2012年6月アーカイブ

美女がきたりて寿司を食う
 豊田市から美女が来ます。その名は山本幸さん。以前から、静岡のお寿司が食べたいですとのことでした。どうやら静岡県西部で展示会があって泊まりでお越しのようです。
 掛川だったら新幹線で15分だから、来ればと誘ったら本当にいらしゃいまいした。ようこそ。
静岡のお寿司をどうぞ
桜エビの握り
桜エビの握り:どうも県外の方にはこの桜エビの握りが殺人兵器のようで(笑い。大概、「これを食べられるなら静岡にゆくぞ」という方が多いように思います。
念願の桜エビのお寿司をお召し上がりの山本さん
念願の桜エビのお寿司をお召し上がりの山本さん: 寿司幸は、facebookグループ「静岡の美味い寿司を食べる会」御用達の 寿司屋さん。芸能人は古くは塩沢トキ。今は間寛平が来る寿司屋です。
 さらに溶射屋さん情報によると、ここの大将は。全国寿司組合の 理事長らしく叙勲も受けたらしいですね。(余談)
天然アジの握り
天然アジの握り: 鰺の握りを頼んだら。天然と養殖の2つあるとわれたので両方握ってもらいました。こちらが天然です。
鰺の握り
鰺の握り: こっちが普通の味の握り。天然の方が味に深みがあるような。
サプライズ
鰺の素揚げ
鰺の素揚げ:食べた味はこのようなお姿になって 再び食卓を賑わせます。  
まだまだ続く静岡のお寿司
太刀魚の寿司、炙り握り
太刀魚の寿司、炙り握り: 普通太刀魚といえば焼き魚。しかし、静岡ではお寿司ネタで出てきます。
太刀魚の握り(生) 肌色の誘惑:ともいえる太刀魚の握り(生)です。 刺身の姿がなんとも美しい。そして美味しい。あっさりとして、癖がなく 自分は大変好みです。

鰹の寿司
鰹の寿司:新鮮なので臭みがありません。 あっさりと鰹の風味を楽しめます。
ほっき貝の握り
貝の握り: 6月は潮干狩りに代表されるように貝の美味しい季節だそうで。
 この手の貝は大概、お寿司になるときは煮られておりますが生で 不思議なツルッとした触感で嫌みなくいけました。
浜名湖産うなぎの握り
浜名湖産うなぎの握り: 今の時期、うなぎは高いと思われましたが1貫450円のようです。
金目鯛の炙り握り
金目鯛の炙り握り: これが本日一番の大ヒット。私も山本さんも大好評で、「美味しいから」という単純な理由でもう1セット頼んでしまいました。
デザートは葛きり
デザートは葛きり:デザートもいつもと異なるらしい。葛きりがでてきました。とても美味しい。この日のメニューで唯一欠けていたのが、生シラスの軍艦握り。今年は生シラスが黒潮の蛇行の影響で不漁のようでどこでも見られない状態らしいですね。
 山本さんをタクシーで静岡駅までお送りして、雨の中帰りました。 その後、山本さんから「翌日素晴らしお話をいただけて」とのメッセージ がありました。良かったです。
山本さん満足でしたか?
マンゴーの季節到来
 梅雨のころになると宮崎日南からマンゴーの便りが聞こえてきます。
 日南黒潮市場さんから、マンゴーを送っていただきました。
マンゴーの切り分け
マンゴーは種がやっかいである
マンゴーは種がやっかいである: マンゴーを食べるときは種はずしがなんといってもやっかい。初めて 食べた時はマンゴーの種に包丁がとまりぐちゃぐちゃになってしまい。 改めてマンゴーがなぜ、ああいう食べ方をする根拠が分かった次第。
 マンゴーを横から見たフォルム。この形状で種は扁平に横たわっています。だから、この状態から90度マンゴーを立ててから包丁で三枚に 下ろすのです。
三枚におろしたマンゴー
三枚におろしたマンゴー: 三枚に下ろす時の目分量は、中心線があったとするとそこから1cmくらいの場所に包丁を入れること。
マンゴーの断面
マンゴーの断面:三枚に下ろした断面。ここに 十文字の切れ込みをいれてゆくのです。うまそう!  
いざ!食わん。宮崎の芳香をば
マンゴーの切りこみを入れた状態
マンゴーの切りこみを入れた状態: マンゴーは切り分けたら身に十文字の切れ込みを入れます。なぜ、皮をむかないかというと、皮が軟らかすぎて、実にへばりつきはがれにくいからです。縦方向に入れる切れ込みは5本か6本がいい感じ。切れ込み数は マンゴーの大きさで決めるといいかなあと思います。
南国の香りを運ぶ日南産マンゴー
南国の香りを運ぶ日南産マンゴー:南国の果実は 香りが強いですね。カットした段階でプ~ンとマンゴーの甘い香りが ただよってきます。
マンゴージュースを使ったスイーツ(自家製)

マンゴージュースを使ったスイーツ(自家製): 三枚に下ろしたマンゴーの中心部は、皮をはずして小さく実を切り分け ラップにつつみ冷凍庫に保存しておきます。 これは夏にフローズンになります。
 なお、そのときに出たマンゴージュースをお皿に集めて、少し 牛乳を入れます。そのマンゴージュースに冷凍したバナナやイチゴをいれるとそれだけでとっても美味しいデザートになりました。

反省点は①ミントとかのハーブを用意しとけばよかった。②盛り付け方をもう少し考えようと思いました!

古澤さんごちそうさまでした
5/31 静岡の朝
タチアオイ タチアオイ: 前夜の雨に濡れて、タチアオイが雫を持っています。朝の散歩のときに 撮影しました。

15分で作ったランチ
15分で作ったランチ:お昼は妻が所要でいませんから自炊となりました。ミートソースだけ置いていってくれたので、パスタを湯で、茹で卵をつくりつつ、サラダの準備と野菜スープの準備をしてできあがりです。
 これを食べてでかけるところは・・・
5/31 溶射屋さんの会社
村田ボーリング技研と溶射屋さん
村田ボーリング技研と溶射屋さん: 静岡の中心部からバスで15分くらいの場所に工業団地があり、そこに 溶射屋さんの会社があります。朝、faecbookに溶射屋さんちにゆくと書いたら「それはうらやましい、一度お会いしてみたい方です」とコメントが入りました。入口にありがちメッセージペーパーがあります。有難うございます。
 でも溶射屋さんの様子が変。なにか隠している様子。モニタにうつしだされた彼のPCのホルダーには不穏なホルダーが。
Nikon D800
Nikon D800:なんと溶射屋さんは最新鋭のNikon D800を入手されていたのです。Nikon D800はプロも使う機種、しかも、大人気なので入手が困難といわれる機種です。

 それだけではありません。彼はなんと、Nikkorレンズを5本も大人買い。1本が10万円としても。すべて合わせると80万円程度です(唖然
 溶射屋さんは「500円玉貯金ですよ、あっはっは」とおっしゃいますが 500円玉に換算すると1600枚、毎日1枚ためても4年以上かかります。
無論触らせていただきました。少しD700と比べると軽くなってなで肩になったような気がします。シャッター音もすこし柔らかな感じ。

 溶射屋さん「Nikon D300を娘がくれと言ったのですがあげませんでした。でも、D800のシャッター音を聞くとD300は子供ですね。ハッハッハ」
ブログ仲間のなかで瞬間風速で自分も60万円つかったことがありますが、それ以上の大人買い(汗;

6/1 愛知県豊田市で仕事
愛知県で仕事
愛知県豊田市で仕事:帰りに豊橋により、 箱屋さんの青春の店「一福」によってきました。メニューはチキンカツ定食。800円。チキンカツは可能な限り衣をはずして、ご飯は1/3ほど残しました。実はこのメニューをなぜ頼んだかというとトン汁がうまそうだったから。

アイスパイン
アイスパイン:豊橋駅のフルーツショップで1本150円でうっていました。美味しそうなのでかじりながら帰ります。
 会社に帰ってから講演資料でも作ろうと思っていたら、問い合わせなどの電話がかかってきて。でも、問い合わせいただけるだけ嬉しいです。
 この夜来客が静岡にあったのですが、また、回を分けて書きます。

6/2 皮膚科にいったはずが・・・
 午前中、皮膚科にいきました。腋の下にいぼがあるのと、微妙なところにほくろみたいのがあって、少し痛いです。気楽に訪ねて行ったところ、 軽い外科手術みたいになって。微妙なところ針でつつかれたりして・・・
 結果は腋の下は良性の腫瘍。微妙なところは毛穴から雑菌が入り炎症したとことでしたが、化膿止めに、1週間の入浴禁止を言い渡されました。

ありあわせの昼食

ありあわせの昼食:普段グルメネタばかり書いていると あたかも海原雄山のような生活をしているかのように誤解されますがそうではない証拠をお見せします。
 この日、土曜日も妻がおらず、鳥そぼろ弁当と豆腐、さつま揚げを セノバで買ってきて、家にあった肉じゃがと前の日に作った野菜スープで お手軽ランチ。
 午後は遠縁の方が亡くなったので、お別れにゆき、その後、床屋にいってから、夕方からはfacebookの方をある場所にご案内することに。
皆さんのおかげ様をもちまして無事活きております
長野県に御邪魔する機会がありました。特に昼神温泉は星の見える村をウリにしています。
さっそくある方に連絡をとりました。
林和男さん
林和男さん:㈲林屋材木店の社長。建築家です。私のすこぶるCMSのお客様。そして2日目のクライアントです。この方、村や地域で評判の天文通。そこで、天の川を撮影できないかご相談しました。すると・・・

  1. 午前1時半にホテルにむかえにゆくだに
  2. 私の観測所に連れて行ってあげるだに
  3. この時期は天の川は横になっているので、立ち上がるのが午前1時半ころで、そのころには月明(月も沈んで)も安定するだに

とのこと。このチャンスを逃しては二度とチャンスはないかも、折から阿智村到着時は雨。でもその雨も夜半にはあけ始め。午前1時半に起きた時は満天の星空でした。胸が高なります。夜8時半に寝たかいがありました。

天文薄明

  1. 薄明とは夜が白むこと
  2. 天文薄明は星が一つ一つ消えてゆく状態(このときは午前3時半でした)
  3. したがって、午前2時から3時ころまでが撮影のチャンスということになります

林さんの観測所は阿智村(標高530m)からあがった標高850mの場所にあり、防犯灯が一つあるだけのリンゴ畑のなかにあります。防犯灯も最近ついたばかりとか。

光害(ひかりがい)

  1. 以前は別の場所に観測所を持っていたが、高速道路ができるのでひっこしてきた
  2. この場所は甲府盆地の光も豊橋の光も入ってこない。標高1200mの治部坂高原が一番有名だが。厳密に言うと豊橋の光がはいる。これを光害と呼ぶ。

林さんの観測j場の2階にあがると、屋根が手動ですがスライドして、サンダーバードの秘密基地のように屋根がなくなり満天の星空が見えます


透明度

  1. 今日は透明度が少し悪い。梅雨明けのすかっとした透明度を5だとすると3.5ぐらい
  2. 透明度が低いと、見える星が少ないのだそうです。


夏の天の川

夏のミルキーウェイ:赤道儀といって、星の動きにシンクロして動く三脚をお借りして撮影しました。このため、手前の樅の木が動態ブレしてしまいますが、天の川などの星々は丁寧に撮影できます。長時間露光しても星が動かないので絞りこむことができ、画質も安定します。

  • 長野県阿智村 2012.05.29 AM 2:30
  • Nikon D700 35mm F2
  • 三脚(赤道儀=星の流れを追う)
  • ISO400/F5.6/330秒
  • RAW WB=AUTO

この撮影中(南側を撮影している)に、その反対側の北斗七星の横を大火球が飛び二度爆発するというすごいものを目撃しました。
撮影できないのは残念でしたが、はじめてみる天文現象なので一生覚えていることでしょう。
なんでも、明け方に流星が多いのは自転と恒転の周期が一致するからだそうです。


暗黒星雲高密度の星間ガスや宇宙塵が、他の空域より濃く集まっている領域らしく、これがあると後ろの銀河が遮られてしまうとか。

南斗六星:真ん中の樅の木の下に柄杓を下にした星が6個見える。これが南斗六星だそうです。南斗の斗はマスの意味です。たしか北斗の拳では「南斗五車星の男たち」が大活躍でしたね。


夏の大三角形と天の川

天の川と夏の大三角形:左下がはくちょう座のデネブ、頂点がこと座のベガ、右下がわし座のアルタイルです。美しいですね。ベガが彦星、アルタイルが織姫ですね。確かに天の川で隔てられていますね。私達は簡単に見ていますが、この距離は相当の距離(14.8光年)なんでしょうね。

男ってやつは:男は、このように、一銭ももうからないのに、人から見たらバカな行動をとります。でも、それが楽しくてわくわくして生きている。不思議ですね。

3時半にホテルに帰り着き、再び深い眠りにつきました。



5/28~5/29阿智村にコンサルにゆく
 阿智村のカッセイカマンからオーダー。ほいほいとゆく腰の軽さ
5/28 プロカメラマンが経営する喫茶DECO
プロカメラマン石原浩介氏
プロカメラマン石原浩介氏: 標高900mの根羽村へ。マドンナ、サルバドールダリを撮影した カメラマンの喫茶DECO。facebookページ構築のお仕事です。
喫茶DECO
喫茶DECO:居心地が良く山小屋風です。喫茶にスタジオも併設されていて、面白いです。犬も屋外に2引きいますが愛想が悪い。いつもほえられます。
エスプレッソコーヒー エスプレッソコーヒー: この日は雨がふったり、薄日が差したりの不安定な天気。 facebookのコンサルテーションしながら、ときおりいれていただく コーヒーが美味しい。やっぱり、水のいい場所ですから 美味しいのだなあと思うのです。

うさぎさん
うさぎさん:窓の外にはうさぎさんがまったりとしています。このほかにもおかめインコが3羽います。どんだけ~っ!
トマトパスタ
トマトパスタ:1時ころやっとお昼になりました。 相方の注文はトマトパスタです。少し分けてもらいましたが、美味しかったです。
カルボナーラ: 普段は絶対に食べないカルボナーラ、なぜかこの日は注文して大正解。 やっぱり卵が違うらしい。 カルボナーラ
キッチンストーブに寄り道
標高1200mの治部坂高原のスキー場にあるキッチンストーブ
標高1200mの治部坂高原のスキー場にあるキッチンストーブ:受講生の佐久間智子さんを訪ねたが、 旦那しかいませんでした。パンを担当とシェアして、銀名水サイダーを いただきました。
5/29 林屋材木店
林さん
林和男さん:http://www.kiki-home.co.jp/ あとで触れるが天文の大権威。この方のWebサイトが好評で、 県内外からレンガの家の注文が来ている。素晴らしいです
仕掛け人のカッセイカマン 仕掛け人のカッセイカマン: やっぱり、頼りになるのはこの男。林さんもよろこんでおられました。

大坂屋のチャーシューメン
大坂屋のチャーシューメン: 林屋材木店の仕事を終えて、帰る前にカッセイカマンと昼飯を 食べることに。彼が大坂屋の手打ち麺のチャーシューメンが食べたいというから入ると・・・
カツ丼
カツ丼:突如、カツ丼を食べたいとおっしゃる。 それならばと、二人で1品ずつ注文してシェアしました。 facebookみたいですね
もうちょっと続きます
毎年、静岡市の平野部でのホタルは5月最終週から2週間と相場が決まっています。本当は毎年5月30日に撮影にいっているので、そこでゆきたかったが休日の5月27日に早いけれど行ってきました。理由はこの2日間の休日気温が高かったから。場所は静岡市の日本平中腹です。

静岡市の蛍初日
川面に舞う緑の光跡:いつもの撮影場所には先客がカメラマンです。得物はCANON 7D。ならば安心です。いわゆるトーシローでないから。簡単に挨拶をして別々の場所に陣取ります。彼は橋の上から。私は川沿いから。

ホタル撮影の持ち物はシンプル。Nikon D700のフルサイズカメラと50mm F1.4Gのあかるい標準レンズおよび三脚とレリーズがあればよいでしょう。レンズはズームレンズはNGです。暗いレンズは、ホタルの微弱な光をとらえき れないから。単焦点レンズをご用意ください。
ホタル撮影はNikon有利です。C社は多重露光ができないから。そう、この写真も16秒の写真を2枚重ねています。

清流と蛍
清流と蛍:最初は木の葉の裏にいて上下運動しているが、そのうち川沿いに映えた草むらの上を飛ぶ。飛行ルートを捕まえて、川の流れを入れて撮影。5枚分の多重露光。

小滝に飛ぶ
小滝に飛ぶ。6月3日に三度出直した。家から30分でこれるからアイデアがわくと蛍がいる限り来てみることのできるフィールド
この写真は35㎜で撮影したけれど、もしかすると空を入れないなら50㎜もよいかもしれない。

ホタル撮影で嫌なのは車のヘッドライト、無神経な懐中電灯照射、トーシローの手持ちオートフォーカス(赤外線光線とばしまくり)です。ハイアマチュアが相手なら。自分がやられて嫌なことはしないでしょう。



橋から撮影の方、どうだったのでしょうか。私が撮影を終えた時はもういらっしゃらなかった。川沿いの方が蛍は飛ぶんだけれどなぁ~

ホタルがくると静岡は梅雨を迎えます。





5/27 駿府城公園
 静岡市の駿府城の跡にある駿府公園は市長の命令で駿府城公園となりました。
早朝の富士山
早朝の富士山
朝焼けの初夏富士: 昨日は土曜日でした。朝早く起きたのに曇りだったので撮影に出ませんでした。また、眠ってしまったのです。
 翌日は快晴。4時半に起きたのに、もう少しと二度寝してしまったら 起きたのが5時35分でした。まずいまずいと自転車にまたがり、駿府城公園にゆきました。もう、選択しはそこしかないのです。とりあえず正解。 ちょうど三脚にサンニッパ(300mm F2.8)をセッティングした時に日が登ったのです。もやっていましたが気分良く撮影。レンズの力をかりてなんとかシルエット富士に仕上げました。
 実はたなびく雲の形が好き。

駿府城公園の花々
キショウブ
キショウブ: 駿府城公園内部に庭園があり150円で有料ですが入れます。そこで、 キショウブが咲いていることを確認して入りました。花菖蒲は咲いていましたがいまひとつの咲き具合です。
ユキノシタ ユキノシタ:撮影がおもわしくないときは人口の瀧へ。そこにはこの時期ユキノシタが咲いているはず。このユキノシタは生薬(やけどの薬)として有名です。比較的湿気の多いところを好み映えます。

シャクナゲ
日陰のシャクナゲ:日陰だったので開花が遅かったのか。シャクナゲが残っていました。
水生植物
水生植物
黄色い花(アサザ):公園の管理者に花の名前を聞いた癖に忘れました。蓮のように葉を池に浮かべその間から黄色く小さな花を咲かせます。 ミヤマキンバイみたいな花。
この日は早朝と午後に公園にゆきました。暑い日でした
SHIZUOKA カンヌウィークにgammoバーガーを食べにゆく
 結局、都合により二食食べることに。
1日目
gammoバーガー、安部さん
gammoバーガー、安部さん: 旦那様とツーショット。これから3日間の長丁場です。頑張ってください
carot_gammoバーガー
carot_gammoバーガー: 妻と半分っこするために持ち帰りました。そのため、少し冷めてしまいました。でも、美味しかったです。
2日目
二日目のガンモバーガー
二日目のガンモバーガー:3日間のうち1日だけ お邪魔する予定が、妻から「出かけるので、自分でお昼を食べるように」といわれて。SHIZUカンマルシェへ。旦那さまが焼き、調理。奥様が販売担当です。

ガンモバーガーにんじん
ガンモバーガーのにんじんをチョイスしました。あっさりしていて大変美味しゅうございます。ビールを普段飲まないのですが、暑かったのでいただきマンモス

お友達も続々駆けつけて
お友達も続々駆けつけて: facebookのお友達も続々駆けつけてお昼頃には列をなしていました。
 結局お子さんが食べているシーンはとりはぐれましたが、 18枚ほど写真をセレクトして安部さんにお送りしました。
SHIZUOKA カンヌウィークとgammoバーガー美味かった

SHIZUOKA カンヌウィークへ撮影にゆく
 イベントは基本的に関心がないのでいかないことにしているのですが、 facebookからかつての受講生に「メインボーカルを務めてサラサをうたうから来てください」と言われれば、静岡にいる限りは行こうと思いました。
栗原晴美さん
カンヌウィイークのメインボーカル
カンヌウィイークのメインボーカル: 最初、このイベントがよくわかっていませんでした。映画祭や食のマルシェのイベントや行事があったり。地域も数か所で分散しています。
 ましてや、なんでサラサ?でも。仕事を5時ちょっと前に終えて、部下に御先に失礼して駆けつけてみたわけです。
栗原晴美さん
栗原晴美さん: 彼女は韮崎商工会が行った2年前の2010年度の経営革新塾の塾生でウィグを販売しています。甲府在住の方。本業とは無関係の才能をお持ちだったようです。
観客を魅了する歌声 観客を魅了する歌声: いままで美しい人もたくさんいらっしゃいました。そして賢い人も。 モデルの方も受講生にいました。でも、サラサのボーカルの方は初めて。 しかも舞台にしっかりと映えていて、プロが2名入っているバンドを従えて見劣りがしないのも凄い。

心に訴える歌声
心に訴える歌声:舞台はやはりカリスマ性、技能、 などが試される場です。ここで、しっかり観客の心をとらえているのは アマチュアでも凄いなと思いました。
楽屋裏にて
ちびっこにも人気者の栗原さん
ちびっこにも人気者の栗原さん: 楽屋を出てくるかなと裏口にゆきましたがいらっしゃらず、あきらめて 帰ろうかなと思っているころに彼女が正面口に登場。その瞬間にちびっこに速攻で囲まれました。
おいろけばっちり、栗原さん おいろけばっちり、栗原さん: これだけ、存在感のある色気を発散される方も私の受講生には少ないなあと思いました。ちささんはプロだけれど、かわいらしい系。どっちかというと、キャリーぱみゅぱみゅとかに近い感じですものね。

シズカン・マルシェ
 
ピエロ、シェフ、メイド:結構、おいしそうな屋台が 出ています。この日と翌日の昼に2度私は訪問しました。
エビぷりぷりのお寿司
エビぷりぷりのお寿司:カレーの屋台も美味しそうだったけれど。1日目夕方がガンモバーガー(にんじん)とまぐろコロッケ。 そして2日目のお昼が、ガンモバーガー(トマト)とエビぷりぷりのお寿司。ころっけとお寿司の制作者が上の写真の外国人シェフ。この方、どうやらパティシエらしいのですがお店は色々な工夫したお料理を打っています。
シズカン・マルシェ、意外に面白かった
静岡市散歩
 静岡県内の仕事が増えたので、家で眠れたり、早朝に散歩できたりと いう余裕が生まれます。中小企業診断士としてはいいのか悪いのかという 状態ですが、人間としていいかもしれない。
早朝散歩
静岡で一番最初にユリが咲く場所


静岡で一番最初にユリが咲く場所:駿府城公園の 外堀にその場所はあって、地元の方が園芸を楽しんでおられる場所。 今年も咲きましたね。
ホタルブクロ ホタルブクロ: この花がくると大概、夏がやってくる。
この花には思い出がある。若いころ放浪の北海道旅行を何度も行った。 夏(8月)にオホーツク海岸線の原生花園や知床の崖の上の湿地帯や草原に立つと大概この花があった。限られた時間と金を使っていたころの旅、 そして、青春時代の混沌のなかにあった旅。

アジサイ
アジサイ:最近のアジサイはなんかおしゃれな感じになっていて、梅雨らしい哀愁がない。
駿府城公園
ヒトツバタゴ
ヒトツバタゴ:静岡ではなぜかナンジャモンジャの木といいます。
名もない花: けして大した花ではないけれども一生懸命咲いている。名もない花にも 命があって、この季節を懸命に生きている。 名もない花

ツマグロヒョウモン
ツマグロヒョウモン:タチアオイの葉で休息していました。
蘭の花
蘭の花
蘭の花:葉っぱの形から言ってそうだと思う。 私の住んでいるところは静岡駅から徒歩12分、相当町中にあります。 だから、結構蘭を育てている方々が多い。
お隣さんの蘭の花
お隣さんの蘭の花:やっぱり朝日だときれいに撮れるなあ。

亡き友の仲間たち
駿府城公園から自宅に帰る前に商店街で朝市をやっていたのでよりました。すると、亡くなった高校時代の同級生の仲間たちが演奏をしていました。
 亡くなった友人は森下君といいまして、高校時代は風のコピーバンドとして名をはせていました。大学卒業後は自動車教習所の先生をしながら夜にはライブハウスで歌う日々。
 やっと2年前に海風というライブハウス兼カフェのオーナーになったと同時に癌が発覚。それでも歌い続けましたが今年1月に力尽きました。

 画面の右下のニット帽の方が森下君
色々考える年ごろです
5/24 菊川市千框棚田
 浜松からの帰り、在来線であることを幸いに金谷駅で降りて 菊川市の千框(せんかまち)棚田を訪ねてきました。西側斜面にむけて 風景が開いているから夕焼けが狙い目です。
 特殊な事例を除き、棚田の撮影は5月前半が一番美しい。理由は
  • =棚田の風景写真的条件=
  • 棚田に水がはられている
  • その水に夕焼けか、朝焼けが反射する
  • あるいは田ごとの月状態となる
  • 稲が生育しきっていないで鏡面状態を持っている
斜光と棚田
斜光の反射
斜光の反射:棚田の夕焼け撮影で学ぶことあり、それは最適な撮影時刻。棚田は山間地にあるから、日没時刻よりも先に ピークがくること。だから、5時50分ころに金谷駅についたので タクシーを飛ばして6時ちょっとすぎに現地到着。日没が6時40分だから30分前到着ということです。
千框棚田 千框棚田: この棚田は一度、パンツ屋さんと2年前に撮影に来ている場所。 でも状況がかなり変。なんとなれば、大展望台が木で覆われていて 撮影できない。さらには棚田が凄く少なくなっている。これじゃあ 展望的、俯瞰的な撮影ができません。したがって接近戦を挑むことに。
結論からいうと、革靴とスーツでは無謀だということに。(汗;

夕焼けの千框の棚田
夕焼けの千框の棚田:それでもなんとか、来たことを 無駄にしないように撮影してきました。これで電線がなかったらと何度も思います。
でも、もう、来ないと思います。 だって、もう棚田の風景写真としてはゲームセットの状態です。
おそらく、耕作放棄しちゃって、大学とかに貸し与えて、そこが結構草ぼうぼうの悲惨な状態なってしまったんだな。補助金なんかも相当突っ込んでいたようだけれど、結局こうなっちゃうのね。残念でなりません。
地域の景観のあり方にも課題があります。どうやっても電線が写るのです。これじゃあ写真家は来ない。ある程度観光客を視野に入れた活性化施策を組み立てないとね。
 かなり辛口となりましたが、この風景や景観、活動に興味を持っていた ものとしての気持ちです。
もう一度、復活した棚田みたいなあ
5/21~5/25 講演紀行
 コンサルティングばっかしの講演紀行。年取るとそうなるのかな。
5/21 八百久青果のHPリニューアル計画
静岡産メロン


静岡産メロン:この美味いぷりぷりっのメロンの販売 サイトを手伝うことができることになりました
サラちゃん サラちゃん: なぜか、この会社の会議テーブルにいきなり赤ちゃん。どうやら、この方が後継者らしいっす。かわい後継者さんこんにちは。

社長とサラちゃん
社長とサラちゃん:良く調べてゆくとこちらの会社 、伝統もあり規模もある立派な会社。鈴木勲さんfacebookにもいらっしゃいます。どうぞよろしく。
5/22 四日市で2件のコンサルティング
年に1度のグリーン車
年に1度のグリーン車:年に一度だけ、JRのポイントでグリーン車に乗れます。
グリーン車上の加藤忠宏 グリーン車上の加藤忠宏:まあ、記念写真ということで。名古屋に到着すると、JRからは四日市まで近鉄に乗り換えます。前回、近鉄電車の準急に乗って失敗しました。今回は急行に乗ります


村田 直是さん: 昔学生時代はラガーマン、そして、養護教員を経てなぜか陶芸工場の社長。このかたもfacebookへの進出、お友達よろしく。 陶芸家の村田様

大入道 大入道: コンサルテーションが終わって商店街にランチを食べにゆきます。 するとなんでしょうこれは、商店街の一角に大入道のはりぼてが。 これ、首が伸びたり縮んだりします。夜見たら相当怖いはず。 まだまだ三重県は我々は静岡県人に見えない謎がありそうです。

ボディリラックスの大家明子さん: こちらは腸もみを専門とするボディリラックス。やはりfacebookに進出して お客様を増やそうということで、facebook参入やfacebookページ構築支援に入っております。かなりきれいな方です。旦那さまとも健康朝食を掲載されていますのでお友達よろしくお願いします。 ボディリラックス大家明子さん

5/23 静岡商工会議所清水支所相談会:清水の相談会お客さん現れず、でも、隣の法律相談に来られた方が 経営革新を取得したいということでお役に立てました。
5/24 八百久青果最終回
浜松駅前のポニー
浜松駅前のポニー:駅としては天竜川が近いですが ランチをとる場所がないので、浜松駅を集合場所とします。
サラちゃん
サラちゃん:HPのアウトラインができました。 あとは移行ですね。できたら報告します。
5月25日は地元で、HP開発支援のお仕事でした。
23日にHPを更新してfacebook上に公開したからなのか、講演のお仕事が2日間で4本コンサルも4本打診がありました。有難うございます。
facebookは人柄が表れます、真剣勝負
金環日食の朝 4/21
 次に同じ場所で金環日食がみれるのは932年後だそうです。 北海道で見られるのは18年後、生きている自信はないです。 その前が平安時代だといいますからね。
 でも、天気予報は曇りだったので期待はしていませんでした。しかし、絶望していなかった。だから、日食眼鏡も購入していませんでした。
 しかし、ワンチャンスにかけていました。「曇っていればすりガラス越しの富士山、日食眼鏡がなくてもいいじゃん」溶射屋さん的前向き度でしょう。
 もうひとつfacebookから「必ず撮ってくださいね」との見知らぬ方からのメッセージ。多くの方の思いをのせて。
金環月食
金環日食の始まり
金環日食の始まり(午前6時30分ころ): 5時10分ころに目覚めました。でも、二度寝をして再び起きたらなんと 6時5分。やばいやばいとリュックにカメラとレンズをいれて、三脚を持って自転車にまたがります。
 途中で日食眼鏡をどうしようかなとおもったけれど、曇りだからいいやとアバウト。駿府城公園に撮影場所を決めました。到着後三脚とレンズを据え付けると、さっそくかけ始めています。
金環日食の進展
金環日食の進展:三日月になったころ、 自分の周囲にも人が集まり始めました。想いは一つ「ここまできたら日食を見せてくれ」「雲よ来るな!」です。
金環日食あと少し
金環日食あと少し:三日月からリングのような形になってきました。もう少しでリングが完成です。途中拡大した雲も去ったので後は時間が経過するのを待つだけです
だんだん、日が陰ってきて心なしか気温が低いように思います。
マスコミの取材
マスコミの取材:近くにNHKがあるので、TV局でしょうか。こちらにはこなかったですね。
金環日食
ゴールデンリング(golden ring)・金冠日食
ゴールデンリング(golden ring)・金環日食:とうとうみることができました。近くで女子高校生がわーっ!という声が 広がります。拍手する人もいます。やっぱり感激ですね。
ガンモバーガーの夫の安部さんとわんこのtomatoとティッシュ
ガンモバーガーの夫の安部さんとわんこのtomatoとティッシュ:多分、駿府城公園で撮影してれば会えるだろうなと思ったら やはりです。わんこを撮影させていただきました。
金環日食、2012年
金環日食、2012年:一枚に写真をまとめてみました。

ベイリー・ビーズ(Baily's beads)
ベイリービーズ(Baily's beads):月の凹凸で日食時にビーズ状の光ができることをいうそうです。それらしいものが撮影できました。


  • =この日の状況=
  • 三重県×
  • 愛知県瀬戸市○、豊橋市×、蒲郡市×、豊田市×
  • 静岡県浜松市○、藤枝市×、焼津市×、静岡市○、富士市×、函南町○
  • 山梨県○
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D300 jpeg
  • 天候 曇り、時刻 AM6時30分~7時35分
  • 三脚ベルボン 645
  • Niikor 80~300mm VRF4 F25,ISO100(200から減感),1/2500
  • PLフィルター
一日気分がよかったです


5/20 甲府市のふくろうのひなを訪ねる
 真理子情報員から「甲府市のふくろうがかわいいそうです」との報告が入りました。ちょうど、塩尻に講演で宿泊なので翌日があきですから甲府周りで帰えればいいので、数名に撮影会のご案内を出しました。
 ただ、直前の吉野情報では「新聞報道で人が大挙押し掛けて、 フクロウが育児放棄。ひなも一羽お亡くなりになったそうです」とのこと。心配です。
お迎えは
お迎え真理子先生: 甲府駅でまつことしばし、真理子先生の登場です。 あれ~っ、マラソンして朝食作る人がいない。
 真理子先生が電話すると、仕事だそうです。お会いできるかと 思いましたので残念至極。
お迎え真理子先生
ふくろうのひなは元気でした
フクロウの雛
フクロウの雛:フクロウのひなは1羽無事でした。 目の良い真理子先生が発見。でも親鳥はおらず。 でも、わざわざ訪ねてきたので撮影できてよかった。
ブドウの花
ブドウの花: ぶどうの花は小さく可憐です。
葡萄畑と真理子先生: このときは、前の日に急いで家を出たので(サンニッパに気を撮られていたので)85mmの美人撮りレンズを忘れました(汗;。 葡萄畑と真理子先生
信玄アイス
信玄アイス
信玄アイス: 真理子先生に連れてきていただいたのでお礼にアイスをごちそうします。 信玄アイス。黄粉に黒蜜掛け。加えて試食の信玄餅が加わって最強の布陣。無論美味しいです。
信玄餅と真理子先生: 真理子先生の大学の研究のこと、山中湖撮影会でのこと、そのときのメンバーの個性が際立って楽しかったこと、カメラのことなど話しました。
 大学院の研究と仕事は両立できているとの話を聞いて安心したり、 彼女から「人に心配されるけれど、でも幸せなので」とのことを聞いて良かったと思ったりしました。
幸せの価値観は人によって異なるものですし、努力しておられるので、悪い結果には絶対にならないと思っています。

フルサイズ35mmで撮影しましたが、ほぼ開放で撮影したたため、後ろがきれいにぼけてくれてよかったなと思いました。

お寺で撮影していたら追い出されてしまったので結局真理子先生を撮ってしまった。

でも、そっちの方がファンが多そうだからいいとおもう。

だって人間なんだもの。
信玄餅と真理子先生
甲府駅まで送っていただき。私は駅前のスタバで1.5時間時間を潰して(facebookなど)、お弁当を買い身延線に乗りました。真理子先生は大学に行って レポートを書きに行ったと思います。

吉野さんが仕事で忙しくて来れないとか、真理子先生が研究に没頭して他の方に心配されるとか。でも自分にかかわる方の人生が充実していれば。良いことだなあと思っております。

おかげで今年も撮影できました。有難うございます
5/19 塩尻商工会議所でfacebookセミナー
 塩尻でコンサルティングと講演のお仕事をいただきました。
朝食
朝食
私はコーヒーをわかし、春キャベツを茹で、トマトを切りました(笑い
塩は呉のも塩です。うまい。

中央西線で移動
木曽福島、寝覚ノ床: 静岡から新幹線で名古屋まで。ここまで1時間。名古屋から塩尻まで 1時間ちょっと。その途中に中津川にあり、木仙人さんらが住んでいます。しかし電車のなかから叫んでも聞こえるはずがありません。
 中津川から南木曽、木曽福島と進むと木曽福島の手前で寝覚ノ床が 現れます。これが木曽路No1の景勝地です。


 電車のアナウンスによると、木曽川の削られた川の中央部の森に屋代が見える(青)。これは、竜宮から帰った浦島太郎のことを祭ってあるという伝説があるとか。
木曽福島、寝覚ノ床

木曽路をゆく車窓より
木曽路をゆく車窓より:気持ちの良い天気です。 仕事がなかったら、茶畑の撮影にいったかもしれません。
塩尻から見た北アルプス
塩尻から見た北アルプス: 電車が台地に到達すると北アルプスがきれいに見えます。そう、ここが 日本の分水嶺。塩尻を流れる川は北に流れると日本海側に、南に流れると 太平洋に注ぎます。

上記3枚は車窓からです。車窓、空撮写真はガラス越しの写真ですので、一回補正が必要。photoshopで 色調補正→自動トーン補正で終わり。オッパピー。

原タイルさんのfacebookコンサルテーション
原タイルさんに3000点: コンサルのお客様は原タイルさん、なんでも看板を会社の前につけたら 売り上げが増えたとか。なるほど。facebookでどうやったら知名度を あげられるかというご相談した。 原タイルさんに3000点

スズラン
スズラン: 塩尻は高度が高いので、静岡ではGWが見ごろのツツジやスズランが 残っていました。
撮影しようと思ったら、マクロレンズを忘れたことに気がつく。直前までマクロにしようか美人撮りにしようかまよった挙句に両方忘れた愚か者。「愚かものよ♪」マッチで~す!

蕎麦を食べて講演に向かう
蕎麦を食べて講演に向かう:コンサルティングの仕事を終えて、3時15分やっと昼ごはんを食べることができました。 信州そばおいしゅうございました。

塩尻商工会議所、塩尻青年会議所合同facebookセミナー
50人が集まった。塩尻商工会議所、facebookセミナー
50人が集まった。塩尻商工会議所、facebookセミナー:いまだかつてこんなに集まったことはないと主催者に言われました 。受講生は北は長野、南は南信州の阿智村まで。しかも、宣伝は何も していないのです。
facebookの威力だと思います。

塩尻商工会議所、facebookセミナーに集まった方々
塩尻商工会議所、facebookセミナーに集まった方々: ちょっとあぶない掃除人、ティンカーベルさんは美人姪を伴って。 一番前の席には活性化マンがいました。質問もいつになく出たそうで、 良かったです。
司会補助の女性から「怖い方かとおもったら、フレンドリーで驚きました」と言われました。やっぱり(汗;

JC塩尻の懇親会に出席する
JC塩尻の懇親会に出席する:講座のあと、JCの方々と懇親会に出席したのち、ホテルに泊まりました。
塩尻商工会議所、塩尻青年会議所合同facebookセミナー成功だったと思います
静岡の5月の花
 朝の散歩道で出会う花です。
タンポポの綿毛
タンポポの綿毛:まだタンポポの綿毛が残っていました。少しラッキーな気持ちになりました。
 綿毛はなぜか優しい気持ちになります。
どくだみ ドクダミの花: どくだみの花が来ると。梅雨が近い。毎年写真を撮り続けていると、 季節の移ろいや歳時記がよくわかります。これで強いにおいがなければ すごくロマンチックな花なのだと思います。

アイリス: 最初この花をみたときは、なんて派手なアヤメだと勘違いしました。
  • =アイリス、あやめ、花菖蒲の違い=
  • アイリス:花の大きさが格段に大きく、複雑な文様や色彩をもつ
  • あやめ:花弁の中心部に、霜降り文様があります。花の色は紫
  • 花菖蒲:花弁の中心部が黄色です
  • キショウブ:花全体が黄色です
  • 菖蒲(しょうぶ):花が咲きません
アイリス

カラー
カラー: 良く、新店舗開業のときなどにみられる贈答花ですね。最初、この花の名前をしりませんでしたが不思議な名前ですね。命名由来を知っておられる方はおしえてください
タチアオイ
タチアオイ:毎年この時期になると撮影しますが、 タチアオイは静岡市の花です。 確か、おやじさん曰く「この花が終わると梅雨明けだ」ということらしいです。
 昨年も同じような花を撮影しているはずです。そういうことは
また1年、生きることができた証拠です
三河、浜松の美味しいもの
 浜松に出張ですとfacebookに書くと「鰻っすか」というコメントが 必ず入ります。でも、今年は鰻が高騰しているから、鰻丼をまともな店で頼むと代替2,200円くらい。ちょっとランチには疑問のある金額です。
豊橋にてランチ
豊橋ホテルアソシアのパスタランチ
豊橋ホテルアソシアのパスタランチ: この写真をfacebookでアップした時に箱屋さんから「豊橋にいたんだ」と メッセージをいただきました。
 実は午前中豊田で仕事して、午後の仕事が先方の都合でキャンセルになったので、豊田で食事せずに、岡崎、豊橋と戻ってきて1時過ぎのランチとなりました。1200円でパスタ1品に前菜バイキングとフリードリンクが つきます。
浜松市のグルメ
浜松餃子+豚骨ラーメン
浜松餃子+豚骨ラーメン: 前から気になっていた浜松餃子。どんなものなのか食べてみたくなりました。特に考えなく豚骨ラーメンを選択。980円だったと思います。
魚あらの活えび天丼
魚あらの活えび天丼:20年前に食べて、こんなにうまい天丼があるものなのかと思った天丼です。再び食べにこれたことは 幸せです。2,100円は少し高めですが、エビ3本野菜+魚天麩羅がのっていて大満足。味噌汁は好みのあさり汁、青さのりの酢のものも天麩羅の油っこさを緩和して美味しさ倍増です。
浜松駅での三色丼
浜松駅での三色丼:かま揚げシラス、生サクラエビ。青さのりの三色丼。1,050円。パンツ屋さんと食べました。
塩サバ焼き
塩サバ焼き:あぶらっこいものたべた後は さっぱりとお魚でヘルシーに。

鯖の思いで:自分はたま~に 鯖に当たることがあります。かれころ6~7年前にO県で講演前に鯖をたべました。そうしたら、「加藤先生さあどうぞ!」といわれた直後にお腹がいたくなりました。
2回くらい猛烈な突き上げをこらえながら1時間講演をやって、途中で休憩をいれて事なきを得ましたが。死ぬ思いというのはこのことです。
それ以来、鯖は仕事の前には食べません
5/14~5/18のコンサルテーション

 殆ど浜松でした。浜松が元気ということはもしかして景気が良くなっているかもしれないです

5/14 この日だけ愛知県
会社のWeb担当者のお顔撮り 会社のWeb担当者のお顔撮り: 結構立派な会社なのですが、HPがありません。したがいまして、HPを おつくりするお手伝いです。Web担当者は取締役の方。うん。責任のある方が更新されるのであるならば大丈夫そうです。
5/15 東海楽器にゆく

雨の一日です。

東海楽器社長facebook写真撮り: 東海楽器の社長様がfacebookに進出されるそうなのでお手伝いです 「足立 庄平」さんといいます。お友達になって差し上げてください。 東海楽器はエレキギター、アコースティックギターの有名メーカー。 東海楽器社長facebook写真撮り
5/16 浜松で2件
かわいい赤ちゃん かわいい赤ちゃん: 午前中は浜名湖方面でfacebook関係のコンサルテーションをさせてもらいまして、午後から浜松市西部に回りました。コンサル現場になぜか かわいい赤ちゃん。撮影させていただきました。

社長の写真撮り: こちらはHPリニューアルのご相談。ヒアリングの後、リニューアル 作業に入りました。そこでHP用の社長の写真撮り。さきほどの赤ちゃんをモデルに使い(お孫さんではない)いい雰囲気となりました。 社長の写真撮り
5/17 浜松でfacebook関連のお仕事
パンツ屋さん パンツ屋さん: この日のお客様ではありません。しかし、パンツ屋さんが「飯でも 食いましょう」と声をかけてくださったので一緒にランチを。 草食系男子と肉食系男子。
 二人で浜松駅のお店で魚を食いました。

最近、多いのですが、「一緒に飯食いませんか?」等々のお誘い。嬉しいですねえ。人生で人から声かけてもらえるなんて幸せじゃあないですか。ありがたくて手を合わせてたくなります。

 パンツ屋さん義理のお父様がなくなったそうで、翌日には49日に ゆかれるとか。
 また、ネット販売が好調で睡眠時間を削っておられるご様子。特に月曜日が忙しいそうです。
 
 ちょっといつもの眼力がなく、仕事が多忙ゆえのお疲れかも・・・

5/18 浜松でネールアート系のお仕事

社屋
社屋: HPのアクセスログを活用した、計数的なHP運用について。

浜松は母の実家です。気質が頑張り屋でさっぱりしている「やらまいか (挑戦)」精神で気持ちがいいです。

浜松に済んでしまおうかな・・
防災トイレ館店長ご家族
 ご家族の専属カメラマンとして(笑い)双子ちゃんの撮影等を 担当させていただいております。
奥様「私達新婚旅行の写真がないのです」
伯爵「まじっすか(汗;」
 いかんせん伯爵もnikonの400mmを新婚旅行にもっていってグリズリーの写真を撮り 妻の顰蹙を浴びましたが、妻の写真も撮っています(笑い;
奥様「あの頃のケンは、写真に興味がなくて。ああこのまま私達は一枚も 写真なしで終わるのかと。でも、興味持ってくれてよかったです」
とのことです。
素敵なご家族
防災トイレ館店長
防災トイレ館店長:そんな話を知ってか知らずか・・・。
奥様「最近ケンが、残業のとき"スルメをかじっているんだ"といっていました」
伯爵「スルメダイエットは僕も効果的でした」
奥様「でも、その前は・・・多分・・・(汗;」 店長「そうなんすよね、コンビニとか近くにあるとツイかってしまうんです」
ダイエットしなくちゃね。長生きして下さい。
双子ちゃんと奥様
双子ちゃんと奥様:奥様はかつて、獣医師の事務所にお勤め だったとか。そのときのお話などを伺いながら旅をします。撮影の合間を縫って双子ちゃんを 車の中から出してあげて、外で遊んでもらいます。
赤ちゃん
赤ちゃん:男のお子さん、昨年12月に誕生。すくすく育っています。 おでこがでているから、賢い子になることでしょう。
りこちゃんもえちゃん
車のハッチバックで遊ぶ双子ちゃん
車のハッチバックで遊ぶ双子ちゃん:もういたずらっこになって、 お母さんの関心をひくために悪さをするそうです。
素敵な家族写真
素敵な家族写真:いま、結婚したくても経済的理由や出会いがないから結婚できない方も 多いようです。でも、結婚はいいことばかりでないけれども、それを 家族で乗り越えてゆくことも人生の一つのようです。 だから、多くの方がこの経験をできたらしていただきたいですね。 このご家族を見ているとそう思います。
双子ちゃんもおおきくなりました
双子ちゃんもおおきくなりました:もうおしゃべりもできます。 かわいいですね。
新富士駅前seriのシフォンケーキ
新富士駅前seriのシフォンケーキ:基本的に防災家は グルメ。甘いものも辛いものもOKそう。撮影会の後、シメはシフォンケーキでした。 そして富士駅まで送って頂き、解散です
双子ちゃんまた会おうね!
5/12 冨士市薔薇園
 撮影途中で富士山が隠れてしまい、ランチ後に富士山撮影を断念 冨士市のバラ園にゆきました。
薔薇の花
赤いバラ
赤いバラ: 薔薇を真面目に撮影するのはこれが初めて、これまであまり被写体に してきませんでした。
ピンクのバラ ピンクのバラ: 本当に薔薇の色彩は多彩で、最近では紫色のバラもあります(撮影したけれど、いまひとつだったので未公開)。

クリーム色のバラ: バラの花言葉は愛、恋、美、幸福、乙女、秘密、無邪気、清新だそうです。う~ん自分には縁遠いキーワードばかりだ(汗;
 もっと厳密にいうと花の色彩によって、花言葉が異なるようですが、 まあ、こんなところで。
クリーム色のバラ

お休みの風景
青空 青空: バラの花を撮影し始めたころは、富士山は雲の中でしたが、 空は快晴でした。でも、次第にかげってきて、最後のころは雲が 天を覆ってしまいました。なるほど天候は下り坂だったのですね。

かわいいわんこ
かわいいわんこ: 公園には人々が集い、三々五々、休日の午後を楽しんでいました。
夢をつかむ少女: 公園の芝生でシャボン玉遊びをしている若い女の子の二人組。 敏感に反応する、りこちゃんともえちゃん。
 奇声をあげてシャボン玉を追いかける双子。そんなときです。 大きなシャボン玉ができました。中空を舞う。それをつかもうとするりこ ちゃん。もえちゃんは別のシャボン玉を捕まえたようです。
夢をつかむ少女

外人のカップルに撮影依頼されました
外人のカップルに撮影依頼されました:防災店長と 双子ちゃんとシャボン撮影しているところ、私に外人の女性がよってきて 写真を見せろと英語で言う。そこで上の写真を見せたら「Nikon! beautiful」だって。
撮影してほしいというので撮影してgmailアドレスを教えて あげました。連絡来るかなあ。待っています。
最後の最後で面白い撮影できました。
冨士市で茶畑よ富士山
 仕事が休みの日曜日。双子ちゃんご家族と富士山撮影にでようよ という話になって午前6時に起き、冨士駅に午前7時半に集合しました。
新茶摘み取り作業と富士山
冨士市今宮の茶摘み作業
冨士市今宮の茶摘み作業:この場所は2年前に撮影した場所。でもカメラマンのマナーが悪く(煙草捨て、お百姓さんに「どけ」とかいう阿呆)撮影禁止になった場所
 ところが冨士市が懇願してコース設定して撮影できるようになりました めでたし、めでたし。私たちが到着した時にも年配のカメラマン集団が撮影していました。いい場所です。 刈りとったところと、新芽が残ったところで色が違います。わかりますか!
これが本当の萌え!ですね。
今宮からの富士山 今宮からの富士山: これが典型的な構図です。今宮らしい茶畑のライン、その向こうに見える富士山。さらには今回は農家の方の作業もはいっていい感じ。ただ、早朝はまったく雲がなかったのですが、撮影開始からどんどん雲が出てきて、 この日は晴れているのに雲に悩まされる日となりました。
でも味が出るように撮影したつもりです。

サクランボ
サクランボ:今宮の撮影場所の近くで見つけました。 咲くん簿ができる気なんて珍しいです。
大渕からの富士山
大渕からの富士山
大渕からの茶畑と富士山富士山:ここも有名なポット。ここで防災トイレ店長が、老カメラマンにつかまる。彼はお年寄りに人気で話しかけられるとつかまる習性があり(老人に優しい)、1時間くらい話を聞いていました。これが後で、ちょっと悔しい想いになるのですが、まあ、いたしかたないです(本当)。 彼の優しい性格なのですから。

奥さん「以前もケンはお年寄りにつかまって」
伯爵「そういえば、浜松城でも説明ボランティアのお年寄りにつかまっていました」(笑い

アヤメ
アヤメ:この時期冨士市ではアヤメが満開で、きれいでした。
お茶の新芽

お茶の新芽:問題は3番目の撮影スポット初めてゆきます。しかし、道に迷う。結構さがしました。そうしているうちに富士山は雲の中 ORZ。
悔しいので3番スポットのお茶の新芽を撮影してきました(笑い。
でも来年来て撮ればいいのです。 楽しみが増えました。撮影のバリエーションもです
双子ちゃんとの撮影旅行まだ続きます
新城、四谷棚田撮影隊
 豊橋市で三遠友の会セミナーがありました。快晴です。箱屋隊長の指導のもと、新城四谷棚田撮影隊がセミナー後、編成されました。
撮影隊メンバー
棚田撮影会のみなさん: 豊橋市から車で1時間半ちょっと、4時20分くらいに豊橋を出て、6時過ぎに到着。結構な山間地です。途中で長篠の合戦史跡や合戦で武田方の有名な武将の戦死碑などを通過しながらたどり着きました。

夜来たら絶対に迷うと思うし、なんといっても、怖いっす。

写真は棚田の上にオートタイマーを仕掛けたカメラを起き三脚で撮影。1回目は駆けつけたものの、坂道にビビって失敗(汗;

2回目は坂道をダッシュ!箱屋さんらは私がこけたら抱きつこうと暖かいお心で待っていてくださいました。
有難うございます。
棚田撮影会のみなさん

棚田は夕焼け気分
棚田は夕焼け気配:昼間はカメラマンが多いそうですが なぜだか夕焼けのいい時間にはカメラマンが1人しかいなかった。
四谷棚田
四谷棚田: いままで、輪島の棚田(石川県、これは27歳のとき)、松代棚田、星峠棚田(新潟)、菊川の千框棚田(せんかまちのたなだ)(静岡)、福知山市大江の棚田、北山村丸山千枚田(和歌山県)をみてきましたがもしかすると最大級かもしれない。
棚田の描く模様は素敵だ
棚田の描く模様は素敵だ: 耕す方は大変ですが、見る方はその造形に感動です。
四谷棚田よさらば
サラバ。四谷棚田
サラバ。四谷棚田:木仙人さんの帰宅時間が近づきました。あの山を越えると実は木仙人さんの自宅なのですが、一度、豊橋まで送り届けます、なぜなら木仙人さんは電車通学だったから。
木仙人さんの自宅もある意味すごいとこなので、午後8時半に豊橋をでないと家に帰れない。
途中箱屋さんは道を間違えましたが7時45分には豊橋駅にいました。パンツ屋号を追い抜いていたのですね。さすがの地元民。凄いです。帰りは1時間くらいで帰ってしまったのですね。
おかげでいいものがみれました。有難うございます。
京丹後市でコウノトリ撮影
 あるときはITコンサルタント、あるときは放浪の旅行者、また、あるときはグルメテロリスト、そしてまたあるときはアマチュアカメラマン
 しかして、その実態は、仕事もするが撮影もする。さて、私は誰でしょう。(笑い。
コウノトリ撮影隊
京丹後コウノトリ撮影隊のメンバー
京丹後コウノトリ撮影隊のメンバー: 福知山から移動して久美浜へ。すると駅にはすでに撮影隊が待ち構えてました。その車に同乗して京丹後市久美浜鴻巣の撮影場所へ。
巣塔のうえのコウノトリ
巣塔のうえのコウノトリ: 日本のコウノトリは一度絶滅しかけた。そこで、隣の豊岡市(兵庫県)でコウノトリを育成し、それを放鳥した。放鳥されたコウノトリは自然交配した。そのペアがコウチャン(メス)とハチベエ(オス)です。
 その二羽が隣の京丹後市に来て繁殖をし始めた。しかし、電柱の上に巣を作るので関西電力が巣を撤去してしまう。そこでjoyokudaさんの夫が、 職人に頼んで巣塔を電柱の隣に立てて、巣を移転した。どうやら成功です。
久美浜湾の夕日
久美浜湾の夕焼け
久美浜湾の夕焼け:コウノトリの撮影後、1日目は 久美浜湾の夕焼けを撮影にゆきました。
崖の上からの必死の撮影: なんたって撮影隊。いい写真が撮れれば崖の上からおちても悔いはない。 というのはウソだけれど、海岸に突き出た浸食岩礁の上から撮影している事実は間違いがない。機材を落とさないこと、自分が落ちないことに最新の神経を配りながらの撮影でした。 崖の上からの必死の撮影

久美浜湾のサンセット 久美浜湾のサンセット: 久々に超望遠をもっているので。夕陽撮影です。最近はなぜか朝日はあっても夕陽がありませんでした。豪快なだるま夕陽を期待したのですが、 最後の最後で夕陽は夕靄の中に飲み込まれてしまいました。残念。

良く朝の早朝撮影会(コウノトリ)
コウノトリ早朝撮影隊
コウノトリ早朝撮影隊:宴会やっても良く朝は早朝撮影会.comeさんと眼鏡さんが抜けて、誕生日プレゼント工場さんの参加した撮影です。京丹後の皆さん随分望遠レンズが豪華に成り、私の80~400mmがかすんでみえます(汗;
巣材を運ぶコウノトリ
巣材を運ぶコウノトリ: この日は3往復くらい撮影できました。 コウノトリは朝の方が活発に飛行するようです。
田んぼに立たずむコウノトリ: コウノトリの交尾を撮影するときjoyokudaさんは坂を登るために野茨を手でつかみ登り撮影に成功したそうです。その写真は新聞掲載となりました。掲載新聞社の貴社は「女性がこんなことするなんて」と驚いたそうです。凄いですね。
 でもコウノトリが。ドジョウや蛙などのえさをついばめる田んぼの環境に関心があります。隣の豊岡がコウノトリ米と言って売っているのだから、京丹後もそうしたらいいと思います。
田んぼに立たずむコウノトリ

京丹後のぺアのふ化成功をお祈りします。
おかげでコウノトリが撮影できました。有難うございます。
そうきゃん丹後の懇親会
 商工会事業と切り離して独自で行われたセミナ。その前夜祭です。
わかめを中心にしたユニークなメニュー
わかめを中心とした懇親会メニュー
まつださんで懇親会 中心は自家製わかめ: このわかめはなんでもまつださんの旦那さまが船でとってきたメニューだとか。
 ご主人曰く「うちの食材は、金はかけないが手間がかかっている」と。 本物食材だから美味い。
おつくり
おつくり: こちらも新鮮でおいしいです。
デザートはそらのアイスとイチゴ
デザートはそらのアイスとイチゴ:ひらやミルクの アイスクリーム屋さん「そら」。アイスは何が来るのか不明。私はイチゴでした。
記念撮影
京丹後の方がたとの記念撮影:まつださんが動いて しまった(泣き;
夜の久美浜湾
夜の久美浜湾: とても静かな久美浜湾。まつだの二階から撮影。
時の宿まつだの朝食
時の宿まつだの朝食
時の宿まつだの朝食:わかめを炭火で焼いてたべる。 香ばしくてうまい。磯の香りがしていい。早朝撮影やるとお腹が減るから 最高の朝飯。ご飯は土鍋。誕生日プレゼント工場さんとの朝食
まつださんごちそうさま
pizzaとパスタのイタリアン対決
 福知山市にfacebook研修で行ってまいりました。そのなかで 商工会も伯爵がグルメでかつ、写真撮りするのでランチレストランには 苦慮したようです。でも、そのおかげで会員企業や地区企業の素晴らしい 味とお店の雰囲気を知ることができました。仕事=勉強です。
先攻 大江町の結婚式場OZのランチ
福知山市OZ
福知山市OZ: 福知山駅から特急で一駅先の大江町。さらに車で20分くらいの山間地にOZはあります。本来は結婚式場だったのが廃業、その建物をOZが購入 結婚式場+レストランでスタートです。
 大江町から山間地を車でゆき棚田のなかにOZはあります。
チャペルのあるOZとYoshiyuki Nakagawa
チャペルのあるOZ:とオーナーのYoshiyuki Nakagawaさん。facebook上にいますのでお友達登録もありです。
野菜たっぷりのスープ 野菜たっぷりのスープ: 大江町の野菜をたっぷりと使ったスープ。美味しいです。天気もまだ このときは青空が合って気分いいなあ。

柚子シャーベット
自家製パンは:ローズマリーが入っています。見抜いたときは海原雄山気分でしたフハハハハ。デザートは柚子シャーベットです。
ホタルイカと青菜のパスタ
ホタルイカと青菜のパスタ:季節がらホタルイカをチョイス。美味しいです。
三和(みわ)町のkyla(カイラ)

カラスアゲハ舞う屋真上のレストラン: 三和町自体が田舎ですが、さらに山間地へ、そして、自動車教習上の坂道発進とS字カーブを足したような道をのぼりつめるとそこは山上のレストラン。澤から登る空気が清浄で気分いいです。カラスアゲハも風に吹きあげられて下から舞いあがってきます。 カラスアゲハ舞うレストラン

ジャコウアゲハ
ジャコウアゲハ:黒いアゲハの一種で、初見です。 とてもうれしくなって食事中も待ってくると撮影にゆきました。 なによりしっぽが長い。
ハーフアンドハーフランチ
ハーフアンドハーフランチ:サラダがでて 前菜がでて、ドリンクがついてデザートもつく。おまけにピザとパスタが 食べられるお得なランチ。外のテーブルもあって。気分と空気および天気もいいのでお外で食べました。
 デザートはアイスティーとパンナコッタです。
石釜で焼いたもちもちしたピザ 石釜で焼いたもちもちしたピザ: いやあ、ここ1年で食べたピザのなかで一番美味しいピザでした。 なんだかナンを食べているかのような錯覚を覚えます。

東京から移住してきたオーナー

東京から移住してきたオーナー: 奥さんはなんでもフィリピンの方みたい。でも日本語は通じますよ。 何か国かはバイリンガル見たいです。わんこの名前は小太郎君です。 ぜひ来てみて損のないお店です。ちなみにお店の名前kylaは娘さんの名前らしい。
 子供さんが小さいため日曜は休み、夜は予約のみ営業だそうです。
さあ、どっち
5/7~5/12 講演紀行
 普通5月は暇なんだけれど、結構お声掛けいただき嬉しいです。
5/7~5/9 福知山市商工会facebook講座とfacebookコンサル
福知山市商工会facebook講座
福知山市商工会facebook講座:5/7~5/8二日間 。facebookページ作成講座でした。例によって満員。有難うございます。
facebook講座受講生と商工会職員
facebook講座受講生と商工会職員: 3日間で2日(午後7時~10時まで)のセミナー2本。コンサル4件。
福知山市三和地区
福知山市三和地区:福知山市商工会は3つの商工会地区が福知山市に合併されてできた商工会。でも、3つの地区がそれぞれ 飛び地になっているから移動がやっかい。
 福知山駅前のホテルに宿泊しておき、コンサルは三和地区と夜久野地区。セミナは大江地区と移動しますがそれぞれ中心部から約20分くらい車でかかります。
 よって、10時セミナーが終わっても、帰ってくるとだいたい10時40分、 ここで風呂に入って速攻寝て、朝6時に起きて、facebookとブログ、 前日の部下からのメール返信に1時間30分ほどあて、朝食30分、ひげそり風呂に20分つかうともう出撃時間となります。
 ちなみに伯爵のひげは濃いから、上下それぞれ2回ずつそり返しをしないと夕方にはモウモウ(w
診断企業でみかけたにゃんことわんこ
柴犬 柴犬2匹、猫、ビーグル犬: 全部同じ家のわんことにゃんこ。園福自動車様を訪問した時に撮影させていただきました。ちなみに黒い柴犬は性格があらいらしく要注意みたいです。若い柴犬は甘かみしてきます。猫はマイペース。ビーグル犬は年寄です。
5/10 京丹後市facebookページ作成セミナー
そうきゃん丹後メンバーのオリジナルfacebookページ作成講座
そうきゃん丹後メンバーのオリジナルfacebookページ作成講座:京丹後ではポータルサイトも解散してしまったり、IT普及も私と一緒に勉強した人が結局ブログもHPもfacebookも更新している。どうしてなのかなあ。と思っていました。そうしたら、 藤井先生がとりまとめてくださり、facebook仲間が15人も集まり、私を 呼んでくれることになりました。有難うございます。グループ名はそうきゃん丹後
そうきゃん丹後メンバー
そうきゃん丹後
そうきゃん丹後メンバー:解散したポータルサイトの 名称がそうきゃん丹後。講座途中、嫁に行った牧場娘さんが子供を連れてきて、皆さんに顔見せ。お会いできてうれしかったです。 鳥取からの三浅さんもありがとう、宿泊担当のまつださんも有難う(お弁当も)。
 また、講座のお弁当は、まつださんちのバラ寿司。これは京丹後市網野の名物料理なのです。
バラ寿司

 京丹後は撮影会2回、懇親会、6時間のセミナーがほぼ1日で行われました。

 このほか、京都遠征の4日間で350枚以上の商品写真などを撮っていました。

5/11 地元でコンサルテーション
5月11日は地元でコンサルテーション

5月11日は地元でコンサルテーション:お客様は CMS支援をご所望で、HPリニューアル支援をしました。
 前日までの出張がダイハードだったので、午後からは残務整理や 簡単なレジュメをつくりながらボケ~ッっとしていました。
 写真は自分で作った朝食で、といっても妻が昨夜のすき焼きを 残しておいてくれていたのでミニすき焼き丼。味噌汁は自分で作りました。春キャベツ+ジャガイモ+玉ねぎの味噌汁です。
5/12 三遠友の会
三遠友の会
三遠友の会in豊橋: 数人展示会出展などでおやすみながら10人集まってくれました。有難うございます。
皆さんとお会いできるのが私の生きがいです

5/6 午後から雹が降るも午前は晴れ
 静岡は午後から雹が降りましたが午前は晴れ、気温も上昇。 だいたいGW前半部で撮り終えていましたから、さして撮りたいものもなし。ハナモモの里阿智村は遠すぎます。
7時半に起きて朝食を作る
朝食の春キャベツのスープ
朝食の春キャベツのスープ:妻が7時に起きた気配がない。だらだらしているのが嫌なので眠くないときはさらりと起きて少し facebookへの対応。そしたら、ブログが発信していなくて焦る。たまに やるんだよね。タイマー設定ミス。
朝食を作りました
朝食を作りました:まず、鍋2つに水を入れ湯を沸かす。もう1つ ヤカンを沸かす。小鍋に卵二個(10分)、もうひとつは野菜スープ用。 ヤカンの湯はコーヒー用
だいたいこの料理2人前(子供たちは野菜を食べないから別メニュー)だった30分で作ります。
茶畑の撮影 静岡市新間
静岡市葵区新間地区の茶畑
静岡市葵区新間地区の茶畑:最初は丸子路にゆこうとおもったが、なんだか蔦の細道が感性にフィットしなかったのでパス。 ネットで調べて30秒。静岡市葵区新間地区に天までとどくような茶畑があるらしい。バスでゆく方法もあるけれど地図見てママチャリで。片道1時間でした(登り)。
新茶刈りとりシーズン
茶刈りのシーズン
茶刈りのシーズン:思い立った理由はfacebookやブログ。お茶農家の人や茶商の方、急須の茶や茶道具にばかり神経がいっていて生産現場の写真が悪いけれどいまいち。これではネット上などでも迫力が出ないじゃん(静岡弁)。撮っといてやるずらよ。
茶刈りのシーズン 茶刈りのシーズンII: 静岡県の茶畑は急こう配の中にあることが多い。
したがって生産性が悪く、鹿児島県などの茶農家に比べて劣勢にあるとか。だったら「天空の緑茶」とかブランドを作ればいいのになあ

おらっちに(またまた静岡弁)まかせてくれりゃあ、はあ、すぐ飛んでくのにね。 (訳:僕に仕事任せてくれれば、すぐに処置して結果を出す自信があるんだけれどね)という意味です。

特にコンデジで適当に撮っているからだめずら。発色、露出等々じれったい。


ちなみにまんなかの赤いラインは溶射屋さんが萌えているモノラック。モノラックとは軽モノレールであり、急こう配の茶畑やみかん農家の農作業用の運搬用モノレールです。ときに人が乗るケースもある。

茶畑のラインに萌: 茶畑撮影の妙の1つに茶畑の描くラインがあります。次に陰影、新緑の美しさ。青空とのコントラスト、作業する農家の方々の力強さなどなど。 このケースは茶畑のラインにポイントを絞って撮影。 茶畑のラインに萌

茶畑のライン
茶畑のライン :もっと良く探せばもっと面白いラインや風景が絶対にあるはず。来年への課題としましょう。
新緑の茶畑
新緑の茶畑:この茶畑も。山の北側斜面を すべて茶畑にしている。新緑が目に鮮やかだなあ。
新茶の若葉
新茶の若葉:これが刈りとられて美味しいお茶になるのですね楽しみです。
帰りは下りなので40分で家にたどり着きました。
伊豆、葛城山からの駿河湾と富士山
 静岡から1.5時間の山頂。駿河湾ごしの伊豆からの富士山です。
駿河湾ごしの伊豆からの富士山
駿河湾越しの富士山
駿河湾越しの富士山:ちょっとした手違いである ツアーに参加できなかったので、思い切って。来ちゃいました。どうせ晴れているんだもの。早く起きたしもったいない。 気持ちいでしょう。これ撮って納得です。
ツツジ山からの富士山
ツツジ山からの富士山:もうひとつの狙いがこれ。 ツツジが満開の情報もネットで入手していたので、良く週の日曜日にでも 撮りに来ようと思ったのですが、これで満足です。
ツツジと富士山と駿河湾
ツツジと富士山と駿河湾:これほど豪快な富士山の風景があるでしょうか。近くによれば富士山は大きく豪快になる。しかしこの風景は富士山だけでなく遠く南アルプスまで一望できる景観です。 前景にツツジ、中景に駿河湾、そして主役が富士山、後ろの控えが 南アルプス。
ツツジ
ツツジ
ツツジ:ツツジをとったり、富士山を撮ったり、蝶を撮ったり贅沢な時間です。実は2年前もきているのですが、そのときは 山頂に着た途端に富士山に雲がかかり、雲がどくのを1時間以上待ったことがありました。今回は気持ちよく撮らせてもらって感謝です。
野性蘭
エビネ エビネ: ラン科の多年草。本来は野性の蘭ですが、この頂上で栽培しています。 暗いところを好むようで日陰にあります。この花を撮る方はほとんどいません。美しいと思いますがいかが思われますか?

シュンラン: この蘭も森の中、林の中、川べりなど少し湿気がある日陰を好むような 気がします。でも、森や木陰の下にこのはなを見るとなぜか少し得をした ような気がするのも私だけでしょうか。 シュンラン
経路
静岡→三島→伊豆長岡→葛城山ロープウェイ
帰るころには車の入庫待ちや、ロープウェイに乗るだけでもビルの外に 行列ができていて、やはりGWは早起きして速攻にでないと駄目だなと思った次第でした。
プランAは楽しみしていて残念でした。お酒も持って人に会いにゆく予定でした。でもまあ、その代償がこれなら満足としましょう。
5/5 子供日、充実していました
伊豆、葛城山にいってきました
 伊豆葛城山は伊豆長岡駅と三津シーパラダイスの中間にあり、山頂には 北条氏と武田氏が争った城があり、そこまでロープウェイで登れます。
 静岡から1.5時間くらいで、山頂のツツジと駿河湾の見晴らしが楽しめます。
ツツジ
青空とツツジ
青空とツツジ:殆ど雲がない快晴状態。雨上がりで 気持ちのよい天気となりました。
青空とツツジII
青空とツツジII:やっぱり花の撮影は、なんといっても青空が良く似合いますしきれいに発色してくれます。
山頂は蝶の天国
カラスアゲハ
カラスアゲハ:この日は本当に蝶が楽しそうに山頂をまっていました。私が観測しただけでも、この他、アゲハ、キアゲハ、 アオスジアゲハ、モンシロチョウ、ヒョウモン。シジミチョウなど で蝶の専門家だったら10種類は識別できたでしょう。
キアゲハ
キアゲハ:通常のアゲハと違うのは少し黄色が強いということと、型の紋章が黒く塗りつぶされていること。
ツマグロヒョウモン
ツマグロヒョウモン :豹のような紋で、ツマ(端)が 黒いからツマグロヒョウモン。
クマハチ
クマンバチ:山頂ロープウェイ駅にクマンバチがいますが、人を襲わないので、という書き出しがありました。自然に無知だと 怖がって攻撃してしまうととか、公園管理人に「退治しろ」とかいう愚かな行為があるからでしょう。
三島蕎麦
三島蕎麦(かいわれそば500円):三島蕎麦はなんでも駅そば日本一に選ばれたそうです。葛城山の帰りに三島駅で食べてみることにしました。 食べた感想として、確かに駅そばとして出色。しかし、松本駅1番ホームの特上ざるそば450円のほうがうまい。
 確かに蕎麦の分量が他の駅そばより多い。これは事実。だから美味しい。だが、たれが甘すぎ。甘党の私が言うから辛党にとっては甘すぎだ。 もっと改善すれば日本一にふさわしいそばになるだろう。
あしたも続くよ(本命の被写体)
GW中の撮影
 春の山中湖遠征もあったのですが、GW中に色々撮影しておりまして、 その写真も公開したいと思います。
雨の3日間
花と雫
花と雫: 2012年のGWは4月28日~29日が撮影最適日であり。30日は曇り、1日は 途中から雨それ以降は3日まで雨でした。
 これは母が育てている花に雨の雫がしたたっている様を三脚を立てて 撮影したものです。
雨に打たれて
雨に打たれて:雨に打たれて頭をたれる。 花も植物にとっても恵みの雨だろうに、でも。その重さは計り知れないものがあるかもしれない
ジャスミンの涙
ジャスミンの涙:これはお隣の壁面に伝っている ジャスミンの花。この時期とても良いにおいがします。 いつか撮影しようとしていたのですが機会がもうけられずにのびのびになっていました。
スーパームーン
 変わって、5月5日。前日あたりから晴れ始めて「ああ、満月になるな」と思っていました。
スーパームーン
スーパームーン:そんなおり、facebookをやりながら youtubeを流し、その合間にブログを下書きしていたら、facebookに 見ず知らずの方からメッセージが立ち上がります。
  • =会話の内容=
  • 香織さん「スーパームーンをとってもらえますか?みたいです」
  • 伯爵「金環日食なら5/21ですよね」
  • 香織さん「いまです。いままさにです」
あわてて、サンニッパとテレコン、三脚、Nikon D300をつれて外に出て撮影した1枚。
2012年5月5日はスーパームーンの特異日です。 スーパームーンとは月の軌道として地球に最も接近する状態で、もっとも大きく(14%)見えて、通常の月よりも明るく見える(13%)現象です。

ブレッド&バター あの頃のまま :若いころ有名な デュオでした、でも興味がなくて聞かずにいたのですが、たまたまyoutubeを聞いてみて素晴らしい曲だったので、GW中はまって何回も 聞いていました。作詞作曲はユーミンです。
雨の日のGWはfacebookと写真と読書

カテゴリ

ウェブページ

links