2011年11月アーカイブ

11/01 秋咲くひまわり
 静岡県袋井市で秋咲くひまわりがあるというので、出かけてみました。
黒いひまわり
黒いひまわり
黒いひまわり:天候は曇りでした、午後から回復するという予報に一縷の願いを込めたのですが雲は厚く残念。このため、天を なるべくいれない撮影になりました。
コスモスの撮影
ひまわり畑に咲くコスモス
ひまわり畑に咲くコスモス:休耕田と思しき場所に ひまわりがあちこちに植えられているのですが、面積は広いものの ひまわりの感覚が秋過ぎて絵になりません。したがってコスモスを撮影 してしまいました。
夕暮れ時を待つコスモス
夕暮れ時を待つコスモス: 久々に構図の作りようがなく、マクロ撮影した1枚。
ひまわり畑のカップル
ひまわり畑のカップル: 写真をお渡しするお約束をしました。ご連絡ください。
夕焼けを狙いたかった
袋井市のひまわり畑
袋井市のひまわり畑:夕焼けぞらを背景に 赤く染まるひまわりを撮影したかったが残念でした
来年挑戦してみようっと
11/01~11/02 久々の新潟
 いっとき、月のうち半分くらい新潟県と高知県にお邪魔していました。 でもまあ、お客さんの流れもかわって、今は時々お邪魔する程度。 新潟県はかつて新潟市に住んでいたこともあり、好きな県の1つです。
11/01 上越市へ
越後湯沢駅からの魚沼山系
越後湯沢駅からの魚沼山系:東京方面から上越市にゆくには。新潟まで行かずに、越後湯沢で新幹線を乗り捨てて、ほくほく線という第三セクターに乗り換えた方が近い。三角形の二辺をゆくより 一辺を行った方が短い理屈。越後湯沢駅から見た魚沼山系がきれいだった。
高田駅前でランチ
唐揚げ定食
よし田で空揚げ定食:直江津駅に美女が待っていて、 高田へ。一緒にランチ。色々迷ったけれど、空揚げ定食。
ぶりのおつくり
おつくり:静岡と新潟とは魚の層が異なっていて、 非常におつくりも新鮮な気持ちで受け入れられます。
きみちゃんち・もちや
もちやのきみちゃん もちやのきみちゃん(有澤公湖さん): もちやはお母さんの代で9代目。江戸時代からの老舗です。 もちやは高田で有名なお団子屋さん。ずっと人々に愛されてきたのですね。
 きみちゃんのお兄さんは大学教授になってしまったので家を継ぎません。そこできみちゃんがおうちをついだのでした。
 旦那様はかなりお堅いところにお勤めです(笑い;悪いことすると・・・
 今回はfacebook支援1回目。頑張ります。

団子を焼く
団子を焼く: 団子のもとは蛇のように長い。それを包丁でカットしたものを串に刺す。 そうして、これを焼き色をつけて・・・
蜜団子
蜜団子:おいしそうでしょう。できたてを撮影して いただいちゃいました。うふっ!
かめどら焼き
かめどら焼き:あまったどら焼きの食材で作ったカメドラ。きみちゃんが冗談で亀にしたらとき、私が製品化したら大ヒット商品になった。
 いまでは引き出物に使われているそうです。
カラーコラボMU
カラーコーディネータMUさん: MUさんのfacebook支援の2回目。ななんと、Muさん photoshopをいれてなくて喝! カラーコーディネータMUさん
11/02 高田駅→新潟駅まで2.5時間
 早朝、朝食を食べていると移動できないのでコンビニでおにぎりを購入。AM7:05快速電車に乗り込みます。途中睡眠時間を補充して、AM9:30新潟駅につく。
新潟竹徳の寿司
新潟竹徳の寿司:新潟市にある関与先のWeb企画会議に出て、課題解決を話し合う。
 仕事を終えて、PM5:17の電車に乗り、PM8:33静岡駅に着く。新幹線がなかったら大変だっただろうなあ。


新潟、ひさしぶりだったなあ
11/01 静岡市内、賤機山からの富士山
 実は静岡市とい地名はこの賤機山(しずはたやま)からきています。 賤機山は標高171mの山で、その下部に浅間神社(静岡人はおせんげんさんという)があります。その山からの 富士山がきれいという情報を得ました。
 そろそろ寒くなってきて、空気が澄んできたので富士山撮影の好適な季節。練習に登ってみたのです。朝5時におきて。
賤機山からの富士山
賤機山からの富士山 AM5:40:家を出た時(5時は10分ころ)はオリオン座が宙に浮かんでいました。真っ暗でした。自転車で出かけ賤機山の下にとりつき階段を懐中電灯を照らしながら登りました。 でも頂上目前になったころから赤い光がほのかにみえて。
 夜明けは突然に来る感じ。真っ暗な空が少しずつ明るくなって赤くなるとすぐ撮影の好適な時間帯を過ぎてしまいます。なんとか頂上につき 撮影ができました。この日の日の出は6時15分とされています。
夜明け前の富士山
夜明け前の富士山:夜明け前の富士山はとてもセクシーで。朝焼け雲を従えた流麗なシルエットの姿だった。
黎明の静岡市
朝焼けに浮かぶ日本平、駿河湾、そして伊豆半島
朝焼けに浮かぶ日本平、駿河湾、そして伊豆半島: 頂上にはラジオ体操のお年寄りがたくさんいらっしゃいました。 彼らは元気です。そのなかのお一人が「年に1度くらいは伊豆半島の先に 伊豆七島の神津島がみえるんだよお」という方がいて。なるほどと 思った次第です。美しい風景でため息が出ました。
枯れ葉のシルエット
枯れ葉のシルエット: 夜明け前に少し気になって撮影した一枚。RAWで撮影したら後処理で 美しい色が出るかなと思ったら。とても上品な紫色が出てきて 嬉しかった。デジタル写真のなかには美し色彩が隠れている。
黎明の富士山
黎明の富士山:夜明け直前の富士山です。 もうちょっといたいのですが、今日は7時に食事して8時の新幹線で 上越までゆかないといけません。
撮影しやすい場所なのでまた来ます
10/27 静岡でお茶の花が咲きました
 お茶は白い可憐な花が咲きます。さらに実がなる。お茶は非常に 身近な農産品なんだけれど、あまりこんなことしらないのではないかと 思いましてブログに書きました。
可憐なお茶の花
可憐なお茶の花 可憐なお茶の花: お茶の花は中国の四川省方面の出身。つばき科の植物です。 どうりでわびすけや椿に花が似ているはず。
そういえばわびすけ、山茶花、椿などは冬の花ですよね。

朝日を浴びるお茶の花
朝日を浴びるお茶の花:この日はとても天気が良くて 日だまりの光が差し込んで、気持ちのよい写真撮影となった。
10/30 秋の昆虫とお茶の花
アリと茶の花
アリと茶の花:実はこの午後から天候が急速に崩れる予報だった。それで午前中に撮影に出た。天候の崩れる前には昆虫の 餌事活動が盛んになるような気がしている。この日もアリが無数に 茶の葉に群がっていた。
昆虫と茶の花
ブーン!:茶の花には花アブもきていました。
茶の実
茶の実: お茶の実は椿のような色をしていて、ほとんど同じ色。違うのは形で、 お茶の実は丸、椿は三角。そのためwikipediaを調べた結果、同族と判明。やっぱり。
緑茶の恋しい季節に茶の花は咲く
10月最後の講演紀行
 週末を挟んで、活動しています
10/29(土)埼玉ITC協会講演で、浦和へ
浦和
浦和でfacebook講演:ITC,すなわちITコーディネータという有資格者の協会からfacebookについて話をしてくれと依頼されて、 土曜日、浦和に行ってきました。大宮は住んだことがあるのですが 大宮と合併した浦和は初めてでした。牛タンを食べてから講演。 講演の後の懇親会もしっかり出て、6時58分浦和発の特急電車にのって 東京経由で静岡まで帰りました。
 日曜日は休みでした。
10/31(月)蒲郡市で2件コンサルティング
小林住建さんのWebコンサルティング
小林住建さんのWebコンサルティング:小林住建さんは 中古PCさんの高校の後輩らしいです。吉野さんにあこがれているようで Webのことについて相談を受けました。
純国産材、むく材を使った家造り
純国産材、むく材を使った家造り:とはいえ、 住宅建築のスタンスは純和風。彼の家をご案内頂、家の構造やら 細工やらを見せていただきました。ずいぶん、異なるものです。
ランチはひつまぶし
ランチはひつまぶし(やま六): ランチはやま六という店でひつまぶしをたべました。注文するときに 「ひまつぶし」といったのにひつまぶしが出てきました。美味しかったです。
GM社
㈱GMさんの相談:中古の木工機械をネットで売りたい。 そのページのリニューアルについての相談を受けました。 その場でどんどん作りこみを開始しました。
蒲郡はとてもよい天気でした、1年は速いです
静岡市駿府の夜明け
 甲府市から帰宅した翌日、天気がすごくよさそう。 富士山が撮影できるなと思い、午前5時10分に起床しました。
 最近は午前5時に起きればまだ真っ暗で、闇から立ち上がるマジックアワーが撮影できそうです。天気もよさそうなので、前日は午後10半に就寝しました。
駿府公園のマジックアワー
メタセコイアの朝焼け メタセコイアの朝焼け:メタセコイアが朝やけを背負って、すくっと立ち上がったかのような風情。今日の朝焼けは少し冷え込んだこともあって、鮮やかな色彩な印象である。

ポプラの枝ぶり: 駿府公園の中央部には、ポプラの巨木が多い。台風にも耐えて生き残った ポプラがまだ緑の葉を茂らせている。枝や葉の不思議な曲線に興味を持ち、300mmの望遠レンズで撮影した。 ポプラの枝ぶり

駿府公園、日の出前の風景
駿府公園、日の出前の風景: 色彩が赤みを帯びた色合いから、黄色みをオレンジ色に変化してきている。もうすぐ日の出が近い。
富士山の目覚め
富士山の目覚め: 夜明け直前の色彩は不可思議な魅力をまとい私の心をとらえ続けている。
 このあと、家に帰り30分ほど仮眠して、埼玉に講演の仕事ででかけました。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700 RAW
  • 天候 晴れ、時刻 AM5時30分~6時10分ころ
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Niikor 300mm VRF2.8 F14,ISO200,時刻によって異なります
色彩と影絵のマジックにとりつかれて
甲府市の夜明け
 仕事で甲府市にゆきました。手軽にゆけて富士山が撮影できる場所がいいなあと思いました。
 最近は午前5時に起きればまだ真っ暗で、闇から立ち上がるマジックアワーが撮影できそうです。天気もよさそうなので、前日は午後10半に就寝しました。
マジックアワー
朝まだき甲府市街と富士山
朝まだき甲府市街と富士山: まだ夜景の残る甲府盆地。でも空は少しずつ朝になろうとしている。 富士山はシルエットで山々の中から頭をのぞかせている。
 なぜ、主役であるべき富士山が画面の端にいるのか最後の写真で ご覧くださいね。
甲府盆地のマジックアワー
甲府盆地のマジックアワー: 撮影場所は甲府駅前にある舞鶴城。その高台にたって撮影です。
 舞鶴城に立ったときは西の空にオリオン座がくっきりと、そして 甲斐駒ケ岳の頂上には木星が見えていました。それが、十数分でこの色彩の変化。自然の営みと色彩の変化にはいつも驚かされます。
木立ち越しの富士山
木立ち越しの富士山: 少し城壁をくだり、木立の中から富士山を撮影してみました。
甲府盆地の夜明け

明けゆく盆地
明けゆく盆地: もうすぐ日の出です。まだ少し気温が高いのか少しもやっています。 でも、そこに朝日が当たると絵も言えぬ色彩が生まれ、とても 嬉しい気持ちになります。多分、この方角が東で、小林真理子先生や やおきのやっちゃん。樹脂加工ドットコムさんらがいる塩山や大月なのです。
NTTの鉄塔と富士山
NTTの鉄塔と富士山: 舞鶴城からの富士山撮影の唯一の欠点はこの鉄塔。人工物が多いのです。 また、ホテルでしょうか、水蒸気をあげています。毎回。これがなんとかならないのかなあと思っているのです。
 5時起きしたのですが、なんとこの時点で6時半。ホテルに帰って朝食を いただくことにします。
気持のよい朝を甲府市で迎えました
講演紀行 甲州シリーズ
 静岡県と山梨県。隣県ですが結構遠い。例えば静岡から特急冨士かわ号にのっても、甲府まで二時間10分。実はその身延線が、台風15号の影響で、線路が崩落。不通なのです。そこはそこ。仕事は仕事。
 アムロ!ゆきます!・・・て違った(笑い
10/27 天子養魚場(内船)
静岡駅で甘栗を買う
静岡駅で甘栗を買う: 土石流に埋まった青山さん養魚場。その救出に手を貸してくれた谷岡 甘栗をお土産にJR静岡駅から各駅停車に乗り込みます。ルートは
 本来ならば、内船(うつぶな)駅までは、特急ふじかわ号が動いて いれば1時間程度でつくはずですが今回はそうはイカのなんとやら。
  • =今回のルート=
  • 静岡駅→(在来線)冨士駅
  • 冨士駅→(身延線各駅)西富士宮
  • 西富士宮→(代行バス)内船

 ところがここで凡ミスを犯します。原因は前夜23時半に帰宅して、 その疲労が抜けていなかった。最初は日経誌を読んでいたのですが居眠りをして気がつくと冨士駅。でも、降車終了後のドアはすでにしまっています(汗;
 しかたがないので吉原駅まで乗って、吉原駅からタクシーで冨士駅まで バック。タクシーの運ちゃんのドライビングテクニックと裏道に助けられて12分で冨士駅へ。3分残しで身延線に乗れました。結果オーライです。
西富士宮駅からバスに乗る
西富士宮駅からバスに乗る: 午前11時25分に西富士宮着。こんなことがなかったらこの駅には降りなかったであろう。
 富士宮焼きそばを食べるかと思ったけど、そんなものがあるはずがなく。しかたなく駅目のコンビニでカップヌードルを0カロリーゼリーを 食べて代行バスに乗り込みます。
 あたりまえのことなんだけれど代行バスはすべての駅によります。 そして、同乗している車掌がそれぞれの駅を訪ねて人がいないか確認してから発車。
天子養魚場の青山さん
天子養魚場の青山さん:facebookの静岡の仲間の 皆様が食料を運びこんだり、川に逃げたアマゴをとり返しに来たり、 土石流にやられた養魚場を掘り返したりしてくれたので元気を 取り戻していらっしゃいました。
 「魚は5%しか取り返せなかったけれど、0ではないから」と青山さん。わんこの家は台風で倒壊。さらに車で甲府まで商工会の方に送ってもらったけれど、あちこちで線路が崩落していて、凄い状態でした。
甲府駅前、奥藤の鳥もつ煮定食
甲府駅前、奥藤の鳥もつ煮定食: 夕方の6時半にホテルにINして、夕食。鳥もつ煮が食べたくて名門奥藤へ。ちょうど蕎麦とのセットがあってラッキー。美味し。
10/28 ㈱内藤+丸山宝飾
㈱内藤のコンサルテーション
㈱内藤のコンサルテーション: Webのリニューアル計画なんだけれど、コンセプトが固まらない。 ジャガーさんは時折会議にでてくれるんだけれど大物だから、すぐに来客がきて外出する。でも、よかった、コンセプトが固まって。やっぱり 技能的にスタッフのよしむねさんで十分だけれど、経営者の存在は 大きいよね。
韮崎版、赤城食堂・みどりや食堂でランチ
みどりや食堂
みどりや食堂:みかけの通り、トラックの運ちゃん達御用達らしい。頼んでみたんだけれど、盛りが異様に多い。 上が相方の注文したラーメンライス。私は野菜炒めを頼んだが、盛りが多く。野菜は全部食べたが、ご飯は60%くらい残してギブアップ
 みんなラーメン食べているからご飯の盛りがわかんなかったのが敗因。 次に来るなら、半ライス小盛りで十分。
 釜無川と塩川が削った海岸段丘がある韮崎。にらの葉っぱの形をしているのでニラサキ。この上部に武田勝頼の最後の城である新府城がある。
10/28 丸山宝飾
ブルーの縞メノウ
ブルーの縞メノウ:実は球形ではなく サッカーボールのような刻みがある。これで複雑な光沢を出すのだ。
黒蝶貝
黒蝶貝:このレインボーを出すのに、光源を変化 させた。
丸山宝飾のちさちゃん 丸山宝飾のちさちゃん:昨晩到着したそうです。

部長曰く「到着した時と、今日では顔が違う。今日は顔が明確」
一同「笑い」

ちさちゃん「だって昨日、私はすっぴんだったんですよ~♪」

 かわいければなんでも許されるぅ~!

 こっちはfacebookページ作成支援だったんだけれど、それ用の写真撮りを始めたら商品が止まらなくなって(汗;


 ちさちゃんの写真も沢山撮らせてもらったんだけれど、普段見ないポーズがいいなあと思い。この見返り美人ポーズを。

話題はfacebookに
facebookで検索窓に「美人シリーズ」と打つと私の記事がでてきますが、その沢山ある記事の中でちさちゃんの写真が出てくる。
これは「いいね」の数が100近いからでしょうという結論。
  • =帰りのルート=
  • 甲府→(特急かいじ)八王子
  • 八王子→(横浜線)新横浜
  • 新横浜→(新幹線ひかり号)静岡
 5時半に甲府を出て、8時半に家にいました。家で食事ができたから それでいいのだ。
仕事の苦労はいずれむくわれるから、なんでもないのだ

東郷温泉の夜景

| コメント(36) | トラックバック(0)
東郷温泉夜景
 夜は、みなさんからのコメント読んだり、ブログコメントいただいた かたのブログを読みに行ったり、facebook対応している時間です。むろん、社長ですから部下からの報告やそのレポートに対する対応もしています。
  東郷湖と四つ手網の夜景
東郷温泉夜景、四つ手網: 東郷湖には四つ手網という文化あります。これで魚を撮るのだと思います。この網が国民宿舎の湖に面した庭にもありまして。それを夜な夜な撮影にゆきます。
 そこはそこ国民宿舎です。時間が来るとロビーから庭に出る 出口にも鍵をかけてしまいますので三脚を盛って怪しげに外に出ます。
 撮影中、外の様子を見に来た職員のおじさんにあいましたがあいさつなしで胡乱(うろん)なものをみるごとく去ってゆきます。さすが、公務員的対応有難うございます。
 ちなみに対岸の灯りは羽合温泉です。
東郷湖夜景
東郷湖夜景: なぜ、夕焼けを撮らずに夜景なのかといいますと。この日から3日間 まったく天気が悪くて、撮影にならず、かつ、この日はfacebook講座が 終わった後、コンサルの仕事が1件あったから夕焼けをとるひまもなかったというのが真実です。
 sugitatamiさんは、「いいもの食って、美人とあえていいなあ」と 慰めてくださいますが。どうしてどうして。自分は好きな商売だから続けられると思います。
鳥取県産のなし
 この日は、国民宿舎のご飯をいただき、風呂に入り、眠り、翌日朝ぶろを浴び、午前8時半にお迎えが来たので次の仕事に向かった次第です。写真は商工会で出していただいた鳥取県産の梨です。おいしゅうございました!

東郷湖、どの角度から撮影しても絵になると思います

鳥取の料理は美味しい
 今回の講演旅行では東郷温泉、羽合温泉の両温泉にとめて いただきました。それぞれの記録を書き留めておきます。
東郷温泉
国民宿舎水明荘のお料理
国民宿舎水明荘のお料理:1泊目が国民宿舎水明荘。 リーズナブルな価格で温泉がつかれて、このお料理。ただ大部屋の食堂で おとしよりの宴会?を聞きながらは少し風情がなかったかな。 ネットもないし、ハードも老朽化しているからちょっと経営的工夫がいるかも。
北栄町の長芋ランチ(in ねばりっ娘)
ランチの突き出し、長芋チップス
ランチの突き出し、長芋チップス: これがまたクリスビーで美味しかった。
トロロ定食ランチ
トロロ定食ランチ:豆腐ハンバーグをメインにして、 おなかはいっぱいになるし ダイエッタには最高のメニューでした。
羽合温泉
 広島県の人などは「俺、ハワイにいってきた」というシャレがあるくらい。無味無臭な癖のない泉質です。
羽合温泉、彩香
羽合温泉、彩香の夕飯: ビジネス仕様でとおっしゃっていましたが。結構、手が込んでいて おいしゅうございました。 さらには今年初めて松茸が食べられて良かったと思いました。
倉吉旬菜香
旬菜香(冷たい蕎麦)
旬菜香(暖かい蕎麦)
旬菜香(冷たい蕎麦と暖かい蕎麦): 蕎麦定食の蕎麦は2種類の中からチョイス。私だけ冷たい蕎麦。
鳥肉と魚が選べるおかず
鳥肉と魚が選べるおかず: ヘルシーな素材がチョイスされていてナイス!
アーク学院の美人の先生たちと
アーク学院の美人の先生たちとランチ: コンサルテーションと美人撮影のあとご一緒させていただきました。
食は文化だし健康だと思う(どれがお好みですか?)
鳥取県、facebook普及の旅
 鳥取県、羽合(はあい)温泉からオーダーがかかりまして。facebook普及の仕事を させていただきに行ってきました。
10/24 講座開講
羽合温泉のfacebook講座 羽合温泉のfacebook講座: 倉吉の講座から、坂田氏(写真 中右)が来てくれました。彼はfacebookのお友達で デジタル一眼レフ研究会の優秀メンバーです。Nikon D200を操り、商品撮影してカラービーンズという韓国子供服をネットで売っています。
10/25 いちご農家のむらかみファームコンサルティング
10/25 むらかみファームさん: 静岡のサギサカさんのご紹介のいちご農家、むらかみファームさんのホームページ構築支援をさせていただくことになりました。
 12月に再度、訪問することを約束してお別れしました。ご縁がありました。ありがとうございます。
むらかみファームさん

鳥取は梨の産地です
鳥取は梨の産地です: 鳥取は梨の産地です。商工会でごちそうになりました。ありがとうございます。 むらかみさんの支援のお次はfacebook講座の2日目です。
10/26 英語に強い学習塾アーク学院とfacebook講座
英語に強い倉吉のアーク学院
アーク学院の美人講師たち: アーク学院の先生たちは校長先生(左上)をはじめ。Webマスターの三木先生(左上) をはじめとして美人ぞろいです、その上に、スリランカから来た先生を含めて撮影を 依頼されました。
 アーク学院のホームページも素晴らしいものができてきました。三木先生お疲れ様です。
アーク学院の上野さん
アーク学院の上野さん:上野さんは校長先生の旦那様。むろんアーク学院の講師をされていますが、司法書士さんでもあります。すごいですね。
10/26 facebook講座を終えて
倉吉市の夕焼け
倉吉市の夕焼け:3日間のfacebook講座を終えて倉吉市に送っていただきました。鳥取、姫路、名古屋経由で帰ります。帰り着くのは午後11時半ころ。全体的に3日間天気が悪かったのですが、帰りになるときに皮肉にも天気が良くなりました。
鳥取の方々、ありがとうございます
アサギマダラの飛翔を撮りたい
 目的のアサギマダラも撮影できた。 しかも数年撮影できなかったアサギマダラを 今年は2回も撮影できた。残るは・・・
フジバカマとアサギマダラ
フジバカマとアサギマダラ: フジバカマの花の中に埋もれるアサギマダラ。 栄養を蓄えて、長い旅にでる準備をしている。
アサギマダラの開翔
アサギマダラの開翔: 蜜を吸い、深呼吸をするように開翔する。 それを定期的に繰り返す 。いつも思うんだけれど、この蝶を見るとステンドグラスを思い出すのです。

アサギマダラの飛翔
アサギマダラの飛翔(山門飛ぶ)
アサギマダラの飛翔(山門飛ぶ): 寺院の山門。その入り口に植えられたフジバカマ その周囲を周回するように飛ぶアサギマダラ。
アサギマダラの飛翔(花から花へ)
アサギマダラの飛翔(花から花へ): アサギマダラの飛翔。花から花へ。
アサギマダタラの飛翔、開翔(正面)
アサギマダタラの飛翔、開翔(正面) :真横の飛翔は撮れた。そして次は 正面。やっと撮れました。有難う。
男たちの休日
丸子路の秋
丸子路の秋: 丸子路の秋は深まっていて、大きな柿の木が が民家の庭でたわわに実を実らせていた。
駿河匠の里の、大鯛焼き
駿河匠の里の、大鯛焼き: 撮影するとおなかがすきます。もう3時半 だけど駿河匠の里で大鯛焼き屋によりました。 ちなみに左下のジャンボ鯛焼きは500円、 大鯛焼きは200円です。
大鯛焼きを食べる
大鯛焼きを食べる: 大鯛焼き、K田さんはすべて食べたけれど、 私は半分しか食べられなかった(残りは 翌日鳥取出張の際の朝食となりました)。 朝早かったので、家の朝食を食べられなかった からです。
 K田さんと もう一つ別の撮影を企画するものも結果として 果たせず。でもよかったです。
有難うK田さん。良い休日でした
静岡丸子に舞う、アサギマダラ
 静岡市でアサギマダラが撮影できるなんて 知りませんでした。facebookで教えていただき いってみました。
 発見情報が2週間前でしたので不安でしたが facebook仲間の溶射屋さんの部下のK田さんと 行ってきました。
静岡市丸子で撮影できるアサギマダラ
静岡市駿河区丸子泉ケ谷で観察できる アサギマダラ:まだまだいてくれて有難う 。アサギマダラの好きなフジバカマの花を目安に 発見できました。
フジバカマを吸蜜するアサギマダラ フジバカマを吸蜜するアサギマダラ: 以前も書きましたがアサギマダラは、旅をする蝶です。 恐らくそのリスクもデカく、途中で鳥に襲われる ケースも多いでしょう。
 そのためアルカロイドという毒を持つ、フジバカマの花の蜜を大量に吸って 鳥が食べると鳥が中毒するようになっているのです。私たち ウォッチャーはだから、フジバカマを探せば アサギマダラに会う確率が高い。
 この地域では、アサギマダラを呼ぶために フジバカマを育てているのです。

アサギマダラ 幻想
アサギマダラ幻想
アサギマダラ幻想:逆光でフジバカマごしに撮影した一枚、ことのほか、露出オーバーの結果、やわらかな雰囲気となって快感。

アサギマダラの吸蜜
アサギマダラの吸蜜:アサギマダラが真剣かつ貪欲にフジバカマの蜜を吸う。これも野生の本能か。

アサギマダラの開翔
アサギマダラの開翔:青空バックの開翔。とっても気持ちが良い。ステンドグラスみたいだ。

ケータイ撮影するK田氏
ケータイ撮影するK田氏:「暇なら撮影にゆかない?」とfacebookメッセージで連絡したら「カメラないけどいいっすか?」と聴いてこられました。そういいながら、結構上手に撮影できたみたい。でも、撮影しまくって、なんとバッテリー切れに陥りそうになっとか、お疲れ様です。

アサギマダラのいる静岡市丸子路
アサギマダラのいる東海道丸子宿:丸子宿はかつての東海道にあります。その宿を蝶によって盛り上げようという運動があります。
その運動に賛同します。

明日は面白い写真をお見せいたします。


私の体はパスタと鰻でできているのか?
 昼ごはんが最近外食が多くなります。その場合、ランチのタイミング 、相方の好み、体調、店の開閉などの理由によって、なぜか偏ることになります。10/17~10/22のランチ一斉公開。
10/17 熱海市Rosa Roseのパスタ
熱海市Rosa Roseのパスタ
大葉と小エビのパスタ:他の二人の方がミートソースにゆくのをしり目に。軽めのパスタをチョイス。
パスタセットのサラダとデザートおよびコーヒー
パスタセットのサラダとデザートおよびコーヒー: Rosa Roseは、熱海駅の北にあり、MOA美術館に向かう途中にあります。 平日だと1250円くらいだすとこの水準のランチが食べられます。
10/17 家でいただいたデザート furu fullのデザート
furu fullのデザート
御殿場furu fullのデザート(ライティングして撮影しました):TVに取り上げられた有名店らしい。 そのショップが静岡市内の我が家の町内にできたCENOVAという商業複合施設 のなかに開店、普通は買うことができないほどの人気らしいが、家人がゲットしたらしい。食べさせてもらう。う~ん、見た目はきれいで味付けは薄味。 むろん美味しいですが、ただ、並ぶほどかなあというのが感想。cenovaでも凄い行列。ファンの方すみません。おっさんの感想です。
10/18 静岡市清水区のRomeoのパスタランチ
ロメオのパスタ
ロメオのパスタランチ:パスタは桜エビの パスタです。やはりあっさりめであることと、桜エビが他の方の ブログコメントに書きやすいかなと思ったので注文です。
ロメオのテーブル
ロメオのテーブル: 高級感のある雰囲気、パティオ(中庭)の開放的空間が特徴。
パスタランチにデザートを加えて、1260円
パスタランチにデザートを加えて、1260円: だったと思います。コーヒーはさらに有料です。
10/19 多治見、鰻の澤中
多治見、鰻の澤忠
多治見、鰻の澤中:どうも、岐阜県は鰻の名店が多いらしい。澤中、楽しみです。
うな丼
多治見、鰻の澤忠の鰻丼:美味しかった。 味付けは静岡県人ごのみの甘から風。ごちそう様です。
10/20 豊橋のパスタランチ
豊橋のパスタランチ
豊橋のパスタランチ:豊橋はなぜかパスタのお店が 多い。ただ、このときは、ビジネスの話ばっかりで味を覚えていません。 明るく楽しい話をしてくれるとありがたいなあ。
10/21は車中でおにぎりとサラダ、お茶でした。
10/22 3度目の鰻丼(嬉しい)
鰻丼
鰻丼:群馬伊勢崎市の地元の川魚の名店からの 配達のようです。ありがとうございます。4度目で恐縮されていましたが 鰻丼は美味しいので大好きです。有難うございます
日本人は多分、幸せなんだろうなあ。とか、考えました

秋分から寒露

| コメント(44) | トラックバック(0)
秋分から寒露へ
 日本には24の季節があるといわれておりまして秋分(9月23日) から寒露(10月8日)へ移り変わる風景を撮影しました。
中秋の名月
中秋の名月
小中秋の名月:facebookで「月が今夜はきれいだよ 」という情報を得て。三脚、テレコン、カメラ、サンニッパをもって 撮影に出ました。少しトリミングしました。
うす曇りの初島
初島
初島:熱海に仕事で行きました。高台の仕事場から、 撮影しました。
暮色
秋の夕暮れ
秋の夕暮れ:岐阜県多治見市に出張した時の 夕暮れです。
豊橋の夕焼け
豊橋の夕焼け: 箱屋さんちにお邪魔したとき撮影しました。
美しい日本の四季
10/18~10/23 講演紀行
 講演あり、コンサルテーションあり。中部地方を駆け回る。
10/18 清水から瀬戸市へ
 清水区でコンサルテーションを1件行ってから、瀬戸市へ移動です。
瀬戸市商工会議所、経営革新塾
瀬戸市商工会議所、経営革新塾: 1本新幹線を乗り過ごしてしまった。でも、何とかリカバリ、 講座15分前に到着。セーフ。ご迷惑おかけしました。
瀬戸市商工会議所、経営革新塾の様子
瀬戸市商工会議所、経営革新塾の様子:講座の内容はSEOです。久し振りにSEOを語るような気がします。
勘違いされることは、私がSEOを否定しているようなことを言われる方がいますが間違いですよ。
 しつこいくらい講座の中で、「SEOやWebとfacebookは共存すべき」と述べていますから。そういう方は、人の話をよく聞かないで、一部の発言だけ、切り取って聞きとがめてきます。
 何も考えていないようですが、私はちゃんと考えて発言しているし、講座も組み立てていますから。良く人の話を聞いてね。

夕暮れの中の大曽根駅、講座の様子、その後、受講生に誘われて中華料理屋で夕食。
10/18 瀬戸市から多治見市へ
 瀬戸市から環状鉄道を完全乗車(完乗)して高蔵寺駅へ。 そこで中央線に乗り換えて多治見へ。
瀬戸市駅
愛知環状鉄道瀬戸市駅は快晴なり: 雲ひとつない快晴の中、今日も2つの仕事をいただいています。
株式会社ワールドゴルフサークルエイト
株式会社ワールドゴルフサークルエイト :facebookページの構築作業でお邪魔しました。
 今般、facebookページ構築の新しい方法を見つけました。 このほうほうを使えば,facebookページに複数のページを もたせることが可能です。
 サイト上部にある、「和食」というグローバルナビや サイト下部にある「B級グルメ」をクリックしてください。次の ページに飛べます。
多治見市笠原商工会におけるfacebook、Web戦略セミナー
多治見市笠原商工会におけるfacebook、Web戦略セミナー:中津川、恵那から仲間が駆けつけてくださって、 笠原の方々とも名刺交換されるなど有意義な講座となりました。 facebook内部での勉強会の会員もぐっと増えて。これから希望が持てる 展開となります。
10/19 豊橋市で2件のfacebookコンサルテーション
ウッドデッキ専門店 サイプレスMiyaby
ウッドデッキ専門店 サイプレスMiyaby: 建築設計士の方がネットショップを運営されていて、サイプラス(豪州ヒノキ)を売っておられます。そのfacebookページのご支援でした。
猫に嫌われる
檜山家のにゃんこ: かわいいので撮影しました。でも、シャッター音が嫌いな見たいで、 「フー」とか「シャー」とかいって逃げようとします。
箱屋さんちにお邪魔する
気のいい箱屋さんちのfacebook支援
気のいい箱屋さんちのfacebook支援:箱屋さんお忙しいようです。なんでも有名企業からまた仕事をゲットしたそうで、 素晴らしいことです。おめでとうございます
 奥様に「鬼まんじゅう」という芋菓子をごちそうになりました。 妻にも土産を頂きうれしいことです。

10/21 群馬県伊勢崎市での仕事
伊勢崎市役所での会議
伊勢崎市役所での会議:あるプロジェクトが動き始めました。手始めは合意の形成です。久し振りに大きな仕事の可能性。大構想が必要となります。

10/22 群馬県伊勢崎市でのコンサルテーション
細谷パウダー様コンサルティング
1件目の企業さんは、本年2個目のサイト構築の構想、戦略、事業分野の絞り込み、キーワード、ニーズの調査などを3時間で行いました。

パソコンスクールのコンサルテーション
二件目はパソコンスクールのリニューアル計画、facebookページの充実のお話でした。実際のパソコンスクールの生徒さんがいる様子が見れて良かったなあ

静岡県、岐阜県、愛知県、群馬県の方有難うございます



静岡市、清水区 出口豆腐を訪ねて
 一件、熱海でコンサルティングの仕事を終えて、静岡市 清水区へJR清水駅からバスに乗ってお邪魔します。
清水港街
清水港街
清水次郎長ゆかりの街:清水次郎長は清水港を 港湾として発展させた貢献者です。そのゆかりの地に今日のクライアントがいます。
出口豆腐
出口豆腐:私にコンサルタントとして仕事をくれたのが静岡県豆腐商工組合。その関連の企業からコンサルティング依頼は とても懐かしくうれしい。
 製造業然とした豆腐屋も好きですが、こういった、家内制手工業的 現場も大好き。わくわくします。
出口さん 出口さん: 今回のミッションは彼が行う豆腐の引き売りを、Webの観点から支援すること。Web開発とfacebookでの支援をご希望だったのですが、支援日数の都合で、今回はWeb開発の傾注することに。
 とにもかくにも一生懸命生きておられる方に。Webで幸せを。 それが私の信念です。

やっこになったもめん豆腐
やっこになったもめん豆腐:説得力のある Webにするためには、良質な写真素材が必要。Web開発の作業を進めて いただく合間を縫って、商品撮影を行います。
おから
おから: ここ数日、おからを食べ続けていたので、正直少し飽きていました。 ただ、このおからを食べてびっくり。美味しいのです。ちょっと感動でした。
油揚げ、もちあげシーン: 油揚げを焼く前と後の撮影を済ませました。
 その後で、刻みネギと生姜を調達していただき。箸による 持ち上げシーンです。このあと、いただいてみましたが 大変美味しかった。ぜひ、多くの方の、この美味しさをしっていただきたいです。
油揚げ、もちあげシーン
ドライビング漫画 イニシャルDの主人公も豆腐屋だったような気がするが・・・
頑張れ、出口豆腐
赤城山 陰影
 ある宮崎のベテランアマチュア写真家から「加藤先生、 写真は光と影、そしてタイミングだよ。」と教えていただきました。有難うございます。
 
赤城山陰影I
赤城山陰影I:白樺の黄葉がみれる牧場を俯瞰して。 以前、東山魁夷の日本画を間近に見たことがある。そこで、学び得たことは、暗部(すなわち暗い部分)を塗りつぶすのはなく、細密に書き込む描写力。風景写真を漫然と撮影するのではなく、細密に描き切る写真が撮りたいと常日頃考えている。


赤城山の陰影II
赤城山陰影II:快晴の中、時折流れる雲が 急ぎ足でとおりすぎてゆく、雲が流れるとき、複雑な陰影が 創造される。 そのタイミングを逃さずシャッターを切る。

赤城山のような大きな風景の場合、どこを切り取るのかが作画づくりのポイントになる。後は光と影、その発生するタイミングだ。

  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D300 RAW
  • 天候 快晴、時刻 AM11時10分
  • 三脚ベルボン
  • Niikor 105mm VRF2.8 F11,ISO200,1/250,F16
幸運に感謝!
紅葉の赤城山II
ドウダンツツジ
ドウダンツツジ
ドウダンツツジの紅葉:ドウダンツツジの赤い色。この色を何に例えてゆけばよいのだろうか
白樺、青空、ドウダンツツジ 白樺、青空、ドウダンツツジ: 白樺、青空は見事な相性。そこに補色の赤を加えて、 色彩的コントラストは高くなる。すっきりとした青空 なんて気持ちが良いのだろうか。

ふと見上げた空に雲があった: なんて、気持ちよい空。ふと見上げた空。そこには黄葉した 白樺と青空、時折流れる雲があった。 ふと見上げた空に雲があった

色彩の多彩
山々のいろどり
山々のいろどり: 雨天の後、山々は競うがごとくにいろどりはじめた。
日本画のような紅葉を創造したくて
日本画のような紅葉を創造したくて:若いころから日本画にあこがれていた。どうやったら、そんな風景写真が撮影できるのか。少し近づけたかもしれない、そんな気分のした作品。
 風景写真もつきつめると大変難しい。
創意工夫の毎日です
紅葉の赤城山にいってきました。
 赤城山の挑戦はこれで3度目です。一度目は3年前。このときは寒すぎて、風が強くさらに紅葉は終了している状態でみなさん失意のうちに退散しました。
 二度目は2010年サミット終了後。 快晴に恵まれましたが、残念ながら、紅葉には早すぎました。
 さて、今回はどうでしょうか。
覚満淵
覚満淵
覚満淵、草紅葉:雑草が茶色になり紅葉見頃な風景を"くさもみじ"といいます。偶然でしょうが最高のコンディションにぶつかりました。ついています。
赤城山の紅葉
赤城山の紅葉: 赤城山の紅葉はいまが盛りでした。快晴の空に赤、白樺の白と黄色などの色彩が踊ります。

山頂の色どり
赤城山山頂のいろどり:午前の斜光に輝きを増した紅葉たちが饒舌に会話を始めた。

赤城山・小沼
紅葉の小道をゆく
紅葉の小道をゆく:紅葉の小道をゆくご夫婦。いいですね。日がな一日仕事がなければ散策を楽しみたいところです。
赤城山小沼の紅葉
紅赤城山小沼の紅葉:赤城山の小沼は紅葉の ピークでした。これで風さえなければきれいな写りこみが 撮影できたかもしれないですね。
 通常、早朝は風はないものですが、この日は早朝は雨でした。
落ち葉
赤城山の紅葉の落ち葉
赤城山の紅葉の落ち葉:小さな空間に落ち葉がありました。ほのかな木漏れ日がきれいな朝でした。 。
もう少し続きます

伊勢崎市の秋祭りとライトアップ撮影
 仕事の後に伊勢崎市の秋祭りを撮影してきました。
伊勢崎市の燈華会(とうかえ)ライトアップ 伊勢崎市の秋祭り燈華会(とうかえ)ライトアップ: 夜の帳が下りてきて、灯りがともると何やら幻想的な雰囲気になってきます。一度会場につきましたが、やはり三脚がいるという ことになり、駐車場まで引き返しました。
 僧兵さんはいい人ですでに、三脚を2つご用意してくださっていて、そのうちいい三脚をわざわざ貸してくださったのです。 有難うございます。
踊る阿呆にみる阿呆
阿波踊りの集団
阿波踊りの集団:しばらくライトアップを 撮影していると、何やら音がして阿波踊りを踊る集団が現れました。
踊る阿呆にみる阿呆: 踊る阿呆にみる阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損という感じ。 確かに髪の毛が汗にほつれて、恍惚とした表情。踊るときの 気持ちってこんなんかなあ。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D300 jpeg
  • 手持ち
  • Niikor 35mm F2 F5.6,ISO1600
  • 内蔵ストロボ発光
正直ストロボ発光はあまりやらないので、何が正解なのか、 よくわかりません。
踊る阿呆にみる阿呆

祭りの人
祭りの人:ストロボ発光しても動態ぶれしたり。また、人が邪魔でおもった構図が撮れない。そこで思い切り 下に潜り込んで手持ちで一発ストロボ発光。
祭りの終りに
撮影する子
撮影する子: 踊りが終わりカメラマンが引くと、そこに静かだけれども 暖かい空間が残った。小さな子供が駆け寄ってコンパクトデジカメで一生懸命ライトアップを撮影している。
祭りの後は・・・
B級グルメを堪能する旅
 仕事をさせていただきながら、色々な方とお会いして 話をさせていただきながら、食事を共にする。人生の喜びです。
20食限定の鶏から揚げランチ
新豊田駅近くの道楽の20食限定の鶏からあげランチ
新豊田駅近くの道楽の20食限定の鶏からあげランチ:愛知というと味噌煮込みうどんですが、実はふつうの冷うどんはすきなのですが煮込み系うどんはまあ普通という程度。だから、ちょっと危険な20食限定の道楽という店の鶏から ランチ。750円。ご飯を小として、衣はずしの術。
瀬戸市駅前の居酒屋のネギチャーハン
瀬戸市駅前の居酒屋のネギチャーハン: 瀬戸市の講演を午後9時に終えて、ホテルにチェックインしたのち隣の居酒屋にて。
おかずは冷ややっこ
おかずは冷ややっこ: おかずは冷ややっこ。夜遅くだから腹を満たせばよし。 低カロリー食品で吉野流。
トルコランチでランチ

若松旅館のトルコランチ
伊勢崎市若松旅館のトルコラライスランチ: 前橋の米岡さん、僧兵さん、ぽてちよさんと合流してB級グルメ探訪、結構お年寄りたちががっつりいっていました。高カロリーなので全部ゆきませんでした。ごめん。

伊勢崎市といえば赤城食堂

赤城食堂のデミオムライス
赤城食堂のデミオムライス: 伊勢崎市赤堀といえば赤城食堂。今日はデミオムライスに挑戦です。本当はキャベツラーメンを食べる予定が急きょ変更。 多分、赤城山での早朝撮影で体力を使ったからかな。
チキンカツランチ 僧兵さんは・・・: チキンカツ定食です。ソースをダボダボかけて召し上がります。 後で、ぽてちよさんから、赤城食堂にいるなら誘ってくれれば よかったのにといわれました(汗;
 次、お誘いします。ごめんね
見て楽しむ、食べて楽しむ
おかげ様の講演紀行
 色々な方のおかげで、事業仕訳の中も仕事をもらえていまして 楽しく仕事をしながら全国を回らせてもらっています。
10/11 桃林堂さんの商品開発と販路開拓支援
大井川で商品開発支援
大井川で商品開発支援:味噌饅頭で定評のある大井川の桃林堂さんが経営革新申請がとおり、新製品のトマレーヌができあがってきました。そこで、この商品について 他の方にも意見を聞いてみようと思い。facebookでノートを書いたら40分で20件近い意見が寄せられました。 現在のコメント数は86件です。桃林堂さん(左上)も商工会さん (右上)も皆さんに感謝していました。
10/12 蒲郡商工会議所でWebセミナー
中古パソコン屋さんにお会いしてきました
中古パソコン屋さんにお会いしてきました: 前回は日程の合わなかった方も参加できて、少しずつ人数が そろってきました。お忙しい中有難うございます。
10/13 駒ケ根商工会議所でfacebookセミナー
駒ケ根商工会議所でfacebookセミナー
駒ケ根でfacebookセミナー:参加者が70人になりました。人口が少ないのに蒲郡の5倍以上集まりました。 最初はパソコンやWeb専門家らしい方のやたら細かい質問が。経営に役立つfacebookが気に入らないのかもしれません。
 しかし、他の受講者から「早く、前に進みましょう」との 合図がありました。
 そこで、経営理念やイノベーション(自己変革)の話を 吉野さんや溶射屋さんを事例にとって話しました。経営者らしき方々がウンウンとうなづいているのがわかります
 ITの専門家がつまらなそうな顔をしています。でもいいんです。経営に役立つfacebookですから。講座のあと、多くの友達申請と名刺交換を受けました。有難うございます。
 このあと、甲府経由、八王子経由で静岡に帰るルートをたどります。(甲府→静岡間は身延線が線路崩落で普通)しかし、 八王子近くで人身事故が。おかげで帰宅が1時間も遅れました。
10/14~16 2泊3日間のコンサルテーション旅行へ
豊田商工会議所でWebセミナー
10/14 豊田商工会議所でWebセミナー: 豊田商工会議所でWebセミナを担当させていただきました。セミナー参加者は少なかった。 でも、その分だけ受講生とコミュニケーションがとれてよかったです。主催者は一生懸命努力されています。愛知県では、まだ少し危機感が足りないのかもしれない。
 この日、豊田の講演でとてもうれしかったのは昨年の経営革新塾で、Webを構築された方は「Webをみてお客様がいらっしゃいます(ホテル業)」とのことで嬉しい成果報告となりました。
瀬戸市商工会で経営革新塾
瀬戸市商工会で経営革新塾:豊田市での講座終了後電車に乗って瀬戸市にゆこうとしたら、主催者から いきなり延長の質問コーナー。やばかったです。しかも質問多数
 なんとかクリアできて、瀬戸市へ、こちらは大盛り上がり。 積極的な方々が当初から前向きな質問多数。うれしいです。 この日は瀬戸市で泊まりました
10/15 群馬を目指す移動
ドトールのモーニングセット
ドトールのモーニングセット:瀬戸市から 名古屋に出て、そこからのぞみ号。ドトールで購入したモーニングセットにコンビニの中華サラダとデザートのヨーグルト
 吉野さんなみの朝食だと思いますが、facebookに書き込むと ヘビーだとのコメント。良く理解できず(笑い。
10/15~16  群馬伊勢崎商工会facebook支援
おもちゃの撮影 
コドモトさんの支援です。おもちゃを撮影。天気が悪く雨の日であったこと、蛍光灯の走査線が変なノイズや周波数を出すので、蛍光灯を使わず撮影せざるを得なくて、照明は使ったが光量不足。しかも、おもちゃが動いている写真がご希望だったのでNikon D300でISO感度2000撮影。シャッター速度は1/2000くらいだったと思います。
動くおもちゃの撮影
少しノイズが出ましたね。

新しいfacebookページの開発技法を講座改善して ご提供申し上げています。
facebook支援の最中の団子に差し入れが
facebook支援の最中の団子に差し入れが: ぽてちよさんとあべさんのfacebook支援中に餡団子の差し入れがありました。
お茶目な僧兵さん 僧兵さんもお茶目さんです 新しいfacebookページはfacebookページの中でいくつでも ページ数をふやせます。これから支援に入る企業さんには この手法をご提供させていただきたく思っております。

今日は、ぽてちよさんと、阿部さんの支援要請を依頼されました。二人は仲がいいので、お互いの時間もご一緒でいたのがほほえましいです。ありがとうございます。支援要請は随時お受けしております。お近くの商工会議所、商工会まで。
facebookを含めて世の中進化しておりますぞ

学び舎キッズ♪ハロウィーンチャリティパーティに行ってきました
 facebook友達の国見さんに頼まれて、カメラマンとして出動です。 国見さんは「ポピンズ英語教室」という英語教室を開催されていて、数年前の、私が静岡商工会議所で講師させていただいた創業塾の塾生です。
 学び舎キッズ♪ハロウィーンチャリティパーティは、勉強やイベントだけでなく、東日本大震災の被災者への寄付といった社会的意義もあります。
10/10 静岡市市民文化会館 3Fに集合せよ
ハローウィンパーティ
ハローウィンパーティ: 英語教室をベースにしたハローウィンパーティ。被写体として 初めてです。でも、楽しそうな雰囲気(※撮影ポリシをご覧下さい)
ハローウィンパーティの子供たち
ハローウィンパーティの子供たち:撮影ポリシー。
  • =写真撮影と掲載の前提条件=
  • 事前にスタッフの方から撮影してほしい子(OKなこ)とそうでない子を教えてもらいました
  • 後ろ姿はOKとのいうこと、全体写真もOKとのことでした

スタッフの方々
英語教室の先生方もコスプレで
英語教室の先生方もコスプレで: ハローウィンパーティですからみなさん、思い思いの工夫で 魔女等のコスプレです。
グッズの販売やアクセサリー作成教室
グッズの販売やアクセサリー作成教室も
グッズの販売やアクセサリー作成教室: 意外に暗い環境で光りものもあって、三脚が大活躍でした。 ただ、マクロレンズをもってこなかったのが失敗。APSのD300に 35mmを装着して標準レンズとして利用して撮影です。
クラフトワーク教室
クラフトワーク教室:クラフトワークは 4チームに分かれて、ペイティング、皮細工、ビーズ加工、 羽毛加工などに一生懸命取り組んでいました。
体で覚える英語教室
英語で遊ぼう
英語で遊ぼう:クイズを出したり、体をつかったり創意工夫があって子供も大喜びです。
学ぶことの楽しさを体感できる教室でした
飛翔旅団・アサギマダラ
 伊良湖岬というと鷹渡りだけかと思ったらさにあらず、飛翔旅団・旅する蝶であるアサギマダラの旅の中継地だったようです。 無知とは恐ろしいものです。25年前くらいからこの地に通いながら知らなかった。
 アサギマダラは、フィリピンや台湾から集団で飛んでくる 日本に飛んでくると大分の無人島に上陸し、日本中の高山に分かれてゆく
それが秋口に平地に下りてくる。そして、また旅立つ。 好きな花は藤袴(写真の白い花)、次がアザミ。 11月前半まで撮影のチャンスがあります
情報の共有化のためのタグ
アサギマダラ、発見のタグつき
アサギマダラ、発見のタグつき: アサギマダラの研究者あちこちにいて、自分がアサギマダラを つかまえると、鉛筆でどこでいつ発見したのかを書き込み、次の人に伝えます。こうやってアサギマダラの飛行ルートが 解明されていったのです。
アサギマダラの雌雄
アサギマダラの雌雄:アサギマダラのメスは 地味な茶色をしています。オスは上が黒の網模様、下が浅黄色 まるでステンドグラスのようですね。
藤袴とアサギマダラ
 アサギマダラはなぜかフジバカマの花が大好き。蜜を吸っているときは逃げません。ゆっくりと撮影できます。
アサギマダラは藤袴大好き
アサギマダラは藤袴大好き:facebookに アサギマダラを投稿してみると、意外な方が教えてくださいました。アサギマダラにはアルカロイド系の神経毒がある。 どうやら、アサギマダラは鳥に食べられないように毒を集めているようですね。恐れ入りました。
開翔
アサギマダラ開翔
アサギマダラ開翔: 蝶撮影の醍醐味は蝶の飛翔シーンと開翔シーンの撮影。 すこに木漏れ日が落ちてきて嬉しい撮影となりました。
アサギマダラ乱舞
アサギマダラ乱舞: アサギマダラこんなに沢山いる場所はみたことがありません。普通は一羽ずつ。鈴なりの上に、乱舞のような状態になるなんて
 実は鷹を撮影しているときから、アサギマダラが風に追われるようにときおり飛んできて。撮影したいなあと思っていたのでした。そんなとき、隣のグループの方がアサギマダラの話をされて、群舞する場所を教えてくださいました。
場所を教えてくださった方に感謝です。有難う
伊良湖岬の鷹渡り
 伊良湖岬というと「遠き島より♪」という歌が有名です。 そのほかに生物学的にいうと鷹渡りの好適地。
 鷹渡りというのは日本に春立ち寄った鷹たちが、日本中から、 9月後半~10月前半に伊良湖岬に集結し、上昇気流を捕まえて 高度を稼ぎ、一気に鹿児島佐多岬、沖縄、石垣島、台湾と東南アジアまで渡ってゆく行為をいいます。
ノスリ
ノスリ
ノスリ: ノスリは比較的ポピュラーな猛禽類(ワシタカ+フクロウ)。 背中は茶色いけれど、裏側は白い。白い羽の中に「ノ」の字に 近い黒い斑紋がる。これで簡単に見分けがつく。 大きさは54cmでトビより少し小さい。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D300 jpeg
  • 天候 晴れ、時刻 AM10時46分 快晴
  • 三脚ベルボン 645→手持ち
  • Niikor 300mm VRF2.8 F9,ISO400,1/250
  • 手ぶれ補正モードON、マニュアルフォーカス
  • 以下、2枚はノートリミング

ノスリゆく
ノスリゆく:ノスリがマイペースで渡ってゆきます
  • =トビとタカの見分け方=
  • トビは尻尾がVの字に内側に切れ込んでいる
  • 鷹は尻尾が丸く扇側になっている。
  • トビは羽に白い模様が目立つ
  • トビは大きく。羽の裏面が黒くみえる。
ハヤブサ
 伊良湖岬の鷹渡りといえば「ハチクマ」と「サシバ」が常連だったのですがこの日撮影できたのはこれ以外のもの。特にハヤブサは数年ぶりにみました。10年ぶりくらい。
ハヤブサ
逍遥と風吹く岬の先端をハヤブサが行く秋の青空:ハヤブサはすいすい飛んでゆくので捕まえるのが難しい。 このときもまるで高空の風をつかまえて滑空しているようだった。 (これもノートリミングです)
  • =タカとハヤブサの仲間の見分け方=
  • 鷹は羽の先端が比較的厚みがあり、5本指のようにわかれている
  • ハヤブサは羽の先端がとがっていて、鎌のような形をしている
  • ハヤブサの仲間は皆目が大きく、モミアゲというか武士がホオアテ をしているような感じ
  • トビは大きく。羽の裏面が黒くみえる。
モビング
ハイタカを攻撃するカラス
ハイタカを攻撃するカラス: カラスなどが天敵である鷹を集団で攻撃することをモビングといいます。モビング(Mobbing)は心理学の用語で、人間にあてはめるとストーカによる嫌がらせ攻撃みたいのがモビングです。生物学的には擬攻撃というそうです。
この日も多勢に無勢で追われているたかが沢山いました。 ハイタカは小さいタカで、尾羽に鷹らしい横筋の模様があります。これは1km以上ある山頂を海岸から撮影したもので、少し トリミングしてあります。
ハイタカを攻撃するカラス
ハイタカを攻撃するカラス: 撮影しているときは必至なので、鳥を識別している余裕はありませんが、ゆっくり家に帰ってからモニタでみていると鳥の特徴が良く出ている部分があり、ある程度識別可能です。
  • =ツミとハイタカの見分け方=
  • ほとんど同じだが・・・
  • ハイタカは顔の色が明るく、ツミは暗い
  • 幼鳥はハイタカはのどに複数本、ツミは1本の線がある
帽子をなくしたパンツ屋さん 帽子をなくしたパンツ屋さん: 食事を終えたパンツ屋さんが「車のキーがない」「帽子もないぞ」とおっしゃいます。鍵がないとピンチ。でも、車のカギはすぐ 見つかりました。
 ところが、麻でできた帽子がありません。パンツ屋さんは あちこち探しまわるのですが出てこない。どうしたのでしょうか。ちょっと不思議な出来事でした。

鷹渡りについて
 とにかく青空ばかりを見上げていました。午前8時から12時くらいまで。鳥に関心のない方は「何を物好きな」と思われるかもしれません。

 でも、鷹渡りは俳句の季語になってなっています「鷹渡る」が正しく、晩秋の季語です。以前の日本人は鷹が渡ってゆくのを見て秋をしみじみと感じたのだと思います。

 ブログには鳥が嫌いな方、興味のない方もいらっしゃいますが、そのような方は俳句や歳時記の観点でご理解いただければと存じます。

有難うございます。

「母さん、あの鷹たちはどこにいったのでしょうか。そう、晩秋の伊良湖岬で飛んで行った鷹ですよ。青空に映えていましたね。とても良い天気でした。」
明日の最終回は、ちょっとしたサプライズがあったことの ご報告を
伊良湖岬巡り
 昔「岬めぐり」という歌がはやりましたが、 男5人で岬めぐりしてきました。
浜松駅に6時30分に集合せよ
パンツ屋さんと伊良湖岬にいってきました
パンツ屋さんと伊良湖岬にいってきました: この日は流星群の日でしたが、5時半に準備をしないと 6時2分の新幹線に乗れないので、断念。勝負を伊良湖岬に 絞ることに。6時半に集合して診断士の豊田先生と3人でパンツ屋号で伊良湖岬を目指します。写真はM税理士とパンツ屋さん。 パンツ屋さんにこのあと事件が発生します。注目は彼の頭です!

天気は快晴、空には航空機が舞っています
気は快晴、空には航空機が舞っています: 海沿いの国道を信号なしでゆきました。 everyday カチューシャの歌詞のような展開です
 浜松から車で1時間超でつきました。午前8時15分着です。
伊良湖岬の海岸線で遊ぶ家族
伊良湖岬の海岸線で遊ぶ家族: 楽しそうな家族連れや恋人たち、そして釣り人。しかし、われわれはおっさんだけです。
豊田先生と伴さん
豊田先生と中古パソコン屋さん: 中古パソコン屋はちょうど反対の蒲郡からお越し。箱屋さんは 「望遠レンズがないからパス」。僧兵さんはご家庭の事情で 断念でした。
 車中、AKB48の話題になりました。意外だったのが豊田先生 (お嫁さん募集中)。AKB48について私と同じくらいの知識があり驚きです。
 さて、流星群をパスした作戦は吉と出るか凶とでるか。 勝負勝負です。
超望遠レンズの方々
超望遠レンズの方々: この時期、伊良湖岬はこのような武装集団でにぎわっておりまして私たちが到着した時も駐車場の通路に望遠レンズ軍団がはみ出ておりました。 この写真のレンズはおそらく600mmのレンズをはめています。ボディはNikon派なのでAPSのD300でしょう。Nikon派ならD300しかないはずですから。レンズはおそらく・・・

カリカリ、大アサリ丼
カリカリ、大アサリ丼: 880円でまずまずでした。これ以外のましなメニューは1000オーバー。ちなみにパンツ屋さん以外の方はコレ!
大アサリとエビがカリカリのフライドされてうましでした。
パンツ屋さんは1,575円の大エビフライ(名古屋弁でエビフリャー)ははずれだったので、がっかりされていました。
実はこの大アサリ丼、TV局に取り上げられたとかいてありましたが思うにこれはTV局とこの萬八屋さんとのタイアップ商品とみました。それなら外れなしとみたのが正解。
汐川干潟による
イソシギ
イソシギ: 今度は私が大失敗。干潟の撮影は干潮でなくてはいけないのに ほぼ満潮時にご案内。それでもカワセミを3度見れて、イソシギを撮影できたのは幸便でした。
小さな猛禽、モズ
小さな猛禽、モズ:帰り際モズが電線にいました。なにか虫を食べていた様子(足に昆虫を持っている)。しばらく逃げなかったのでラッキーでした。モズと赤モズの違いはおなかのマーク。うろこ模様がモズ。白いのが赤モズです。
さあ、男たちの旅の始まりです、何を見て、何を撮ったのか
鳥取の美味い酒と群馬のB級グルメ対決
先攻 鳥取の美味し酒と肴
鳥取でしゃぶしゃぶで有名、たくみ割烹


鳥取でしゃぶしゃぶで有名、たくみ割烹: ものすごく高いと聞いていたのですが、一緒のかきちゃん がいう店だから間違いなしと入りました(笑い;
かきちゃんの金額見ないで注文する攻撃炸裂!
かきちゃんの金額見ないで注文する攻撃炸裂!:日本酒は満天星、これをガンガンゆく。仲居さんも ノリのよい方で、お勧め上手、やばい。
 かきちゃん曰く「同じ職場のみなさんだと、申し訳なくて」とかいいながら日本酒飲みながら、さりげに注文をいれる(w。
エッジのたったおつくり>
エッジのたったおつくり:新鮮な もさエビ、鳥取名物白いか、エッジのたった鰹、はまち、すずき がまいう。
唯一大失敗だった珍味盛り合わせ
唯一後悔だった珍味盛り合わせ: うまい店だからあえていうと、珍味盛り合わせを頼んだがの後悔。左上の鳥取名物豆腐ちくわは普通。左下のスイカの漬物、 鳥取名物のラッキョウ、スルメの麹漬けは絶品です。 課題は右下のこのわた、カニのウチコとソトコ。まずいとはいいません。食べられます。
 しかし、海原雄山だったら間違いなく「店主を出せ」といったかも。だって、季節外れのものなんだもの。何度も言います、まずくない。でも一流店だからね。
  • =珍味盛り合わせ評価=
  • 豆腐ちくわ △
  • スイカの漬物、鳥取名物のラッキョウ ○
  • スルメの麹漬け ◎
  • カニのウチコとソトコ ×(かにのシーズは多分別)
  • いかとオキアミ △
 いかとオキアミに関しては静岡県人に出したのが失敗。 なぜならって?このブログを読んでる読者の皆さんはわかっているよね。
しゃぶしゃぶ、最高級(鳥取県産和牛)
しゃぶしゃぶ、最高級(鳥取県産和牛): そこで、かきちゃん、あわてたかしゃぶしゃぶ、最高級(鳥取県産和牛)を金額見ないで注文攻撃~♪。
 最高級でした。サシの入り方見てもわかります。5枚しか ありませんでした。多分、1枚がお札くらいの価値をもつと 思います(笑い
 ただ、おもったこと。ダイエットしていると脂肪に微妙に 体が反応するんだ。これ以上食べちゃあいけないって。美味だえけれど2枚が限度。ちょうどよい。ごちそう様です。 うまいですよ、間違いなく。


後攻 伊勢崎市のカラオケ宴会
 ハーベストホテルの2階でカラオケ宴会。いつものパターンです。この日は、facebookでチェックインしたら、facebookの画面に社長から「いらっしゃいませ、このたびは有難うございます」だって。
栗ちゃん新曲に挑戦
フライングゲット
フライングゲット:飛翔入手であります。 このときはAKB48の整形疑惑について意見交換?していました。
上州牛バーガー1,050円
上州牛バーガー
2個別注: 1,050円で200gあります。2個注文して、一個派カット、一個は カットせず。1個を4人でわけます。
ちーさん
ちーさん
道具屋ちーさん:アンルイスの六本木純情と 山本リンダの狙い撃ちが定番。
 このほか、タムザイル(田村+Exile)なども上手だった。
僧兵さん
僧兵さんはブルーハーツと沢田研二
伊勢崎のジュリーといわれる僧兵さん。歌声はまさにそっくり。
若、湘南の風を歌う
若、湘南乃風を歌う: 睡蓮歌。初めて聞いたけれど面白い曲でした。
くりちゃんと若のデュエット、桜
くりちゃんと若のデュエット、桜: 本当に上手ですね。
  • =私の歌った曲=
  • everyday カチューシャ AKB48
  • 野菜シスターズ AKB48
  • メモリーグラス 堀江淳
  • One Night Carnival 氣志團
 伊勢崎市のかたに圧倒されました。
さあ、どっち
ランチ考
 こういう仕事をしていると。昼飯を外食、しかも、その日の クライアントとご一緒ということが多々あります。その時間が有益であれば相互にメリットがあると思います。
三島商工会議所、ランチ
ちらし寿司
ちらし寿司:三島、沼津、焼津という町は だいたい何を食べても美味い町だと思っています。ちらし寿司は 創業塾の講師弁当でした。税理士の先生と会話しながら いただきました。
再び寿司ランチ
木仙人さんらと寿司ランチ
木仙人さんらと寿司ランチ:よくあることです。たまたま再び寿司ランチとなりました。
 私は寿司が大好きなんのでOK牧場。新しい事業プランも 希望が持てる内容なので、楽しく会話がはずみます。
寿司定食
寿司定食:これにうどん、漬物、 茶碗蒸しなどがついて1,050円でした。
上越でのMUさんとのランチ
メギスフライ定食
上越名物、メギスフライ定食: むろん、もっと低カロリーナ選択しもありましたが、 上越ときたらメギスフライでしょう。これに煮物などがつきます。1,050円だったかな。さくっとしていて美味しいですよ。
Riz Rizのデザート
 Muさんの事務所に出かける前にデザートの仕込みとか言って、 Riz Rizというショップにでかけました。どうやら、facebookやブログもやっていないみたい。もったいないね。
RIz Rizのスイーツ
Riz Rizのスイーツ: 秋とあってカボチャのプリンをチョイス。 正解でした。器も送り返したら娘たちも喜んでくれました。
 このあと、深夜の移動でした。大雨の東京駅に到着。大丸地下のステーキ弁当1500円を値引き1000円で購入、ホテルで 食します。
パンツ屋とのランチ
デニーズの100%ビーフハンバーグステーキ
デニーズの100%ビーフハンバーグステーキ: デニーズにようこそ、とかいいながら、男3人で入店し、 ウェイターにオムライスを推められながら、あえて違うものを頼む3人でした。
スイーツも食べる3人
スイーツも食べる3人:他のお二人は M税理士がデミの煮込みハンバーグステーキ。パンツ屋さんは サラダを別注、ハンバーグカレーでした。さらに、ガンガン注文を促すパンツ屋さん。「スイーツも食いませんか?」 ときたので、ぶどうスイーツを追加。甘すぎずに美味しかった。
ごちそう様です
足利散歩
 足利商工会議所のfacebook講座の講師をさせていただいて おります。おかげさまで無事最終回を迎えたのですが、 お弁当を食べてから13時のコンサルティングまで50分近く 時間があったし、久し振りの好転なのでカメラをもって 散歩に出ました
鑁阿寺 (ばんなじ)
鑁阿寺 (ばんなじ)
鑁阿寺 (ばんなじ)を訪ねて: ご存じのとおり、足利は足利将軍家と密接な関係がある町。 足利家の菩提寺ともいえる鑁阿寺は歴史的古刹としてしられています。
お濠のコイとカルガモ
お濠のコイとカルガモ: 私が訪ねて行った日は本当に快晴で、その昼下がりのんびりと カルガモお堀りに浮かんでいました。
 ちなみに、足利尊氏のライバルである同じ源氏の新田義貞は隣の太田市新田の出身。色々歴史を見ていると源氏というのは武家の棟梁だけに一子相伝。よって、身内で殺し合う文化を盛っていまして、新田義貞と足利高氏の激闘は歴史教科書に載っています。ちなみに足利高氏は天下を取ると弟の直義、部下の高師直(こうのもろなお)を見殺しにしております。ハイ!
 さらに語ると、敗れた新田義貞のひ孫が千葉の里見家の祖となります。これがのちの「南総里見八犬伝」の舞台になるというのはご愛嬌。
あいだみつをの愛した街、足利
あいだみつをの愛した街、足利: 例の「だって人間なんだもの」のみっちゃんもこの足利出身でして、 以前、私のIT支援した麺割烹「なかがわ」は元旅館で、売れないころのみっちゃんを住まわせていました。そのかいあって、 「なかがわ」の店内にはあいだみつをの真筆がぞろりとございます。
足利学校
 わすれてはならないのが足利学校です
足利学校
足利学校: 足利学校は日本最古の学校といわれて、戦国期にあっては軍師 を育てていたなどとする説もあるようです。入館にはお金が 必要です。
高氏ストリート
尊氏ストリート: ぐるりと1周30分くらいです。D700+85mm1本勝負。 足利市内歴史探訪でした
歴史と文化の町、足利をお手軽に楽しむ

カテゴリ

ウェブページ

links