。しかし、いるべき特急がいません。 大雨でなんと運転停止だそうで(汗;
 甲府→八王子→新横浜→静岡というコースもあったのですが、荷物もたくさんだったので乗り換えが嫌で各駅停車で冨士駅経由で静岡駅を目指します。 なんと4.5時間かけて静岡着。普段の倍以上かかりました。
9/2 柏で2件のコンサルティング
柏で2件のコンサルティング
柏で2件のコンサルティング: 1件目はカウンターバーの方(platさん)のCMS支援。2件目はwineショップキムラさんのfacebook支援です。お疲れ様です。 主催者は心配していましたが、 新幹線はこの日無事に動いていてなんとか静岡駅まで帰れました。しかし、 身延線は停止していたので、昨日の仕事今日だったらやばかった。
9/3 濱村屋さんのコンサルティング
濱村屋さん
濱村屋さんのWeb戦略:濱村屋さんは 信頼あるブランドをネットで売ってゆきたいそうです。台風ですが 雨をついて、静岡流通センターへ。
 濱村さんもfacebookで知り合った方。うれしいですね信頼を得て コンサルティングに入らせていただく光栄。
信頼を紡ぐ仕事を地味ながら確実に
8/27 郷島、手筒花火
 facebookの濱村さんの情報で、静岡に手筒花火があるのをはじめて知りました。 それまでは、豊橋まで出かけなければ撮影できないと思い込んでいたのです。
郷島手筒花火衆
郷島手筒花火衆: 静岡市の葵区の安倍川のかなり上流に郷島という地区があります。その地区に 郷島煙火保存会という組織があって、手筒花火の文化を継承しているのです。
 まずは小手調べに小さい手筒花火から始まりました。露出の状態がわからないので 少しシロトビしていたり、動態ぶれしています。12人の男たちが登場したので、 その間に適正露出を求めて工夫しながら撮影します。
火炎の舞い
火炎の舞い:手筒花火の撮影が難しいのは、主人公である 花火の若い衆と花火自体の露出にかなりの差があることです。両者を生かす露出を模索します。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D300
  • Nikkor 85mmm F1.4G
  • 三脚、レリーズ、連射
  • RAW,WB=AUTO,F11,ISO400,1/10
火花降る中
火花降る中:暗い夜空に舞う火花。そして、生身に降り注ぐ火花。 いなせな若い衆の心やいかに。
男気、火花、心意気
男気。火花、心意気:絶対に暑い。そして危険だ。それをわが身のそばに抱えながら一定の姿勢を保つ。並大抵の精神力ではない。
それゆえ、それぞれの花火ごとに、男たちの名前を読み上げてゆく。
手筒花火の爆裂
手筒花火の爆裂
手筒花火の爆裂: 手筒花火の恒例として、最後に爆裂する。 写真で分かるように、火花が目に入らないように横を向いていることが判明。
静岡郷島煙火保存会
静岡郷島煙火: 愛知県豊橋市や豊川市にもある手筒花火 。どうやら、東海地区の名物らしい。この手筒花火の伝統が受け継がれてゆくことを望む。
手筒花火の撮影上の苦労したことをもう一点。実は手筒花火は花火の進捗に従って初期と、後半、最後の爆裂と露出が異なる。したがって、撮影しながら、 露出をマニュアルで変化させながら撮影する必要がある。

昨年は豊橋でせっかく撮影したデータを消されてしまった。悔しかったが、今回のための布石だったと思うと妙に心に落ちた。

  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D300
  • Nikkor 85mmm  F1.4G
  • 三脚、レリーズ、連射
  • RAW,WB=AUTO,F11,ISO400,1/200
伝統芸、郷島煙火保存会

8/27 流通センター祭にゆく
 facebookを操作していたら、流通センターで祭りがあるらしい。 結構、充実した内容らしいので、創業塾講師のあと時間があるので参加してみることにした。
宵闇迫る
宵闇に舞うシャボン玉
宵闇に舞うシャボン玉: 自宅からチャリンコで30分くらい。6時半ちょっと前に流通センターに到着。 自転車をおいて、仲間を探すもみつからず、ロケ半に。
 本命撮影の撮影位置を抑え、三脚を置き場所取り。 その間、シャボン玉で遊ぶ子供の姿を後ろ姿でとらえる。
 この様子を親が見ていたようで、写真がほしいということで連絡先を 教えました。連絡来るかな?
親父バンド
親父バンド: ステージでは駿府レンジャーのあとに親父バンドが演奏していました。 露出あわせや距離感の測定のために撮影する。
少女、夜桜乱舞
少女、夜桜乱舞
少女、夜桜乱舞: 本来であるなら、4月の静岡まつりで舞うはずだった夜桜乱舞。 今年は震災の影響で、中止になった夜桜乱舞。そのうっ憤をはらすがごとくに少女 たちが舞う。
夜桜乱舞
熟女の桜乱舞: 熟女隊?美女隊?の方々もがんばります。ダンスの切れも少年、少女隊よりも うまいですね。
夜桜乱舞、決めポーズ 夜桜乱舞、決めポーズ: 部隊最前列が数メートルあいている。ここで恥ずかしがっているとよい写真は撮れない。舞台にかぶりつくようによって撮影した一枚。
 写真を始めたころは広角レンズ写真が良く、望遠レンズは軟弱という時代。 ましてズームレンズはまだ珍しく邪道扱いだった。広角レンズを使いこなすためには被写体に 接近戦を挑まねばならない「写真を撮るなら一歩寄れ」と写真雑誌に書いてあった。

  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700
  • Nikkor 85mmm
  • 手もち
  • RAW,WB=AUTO,F2.8,ISO1600,1/2000
祭りを締めくくる花火
流通センター祭を締めくくる花火
流通センター祭を締めくくる花火: この直前まで望遠レンズを使って撮影していたものがあります(朝掲載予定) 。実はこの日は二丁拳銃。広角レンズを装着したNikon D700を使って、撮影した。
この日の装備
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700/ Nikon D300
  • Nikkor 85mmm F1.4G/テレコン(使えなかった)/35mm F2/16mm F2
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
明日が本命の撮影です
伊那路の美味いもの
 せっかく伊那に行くんだから、名物を食べたいねと 意気込んで旅に出ました。
ソースかつ丼
伊那路名物ソースかつ丼
伊那路名物ソースかつ丼: 伊那のそーすかつ丼は有名です。 でも、箕輪はソースかつ丼の有名店がないらしく、 この店はホテルから推薦してもらいました。
赤蕎麦
あか蕎麦を食べに行く
 あか蕎麦(赤い花をさかせるそばをこの地でそういう) を食べにランチに留美庵へ。
あか蕎麦の天ぷら定食
 天ぷら定食をいただきました。
桃アイスと、サツマアイス
桃アイスと、サツマアイスのダブル350円: 道の駅のようなところで地場産品を売っていたので、 妻に蜂蜜(百花蜜)、娘にリンゴジュース2本、 私用に桃4個セットをクール宅急便で送りました。
阿智村で懇親会
阿智村で懇親会
阿智村で懇親会: 箕輪から阿智村に向かい、コンサルティングしてから懇親会。 バーベキューでお世話になったうどんのこいけさんも お越しになりました。
う~んマンダム
う~んマンダム:マンダムの歴史、猛烈の歴史、たつのこプロの歴史などを語りあいました。
阿智村の懇親会の料理
阿智村の懇親会の料理:昼神温泉にある居酒屋での懇親会 、鮎の干物が印象的でした。
昼神温泉みさかの朝食の鍋: 昼神温泉の宿は、いつもの温泉旅館のみさかでした。 雨でしたから、無理して朝市に出ず、 ゆっくり温泉につかり、朝食をいただきました。 本日、1件、阿智村でコンサルティングしてから、箕輪に戻ります。 昼神温泉みさかの朝食の鍋

翌日のランチ
ランチの饂飩定食、ミニ卵丼
ランチのうどん定食、ミニ卵丼: 箕輪にもどってきました。時間がないので前日の ミニソースかつ丼の店でうどん定食を食べました。 ミニ卵丼は美味しかった。うどんは多分、 稲庭うどんです。
このあと、身延線の列車が止まり、夕飯を 食べられずに家に帰りました
8/22~8/27 大雨に祟られる講演紀行
 不安定な天気にたたられつつもなんとかなっているのが凄い。
8/22 静岡県東部で2件
熱海海岸線
熱海海岸線: 前日の大雨がやんでくれて新幹線が動きました。熱海でCMSのコンサルティングです。 午後になって初島が見えました。
沼津、千楽の上カツ丼
沼津、千楽の上カツ丼:夜からfacebookの講座が沼津市であります。一端途中下車して、沼津駅北口の千楽という有名店で上かつ丼(上丼という)を 食べました。おいしかったです。
 店員さん曰く「かつ丼はバラ肉、上丼はロースです」とのこと。
沼津市商工会のfacebook講座
沼津市商工会のfacebook講座: 戦略的なfacebook講座を展開しました。お招きいただき有難うございます。
8/23~25 伊那路遠征
チタン研磨業様のCMSによるHP構築
焼チタン研磨業様のCMSによるHP構築: 3日間にわたって集中的にHP構築のご支援をしました。
キキホームズ様のCMS支援 キキホームズ様のCMS支援: 24日は午前中、上記チタン研磨業様のご支援をしたあと、飯田に移動して キキホームズさんを午後からご支援させていただきました。
CMSによるHP構築のホームページコンセプトとその考え方についてお話させて いただきました。

 昼神温泉で一泊しました。
翌日は午前中、山内様のWebサイト支援です: 山内様はインディーズのヒーリングCDネットショップを経営されています。 山内様のサイト支援

再び、伊那まで移動します。
仕事終了後、岡谷、甲府経由で静岡まで帰ろうとしましたが、大雨で 特急が止まっていました。仕方がないので、各駅停車の切符を買い静岡まで甲府から 3.5時間の旅でした
8/26 柏で2件のコンサルティング
ワインショップ木村のHPリニューアル支援
ワインショップ木村のHPリニューアル支援: まずはトップページの画像変更で、HPのイメージ変更を試みました。
ショットバーのコンサルティング ショットバーのコンサルティング:木村さんのご紹介です。 まずは初対面なので社長のニーズをヒアリング。当初,facebookのご依頼かと 思ったら
CMSによるHP構築のホームページということになりました。次回からのHP構築 支援のための写真撮りです。三脚を持ってきていて正解でした。

竹鶴とつまみ(バーカウンター)
竹鶴とつまみ(バーカウンター): 非常に暗い環境でISO1600での撮影。それでも三脚をすえないと 話にならない暗さ。
 外に出ると大雨になっていました。私の乗る新幹線は10分遅れ程度で 静岡に到着しましたが。身延線は止まっています。昨日だったら甲府から家に 帰れなかったでしょう。ラッキーです
 そうこうして、風呂を浴びて、夕食をとっていると新幹線も止まりました。 よかったです。ついています。
8/27 静岡商工会議所 創業塾でfacebookを語る
静岡商工会議所創業塾
静岡商工会議所創業塾: 旧清水商工会議所で創業塾を担当させていただきました 。
Webビジネスとfacebookの関連性について講演しました。facebookのお友達がお二人いらしていて、さらに3人様のお友達ができました。有難うございます。
 雨にたたられましたが今週もついています。
  • =行程=
  • 8/22 静岡→熱海☆→沼津(食事)→原★→静岡
  • 8/23 静岡→甲府→岡谷→伊那松島☆ 宿泊
  • 8/24 伊那松島☆→飯田→阿智☆ 懇親会 昼神温泉宿泊
  • 8/25 阿智☆→伊那松島☆→岡谷→甲府→大雨で各駅で冨士→静岡
  • 8/26 静岡→東京→上野→柏☆☆→上野→東京→静岡
  • 8/27 静岡→新清水★→静岡
たくさんのお仕事有難うございます

8/21 TOKYO Walker

 午前9時40分の上毛高原駅発の新幹線に乗って、上京し、 東京駅に荷物をデポして、地下鉄を2つ乗り換えて築地へ。一応予習たっぷりで した。
築地、寿司清
築地寿司清
築地寿司清: 築地は土曜日はほぼ全店あいていますが、日曜日は休業が多い。 そんななかで人気店で評判がよく、リーズナブルな寿司屋をさがしました。
マグロづくし
マグロづくし: 普通、こういう店に入ったら上寿司あたりから初めて追加してゆくと。 リーズナブルな価格に落ち着くことが多いのですが・・・
 うちの次女はわがままでいきなりフリーで走り出します。以前、新宮(和歌山)を 訪問した際に、新宮の方々に親切にしていただきました。その際も、夕飯を ごちそうになったのですが、いきなり「中トロあぶり握り(一貫500円)」と いったとき(青ざめました)を思い出します。
上握り
握り:静岡の寿司と比べるとやや小ぶり、酢飯も抑え目。 しかし、すっきりとした後味でおいしいです。
鯛、キンメ鯛握り
鯛、キンメ鯛握り: 私も比較的安くて、美味しそうなものを握ってもらいました。
シンコ握り
シンコ握り:シンコとは、コハダの子供のことです。 江戸前寿司でもっとも有名なのがコハダ。コハダを食べずして江戸前寿司を語ることなかれは食通の常識です。

寿司の写真はRAW現像時に自動補正、しかし、黄色が強いので(黄色かぶり)、photoshopでもういちど自動補正。かなり真実に近い色になりました。

表参道へ
表参道
表参道: 地下鉄表参道駅地下で子供たちは熊のキャラクタの買い物、そのごAtoZという カフェへ、でも満員で入れませんでした。
ベッキーの販売促進車
ベッキーの販売促進車: トレーラーにベッキーの顔入り販売促進車両発見。表参道から原宿方面に 歩き出す途中で。
原宿
原宿: なにげにおしゃれなお店がたくさんあります。
原宿コロンバン
歩くのに疲れたので。コロンバンでスイーツ補給を 私はフルーツロールケーキ、アイス添えにアイスコーヒーを
 東京駅で荷物を回収しましたが、妻は「私ひとりだったら、この場所に 戻ってこれない」だって。地図の読めない女じゃないかな
無事に静岡に帰れました。

8/20~21 家族旅行で群馬みなかみ

 午前中までパンツ屋さんとこで仕事をさせていただき、 午後から家族旅行に合流となりました。 浜松駅で、うなぎ弁当1,350円とお茶を買いこみ東京ゆきの新幹線に乗ります。
なつかしの上毛高原
上毛高原駅
上毛高原駅は大雨: 本当は、上毛高原の星空観賞会に参加する予定でした。
 でも、みなかみは絶望的なほどの大雨。三脚まで持っていったのですが気持ちを切り替えました。
今夜のお宿は辰巳館
 上牧温泉の辰巳館は親切な宿として知られています。偶然、乗合バスが 待っていたので、近くまでバスでゆきました。
辰巳館おかみと食前酒
辰巳館おかみと食前酒: 気持ちを切り替えて星空観賞会はキャンセル。 そして、家族との会話および食事を楽しむことにしました。お忍びでいったのですが 顔ばれしてしまい、辰巳館の美人女将があいさつにおこしになりました。
 女将曰く「TV局が若おかみ特集ですと電話してき年齢を聞かれたら・・・」 取材に来なかったそうです。
辰巳館お料理
辰巳館お料理:辰巳館のおつくりには必ず 河河豚(なまず)のおつくりが入ります。前菜→焼き物→鍋→焼きおにぎり→デザートです。とてもおいしいです。
食後のお楽しみ
娘たちは有料のゆかたを楽しみました
散娘たちは有料のゆかたを楽しみました: カラフルなおシャレ浴衣が1着800円です。気付けていただきました。娘が許可しないので顔出しはNGです。左が次女で右が長女です。
いたずら書きスリッパ いたずら書きスリッパ: 辰巳館ではスリッパをはいて、お風呂に行ったとき誰かのと取り替えられないように シールを渡されます。私たちはいたずら書きをしました。誰のが面白いでしょうか。 さて、私のはどれでしょうか。

竹細工教室
辰巳館竹細工教室
辰巳館竹細工教室: 辰巳館では夏休み期間、有料ですが竹細工教室を行います。辰巳館に お米を納めている農家の方が先生です。補助が社長。
 私は写真を撮っていたら最後に竹トンボをもらいました。有難うございます。 このほか、無料のかき氷がいただけます。抹茶がおいしかったです。
おいしい辰巳館の朝食
おいしい辰巳館の朝食: 辰巳館の朝食はとてもおいしいです。野菜の蒸し物、ちぎりっこ鍋(すいとん) おかゆ、ご飯、尾瀬豆腐(これが抜群においしい)、地元産の納豆(これもおいしい) 魚。
 でも、この日はお昼に、築地のお寿司屋さんにゆく予定ですからおいしいお米も 控えめにして。
最後は上毛高原駅まで送っていただきました。お米のお土産付き

赤堀町の蓮池の撮影

 前日、大宴会で翌日は早朝撮影会。はたして何人起きられるでしょうか。
早朝撮影会に起きてきた人
僧兵さんとゆく赤堀蓮畑


僧兵さんとゆく赤堀蓮畑: 結局、みなさん睡眠優先で起きてきたのは僧兵さんだけでした。
 二人でのんびり撮影会です。
赤堀の天幕城周辺
 赤堀地区の蓮畑は実は、天幕城とうお城後。その運河かお濠の後に 蓮畑が作られています。
稲と雫
稲と雫:朝はまだ早く、朝露が稲の合間で輝いていて きれいです。
朝顔が笑っている
朝顔が笑っている:結局、僧兵さん以外いらっしゃいませんでした。でも、朝顔が笑っているからまあ、いいかなあ。ぽてちよさんはどうせ、 午後からまたお会いできますから。
赤堀の蓮畑
散りぎわの美学
散りぎわの美学: 赤堀の蓮の花はまさに終盤、全体的に元気がなく、良い部分を切り取るしか ありませんでした。でも、こんな情景に出会えてなんとなく幸せでした。
翌年への希望
翌年への希望:次の年へつなぐ命。 しっかりと花が枯れても中に種ができています。
白い蓮
白い蓮:蓮の花は全体的に赤が多かったように 思います。そんななかで、白い蓮が朝日を浴びて輝いています。
心温まる赤
心温まる赤: つぼみでもなし、満開でもなし。 少しだけ開いた花弁に「とまどい」という 言葉を思い出しました。
今年は蓮の花、撮影できないと思っていましたから とても幸せです。私はホテルで朝食、ひげそり、着替えをして、再び お迎えに来た僧兵さんの車でコンサルティング先まで
レンズは85mm F1.4G,ボディ Nikon D700です。 不思議なぼけ味。でも、マクロ的に使うことができずにちょっと不自由しました
僧兵さん有難うございました。
8/16~17 B級グルメの旅
 伯爵+僧兵コンビの群馬伊勢崎B級グルメ旅。
第一ラウンド うまいパスタ屋レディスランチ
パスタレディスランチ


パスタレディスランチ:僧兵さん推奨のお店 伊勢崎市境にあります。なんといっても パスタもうまいが、前菜のフレンチトーストと デザートが魅力。アップルタルトがイチオシですが 今日はないから。僕はプリン。
 あたりかまわず一眼レフの連射音。厨房で 「一眼で連射しているよ~!」と笑い声。
第二ラウンド 明水の宴会
伊勢崎の皆様
伊勢崎の皆様:例の赤堀祭りのゲリラ豪雨を 逃れて。新人は森下プロカメラマン。 ポテチヨさんは着替えで遅刻。僧兵さんは もろはだ脱ぎでなくシャツ姿。
なぜかプロカメラマンは話題が豊富(TWINSさんもそう)。 うんちく等教えていただきました。カメラ談義。 社会派の話題も多数。
居酒屋の料理
料理の数々:私も若のお勧めで 群馬の地酒、大盃をいただきました。美味しいです。
味噌汁も美味く、私が味噌汁にピラフを入れて 食べているとポテチヨさんが真似し始めました。
第三ラウンド赤城食堂
赤城食堂
8/17赤城食堂: 昼からポテチヨさんらと合流して赤城食堂へ 私はチキンカツ。
みなさん、一緒に飯食ってくれてありがとう
8/16 伊勢崎市赤堀地区夏祭りと秋田竿灯
 僧兵さんいわく「今年は3年に1度のサプライズがある」と聴きおよび 取材しました。それが秋田の竿灯とくると、見逃せません。
祭りの本質
太鼓をたたく子供たち
太鼓をたたく子供たち:もしかすると ほかのことはすべて忘れてしまっているのかもしれません。
 そうだとすると、祭りの本質はトランスレーションなのかもしれない。
太鼓を叩く、ぽてちよさん: 再びぽてちよさんです。ぽてちよさんのドヤ顔! いいでしょう、もう楽しんじゃっています。
 子供よりも楽しんでいるのかも。
太鼓をたたくぽてちよさん

秋田竿灯
秋田竿灯
秋田竿灯:東北3大祭りのうち、私が見たことのないのは秋田の竿灯。 だから、見れると思ったときはうれしかった。
この竿灯、昔は毎年来てくれていたそうなのです。 しかし、赤堀地区が、伊勢崎市に合併されたので 予算を削られ、3年に1度になったそうです。
竿灯チームを呼ぶと、アゴ、アシつきで300万円 かかるのだそうです。ちなみにこの竿灯チーム、 私の泊まっていたハーベストホテルに宿泊でした。
太鼓のリズムに合わせて
太鼓のリズムに合わせて: 竿灯は最初、横になっていますが、5機とも縦になって、そのあとに 竿を付け足して長くなってゆきます。 さらに、その竿をしならせるなどの高度な技を繰り出します。
 部隊のうえでは、その竿灯を応援する太鼓を 叩く子供たちがいました。
秋田竿灯 風に弱い竿灯: 竿灯は風に弱い。おりしも竿灯のピークに、一瞬の稲光が。 その後、ゴロゴロと音がして。
 竿灯が何本もバランスを崩して倒れてゆきます、 かけつけて立て直そうとする人々、そこへとどめをさすような 暴風雨。横殴りの雨。もう祭りは中断です。
 私も僧兵さんと落ちあって、横殴りの 雨の中傘を差し、カメラを守って駐車場まで。 でも、そのおかげでズボンやシャツはぬれねずみでした。
秋田竿灯がみれて幸せでした
8/16 伊勢崎市赤堀地区夏祭り
 これで3年目ですが、伊勢崎の夏祭りは勇壮です。 山車が出て、太鼓をたたき、山車の引き回しがある。
 僧兵さんいわく「今年は3年に1度のサプライズがある」と聴きおよび 取材しました。
祭りの始まり
青い時刻と祭の始まり


青い時刻と祭の始まり:会場に到着すると 駐車場は満車、小学校のグラウンドに止めさせてもらい、やっとのことで 撮影ができることに。
 僧兵さんと私は商工会のブースにゆき挨拶するとペットボトルを 1本いただきました。それをリュック背負い撮影開始です。空の青が 美しい。
集結
集結:山車は町内単位で集結して、それぞれに 団扇であおり気合を入れたり、それぞれに鐘や太鼓をたたいたり。 静岡にはない祭りの気配。
子供が主役
振り返る子供
振り返る子供: 山車の上には大人いますが、どちらかというと伊勢崎の祭りは 子供が主役。一生懸命日ごろの練習の結果を 披露しています。振り返る表情に子供らしさを 感じた1枚です。
熱意
熱意:子供の表情は本当に多彩。このこの一心不乱さに 心打たれました。
大人も楽しむ
祭りの中のぽてちよさん: ある山車のなかに知っている大人を見かけました。 子供に負けず、一生懸命鐘をたたいていました。 そうです。ぽてちよさんです。
 この方、私のコンサルティングを受ける予約時に 「祭りをはずしてくれ」といった方です(w
 たしかにこの表情を見ているとそんな気がいたします。
祭りの中のぽてちよさん
まだまだ続くよ

8/16~20 講演紀行
 お盆明けのこの週は、ひたすらコンサルティングでした。
8/16~8/17 伊勢崎でコンサルティング
伊勢崎市でのコンサルティング
8/16 伊勢崎市でのコンサルティング: ①1件目がWebサイトのリニューアル計画、パソコンスクールのコンセプトワーク。 ②2件目がCMS導入支援。子供絵画教室のHP構築支援です。相方は例によって、 僧兵さんです。
生姜粉体加工業のコンサルティング
8/17 1件目:生姜粉体加工業のコンサルティング: CMSによるHP作成支援。ラスクなどの食材へ進出。
ぽてちよさんのコンサルティング
あべさんと、ぽてちよさんのコンサルティング:午後からは facebook支援2件です。お二方ともお元気でした。
ぽてちよさんったら「ダイエットしてるのにやせない」とか言いながら、がっつり赤城食堂で召し上がった後に、
おやつやアイスを持ってきてコンサルティング。うれしいけれど(汗;

8/18 株式会社内藤のコンサルティング
甲府駅で見た警察吹奏楽団
甲府駅で見た警察吹奏楽団:甲府駅に1時間前に到着。 駅そばを食べて甲府駅で面白いものを発見。
警察吹奏楽団美女部隊
警察吹奏楽団美女部隊:きれいどころがいらっしゃいました。 演奏中、振り子のように左右に揺れています。一番左の女子は司会。
他の3人はなぜいるの?

指揮者
㈱内藤のコンサルテーション
㈱内藤のコンサルテーション:初めて コンサルの仕事をいただきました。有難うございます。現存サイトのリニューアルか 新サイトを構築するか、facebookをどうやって導入するかなどのご相談をいただき、 合意が形成されたので、CMSでHP構築を始めました。
仕事でご一緒した皆さま
仕事でご一緒した皆さま: 左から吉宗さん、中、Nikon D3Sをお持ちになったジャガーさん(内藤社長)、 コーディネータのTさん。
ジャガーさんにNikkor 85mm F1.4Gをお貸ししました。 興味を持たれていましたね(^皿^V
もし購入されたら・・・
D3S+85mmこれで80万円くらいかな(爆笑。

8/19 海野農園最終回
海野農園
海野農園:CMSでHP開発しました。時間があったので facebook導入支援とfacebookページ作成支援を一部させていただきました。 後は、頑張っていただくだけです。
海野農園の20歳の猫
海野農園の20歳の猫:猫って20歳まで生きられるのですね。 ノーファインダーで撮影しました。

8/20 パンツ屋さんち
パンツ屋さんちの新人章さん
パンツ屋さんちの新人:パンツ屋さんちも、 盛業となり、ネット担当者が2人。ナベちゃんに加えて、中国人の章さんが。
 私は、土曜日午前の仕事を終えたら、タクシーで浜松駅に出て、 家族旅行に合流するため、東京駅行きの新幹線に乗ったのでした。
みなさん有難う

お盆休みは墓参り

 お盆と暮れに墓参りするのは人間としての基本です。 久能街道沿いのある先祖の墓を清掃して、妻の実家を訪ねました。
ばあば
みよこ みよこばーば: 妻の母上です。清水の草薙で、ミカン農家をしています。おだやかな性格で ぼそぼそ語りますが。結構本質をついています。

娘とみよこ
娘とみよこばーば:娘にとって、 みよこばあばは安心できる存在なのでしょう。
和食レストラン葡萄の丘: 草薙の人気店、開店前にならびました。 上の風景は、開店待ちを孫と祖母がしている後姿です。 葡萄の丘
葡萄の丘
 九州の人気店をまねた和食系のバイキングレストランです。
葡萄の丘、和食バイキング
葡萄の丘、和食バイキング: おかずは基本野菜。特に私は吉野さんをみならって豆腐を多めにとりました。
 このほか、野菜のてんぷらもあげたてを食べさせてくれます。
五穀米カレー、温泉卵落とし
五穀米カレーです。自分の好みはラッキョウ添え、温泉卵落としです。

デザート
バイキングデザート: バイキングのデザートが楽しみで、食事は抑え目に。娘はアイスクリームを食べていました。
お盆も家族と送るのは楽し

焼津の海上花火大会の後のサプライズ
 焼津は海上花火大会が盛大に行われます。焼津丸又の鈴木家の皆さんと ご一緒させていただきました。
花火会場で記念撮影
記念撮影
記念撮影: 最終的に16人の方がお集まりでした。大家族的で楽しかったなあ。撮影部隊は私と 豊田先生ともうひとかた。
 やすえさんもケータイで撮影されていましたが、できはよかったようです。
丸又、鈴木家でお茶会
 このあとサプライズで鈴木家まであげていただき、お茶会 をしました。鈴木家は、自宅に獅子脅しがあるほど。なんでも水琴窟というらしい。
しそジュース
しそジュース:撮影前、撮影中にビール2本あけましたが、実は私は 撮影すると猛烈に発汗する。このためのどカラカラ帝でした。
そこえ、妹のやすえさんがしそジュースを出していただき一息ついた次第です。
 豊田先生には85mm F1.4Gを貸してあげました。どうも難しいレンズらしく 使いこなせなかったようです。そうかも・・・
鈴木家
丸又、鈴木家:コーギーのわんこは 妹さん夫婦が帰省に同伴したらしい。おとなしくていい感じのわんこでした。 やっとお座りを撮影できました。
 写真上右は丸又会長のお父様。お父様は二代目社長。丸又をここまで大きくされた 貢献者。だから、理恵子社長はその後を継がれて。でも、時代が変わりましたので 時代のニーズにあった経営をすすめようとされているのです。具体的には以下のような ことをお考えになっていると私はコンサルタントとして勝手に想像している次第です。
  • 安全、安心な食品のご提供
  • HACCPなどに準拠するような清潔な工場の運営
  • 働く女性のお手伝い
  • あたらしい商品の付加価値の創造
出版社を経営されるIさんご夫婦
 お客様も上品な方ばかりで。こちらも出版者を経営されるご夫婦。 神道についてかなりご造詣がふかい。焼津の焼津神社は景行天皇(けいこうてんのう)と関係が深いらしい。なぜなら景行天皇(けいこうてんのう)は日本武尊(やまとたけるのみこと)の父だからです。
 なぜ、日本武尊と焼津かというと、日本武尊が東海道征伐に乗り出した時に草原で 抵抗勢力にかこまれて草を薙ぎ払ったから草薙、その草を焼いて相手を全滅 させたから焼津なわけで。日本の古代史と静岡の地名である焼津、草薙は大きな 関係があるのです。
 そんなこんなで古代史の話題に花が咲き、私が日本武尊と関係の深い 昼神温泉(阿智村)にいっていると話がおよぶと、腰を乗り出して喜んで「 私もいつかいきたいと思っている。温泉はあるか」と聞かれました。 私は「温泉いっぱいあります」とお答えいたしました。
素敵な桃のフルーツティー
桃のフルーツティー
おいしい桃の紅茶: 実は、理恵子社長とやすえさんらが、私に終電になるけれど駅まで送るから 家によってお茶をしたらと勧めた理由がこれ。
 桃の紅茶です。曰く「白桃は高いから。黄桃」なんだそうですが、 通常のポットの数倍の容量(やかんくらいある)に半部くらい黄桃が入っていて、 その黄桃はお茶を煮出すとおいしくなくなってしまい食べられないそうです。
 つまりエキスだけを抽出する贅沢な使い方。目がつぶれそうでした。
 カップにいれていただくと、桃の香りがして、ほのかな甘さと桃の風味が口の中に 広がり草食系男子でフルーツ好きとしてはタマランチ会長です。
鈴木ファミリー有難うございます。歓待を感謝!
焼津の海上花火大会 2011
 焼津は海上花火大会が盛大に行われます。今年で3年連続で撮影だなと思っていたら 昼間にスマホに電話がありまして、それに、夜、気がついて電話をすると素敵な女性の 声が返ってきました。 花火の桟敷席へのご招待です。美女の誘いとあっては断れない伯爵です。
意思伯爵なんちゃって。

花火会場で待ち合わせ
焼津海上花火大会で待ち合わせ
草食系男子チームと美女チームの待ち合わせ: 前日御電話をいただいたのは、焼津で黒はんぺん(イワシすり身はんぺん)及び練り物 加工業を営む老舗丸又さんのご姉妹。お姉さんが社長で理恵子(中)さん。妹さんが祥恵(やすえ:右)さん。
 丸又さんのHPは弊社が構築、運用のお手伝いをさせていただいております。いつも有難うございます。
 迎え撃つは我らが草食系男子軍団の中小企業診断士の豊田先生(独身=お嫁さん大募集中)と私。むろん、合コン状態ではなく、我々が鈴木家一族13人のなかにお邪魔ムシ させていただくのです。
焼津港の夕焼け
焼津港の夕焼け:当日のスケジュールとしては・・・
  • =8/14 当日のスケジュール=
  • 18:00 焼津駅にて草食系男子軍団集合→焼津新港へ徒歩で移動
  • 18:30 焼津新港、招待席入口待ち合わせ(写真1)
  • 18:30 三脚セッティングと場所取り→その後会食
  • 19:30 花火打ちあげ開始
  • 20:30 花火打ち上げ終了
  • 21:00 サプライズ
鈴木家は4人姉妹、東京にお嫁にいった2人の妹さんとご家族、および丸又会長の お父様らと合流いたしまして、焼津のおいしいお寿司屋さん松乃寿司さんで握った巻きずしを つまんだり、理恵子社長が手作りの鶏から揚げ、枝豆にしたずつみを打ちつつ。 花火の打ち上げ時刻を待ちました。
焼津港
夕闇せまる焼津港: 料理が美味すぎて、そして、暑かったこともあり、打ち上げまで、ビールを 柄にもなく1本半開けてしまいまして。千鳥足状態です。
 豊田先生に「伯爵はこんなに飲んだんでしたっけ」と聞かれる始末。もうやばいっす。おぼつかない足取りで三脚をセッティングした場所までふらふらといってスタンバイをします。
焼津の会場花火2011
焼津海上花火2011
焼津海上花火2011:始まりました。 花火には通常35mmレンズでのぞむ私ですが。なぜか。ここの花火と山の上から見る 静岡の花火は50mmレンズが良い感じです。
雨だれのごとし花火
雨だれのごとし花火の散りぎわです:スターマイン 。景気が悪いのか、今年の焼津は尺玉が少なくスターマインがやたら多い。 ナイヤガラなどはほとんどありません。
落下
火花の落下:この後、火花は人が落下傘で降下するような 姿となり散ってゆきました。新作の花火だと思います。
この花火の大きさは下に警備員のおじさんが赤いライトを持ってしゃがんでいるので、比較していただくと大きさがわかると思います。

扇型のスターマイン
扇型のスターマイン: スターマインは通常の花火と異なり妙に明るいので慣れないとシロトビしてしまいます。 そこで、私は2段階と覚えておき。スターマインと分かるや、カメラの露出のマニュアル設定で絞りとシャッター速度を感で操作します。その結果、比較的シロトビの 少ない撮影となりました。
オートにして撮影している方は隣で見ていてもシロトビしていました。 豊田先生は、広角で撮影していたため、余分の護岸や警備員、柵などが写りこんでいて、それらを含めてオート露出が決定されるので白トビが多かったように思えます。
花火のあと、ちょっとした交流会がありました。

静岡護国神社のみたま祭りにゆく

 静岡市の、しかも私の家の近くに護国神社という大きな神社があります。 この神社は戦争で亡くなった方をお祭祀りしている神社です。そこで13日~15日 出夏まつりがあることを知りました。
 今まで、あまり関心がなかったけれど、尖閣問題、竹島問題、北方四島問題、 東北の地震など日本について考えることがあったのでとにかく行ってみようと 思いました。
 マスコミや日教組は日本は戦争を起こした悪い国だ。と決めつけていますが 本当にそうでしょうか。毛沢東は自分の国民を数千万人殺しています。ポルポトや スターリンなどの共産主義独裁者の方を戦争以上にもっと人は殺していることを、本を読み知りました。でも、なぜかマスコミは取り上げません。
 戦争はいいとは 思いませんが、親戚も太平洋戦争で亡くなっているようなので、亡くなった方を 祭祀ることの意味を感じにいってきたのです。むろん撮影を兼ねて。
夕焼け
2011年8月13日の夕焼け
明2011年8月13日の夕焼け: うすぐもりだったはずですが、夕焼けになりました。どうも、夕焼けの発生メカニズムがよくわかりません。
護国神社、みたま祭り,2011年
2011年8月13日の静岡護国神社みたま祭
2011年8月13日の静岡護国神社みたま祭:近隣の夏まつりを兼ねて いるのでしょう。静岡市葵区柚木、長沼近辺の方々集まってきて、なにやらカラオケの 音きこえてきます。
提灯の明かり
提灯の明かり: 静かに。ぼんやりと明かりがともされ。亡くなった方々をしのびつつ、 時間が流れているかのように思えてなりませんでした。
盆踊りの人
 盆踊りが始まりました。いまどき、静岡では珍しい気がします。
盆踊りのやぐらの上で
盆踊りのやぐらの上で: 最初はみなさん遠慮しているので、なんとか会の方がお手本を見せています。
盆踊りの人びとの表情
盆踊りの人びとの表情:3日間ある祭りの中も 午後7時半の花火の前後で2部制になっているようです。メンバーも入れ替わり 踊る人々。
花笠踊り
花笠踊り:盆踊りの最後は花笠踊り。多くの方々が 加わって輪になって踊っています。
花火
護国神社の花火 護国神社の花火: 7時半と8時半に30発ずつ。 だから、セッティングに失敗すると修正する時間がないのです。7時半はセッティング失敗して、露出、高度、方向ともだめ。8時半はなんとか。
 花火を打ち上げ中は提灯の明かりを消すこともわかったので、 打ち上げ前に提灯を撮影して花火と多重露光しました。
平和をかみしめて
護国神社で見た浴衣の親子
護国神社で見た浴衣の親子: 子供が安心して住める社会。育てられる社会。このような社会を守ってゆく必要があると思います。
 他の国々は日本が弱っているとみるや軍艦を周辺に派遣するなどします。 これが本当の友好国のやることでしょうか。これが世界常識だとすると、 この護国神社にみたまとして帰ってきている方々がなぜなくなったのかということを しっかりと認識できると思います。
平和な日本、大人の自覚が必要だと思います。
ペルセウス座流星群の撮影に失敗する
 2時半に起きる予定で、目覚ましをかけたのですが、スマホのアプリが作動せず 3時半おき。夏の夜が明けるのは早いから、ちょっとあせりつつ当初想定した撮影場所へ向かいます。
8/12 静岡の空
明けの明星
明けの明星(金星):時間的にはちょうどよいはずで、 明るいはずの満月は熟した柿のような色をして西の空に沈んでいった。 でも、想定外意外に明るくなっていて、流星群は見えない。 しかたがないので東天に浮かぶ明けの明星を撮影するしかなかった。
静岡の町はまだ眠りの中
時刻は4時40分、静岡の町はまだ眠りの中: やはり、1時間のロスは大きかったか。でも、翌日も試してみたが、 満月下で流星群を観測する困難さは、よほどの条件の良い場所でないと無理だと 悟っただけでも意味があったかもしれない。
 富士山も晴れてるに見えず、流星群も見えず。なんだかなあと思いつつ。 せっかく早起きしたのだからと、静岡の町を撮影する。
8/12の夜明け
少し明かりて。ようよう白くなりゆく山際
少し明かりて。ようよう白くなりゆく山際: といったのは枕草子の清少納言だったか。
日はまた昇る
日はまた昇る:日の出前に撮影場所を 離れ下山を始めたが。またおいでよと。呼びかけられたような気がして北東の方角を見ると太陽が顔を出してた。サンニッパをもっていたので、手持ちで撮影した。
今日も暑くなりそうだ
お盆前、海野農園さんを訪ねる
 CMSの支援依頼をお受けして安倍口を訪ねて、海野農園さんを訪ねます。 静岡市の中心地からバスで20分くらい。そこから徒歩5分くらい。バスも本数が 多いので苦労しません。1時間に3本くらい走っています。
安倍口の農家
海野農園
海野農園:安倍口は静岡西方を流れる安倍川の上流。静岡平野部の 扇状地の頂点あたりです。
CMSでのホームページづくり
 いま、いちごの果実はありませんから、いちごアイスと、いちごジャムから ホームページを作ろうと話がまとまりました。
百姓のいちごジャム 百姓のいちごジャム: これが商品の名前です。ここからわかるように、農家であることの誇りが うかがえます。一部の方は、百姓を差別語のようにとらえていますが、私は そう思えないのです。要はどんな言葉でも軽蔑を込めれば差別的な表現となり、 自信や誇りを込めれば立派な言葉になると思います。

いちごジャムでトーストを召し上がれ: 朝食をコンセプトとして、このページを作ろうねということになりました。 ありきたりの商品画像では先行するホームページに埋もれてしまいます。したがって、 ちょっとお願いしてコンビニエンスストアでサラダとパンを買ってきてもらい。
 パンを焼いてもらって、朝食のイメージです。ライティングはライトがないので レフ板と自然光でした。
いちごジャムでトーストを召し上がれ

やっぱり食べ物写真は子供が命
はなちゃんがモデル
はなちゃんがモデル: 作業場でホームページづくりを支援している隣でビニールプールをやるお子さんの 声が聞こえます。そこでお願いして、子供さんにモデルをしてもらい、 リアル感のある写真撮りを提案しました。
おいしいいちごジャム おいしいいちごジャム: 本当においしそうです。はなちゃんは、プール遊びしていておなかがすいてたのかな。 2枚のうちの1枚を全部食べてしまい。もう一枚、食べたいとのこと。そんなとき、 お母さんの声がして、ほかの子供と出かけてゆきました。

わんこは放置されて・・・
カイ君
雑種のカイ君です: さあ、何の雑種かあててみてください。ヒントはフォルムと名前です。 愛想のよいわんこで、私が構わないとすねたり。少しでも近寄ると「かまって」と 寄ってきたり、あまがみします。
はなちゃんとてっぺいくん
最後はかわいい子供たちのプール写真で!
おいしいイチゴアイスといちごジャムの海野農園

岐阜県中津川市福岡地区のひまわり畑

 商工会のお仕事で、前述の恵那醸造さんから多治見へ移動をかけるときに見かけたひまわり畑。 おそらくここで撮影しないとこの夏はもう撮影できないと思い。ちょっと車を止めていただき 撮影いたしました。
恵那山の見えるひまわり畑
恵那山の見えるひまわり畑:小さな小さなひまわりばたけ。恵那山の見える休耕田なんだろうか。 でも一角はなにやら華やかな色彩に包まれており
夏空、ひまわり
夏空、ひまわり:もうもくと湧き上がる雲、そして青い空。ひまわり。暑い夏が今年も来た。
輝く笑顔
輝く笑顔:ひまわり撮影のつらいところは、ひまわりの方向が決まっていること。 だから同じ方向の構図しかさつえいできないこと。このときはたまたま、背景に農作業小屋があったので、構図の中で 使わせていただいた。
出穂(しゅっすい):ひまわり畑の周囲はすべて田んぼ。 田んぼではこの暑さをチャンスとすべく稲が花をさかせている。 日本のお米は梅雨の雨と夏の暑さが作り出すものかもしれない 出穂(しゅっすい)

黄色い花は元気の源だ

恵那醸造をたずねる

 商工会のご依頼があって岐阜県中津川市福岡を訪ねました。中津川駅を降りてくるまで40分くらいの標高 600mの場所に恵那醸造はある。
標高600mの蔵元
標高600mの蔵元 出穂のころ: 標高が高いのでいま、稲の花が顔を出しています。雲が覆いながらも晴れ模様。夏らしい写真が撮れました。

出穂(しゅっすい)=稲の穂から花がでてくる状態のこと

鯨波、蔵元。恵那醸造。
日本酒、鯨波の蔵元恵那醸造:杉玉があること、そこが蔵元である証です。 黒く焼いた杉板の壁。蔵元の風情、貫録を漂わせています。
恵那醸造
麹室、醸造タンクなど
麹室、醸造タンクなど:ものづくり、酒造りの現場を見せていただきました。 酒造りは、製造業であり、酵母を扱うので農業のようであり、化学者であり、文化であり食でありと多彩な側面を垣間見ることができます。
階段のある風景
木造階段: この建屋の空気にもおそらく酵母や酒造りにまつわる環境が備わっていることでしょう。
伝統の継承者
伝統の継承者:温故知新。長い酒蔵の歴史と近代の食文化への融合。そのはざまに日本の酒造りはあると思う。
恵那醸造、元経営者の肖像
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700 RAW
  • 屋内、土間、連射モード、オートフォーカス
  • 手持ち
  • Niikor 85mm F1.4G F1.8,ISO1600,1/200
  • 逆光
恵那醸造、元経営者の肖像

うまし酒、日本酒、鯨波
鯨波(日本酒) 鯨波(日本酒): 湯あがりに、縁側で、枝豆をつまみながら、キンキンに冷えた冷酒でいただくのが夏の通の風情。

ならば梅酒はいかが: 私の好みはロックで、梅酒の甘い香り、日本酒のどろりとしたのど越しがたまらない。 ならば梅酒はいかが

梅酒を飲む男 梅酒を飲む男: 男ってやつは。美味い酒を飲むと沈黙してしまうものなのさ・・・

日本酒鯨波
標高600ではぐくまれる日本酒、鯨波

8/08~8/12 お盆前の想定外の講演紀行
 お互い最善を尽くしても、間に立った方の事情などにいり、 想定外のことが起こるのが仕事。そんな事件を 解決しつつ前進あるのみです
8/08 吉野さんのfacebook支援
吉野建築設計室
吉野聡建築設計室のfacebook支援: 吉野さんちのfacebookページ作成支援でお邪魔 しました。
 吉野さん曰く「午後2時から仕事なんだ。早く来れませんか」 そこで、私は1本早い特急に飛び乗り、なんとか10時半に甲府着。 昼飯を食べている暇がないので、奥さんがおにぎりを もってきてくださり、それをかじりながら4人で仕事しました。
 桃のデザートが美味しかったです。さすが山梨県。
8/09 防災トイレ館さんのfacebook支援
防災トイレ館さんのfacebook支援
CMS支援の最終回facebookページを作成する ことに。
 でも、早起きして三島の事務所にお邪魔すると、 事務員の方がびっくり「今日だったのですか!石川は 現場です」
 私、たまたま午後が開いていたので 「またせてもらいっていいですか」ということで 12時にスタート。
金目鯛定食
金目鯛定食:腹も減ったので坂を下って いつもの旬菜へ。遅くいったので日替わり定食が1食だけ。
私は金目鯛定食をいただきます。普通、これを伊豆の 料理屋で食べれば1,500円は取られるしろもの。 これが850円はラッキーでした。
赤いか刺身
赤いか刺身:これが500円、半分っこしました。 美味しかった。お疲れ様です
8/10 早起きして岐阜へ
日本酒、鯨波
日本酒鯨波の醸造元へ:中津川駅に降りて、 そこからお迎えの車が。福岡地区という山間地へ向かい。さらにそこから山を登る。 標高600mの場所に醸造元があった。すごくいい環境。
写真の好きな寿司屋
写真の好きな寿司屋:すし吉。ご夫婦そろって写真好き。 旦那はフイルム、奥さんはデジタルNikon D300。きれいな風景写真が お店のあちこちに
お寿司もおいしかった: 山間地の寿司屋なので期待していなかったけれど、 おいしかったです。
 私がフルサイズカメラ、Nikkor 85mm F1.4Gをもっているので話題になって 皆さん喧々諤々、カメラ談義。
お寿司もおいしかった

ナス漬けもの
ナス漬けもの:カメラ同志ということ、 美味しいお漬物はでてくるは、コーヒーはでてくるは 、おせんべいまでも。ごちそう様です。
恵那峡
恵那峡:恵那峡を通過して多治見へ、 そこで一仕事して帰ったら。午後8時半でした
8/12は苺農家の海野農園さんです。
お盆前後も、働きます
清水港まつり、海上花火大会
 以前から、大変興味があったのですが、なかなか行けなかった。 何しろ、誰も花火の日を教えてくれなかったから。安倍川花火と焼津の花火はネットで調べれば 開催日が載っていて・・・。
待ちわびる時間
清水港、待ちわびる時間
清水港、待ちわびる時間:清水の花火は7時半から1時間。 初めて参加させてもらうので良くわかりませんが。焼津は1時間短くなって1時間。 同じ事情なのだろうか。
 このご時世。どこも開催にこぎつけただけで精いっぱいかもしれない。それだけで立派。ただ、チケットの会場の誘導案内が稚拙で、案内係の誰に聞いてもあいまいな答えしか返ってこない。 これはなんとかならないか。案内の地図さえ招待席は明記されていない。早めにいったのに、現地到着は 花火打ち上げの15分前だった。
ラッパ隊
ラッパ隊: お偉いさんの挨拶は被災地の子供たちの招待の話以外は聞き流し、撮影の準備に いそしむ。ラッパ隊の合図で1時間の撮影の火ぶたは切られた。
清水港の花、花火。
夜空の二輪
夜空に浮かぶ花:袋井の花火の場合、スターマインと 尺玉を打ちわけています。また、打ち上げ場所も明確に区分しているから 煙がなくなったころに次の花火が来る。
 しかし、清水の場合、同じ場所からドカドカゆくので煙が引く時間がない。 このため、ほとんどの花火は煙の中で見えない、撮影できずじまいとなります。 やっと撮影した花火(汗;
赤い稲妻
赤い稲妻: 赤い稲妻が清水港に走るがごとく、雷鳴とどろき炎が走る。
横切る火花、花火
黄百花繚乱:花火の寿命は打ち上げてから約8秒 3秒で頂点に達し、爆発し5秒以内に散る。その刹那に見せる色彩を写真は 永遠にとどめる。
海上の舞扇
海上の舞扇: スターマインに撮影は難しい。明るすぎるのだ。通常の花火撮影のモード にしていると、スターマインの打ち上げ時にモード操作が間に合わずに シロトビしてしまう。こちらもなんとか エレガントな姿を撮影できた。
撮影終盤で、清水の花火の打ち上げパターンと露出の特性を理解し、 また、煙が引いてくれたことが幸いしてなんとか無事撮影ができました。
大勢の人ごみに紛れて帰宅の道を歩む
裏しいただきものが多数ありました
 全国各地の皆さまからいただきもの。写真撮影やっていて良かったと思います。
joycook奥田さんから砂丘メロン
砂丘メロン
砂丘メロン:京丹後久美浜は海岸が近く、砂丘がある。このためスイカとかメロンが良くとれる。 毎年お送りいただくメロン。しっかり撮影させていただきました。2個いただいたの1個を母にあげたら、作家をしている私の弟に 郵送してしまって。一家で1個を分け合うことに(泣き;
熟れた、砂丘メロン
熟れた、砂丘メロン:奥田さん曰く「ヘタがへたれたら、食べごろ」とのこと。出張帰りの週末カットして食べることに。
メロンいただきます ジュル!: そのような音が聞こえそうな、熟し具合。おいしそうです。妻と取り分けていただきます!娘はフルーツを殆ど食べません。
新潟黒崎、枝豆
 枝豆と言ったら、なんたって新潟でしょう。
新潟黒崎産、枝豆
新潟黒崎産、枝豆: 良い枝豆はゆで上げた時から香りが違います。家じゅうに枝豆の甘いにおいがする。富山さんからいただきました。
枝豆、むいちゃいました。: 枝豆といえばビール。普段、ビールを飲まない私も思わずビール!といってしまったほどです。妻もほとんど酒を飲みませんが 二人でミニビール缶を開けつついただきました。 黒崎産枝豆むいちゃいました
海野農園のいちごアイス
海野農園のいちごアイス
海野農園のいちごアイス: サギサカさんのご紹介で、静岡市のいちご農家の支援を依頼されました。するといちごアイスも売り出したいとか。ふむふむ、その写真を撮ってさしあげよう といったら、いただきました。暑い日だったので。クーラーパックにそして、なんと家まで私ごと送り届けていただき感謝です。
いちごアイス、海野農園 果肉のしっかりはいった、正しいいちごアイス: あけてびっくり、いちごがしっかりはいっていだけなく、いちごの香りがほのかにします。口に含んでも。単なるアイスと違う。 いちごの風味が舌から伝わってくるのです。本物は違うんですね。
いずれも味わってみて、おもったことは、本物は違うということでした。 本物の香り、味わい。風味。舌にしっかりと焼きつけておきたいくらいでした。
さあ、どれが食べたいですか?
遠州ふくろいの花火にいってきました2
 いってみて驚き。普通の花火でないのです。
夜空に舞う蝶
夜空に舞う蝶:袋井の夜の空に大きな蝶が出現した。
大輪
夜空の大輪(8尺玉): 8尺玉は通常、かなり高度の高いところで爆発するのだけれども、この玉は中空で爆発してくれた。風で煙も流されてちょうどいい感じ。
chaos
chaos・混沌: 爆発後変化して、野球のボールで言うとナックルボールのような変化を見せる花火。撮影後、唖然とした。
大空の広がる
大空への拡散: 贅沢なまでに袋井の夜空に拡散して占拠する花火。しかし一瞬のきらめきであることあることはいうまでもない。
連理に咲く
連理に咲く花:重なり合って。そして、輝く。まるで真夏の世に来世に咲く花を見るかのようだ。
色彩多彩
色彩多彩:人工物でありながら、これだけ多彩な色彩を演出しながら、形状的にも色彩的にもバランスを保っている。 花火師たちの執念と心意気を感じて
 花火会場を15分早く後にしましたが、愛野駅では1度では電車に乗れず、満員電車掛川駅に。そこで840円払って 新幹線で快適に帰りました。
袋井花火、いままで見た花火の中で一番レベルが高い
遠州ふくろいの花火にいってきました。
 静岡安倍川花火が大嵐で撮影できず、無念に思う。近場の清水港まつりの花火も魅力的だったのですが、雨予報なので ちょっと遠征して遠州ふくろいの花火大会へ
 しらべてみるとこれがすごい有名な花火大会らしい。花火の名人戦もやるらしい。実際に静岡駅から愛野駅まで超満員 状態(約40分)要領よく座れていけましたが、帰りが明らかに凄そう。昨年の人では41万人。でもここまできたら勝負、勝負です。
宵闇に舞う二輪
宵闇に舞う二輪:家を出たのが4時半、愛野駅到着が6時ちょっとまえ。コンビニで凍ったお茶とパンを仕入れて20分ほど 徒歩で会場を目指します。河川敷が撮影によさそう。色々検討した結果、開始10分前にセッティング完了。いよいよはじまります。
8尺玉
8尺玉: 袋井のいいところは次は何があがるかを明確に言ってくれること。また、スターマインの上がる場所と、尺玉の上がる場所が決まっていて瞬時に 設定変更や構図変更が撮りやすい点です。また、花火と花火との間隔をほどよく開けてくれるから煙が残りにくい。 この点、清水港まつりの花火は参考にしてほしいです。
炸裂
炸裂: 薄暮の時間帯から夕闇の時間帯まで。最初はISO100(NikonはISO200までだったので減感した)で撮影してたのですが、ISO200まで設定変更。 白トビしないで花火の色を表現するために、F11で。
花火、彩り
花火、彩りの楽しみ: 袋井の花火は2時間の間に25,000発も打ち上げるので、結構撮影に忙しいです。
中天からの滝
中天から降り注ぐ滝:袋井の花火の特徴は名人戦もやっている関係で創造力の発揮された 最新の花火がみれること。この写真は、段階的に上昇しつつ、小さい爆発を繰り返しながら、最後頂点で大爆発する花火です。

  • Nikon D700
  • Nikkoor 35mm(50mmはもっていったが使わなかった) F2
  • 三脚ベルボン645,レリーズ
  • ISO(最初は100,途中から200),F11~14,シャッター4秒、多重露光(通常2枚分)

帰りに相当苦労したけれど、でも満足です
明日もあるよ!

カテゴリ

ウェブページ

links