2012年4月アーカイブ

芝川、内房さくらまつりに行ってみる
 facebookで知り合った方が異様に富士山情報に詳しい。 その方が芝川、内房さくらまつりをやっていて、富士山が見られるよと 情報が入りました
 でも、この日は午前10時ころから晴なのに富士山は雲の中、どうやって 撮影したのでしょうか。でも、静岡から富士山が見えるようなので勇気を奮い起して午後1時半から出発してみました。良い電車がないので 特急券をなかでかうことにして身延線富士川号に飛び乗ります。 冨士川号を富士駅で捨てて、在来線へ。
芝川
 芝川町は富士宮市に合併されてしまいました。ここまでが静岡県でここから先が山梨県です。
芝川からみる富士山
芝川からみる富士山: 富士駅から西富士宮駅にいたるまで、富士山は雲の中。大変不安でした。 でも、西富士宮駅で甲府行きのローカル線に乗り換えて(身延線は 富士←→西富士宮駅間は便が多い)みてわかりました。
 この日は静岡県のうち、富士山が見えるのは静岡市と芝川だけ だったのです。(山梨県では見える)他の地区の状況を知っているだけに これは驚きです。こんなこともあるのですね。
桜の窓からの富士山
桜の窓からの富士山: 駅から内房地区は随分遠く25分くらいあるきました。電車が1時間後だからのろのろ撮影はできません。ちゃっちゃと構図を決めて、バシッ!
桜と菜の花と富士山 桜と菜の花と富士山: もうちょっと早く勇気を持って出ていれば、菜の花にも光が回っていて、 祭りの野点や軽トラック市にも参加できたのに残念です。でも、 まずまず。これでよしとします。
芝川発見
芝川の土手の道を行く
芝川の土手の道を行く: 帰り道です。冨士川にそそぐ稲瀬川の堤の上の道。正面には富士山が 雪をたたえています。 溶射屋さんがいたら「気持ちがいいなあ」といったことでしょう。
 帰りの身延線はハイキングの人、身延山の桜見物の人で満員でした。 私の訪ねた内房地区はどうやらたけのこの産地らしいです。
たけのこを買ってかえりました。
あなどれない回転寿司ごえもん
 父母に日ごろからの世話になっているお礼をしたくて食事会を 開催しました。でも、この日は静岡まつり初日とあってホテルバイキングは予約でいっぱい。そこでちょっと豪華な回転寿司「ごえもん」に しました。
 「ごえもん」は運が良いと、大間のまぐろが食べられる回転寿司屋です。
静岡特産のメニューを注文する
桜エビの軍艦
桜エビの軍艦: twinsさんや木仙人さんらがお好みの桜エビ軍艦。このチクチクがいいんですよね。
ホンマグロの赤身
ホンマグロの赤身: 今日のお勧めを頼んでしまいした。ここの仕入れは焼津小川港が中心だそうです。
お寿司の数々
生しらすなどの寿司料理
生しらすなどの寿司料理:生シラスだけでなく、鰺なども静岡の特産といえるでしょうね。
サーモンいくら
サーモンいくら:6人で行って、 妻はウニなどを食べて、あさり汁飲んで、全員デザートをたべて11,000円 でした。
これでは地元の寿司屋で廃業する店が出るはずです。
父母に喜んでもらえたのが嬉しかったです
富士宮市興徳寺のしだれ桜と富士山
 富士宮市興徳寺のしだれ桜と富士山が見ごろとネットで出ていました。 ネットはありがたいですね。実はこの「興徳寺のしだれ桜と富士山」は 3年前に挑戦して完敗だった場所。ひそかにリベンジねらっていました。
 朝食を食べて、東海道線、身延線と乗り継ぐ旅を実行に移します。
興徳寺のしだれ桜と富士山
富士宮市興徳寺のしだれ桜と富士山
しだれ桜と富士山:西富士宮からタクシーを飛ばして 下柚子の興徳寺へ、しかし、その間、どんどん雲が富士山を巻いて かなり危機的状況でした。でも、現場で20分くらい待つと 山頂の雲が全部どいてくれて念願の撮影となりました。富士山撮影は だから難しい。
興徳寺の桜と富士山
興徳寺の桜と富士山:この撮影ができたのも 興徳寺の和尚さんのおかげです。この和尚さんブログを書いていて、 そのなかで「挨拶してくれない人がいる」と書いてありました。 和尚さんを見つけたら絶対挨拶するぞ!と思っていたら、いらっしゃったので「こんにちは!有難うございます」といいました。これも溶射屋さんのおかげです。
興徳寺に咲くタンポポ
興徳寺に咲くタンポポ:ここにつどう方々は皆、プロ級の方々。後で参上したので、挨拶しまくりでした。でも、おかげで 譲り合って撮影ができました。さすがに上手い人はこころがけが違うと思いました。有難うございます。
しだれ桜 しだれ桜: この小さな花が無数に集団となって、富士山をいろどる額縁に なるのですね。あらためて感慨にひたりました。 しかし、こうしている間に、雲はどんどん増えてゆき、たった一度の チャンスを残して冨士山は雲の中に再び隠れてゆくのでした。

しだれ桜
興徳寺にしだれ桜:もともと興徳寺 は有名な撮影場所ではなかった。でも、そのしだれ桜と富士山の美しさが 口コミで広がり、今では写真雑誌に載るくらい有名な場所になりました。
 実はこの日は興徳寺に来るプランでなかった。でも、第一プランの富士市内で撮影し、午後は曇り予報だから退散するつもりでいたのです 。しかし、富士市内に雲が回ったのでその雲のかからない方向で富士宮をとっさに選択したのでした。他にも同じことを考えた方がかなりいて。同様に 選択は正解でした。
※予断
 実はプロ級の方々、フィルムカメラや三脚、脚立をもっているのは 常識として、デジタルの機種はD700が多かった。CANON 1Dや5Dもちらほらだったが、Nikon D700が多かった。他の撮影現場では あまり見ない現象でした。
興徳寺にしだれ桜と富士山。まだまだ写真には改善の余地がありそうです
谷津山から見る富士山と桜
2012年4月16日 早朝、静岡市の谷津山に登りました。狙いはこの写真。でも、快晴なのに富士山だけくものなかです。まあ、こんなことは実はよくあるから驚かないけれど、会社で仕事をしていたら、富士山が顔を出したで昼休みに撮影にゆきました。桜もちょうど満開でした。

富士山と桜
富士山と満開の桜:上の写真が35mm広角で、下の写真が105mm望遠レンズで撮影した画像です。

この場所は春先い居場所なのですが、富士山が少し前山に隠れる点が難点です。桜は申し分ありません

山桜
山桜:ソメイヨシノにまじってヤマザクラも咲き誇っていました。山桜の特徴は花と葉が同時にでるという点です。

谷津山から見る駿河湾
谷津山頂上から見る駿河湾:青い海と空が綺麗。桜も満開だし。海の向こうには伊豆半島が見える。

往復1時間の旅

事務所で社長業していました。
 4月になりました。4月第一週はコンサルティングや講演の仕事が 入りにくいので、講演の新しい企画を考えて提案させていただいたり していました。
 そんな中、1週間で数件のすこぶるCMSの契約が入ったりして、 まずまずの感触でした。

エンゼルブーケ
エンゼルブーケさん エンゼルブーケさんエンゼルブーケさんのHPをすこぶるCMSで作らせていただきました。社長様のお写真は私が撮影しました。ご紹介はfacebookのお仲間です。
 つながりますね。HPの 仕上がりも、お写真ご満足いただけたようで嬉しいです

 社長様は、お見合いに関する著書も出版されていて私も読みました。 男性はやはり見た目を改善した方がいい事例があるそうです。女性は 太りすぎがよくないなんてことが書いてありました。

 facebookの効果はすこぶるCMSの受注へ出てきている。また、 講演の考え方をHPに更新して、facebookにUPしたところ、直接問い合わせが2つほど入るなど嬉しい限りです。だから、この時期やるべきことをして 客を待つ寿司屋の心境です(笑い

facebook友達のいわもとさん
いわもとゆうじさん: facebookのお仲間が訪ねてきてくださいました。現在はフィナンシャル プランナーのお仕事をされているそうです。
 いわもとさんは、静岡銀行のSEだった方で、早期に退職されて、 新しい道にまい進されています。このケースは仕事の話ではなく、 お互いに、肝胆相照らすという感じの会談でした。
 仕事の流れのゆっくりしたなかで、こういう方とじっくりお会いできることはいいことだと思います。
いわもとゆうじさん

健康の推進
健康の推進: 仕事を待つあいだ、ダイエットも重要ですけれども、運動もしようと桜の撮影かたがた山に登ったり、駿府公園を早朝野鳥の撮影に歩いています。
 軽く食事をして運動もする。そして仕事では新しい授業パターンを考えて企画書を書きながら頭を整理する。その間、部下はすこぶるCMSを売ったり。HPを制作納品する。そんな毎日です。 自分はfacebookで人間の信頼関係を作り、仕事が来たら部下に引き渡し邪魔をしないようにしています。
 経理をお願いしている父にも言われているのですが、皆さまの応援によって、当社が変わろうとしている。講演から実業へ少しずつの努力です。応援してくださっている皆さん、どうも有難うございます。

 この桜は、自分でたおったものではなく。風でおちた枝をコップに さして楽しんでいるものです。

オリオン座と桜
オリオン座と桜:桜と星の写真、桜と富士山の写真をとりたくて。一日に山を何回も登ってしまいます。 静岡の空はやはり明るすぎて、思うようには撮れませんでした。

健康であることを感謝して、新しい年度に備えます
基本的に、少人数で静かにしゃべりながら飲むのが好きです。強そうに見えますが下戸ですし、社交的に見える反面、内向的な側面もあります。だから、100人以上が集うオフ会にはでないと決めています。
しかし、高校の友人に勧められたグループの雰囲気が気に入って、でることにしました。
ベンガルキッチンのメンバー
ベンガルキッチン:静岡で外食をあまりしないので、場所を知らなかった。ネットで調べたら住所が間違っていて迷子になりました(汗;
なんとかスマホに助けられて会場に。経営者は日本人(左上)なんですが、外国人のスタッフがスパイスを決めています。
本格派インド料理
本格化派インド料理:タンドリーチキンやラッシー、カリーなどもあります。
サフランライスとカリー
サフランライスとカリー:基本的に日本人向けの調整はあまり行われておらず、そのまんまのインド料理がでてきます。
最後に出てきたカリーです。
谷岡甘栗さん
谷岡甘栗さん:最初は11人くらいだったのですが、10時半ころから谷岡甘栗さんとさしの話になりました。かれが、まじめに語りかけてくるので、全部対応すべきだと思い対処していたら午前0時を回りました。午前様で飲んだのは久しぶりです。

友人の前田くんほか
左上が友人の前田くんです:中学3年だけ高校受験の塾に通いました。そのときの同期が前田くん。高校も倶楽部も一緒。彼は今、前田園という繁盛店のお茶屋さんを経営されていて、葵っこ焼きというスイーツを流行らせています。
左中は浜松の公園管理者の飯田さん。以前、パンツ屋さんとバードウォッチングに尋ねた時に、お会いした方です。

濃い皆さん
この会に出てびっくりしたのは、すごい濃いメンバーだということ。l彼らに比べたら、私などは草食系そのものといっても過言ではないでしょう。
楽しく飲み食い出来ました。たまにはいいものです



4月3日に春の嵐が吹き荒れました。翌朝は快晴です。
そこで朝食を食べ終わった後に、静岡市にある浅間神社裏手の賤機山の桜を撮影に行きました。

賤機山の桜は無事だった
賤機山の桜は無事だった
嵐の後のぬける青空とピンク色の桜:どうやら、賤機山の桜は無事だったようです。桜の開花の初期段階だったのが散らずに済んだ原因かもしれません。

賤機山頂上付近から俯瞰する富士山と菜の花 :この日の空は快晴。富士山は頭にちょこんと雲を乗せた状態。菜の花は満開、桜はそうだなあ、3分咲き~5分咲きくらい。

週末には見ごろを迎えることでしょう。そうしたら、もう一度来てみることにしよう。

眼下(右下)のピンクは城北公園(元静岡大学跡地)の桜です。

昨年の週末は曇り空で富士山が見えずに残念な思いをして下山したことを覚えています。今年こそは晴れて欲しいな。

この日の風は南西の風。ちょうど寒冷前線が通過した後だからそうなるんだよね。

以前、中学生のとき天気図を書いていたけれど、だんだん思い出してきた。
賤機山頂上付近から俯瞰する富士山と菜の花


今後の開花が楽しみです
今後の開花が楽しみな桜の大枝と富士山:日曜日あたりに満開を迎えそうな桜の大枝と富士山。写真をやっていると楽しみが増えます。

嵐に耐えた桜の花に感謝

嵐の前の静けさ
 4月3日は最初快晴だったのにだんだん雲が多くなって。明日は嵐がくるという。台風並みだとか。そうだとすると夜景を撮影するのは今夜がいいかなと思い。散歩のついでにカメラと三脚を持って外に出ました。
駿府城春のライトアップ
駿府城春のライトアップ: 昨年は震災や計画停電の影響で中止されたライトアップ。今年は復活です。何より、私が好きなのは、水面への写りこみ。
 先客にカップルがいたのですが、三脚を持ったおじさんがやってくるのでそそくさと姿を消しました。
 目のよい方は気付くでしょうが左下にカルガモが2羽います。
駿府城公園西門
駿府城公園西門の桜: この門を写す私の背後に次女の高校がある。人はなぜ桜見ると近寄って 撮影したくなるものだろうか。
春のおぼろ月夜に
春のおぼろ月夜
春のおぼろ月夜: サクラたわわに咲き誇る中、半月に近い月が昇る。
春のおぼろ月夜にそぞろあるく
4/1 富士市の桜と富士山 =潤井川龍巌淵=
 富士市の真ん中を流れている潤井川、その潤井川龍巌淵にいってみました。自分の予測では、もう少し後に桜が咲いているだろうから、そのときにとってやろうと。つまり下見のつもりで・・・
龍巌淵
龍巌淵は桜が咲き誇っていた
龍巌淵は桜が咲き誇っていた:予想は嬉しくもはずれ。なんと龍巌淵は桜が満開とは言わないまでも7分咲きくらい。これなら 撮影しても何らん問題もありません。
 潤井川龍巌淵を撮影は何回も経験していますので、撮影ポイント1を まずカメラに収めます。ここは電線が見えるので、電線をいれないことが ポイントです。
龍巌淵に咲き誇る桜
潤井川、龍願淵の桜:ここ(ポジション2)の撮影の心得は、早朝は右(東)から日が出るので桜が陰になりNG。だからこの時間(10時前)くらいが最適。また、画面左すぐに鉄塔がありますから、それを入れないようにフレーミングします。
 それにしてもいつきても美しくボリューム感のある桜です。水辺に近いのも珍しく嬉しい。ここは橋の上。車1台通るのがやっとですから、三脚を立て流れも、周囲に気を使いながらの撮影です。
潤井川、龍願淵の桜

潤井川の流れと富士山および桜 潤井川の流れと富士山および桜: 橋で対岸に渡り、その土手をくだっての風景。潤井側に足を少し現れながら三脚を立てます。
ローアングルから富士山を狙っています。ここでの注意は左の鉄塔もさることながら、右手の桜の隙間から住宅がみえるので、その部分を フレームから外しての撮影です。Nikon D700はファインダー視野率が 100%でないので、枠外の風景が写りこむことがまれにあり、注意を 払います。

菜の花と桜、そして潤井側の流れ:川面の見える風景 も大好きなんですけれども、折からの春の強風にゆれる菜の花がありました。
 この場所、先ほどから1人のカメラマンがいついて同じシーンを何回も。しかもレンズを交換したりレリーズをとりだしたりとくふうして撮影してます。粘り強いものです。自分は1か所は数枚とっておしまいです。
菜の花と桜、そして潤井側の流れ

 やはりカメラマンというのは現場に足を運ばないとラッキーはないですね。先ほどのポルシェもきていました。やはりいい場所は皆、知っているのです。
富士山と桜、別の場所からも挑戦したいです。
4/1 富士市の桜と富士山をめぐる
 静岡からも富士山が見えますが、駿河湾越しの富士山を 見ることになるので遠く、かすんでみえます。特に3月はそう。 その点、富士市は富士山のおひざ元ゆえ有利ということです。
広見公園
広見公園からの富士山
広見公園からの富士山:広見公園はこの日桜まつりの日だったらしく屋台やらステージやらが設置されていました。そこで、 曾比奈の撮影直後8時30分~9時ころに撮影を行いました。 写真の右下に富士山が見えます。

 この後、潤井川龍巌淵を撮影しました。これは後日出します。

岩本山
岩本山の白梅と富士山
岩本山からの富士山と梅: 岩本山は少し標高が高いらしく曾比奈と同様梅が残っていました。 すでに岩本山は観光コースになっているらしく、団体旅行者のバッチをつけたカメラマンが一生懸命撮影していました。
岩本山からの富士山と桜
岩本山からの富士山と桜:岩本山の傾斜地の桜はこれからでしょう。 唯一咲いていた桜と富士山で構図を作りました。
ミツバツツジ:ミツバツツジは紫色した 小さな山ツツジです。本州ですと、軽井沢とか、八ヶ岳山麓は ゴールデンウィークに見る花。静岡ではこれが終盤にきています。
前回、岩本山で撮影したミツバツツジは既に散っており、新しい木に 花をつけていました。でもこれも今週末で終わりのような気がします。
ミツバツツジ

サンヨンを持参した防災トイレ店長 サンヨンを持参した防災トイレ店長: 富士山撮影なのに、防災トイレ店長は、なんとサンヨン(Nikon 300mm F4) という高級な純正レンズを持ってきていました。確かに、 小さい子供がいるとサンヨンは持ち出す機会がないかもしれないですね。
あれ、富士山を狙っていないぞ。何を狙っているんでしょうか。

メジロと寒緋桜
メジロと寒緋桜:花の撮影をしていると、ピピピと メジロの声がします。見渡すと、メジロが寒緋桜に戯れていました。
防災トイレ店長からサンヨンをお借りして私も撮影しました。いいわあ、 純正レンズ。軽いし、ピントも早い。

岩本山 和雅屋で食事
 撮影をしていると。歩き回ったり、重い機材を背負っていたり、 目をつかって撮影するので猛烈に体力を使います。そのため、おなかの減るのも早い。
 そこで、防災トイレ店長推奨の和雅屋へ。和雅屋は、 岩本山の中腹にあるロッジ風の食堂で、富士山も見えます。
和雅屋の焼き豚丼
和雅屋の焼き豚丼:1,050円です。オムライスも心惹かれましたが、それよりもカロリーが低く。どこにでもあるメニューでないのが良いです。
和雅屋の焼き豚入りチャーハン
和雅屋の焼き豚入りチャーハン:これは防災トイレ店長のオーダーです。こっちもおいしそうです。
雁堤
富士市、雁堤の桜と富士山: 毎年撮影にきている雁堤。でも、ここはちょっと早すぎました。
また、ここが5件目でここにいたるまでに午後になっていました。 さすがに4月になって、午後の富士山は厳しい。なぜなら、雲が次から 次に湧いて出て頂上を覆ってゆきます。しかし、1時間粘った結果、 なんとか頂上と左の稜線は写すことができました。
 このあたりに富士山撮影の難しさがあります。
富士市、雁堤の桜と富士山

  • =撮影記録 2011.04.01=
  • 富士市 曽比奈 レ
  • 富士市 広見公園
  • 富士市 潤井川龍巌淵
  • 富士市 岩本山
  • 富士市 雁堤
防災トイレ店長との凸凹旅、まだ続きます
4/1 富士市で桜と富士山を狙う
 今まで、本やネットを駆使して富士山情報を収集していました。 でも、最近、facebookで富士山ポイントを一生懸命発信している方に 出会いました。静岡からは分からない富士市の情報をリアルに入手できる ようになり、桜や梅の開花情報の入手できるようになったため撮影が有利になりました。
日曜日は快晴予報
 前日土曜日は春の嵐。でも夕方には晴れ間がのぞいて富士山が見えていました。日曜日は勝負です!
ソメイヨシノ
ソメイヨシノ:これは富士市広見公園で撮影したソメイヨシノ。4月1日は東京でも開花宣言がでて、寒かったけれどとても快晴で富士山びよりです。
 今日のパートナーは防災トイレ店長です。本当は奥様、双子ちゃん、乳児がご参加予定が、双子ちゃんの片割れのリコちゃんが風邪ひきで結局、 おやじ二人旅となりました。春は富士山が雲に隠れやすくなるので、7時半にJR富士駅北口に集合となりました。
本命は曽比奈(そびな)
曾比奈の梅林
曾比奈の梅林: 富士市は結構標高差の激しい都市です。富士駅から車で20分くらいの 場所に、比奈という地区があり。 「そこに梅林があることは、前年の 日本茶と富士山の撮影のときにロケ半してあった」と防災トイレ店長。提案者は私であったはずですが、彼の記憶力に脱帽です。
 それにしても下界で桜の時期に梅が残っているなんてラッキーはつむじ風。
 先客がいました。なんと熊谷ナンバーのポルシェ、得物は6*7(ロクナナ=プロ風景写真家用のフィルム大型カメラ)。
  • =会話=
  • ポルシェマン「フィルムとデジタルを比較してみれば、フィルムです」
  • 彼が去ったあと
  • 伯爵「どんな人なんだろうね、わざわざ埼玉から来るなんて」
  • 防災とトイレ店長「あの断定的口調はお医者さんでは?」

曾比奈の梅林と富士山
雄々しく立つ:ロクヨンカメラマンのいうとおり 撮影した1枚。
防災トイレ店長との凸凹旅、はじまります

静岡の桜。

| コメント(36) | トラックバック(0)
静岡の桜
 3/26開花宣言を受けて静岡の桜は加速し始めました。
駿府公園の早朝
駿府公園からの富士山
駿府公園からの富士山: きれいな富士山が簡単に見れる場所。駿府公園富士見広場。 わんこの散歩の方が楽しそうに会話していました。
アーモンドの花咲く
アーモンドの花咲く: 少し濃厚な色彩。梅にしては華やか。不思議な花です。
静岡市の基準木の桜咲く
静岡市の基準木の桜咲く:29日には満開でした。
駿府公園の夜
月、木星、金星の一直線
月、木星、金星の一直線:は前日の出張で逃しましたが、少し歪んだ直線で勘弁を
月、木星、金星の一直線と桜
月、木星、金星の一直線と桜: 桜も入れて撮影してみました。
一加番神社と桜 一加番神社と夜桜:私が立ち止まって三脚で撮影していると人が桜と気がつくが、ぼんやり歩いている人は気がつかないことが 多い。

お堀の桜が咲きました

お堀の桜が咲きました:基準木が咲くと、 次にお堀の桜が咲き始めます。咲き始めの桜の可憐な姿が好きです。
散る桜もある
散る桜もある: 満開の桜の足元で散る桜もあります。
まだ桜、楽しめそうです
年度末最後の遠征
 年度が押し迫って、講演の依頼を受けて京丹後市の手前の福知山市 商工会にいってきました。
3/26 福知山市商工会facebook講座
講師弁当
講師弁当: ここの講師弁当は純和風で好きです。
 寒ブリ、イチゴ、高野豆腐、煮物、ふき味噌なんて ヘルシーなんでしょうか。
福知山商工会facebook講座
福知山商工会facebook講座: 14人なんだけれど熱意は負けません。
3/27 診断と講演
翌朝の福知山駅前の風景
翌朝の福知山駅前の風景: 福知山は朝方霧に包まれます。霧が明けると駅前の風景が見えます。 遠くには福知山城が。明智光秀善政の地といわれています。
平野グループの農産品
平野グループの農産品:ホテルを午前中に追い出されるので、福知山市商工会の夜久野支所へ。福知山市商工会は 福知山市に編入合併された地区の商工会ゆえ、地続きがなく3か所飛び地 となっております。
 その夜久野(やくの)地区(兵庫県和田山の隣)で農産品を製造して いる平野グループのネット戦略についてご相談に乗りました。
福知山市商工会facebook講座受講生

福知山市商工会facebook講座受講生: 顔写真を撮らせていただきました(多くの方がfacebookの プロフィール写真にお使いです)。
福知山市商工会職員
福知山市商工会職員: 夜遅く(午後10時)までお付き合いいただき有難うございます。
福知山は今日もきりだった
福知山は今日も霧だった:6時半に起きて、 仕事して、朝食を食べました。
さらば福知山市
さらば福知山市:霧が晴れて日が昇る。 これから清水へ。IT相談員の仕事です。
  • =今回の行動=
  • 静岡→京都→大江★→福知山 宿泊
  • 福知山→夜久野☆→大江★→福知山 宿泊
  • 福知山→新大阪→静岡→清水☆→静岡
今年度も無事に仕事を終了です
再び花咲く徳願寺山へ 3/25
 午前中快晴なのに富士山は雲の中、でも昨日同様に午後から姿を 表したのでランチ後、撮影に向かいました。結構、坂道急坂できついっす。実は前日、撮影途中で富士山が隠れてしまい、できなかった撮影を 取り返すためにです。
徳願寺への道
花街道の徳願寺への道
花街道の徳願寺への道: ふもとから徳願寺への道は、ハナモモ、菜の花などの花盛り。 対極魚眼16mmで狙ってみる。これは昨日得たアイデア。
 魚眼で狙うことにより、ハナモモと富士山のほか曲がりくねった道、 そこを歩く人、本来、写りこまないはずの菜の花まで画面に入れることができる。
伊豆半島まで見渡せる駿河湾


伊豆半島まで見渡せる駿河湾く: この日は空気が澄んでいて、伊豆半島まで楽々見渡せます。 安倍川の河口には白い風力発電用の風車がみえます。 溶射屋さんが「気持ちいいなあ」とおっしゃる理由がわかります。
見晴台ごしに望む富士山
見晴台ごしに望む富士山:右側の高い場所が溶射屋さんの秘密の場所。手前が以前撮影した、河津桜です。もう葉桜になって います。
溶射屋さんの秘密の場所 見晴台
見晴台と菜の花、そして富士山
見晴台と菜の花、そして富士山: 撮影しながら登ってきて、やっとたどり着きます。すでに先客が2組ほど いらしていて、静岡市街を菜の花越しにみていたり、菜の花を撮影していたり。はたまた富士山を見ていたり。
スモモの花咲く
スモモの花咲く

スモモの花咲く:李は可憐で白い花をつけます。 少し桜にも似ています。
 自分は清潔感があるので好きです。
徳願寺、春が進んでいます
静岡は桜開花です 3/24
 静岡は本州で最初に桜開花です。富士山撮影にゆこうと思ったら、 晴れているのに富士山は雲の中、そこで目標を変えて、駿府公園へ。
開花
付属小学校の枝垂れ桜

静岡大学付属小学校の枝垂れ桜: 静岡でもっともはやくさく桜のひとつです。快晴の青空に映えてきれいです。これが咲いたのが、昨年は大震災のちょっと後くらい。感慨深いなあ

アーモンドの花
アーモンドの花: 昨年も撮影したと思います。杏子ではという声もありますが、どちらか 区別がつきません。
ハクモクレン咲く
ハクモクレン咲く: ハクモクレンはきれいだけれど、咲いてすぐ撮影しないと、すぐにだめになってしまうから。チャンスがあったら撮影します。
駿府公園の3月の野鳥
ツグミ
ツグミ:駿府公園に常駐しています。ムクドリ、雀、 ヒヨドリとともにポピュラーな鳥です。
コゲラ
コゲラ:最小のキツツキ。ギーとなきます。林で ギーと聞いたらコゲラと思ってください。
ジョウビタキ

ジョウビタキ(メス):オスの背中は黒い。ジョウビタキは典型的な冬鳥で、だいたい静岡の場合、4月の静岡まつりが始まると いなくなります。昨年は静岡まつりが中止になったので、結構、長く みれました。
シジュウカラ
シジュウカラ: これも常に公園にいる野鳥です。お腹のネクタイがポイントです。
モズ
モズ: 冬によくみかけます。小さくてかわいくても猛禽類。昆虫やトカゲを食べます。結構、目が良くて、撮影者を見分けて逃げます。

モズと桜
冬鳥モズと桜の珍しいコラボレーション

鳥の写真は小さい小鳥が素早く動く、それを視野の狭い望遠レンズで追いかけるという難しさもありますが。もうひとつ背景も写真の成否を握る要因となりまっす。折角珍しい鳥がいい場所にいて撮影しやすくても金網やブルーシートだと興ざめですね。

メジロと桜
一加番神社の桜とメジロ
一加番神社の桜とメジロ:駿府公園でメジロを発見できませんでした。撮影の帰りに、一加番神社により桜の状態を見に行ったら桜が5分咲きになっていました。
 ふと耳を澄ますと野鳥の鳴き声が頭上でします。メジロでした。
 さっそく、レンズを105mmのマクロレンズから、300mm F2.8(サンニッパ)に差し替えてテレコン(×2)つけて手持ち撮影。合計4kgのレンズとボディ。腕力勝負です。
メジロ
メジロと桜:メジロの立ち去り際、最後に 納得のゆく1枚が撮れました。

漠然と散歩していても気がつかないけれど、鳥たちの気配を感じる力。そして、林や木立ちにひそむ彼らを見分ける力。
そんな能力を感性として身に付けたは青春時代の自然観察体験からでした。

桜が咲くと春を実感します

3/24 徳願寺の富士山
 妻の朝食を作り、一緒に食事をしてネットを見てびっくり。 朝一番で雲に覆われた富士山が姿を出している。 雨上がりの富士山だから空気も澄んできれいなはず。さっそく、 レンズとカメラをリュックに詰め込み、三脚を持ってバスに 乗るために市役所にゆきました。
徳願寺からの富士山撮影
花桃の開花と富士山
花桃の開花と富士山:バスを降りて15分ほど登った ところの大きな花桃の木があります。冨士山もきれいにみえてご機嫌です。35mmレンズで撮影します。
夏ミカンと富士山
夏ミカンと富士山:農家の方に断って撮影しました。 夏ミカンばたけからの富士山です。でも、この後、雲が押し寄せ。 快晴なのに富士山が見えなくなってしまった。嗚呼、もう何枚か撮りたい 写真があったのに
でも、2ショット撮れただけでも満足です。なぜなら、朝には富士山が見えないから別のものを撮影するつもりだったので。
徳願寺の春の花
青空と菜の花
青空と菜の花: 徳願寺では、梅、菜の花、河津桜、花桃、連翹(れんぎょう)、桜と割いてゆく。菜の花は青空が似合う花だと思う。よく考えれば補色だよね。
ミツバチ
ミツバチ: 昆虫も動き始めている、なんだかわからないけれど蝶も見た。これを 啓蟄(けいちつ)というはず。
連翹(れんぎょう)
連翹(れんぎょう): 今日の徳願寺は黄色い花が良く目立つ。
オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ:この小さい花は美しく。 この名前がかわいそうでならない。だって・・
 そう思う方は天人唐草といえばよい。
 そうそう、天人唐草(山岸 凉子 (著) ) という漫画もあるので 少女マンガファンはどうぞ!
 徳願寺は本来は溶射屋さんの秘密の場所。ばらしちゃっていいのかな。
今日も素敵な富士山が撮影できて幸せだ
沼津に移動中に見た富士山
 3/21は快晴で富士山日寄りの日でした。静岡から講演の仕事で 沼津に向かう途中に、富士山スポットがあるという。また、富士山に サクラが似合うというのでよってみました。
富士市中里、浮島魚釣り公園
河津桜と富士山
河津桜と富士山: 富士市中里、浮島魚釣り公園は、東田子の浦駅から徒歩15分くらい。 工業団地の横に野球場がある。その一角がなぜか釣り堀になっていて そのサクラが河津桜、通常の桜よりも早くさきます。
 電線が邪魔なので可能な限り電線を入れないように構図を作って 撮影します。
球場側から見た富士山
球場側から見た富士山:すこし、河津桜はピークが 過ぎていたようです。でも、来年。ポイントがわかりましたので。
晴天と河津桜 晴天と河津桜: 真昼間なんだけれど、数人の釣り客がいました。また、ときおり 球場にゴルフやりに来る人とか、撮影の方とかがきて話しました。 気持ちのよい天気でした。これで花粉症さえなければよいなと 思いました。

新幹線と富士山
新幹線と富士山: ここは新幹線と富士山の名所でもあります 。普段は、車窓から撮影している新幹線と富士山。落ち着いて撮影できます。しかし、待っていると新幹線来ないものです。
この後、沼津商工会議所でfacebookの講演でした。
3/21~3/23の講演紀行
 地元のセミナーが続きました。
吉邨 政孝さん(ヨシムラ薬局)を訪ねる
ヨシムラ薬局
ヨシムラ薬局:沼津商工会議所の 講演は午後6時半から、沼津駅には4時40分くらいについたので、ちょっと 駅から離れたレストランを訪ねるも、水曜日休み。ORZ
 でも、ついていました。商店街を歩いているうちに、ヨシムラ薬局発見。中に挨拶して入るとお母さまが私をなぜかしっていて話がはずみます。 吉邨 政孝さんは所用で不在でした。
  • =話の概要=
  • お母さまは昭和10年生まれ(私の母が11年生まれ)
  • 薬科大学を卒業されて薬剤師に、私の母が高卒ですから、 この年の方が大学、しかも理系をでるのは異例
  • ヨシムラ薬局は沼津で戦後ビルを始めて建てたらしい
  • このため当時は、360度の展望だったらしい(凄い)
 なあるほど、吉邨 政孝さんはそこの御曹司だったのね。だから、品が いいんだな。レストランが休みというと。天麩羅のおいしい魚料理やを 紹介していただきました。
鮪小屋で食べた、鉄火丼+あら煮定食
鮪小屋で食べた、鉄火丼+あら煮定食: お母さまに教えていただいたお店も休み。大丈夫か商店街。 水曜定休ってのもわかるが、シャッターが閉まりすぎ。しょうがないので 駅まで戻って食事。950円。これはまあまあ。食事後、商工会議所まで あるいて10分程度。到着は6時ちょっと前。
3/21 沼津商工会議所facebook講座
沼津商工会議所facebook講座
沼津商工会議所facebook講座: どうやらご担当、私の事務所に「講師が来ないと」と電話したそうで、 もともと5時47分に沼津着だから6時くらいに会議所に到着する予定。 それ以前に到着しているのになあORZ
ご受講有難うございます
沼津商工会議所facebook講座受講生の方々: 左がfacebookで有名な河合さん。右が斉藤さん、斉藤さんは16年前 からの知り合いです(IT系企業の社長)。河合さんはお初。いずれにしてもこういう方々が商工会議所を動かしてくれたんだな。有難う。
3/22~23 アイリンクコンサルタント・友の会ブランディング講座
アイリンクコンサルタント友の会、ブランディング講座
講座受講生の方々:坪井さん、中村さんのご参加は 本当に1年ぶりくらい。でもでてくれて有難う。
 ぶにゃにゃんさんはスポーツクラブでトレーニングしてダイエットに成功。
  また、マツイさんと木仙人さんは遠路有難うございます。講座が終わったのが9時、帰ったのが午前様。頭が下がります。でも、結果が相当 出ているようだから責任が果たせているので嬉しい。
茶柱通心の小澤さんもやる気満々で、そういう方は抱きしめたくなる(笑い
2日間どうもありがとうございます。私の模範で作った作品がこれ!
3/24 休日
朝食を作る
朝食を作る:ある撮影目的があったので、ぎりぎりまで寝て、速攻で朝食を作る。理由は妻が8時手前で起きてくる気配がないから。
 ゆで卵が好きになる。理由は油を使わないので。野菜も温野菜 (インゲン、にんじん、ブロッコリー、玉ねぎ)、トマトを添えて、あと、昨日の残りのハンバーグを1/2。これにコーヒーとパン。 パンにはブルーベリージャム。
みかんジャム
みかんジャム:鷹の市というフリーマーケットに facebookの友達が出ているらしい。撮影の後に買いにゆく。 ついでにデザート自分でランチ後に作って、みかんジャム盛りつけて 撮影。dropboxで送ってあげる。
皆さん、いつも有難うございます
岩本山の富士山と梅
 静岡の梅というものは本来は、1月に咲き始めて2月の中旬にピークを迎える。という感じで推移してきました。しかし、今年は異様に冬が寒かったようで、3月20日にピークが来ました。
 しかし、このごろ週末になると天気が悪く、折悪しく撮影にゆけなかった。
岩本山の梅
岩本山の梅
岩本山の梅: 梅が最適なのはいいのですが、相方の富士山が不調。3月20日も快晴な癖に富士山がでない。この日は恵那のホテルからネットで調べていたのですが駄目。
 だから、帰宅しても撮影にゆく場所は丸子にしようと決めていました。
岩本山の紅梅
岩本山の紅梅:ところがです。昼食をたべて、 なにげにネットで調べると冨士山が出ている。午前中出ていて午後に隠れるというパターンは多いけれど、その逆。驚きました。
 そこで、とるものもとりあえずリュックにボディと4種類のレンズを詰め込み、かつ三脚を持って駅に向かいました。
みつばツツジ
ミツバツツジ:富士駅までJR。お金を節約するなら身延線で竪掘駅まで行ってそこからタクシーですが、接続が悪いようなので、冨士駅からタクシーを使いました。会場は3月後半の花ミツバツツジが咲いていました。
岩本山の梅と富士山
紅白梅と富士山
紅白梅と富士山:岩本山は富士山の撮影ポイントとして広く知られているスポットです。まさに花は最適なタイミング、 そして晴れ、富士山も午前中のしつこい雲が飛んでいい感じ。気持ちよく 撮影させていただきました。
富士山花盛り
富士山花盛り:紅白梅の窓から富士山を撮影。 今まで過去4回岩本山に来ていますが、そのなかで最高のコンディション。嬉しいです。
岩本山から下山、ロケ半を兼ねて
 本来ならば、岩本山から帰りのタクシーを呼びだすところですが・・・
大地の茶畑からのぞむ富士山と市街
大地の茶畑からのぞむ富士山と市街: 今回はある目的がありました。それは新茶の季節の富士山撮影場所の 探索。いわゆるロケ半です。
 いまでこそくぐもった緑色をしていますが新茶のころの 緑色は何物にも代えがたいです。
長閑な富士市の春
長閑な富士市の春:畑に、梅、そして 菜の花です。富士市の春はきれいです。
厳冬緩む季節です
恵那商工会議所facebookセミナー後の懇親会
 セミナーが9時終了なのに皆さん多く残ってくださり有難うございます。
参加者
  木仙人さん、恵那川上屋京子さん、マツイ額縁さん
木仙人さん、恵那川上屋京子さん、マツイ額縁さん: マルさん、セミナーご担当者、商工会連合会のM氏。
小木曽さん、大山さん、オーモリさん。
小木曽さん、大山さん、オーモリさん。: 着々と岐阜県上に素晴らしいメンバーが作りこまれてゆきます。
上海飯店料理
上海飯店餃子
上海飯店餃子: ここの料理はなぜか何回も食べても飽きません。なぜなんだろう。 本格中国人が経営する店。
上海飯店お料理
上海飯店お料理:このなかで毎回頼むのが ほうれんそう。だってヘルシーなんだもの
 深夜11時半、ホテルに入りました。
恵那、中津川の皆さま有難うございます
㈲恵那栗
 前にも書いたけれど。㈲恵那栗は農業法人で、特選栗を 恵那川上屋さんに納品している会社です。
恵那栗
3/19 栗人(くりうど)
恵那川上屋吉村京子さん
恵那川上屋吉村京子さん: 栄養士の資格をもたられていて、現在は恵那川上屋のWebマスター。 この方に、恵那栗のfacebookページの作り方をお教えするのがミッションです。
㈲恵那栗 圃場
恵那山の見える圃場
圃場:とかいて(ほじょう)と呼びます。要は 畑のこと。恵那栗は超低木栽培。木を低木にすることによって管理しやすく、日当たりのよい栽培を実現します。
高知県四万十からのお客様 高知県四万十からのお客様: 高知県から見学に来た栗農家の方。車でいらしたみたいです。 何時間かかったのだろうか(w

㈲恵那栗 店舗
恵那栗店舗
恵那栗店舗:3月らしいですねひな人形(手作り)が飾ってありました。
ドーナツも販売しています
自家製ドーナツも販売しています:色々な撮影も させていただきました。
㈲恵那栗 工場
工場は木曽路の落合宿の山側にあります。
これなんだ
 これな~んだ!
栗きんとんを作る: 栗きんとんをつくる。その作業を撮影させていただきました。 結構、お店の方にもお客さんがこられたりして、いい感じです。 栗きんとんを作る

くりきんとん
くりきんとん:ひとででこねて、くりきんとん。
前回、恵那川上屋さんからくりきんとんをお土産にもらいました。 妻は栗が嫌いなはずなのに大切に食べていました。 それだけうまい。本物だと思います。
桃の花芽
桃の圃場では:2月28日にきたときはまだ芽がでていなかったけれど、花芽がすでに出ています。
木曽路にも春が来そうです
毎日facebook
 ショックを受けました。coca colaのHPのアクセス数が coca cola のfacebookページの1/1000程度のアクセスしかないことが 判明。どうりで毎日の仕事がfacebookのはずだ・・・
3/12 吉野聡設計室のfacebookページ、タイムライン対応
蓬莱屋


蓬莱屋でランチ: 実は吉野さんのおうちに伺う前に、「会いたい」という経営者がいらした。そこで、その方と、蓬莱屋でシナ蕎麦を食べながら。打ち合わせをしました。
※シナ蕎麦について:実は、この名称について中国はクレームを入れている。中国であって、シナではないということが根拠らしいです。
 問題はシナが差別語か否かです。実はシナはchinaからきている。chinaは古代秦帝国から語源がある。つまり、共産主義は帝国を否定しているのでこのような問題があると思われます。念のため。
吉野聡設計士のfacebookページ、タイムライン対応完了
吉野聡設計士のfacebookページ、タイムライン対応完了:facebookの仕様が変更になりました。facebookページも広く 画面が使えるようになりました。そこで早速、その対応をさせていただきます。有難うございます。
 なんでも、吉野さん、嚇々(かくかく)たる成果を上げているようで 尊敬すべき存在です。
3/13 高知県で豊国Webコンサルテーション
河津桜
静岡、高知はもう春です:この週はこの日だけ Webのお仕事。去年と様変わりです。
3/14 豊田商工会議所facebook講座
豊田商工会議所facebook講座
豊田商工会議所facebok講座、ランチは喫茶店杉
豊田商工会議所facebook講座:Web講座やっても 全然集まらなかったのに。この大入りは何だ!facebook講座の前に 撮影講座とphotoshopの講座があった。なるほど。
 休み時間にご希望された皆さんのfacebookのプロフィール写真を撮影 させていただきました。有難うございます。
3/15 四日市商工会議所facebook講座
 久々に三重県の仕事が入った。うきうきして出かける。
いっかんの松阪牛、ハンバーグランチ
いっかんの松阪牛、ハンバーグランチ: 問題はランチ、めぼしい店が事前の検索でみつからなかった。だから 近鉄四日市駅前の商店街を歩いていて、寿司屋にはいる。
 松阪牛という言葉にひかれたのと、ハンバーグって和風の場合、 カロリーが比較的少ないのしっていたのでこれに決定。
四日市商工会議所、facebook講座
四日市商工会議所、facebook講座、集客100人以上: 久々の大入りですといわれました。嬉しいです。
3/16 東金商工会議所facebook講座
木でできたチューリップ
木でできたチューリップ: 午前中に東金に入ります。1件web相談があってそれから講座です
東金商工会議所facebook講座
東金商工会議所facebook講座:こちらも45人くらい。 豊田、四日市を合わせると3日で200人くらい。
 ちょっと残念だったのが、途中で2人帰られたこと、人と人の絆が わかんなかったみたい。後で調べたら、商社出身で大成功されている 方見たいでした。まあ、すでに成功している人は関係ないかもね。
千葉の講座の常連の皆さま
千葉の講座の常連の皆さま: 大きな靴下さん、スギタタミさんらも
 スギタタミさんはつぼひ隊長の動向を心配していました。 ブログ更新していないとそうなるよね。でも、大丈夫ですよ。
  • =今回の行動=
  • 3/12 静岡→新横浜→甲府△☆右新横浜→静岡
  • 3/12 静岡→品川→羽田→高知空港→南国市☆→高知空港→羽田→品川→静岡
  • 3/13 静岡→豊橋→岡崎→新豊田★→岡崎→豊橋→静岡
  • 3/14 静岡→名古屋→近鉄四日市★→名古屋→静岡
  • 3/15 静岡→東京→蘇我→東金☆★→千葉→東京→静岡
2012年度は多分facebookがさらに猛威を振るいそう
3/13 打ち刃物の豊国(トヨクニ)
 高知県南国市には、打ち刃物の文化があります。そのなかで トヨクニはネットの雄として早くから知られていました。
 以前は、講座に来てくださっていたけれども、いつのころから来なくなって。ご縁がないかなと思ったけれど、facebookでまた、見つけていただき、facebookの講座に来ていただき、そして、コンサルテーションが 実現しました。不思議ですね。facebook。
高知県南国市
高知県の桜
高知県の桜:3月13日現在で。高知県はもう春。 田んぼに水が入っているのも見ました。桜も普通に咲いています。
ぽんかん
ぽんかん: ぽんかんです。おひるごはんの鰻を待っている間に、お店のサービスで いただきます。
高知の鰻の名店、福
高知の鰻の名店、福:顧客サービスのよい店で、 コーヒーもフリーです。でも、一番店といわれる「 かいだ」に比べると 少し。理由は身のふんわり感です。
豊国を訪問して
 無論ネットショップやWebの運営に関するご相談にも乗りましたが 写真撮影についてもご質問があり。実際に工房を撮影させていただく ことになりました。
刃物を打つ!
刃物を打つ!:刃物を鍛えるために打ちます。 これを鍛えるとか鍛造といいます。
グラインド グラインド: 熱といい火花といい。グラインダーといい常に危険と隣り合わせの作業だと思いました。

豊国の刃物
豊国の刃物:上記の工程を経てできる 刃物がコレ!美しいですね。ネットで海外らも注文がある はずです。
豊国兄弟とネット系スタッフ
豊国兄弟とネット系スタッフ:主として兄貴(左)が打って、舎弟(右)がネットで売る。そして2人のスタッフ。
スタッフ
スタッフ: そのほかにも数人スタッフが。そしてわんこも。
全員で頑張るぞ
全員で頑張るぞ:人が作り、そして人が売る。 心のあるサイトを作れば、品質が良いだけに必ず売れるはず。
強く確信いたしました
3/13 高知への空の旅
 にくいくらいの快晴の中、高知へ旅立つことに、空港は羽田です。
羽田空港からの富士山
羽田空港ラウンジからの富士山
羽田空港ラウンジからの富士山: ラウンジはクレジットカードと搭乗券を持っていれば入れます。 アルコール以外のドリンクがフリー。また、電源やネットができるコーナーもあります。
羽田空港滑走路からの富士山
羽田空港滑走路からの富士山: 羽田空港滑走路から。高知空港行きの便は飛行機が小さいので、 ロビーからバス、バスを降りて飛行機に乗り込む。その間に撮影しました。
羽田空港からの旅、富士山、空撮
 空撮は、航空法による規制があり、発着陸時はデジカメの電源オフが求められています。
東京湾
東京湾: それ以前にも見せ場があるのですが、残念ながら、デジカメのスイッチOFFの時間帯なので撮影できません。
丹沢山系
丹沢山系:丹沢を通過中。 眼を下にむけると・・・
江の島が見えてきた
江の島が見えてきた:俺の家も近い♪
富士山空撮
富士山空撮
箱根上空から: 富士山空撮。新幹線で静岡から上京する時はまったく雲がなかったけれど、時間がたつと冨士川の水が温められて富士山の南側に雲を形成。ちょっと残念。
翼よあれが富士山だ
翼よあれが富士山だ:西側には雲が少なかったので、 見返りの角度で撮影しました。自分は前方座席12K(Aが海側) だったので後ろを見返ると翼が写りこむ。
 昔はそれが嫌だったんだけれど、今は気にならなくなりました。
空撮を楽しむ
蒲郡近辺の空撮
蒲郡近辺の空撮: 蒲郡近辺です。中古パソコン屋さん仕事しているかなあ?
三重県鳥羽上空
三重県鳥羽上空:英虞湾でしょうか。 真珠の筏がみえます。
高知まで1.5時間のフライトです。陸路だと7時間くらいかかる
3/11 静岡防災フェスタ
 facebookの方々にリアルにお会いする時間が持てずにいました。 どうやら日曜日清水駅前の静岡防災フェスタに集結されているようなので 訪問しました。
facebookからリアルの関係のできた方
gammoバーガーの安倍さん
gammoバーガーの安倍さん: コンサルのお仕事もホームページのお仕事もさせていただきました。 有難うございます。この日も好調で売り切れだったようです。
山梨南部町からお越しの天子夫婦庵の青山真弓さん
山梨南部町からお越しの天子夫婦庵の青山真弓さん: facebookで知り合い、facebookでのあまご燻製の販売促進させていただきました。見ず知らずの私を選んでくださり、誠にありがとうございます。
長太郎飯店の幻の豚まんとgammoバーガー
長太郎飯店の幻の豚まんとgammoバーガー長太郎飯店は弊社のすこぶるCMSを使っていただいております、gammoバーガはトマトバーガーチョイスしました。
静岡防災フェスタボランティアスタッフ
ボランティアスタッフ
ボランティアスタッフ:知らないうちに弊社のTや 溶射屋さんとこの秘書官K田氏がスタッフになっていました(汗;
このほか、静岡駅でうっている谷岡甘栗の社長(爆風スランプみたいな方)も・・・
 実は私、極度の人見知り。「少数の人間とじっくり付き合うという精神分析結果がでています」。そんな私の弱点を補ってくれているTに感謝。
花屋の平井さんと、八百屋の柴健さん
花屋の平井さんと、八百屋の柴健さん: 柴健さんは、台風の土石流に埋まった、青山さんの養魚場を助けるために 救援隊を組織した人。
あの人は今・・
 最近、ブログ界から姿を消したあの方々もお元気です(笑い
畳屋のつぼいさんと中村さん
畳屋のつぼいさんとお茶の中村さん: よく地方にゆくと「あの方々は・・・」と聞かれます。 お元気のようです(笑い
坪井さんの奥様と、中村さんの奥様
坪井さんの奥様と、中村さんの奥様: 坪井さんとこは3人全員が女の子(笑い。中村さんとこも2人とも女の子。 近い将来は・・・
 ちなみに我が家も・・(汗;
あの双子ちゃんに弟ができて
防災トイレ店長ご一家
防災トイレ店長ご一家:だんだんもえちゃんと リコちゃんの個性の違いがわかってきた。
多くの方とリアルにお会いできて幸せです
3/11 丸子路
 久々の日曜日休みとなりました。静岡市の西。東海道丸子宿を 訪ねて撮影にゆきました。
丁子屋近辺
丸子路の河津桜
丸子路の河津桜: バスに乗って、丁子屋前で下車するとピンク色の色彩が目に飛び込んできます。河津櫻です。ちょうど、満開
サンシュウユ
サンシュウユ:黄色い可憐な花がサンシュウユ。 このほか春の花にはマンサクなど黄色い花が目につきます。
丁子屋さん 丁子屋さん: 丁子屋さんの若旦那。新米父ちゃんブログを書いています。 私が撮影しているのをお父様(社長)に補足されたみたい。私がサンシュウユを撮影していると、新米父ちゃんがでてきました。
 お久しぶり、こんにちは。 久し振りにお会いできて嬉しいです

丸子梅園
丸子梅園
 
丸子梅園:丸子梅園。2月中は有料ですが、 この時期は無料。でも沢山の梅の花が残っています。折からの陽光をあびてきれいです。
花とメジロ
 春の花につく鳥としてメジロが可憐で有名です。
河津桜とメジロ
河津桜とメジロ:川辺に咲く満開の河津桜に 集うメジロの群れ。くるくると回転しながら蜜を吸う
紅白梅と目白
紅白梅とメジロ:いままで、白梅とメジロをとったことはありましたが、紅白梅は初めてでした。
白梅とメジロ
白梅とメジロ:丸子梅園での撮影の一こま
春の丸子路、素敵です
カワセミ作戦
 京丹後市に仕事でお伺いしました。したがって仕事がメインで 撮影はあくまでにサブ。でもコウノトリが撮影できました。
 その翌日、京丹後市を後にして京都経由で静岡に帰る予定でした。 静岡では溶射屋さんがまっています。でも、それは午後5時からの仕事。 2時間半ほど京都で時間を持てそうです。切符の変更をします。
本当はルリビタキを撮影するつもりが
 ルリビタキという美しい鳥が、京都市立植物園にいます。 その撮影に向かいました。
白梅 白梅:京都市立植物園は。京都駅から地下鉄で 20分くらい。北山という駅で降りるとすぐです。白梅がきれいに咲いていました。

紅梅
紅梅: 紅梅白梅はきれいに咲き誇り、「さあこい!ルリビタキ」という体制ですが、残念ながら昼近くに行ったので、家族連れだけでなく写生会の方々 梅園に陣取り万事休す。
 そんなときです
京都市立植物園のカワセミ君
カワセミ発見
カワセミ発見: そんなとき、隣の池に望遠レンズを持っている人たちが相当数集結している感じ。こういうときは間違いなくカワセミがいるはず。
 そのレンズの交点に目を向けるとカワセミ(オス)がいます。 即座に、ターゲットを切り替えます。
対岸のポイントからカワセミを狙う
対岸のポイントからカワセミを狙う: 先ほどのポイントは枝かぶりをするので対岸のポイントからカワセミを狙うことに。
カワセミ君、痒いらしい
カワセミ君、痒いらしい: どうやら体に虫がいるらしい。羽つくろいを頻繁に行いつつも、なんだか 痒そうな表情。
ペリットを吐き出した直後のカワセミ
ペリットを吐き出した直後のカワセミ: カワセミは魚をまる飲みするので、消化しきれない骨などは 口から吐き出します。これはフクロウなども同じ。ペリットといいます。
今日とアイスで抹茶アイスを購入して新幹線で帰る
日とアイスで抹茶アイスを購入して新幹線で帰る: 撮影は1時間と決めていました。講演の仕事に影響を与えてはいけないから。抹茶アイスのパッケージがユニークだったので購入して食べながら 帰りました。
 でも、2日の中でカワセミとコウノトリが撮影できたのが 幸いでした。
カワセミの飛翔シーンを取り逃したのが痛い!
京丹後市メンバーとの懇親会
 joycookオクダさんのコンサルティングの後、久し振りの懇親会が 時の宿まつだで行われました。
懇親会ご参加のメンバー
京丹後市商工会有志による懇親会
早田さん 京丹後市商工会有志による懇親会: 何人わかるかな。
それぞれの方のお顔の表情、しぐさに凄く、個性というかご性格というかが表れているように感じるのは私だけ?

年度末のお忙しい中、お集まりいただき、誠に有難う ございました。楽しく語らい、飲み、食べましょう

時の宿まつだの牡蠣料理
牡蠣づくし料理、時の宿まつだ
時の宿まつだの牡蠣料理:特に焼牡蠣、牡蠣飯、 そして、ムール貝のお吸い物がおいしかった。このムール貝、牡蠣を とるときについてくるそうです。
いさざの踊り食い
いさざの踊り食い:小さいメダカのような大きさで 大人だそうです。卵を落として踊り食いで食べる。
堅木屋さん持参の蕎麦
堅木屋さん持参の蕎麦:久し振りに美味い蕎麦だと 思いました。さすが料理旅館の意地を見えてもらいました
おやじさん奥田さん、meganeさんらは厨房に入って、蕎麦を調理する 堅木屋さんを撮影しています
有難う皆さん
有難う、京丹後の皆さん
有難う、京丹後の皆さん:楽しい懇親会でした 。また、ご縁があったらよろしくお願いします。
 GWにポテチヨさんが訪問されるそうです。
また、これるといいな京丹後
コウノトリ作戦
 兵庫県の豊岡市はコウノトリの復活を事業化していて、 周辺の田んぼをコウノトリが食性できるようにドジョウのいる 田んぼづくりをしていたり、コウノトリの飼育・放鳥をしています
 京丹後市はその隣街です。
コウちゃん、八兵衛をさがして
コウノトリを探すこと1時間
コウノトリを探すこと1時間: コウノトリは高い木に巣をつくります。このため電柱の上に 作ってしまうことも。この電柱上の巣は関西電力によって即刻撤去に なってしまった。
講座を終えてからのコウノトリ探索、日没が6時くらいだから殆ど 時間がない。それぞれのメンバーに焦りが見え、同じ場所を数か所 ぐるぐる回るもののコウノトリの姿は見えず。すでにあきらめ気配が 漂います。
コウちゃん、八兵衛、発見!
薄暮の中、たたずむコウノトリ
薄暮の中、たたずむコウノトリ: あまりにコウノトリがみつからず、チームを解散しました。私はmegane さんの車で、今夜の宿泊場所「時の宿まつだ」まで送ってもらう段取りでした。
 そのときmenageさんの、正しくは奥様の携帯電話がなります。けたたましい音でした。menageさん「コウノトリが見つかったようです」 と・・・
 発見者はjoyokudaさんでした。
餌を探すコウノトリ
餌を探すコウノトリ:就寝前に落ち穂をねらっている 様子です。鶴が体長140cmくらい、コウノトリは115cmくらい。鷺よりも 大きいです。
美しい鳥だと思いますが、所詮は肉食獣。目つきも姿勢もフォルムも攻撃的です。これはタンチョウにもカワセミにもいえること。

つがいのコウノトリ
つがいのコウノトリ: コウノトリはつがいで動くことが多い。このカップルは産卵して 子供を残すことができるでしょうか
 それにしても薄暮の薄明かりの撮影。手持ち撮影の方々はどうも ぶれぶれで駄目だったようです。私は三脚を使用して、ISO感度も1600に あげて対応。でも、厳密にいえば微妙にぶれているようです。シャッターを切った振動が原因かな?

それにしてもついていました。

徳願寺山の撮影

 昨年から、静岡県丸子にある溶射屋さんの秘密の場所。 徳願寺山の撮影を行っています。徳願寺山は春が素晴らしい場所で 昨年、河津桜の咲いた痕跡を見てそのロケーションに美しさに惚れて また来年もきてみようと誓ったのでした。
3/7 鳥取出張前に立ち寄る (曇り)
徳願寺山からの未明の富士山
徳願寺山からの未明の富士山: 鳥取行きの電車が朝6時45分、そこで意を決して5時ちょっとすぎに 家を出て、タクシーを捕まえて徳願寺山へ。タクシーの運転手、最初は 怪しい人でないか警戒していました(汗;
 美しい夜景に出会いました。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700 RAW
  • 天候 曇り、時刻 AM5時40分
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Niikor 105mm VRF2.8 F14,ISO400,90秒
美晴台からの富士山
美晴台からの富士山:厳密にいうと、ここが 溶射屋さんの秘密の場所。
 この日は。曇っていたため、目的の被写体(富士山のパートナー) が輝かず、退散し、そのまま鳥取に出張へ。出直しを誓いました。
3/12 甲府への出張前に立ち寄る(快晴)
 前日3/11(日)は晴れだけど富士山が出ず。でも夕方日没間際に富士山が出ていたこと、夜中も星がきれいだったから、絶対に大丈夫と、甲府の出張前にまたぞろ起きだして徳願寺山へ。
 引退して、撮影オンリーの人ならこんな苦労はしなくて済むのですが・・・
快晴 徳願寺山
快晴徳願寺山からの富士山
快晴徳願寺山からの富士山: はい、ドンピシャでピーカンです。来てよかった。

菜の花と富士山、そして朝焼け
朝日に輝く菜の花と富士山、朝やけ: 菜の花もきれいに咲き始めていました。美しい朝やけも空に残っていて、 気持ちよい撮影となりました。

朝日に笑う富士山と河津桜
朝日に笑う、富士山と河津桜:朝の光は色温度が低い(赤い)、河津桜はもともと赤味のある桜だが、朝日を浴びてより赤味を帯びて美しかった。

河津桜と富士山
河津桜と富士山:そうそう、1年越しの恋人に会えた気分。これが撮りたかったのです。朝日に輝く河津桜。そしてちょっと もやってしまったけれど富士山。
 この構図、そしてレンズ選択も過去の失敗が役立ちました。 でもなんといっても、この河津桜。1か月も開花が遅いです。 おかげで撮影できました。去年の今頃は落花していましたから。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700 RAW
  • 天候 曇り、時刻 AM5時40分
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Niikor 85mm F1.4 F16,ISO200,1/80
朝日に輝く河津桜
朝日に輝く河津桜:美しいと思います。 これが撮影できたのも溶射屋さんがこの場所を教えてくださったから、 そして、この1か月前にここの開花情報を教えてくださったから。 彼に感謝します。
気分よく家に帰り、朝食を食べて旅立ちました



カテゴリ

ウェブページ

links