2012年7月アーカイブ

6/30 松本創造館にてweb、facebook戦略セミナー
 糸魚川、上越、伊勢崎、蒲郡などから遠路お越しいただき有難うございます。協賛がない貧乏講座だから。講座企画、設定から広告宣伝まで当社でやりました。
 21人募集があって(一応満席)でも前日と当日キャンセルがあって-3人。 でも、飛びいりなどもあり。17人のご参加有難うございます。予想外の 募集に大満足です。

いらしゃいませ。松本へ
 この講座、箱屋さんの「蛍撮影のために、講座をつくって欲しい」といいう要望で始まった講座。だから「講座の内容はあまり期待していない」空気がありましたが、実はどっこい。自分的には「遠路、時間と金を出して来て くれるんだから。だるい講座はできない」と今まで以上に内容の濃さに 執念を燃やしていました。 自分にはそのくらいことしかできません。

松本セミナーの皆さん1
松本セミナーの皆さん:北原さんからも「塩尻で5月にfacebook野話を聞いていたから同じだと思っていた」とか 「蛍撮影の前座だとおもっていた」だけれども「予想以上だった」との評価。有難うございます。
 上段の方がわからないと思うので解説を。
  • =上段の方=
  • 中:高遠饅頭の赤羽さん、昨年の伊那・駒ケ根でのfacebook講座の受講生
  • 右:赤田工業さん、安曇野で真空装置を作っている。以前からのWebコンサル先

松本セミナーの皆さん2
松本セミナーの皆さん2:中断の皆さんについて解説します。
  • =中段の方=
  • 左:河合さん、沼津で金網の工場を経営している。動物をとらえるネットだとか 、壁面緑化分野に力を注いでいる会社の社長さん。インテリタイプの紳士です。
  • 中:松本峰利さん、恵那で三坪農園を開発する業者。 以前はSEだった
  • 右:大森さん、嵯峨野屋さんというとわかるかな。京都出身で 恵那在住の木仙人さんのお仲間
 岩崎さんは今回もお菓子の配給がかりで・・・。いただいたお菓子の分配は彼女に任せておけば殆ど間違いがありません。
 ブログ登場初めての河合さんはなかなかの方で、人物の器量は溶射屋さん級。そこでわかりやすく人に説明するときには 「溶射屋さんを長嶋だとすると、河合さんは王だよっ」て話をします。すると大概、皆さん理解してくださる。

皆さん有難う
松本創造館セミナーでの集合写真
松本創造館セミナーでの集合写真: よく集まってくださいました。有難うございます。一所懸命、講座、 練りました。もし1つでもお役にたつ話があったならば、光栄です。
皆さん感謝です!
6/30 日野春オオムラサキセンター
 パンツ屋さんと静岡を出たのが午前4時、ナビではそのままはしると 10時前に松本についてしまうことが判明。それでは時間を持て余すので オオムラサキの撮影を提案しました。
 オオムラサキセンターは普段AM9:00会館らしいのですが、 準備が整えばあけるそうなので(指定管理者制度の恩恵)、 8:30にはいれました。
睡蓮沼
睡蓮沼 睡蓮沼:1時間ほどオオムラサキセンターの開館までの時間がありますので、車を駐車場に止めて同センター内にある敷地に睡蓮が毎年咲くので撮影にゆきました。
この時間ならではの色彩で写りこみがとれました。
睡蓮
睡蓮:ここの睡蓮は赤。長い球をもっていなかったのでどうしようかと思っていたら、パンツ屋さんが葉っぱの中から足元に睡蓮を見つけてくれました。さすがに目がいいパンツ屋さん。
北杜市オオムラサキセンター
オオムラサキセンター
オオムラサキセンター:左上からヒョウモン、 オオムラサキの幼虫:牛のような顔している。左下はオオムラサキの羽化。右の写真はスジグロ蝶。モンシロチョウではありません。
オオムラサキの開翔 オオムラサキの開翔: オオムラサキのオスは鮮やかな紫色の羽を持っています。きれいに開翔してくれました。

オオムラサキ
オオムラサキ:休憩中かなあ。
パンツ屋さんはオオムラサキ撮影初めてだろう!
6/30 松本のオリジナルセミナーにゆく
 箱屋さんがオリジナルセミナーを松本近辺で開いてくれという要望があったので開催。募集はfacebookとWebでのみ行いました。ほぼ、満員だったのでよかったと思いました。来てくださった方、本当に有難うございます。感謝!
 さて、貧乏講座。どうやって松本にゆこうかと腐心していたら、パンツ屋さんが察したか?「静岡までお迎えにゆくであります」とおっしゃってくださいました。集合時間は?ときくとなぜか「早朝4時に自宅までお邪魔するであります」と
 本当に4時ジャストに黒塗りのセダンに乗ってやっていらっしゃいました。前日まで5日間の愛知県出張だったので、事務処理もあって深夜まで部下からの報告や対処に追われ睡眠時間は4時間くらい。 大丈夫か私!
 このあと講座もあるし、撮影会や懇親会もあるけれど、皆さんの誠意に 報いるために・・
52号線を北上
パンツ屋さんとの旅


パンツ屋さんとの旅:「先生を安全に届けるため安全運転します。だから4時集合であります。」とおっしゃったけれど どうなんだろう。彼の真意はよくわかりません。いずれにしても ありがたいので、旅を始めます。
諏訪湖インターチェンジ
  • =松本への旅=
  • AM 2:30 パンツ屋さん浜松を出発
  • AM 4:00 伯爵と合流、静岡出発
  • AM 5:30 静岡→清水→52号線(おにぎりで食事)→韮崎
  • AM 7:30 日野春→オオムラサキの撮影→9:30日野春発
  • AM10:00 諏訪インターで休憩、黒カレーパンを食べる
  • AM11:40 山形村で山梨チームと合流 蕎麦をご一緒
 静岡を出た時はどんよりとくもっていたのですが、山梨に入ると 晴れ間が見えて快適なドライブ。全然眠くありません。諏訪湖インターチェンジで休憩をとりながら山梨チームに合流すべく連絡をとります。
新潟チームと長野チームは蕎麦をどこかで食べているはず。 とりあえず静岡チームは山梨チームと合流。スマホで蕎麦屋を探したり、 お互いの位置を確認しながら無事合流です。
山形村、そば屋水舎
千紗さん真理子先生
千紗さん真理子先生:お二人とも かわいいですね、久し振りにおあいしました。
水舎そば大盛り


水舎そば大盛り: いままでだったら天麩羅を必ず頼んでいたのですが、溶射屋さんの影響か、あるいは、ダイエットの効果なのか蕎麦の時に天麩羅を頼む確率が減りました。そのかわり大盛りにしました。1,200円。美味しいですし。 お腹も満足でした。山形村は松本市の隣の村で長芋や蕎麦産物です。
 以前、土木業者が蕎麦に業種転換するというのでコンサルにいった経緯があり存じ上げていました。
吉野さん、パンツ屋さん、千紗さん、真理子先生
吉野さん、パンツ屋さん、千紗さん、真理子先生: 久し振りにお会いできて光栄です。いいなあ。楽しいなあ。
丸山千紗さんサービスショット
丸山千紗さんサービスショット: 千紗さん素敵ですよ。新しい暮らしは好調なようですね。
講座の準備のために松本市創造館に急ぎます
6/27 9年ぶりくらいにフグをいただきました。
 ふぐは高級食材です。私のような庶民がめったに口にできるものではありません。
 講演の依頼主と会場をご担当いただく商工会議所のスタッフの方と ご一緒でした。場所はふぐ料理専門店浩福
ふぐデラックスセット
ふぐかわ
ふぐかわ:なるほど、皮まで無駄にせず 突き出しにつかうのですね。
日本酒、上々に候
日本酒、上々に候: 最初は皆さん似合わせてビールを行っていました、ここはやはり日本酒で ふぐを味わうべきかと・・。。
テッサ>
テッサ: ふぐの唐揚げのあとはテッサ(ふぐ刺身)がでてきました。美しいです。
テッサにポン酢をつける テッサにポン酢をつける: 美しいふぐ刺身に薬味を挟み。ポン酢をつけて食する。さわやかな ふぐの肉の弾力が口の中ではじけ。至福のひと時を感じます。

ふぐちり
ふぐちりの食材:いよいよふぐちり鍋が始まります。 わくわくしますね。この肉は2匹分だといいます。
ふぐちり、紅葉おろしぞえ
ふぐちり、紅葉おろしぞえ: やわらかで癖のない肉はなんともいえない。さわやかな風味を口の中に残し静かにのどの奥に消えてゆきます。
ふぐ雑炊
ふぐ雑炊の準備:最後のふぐ雑炊の準備に入ります。 卵をといていれます。
ふぐ雑炊
ふぐ雑炊の準備:卵の甘みとふぐちり鍋のうまみ。 ご飯のやわらかさが一体となってえもいえぬうまさが感じられます
ごちそうさまでした
6/25~29 尾張食事図鑑
 尾張地区、江南市、犬山市、津島市、一宮市、稲沢市を4泊5日の 旅をしました。
 予備知識なしでの旅。どんな食生活だったかをお届します。
犬山駅前の食堂にて
焼き豚定食
焼き豚定食:江南市で駅前に店がなく昼ごはんに困りました、そこで通りがかったTAXIの運転手さんに「上手い店しらん?」と聞くと運ちゃん「うちらはここでは食わん」と・・・、唖然。
 そういった意味で、喫茶店で焼きそばをちと食べただけ。定食ものを 食べたくて駅前へ。オムライスも魅力的だったけれど、ちょっとカロリーが高そうなので、これを。見かけによらずに美味しかった。
犬山市 ねこていの手羽先
ねこていの手羽先
ねこていの手羽先:犬山市は猫屋などなぜか猫にちなんだ店名が多い。実はねこてい、セミナーの受講生。よい質問を出して講座を盛り上げてくれたし「あなたの講座に30分遅刻して損した」といって くれたので犬山城の撮影の後寄ることに。
 なぜ手羽先かというと、facebookに愛知県にゆくと書いたら「 手羽先を食べるのだな」というコメントが当たっため。
桃のハイボール 桃のハイボール: ねこていの看板メニュー(なのかな?)。理由を聞くと、ありきたりの メニューが嫌で、犬山独特のハイボールを作りたかったからだと。 まずまず美味しい。
一宮本通商店街の洋食屋メルシーの1日8食限定のハンバーグ定食
洋食屋メルシー
洋食屋メルシー:尾張一宮の商店街を歩いて ランチ場所を探すが、なんだか心にフィットしない。そこで少し路地に入ると面白そうな店が。オムライスに食指が動くが我慢。
パン。おかわり自由:店に入ると坊主頭の兄ちゃんが店をやっていた。料理は基本独学らしい。自家製パンだとか。これは おかわり自由。 パン。おかわり自由

フォーク
洋食器:料理が出てくるのが楽しみです。
1日8食限定のハンバーグ定食
1日8食限定のハンバーグ定食: デミグラスソースが黒く。こくが合って美味しい。 メルシーにいったとfacebookに書いたら。地元の方に「あなたは嗅覚が凄いですね」と言われました。
偶然ですが「ヤッタ!」。

一宮市はモーニング発祥の地
さくら亭のモーニング
さくら亭のモーニング: 講演の主催者である金融機関職員から「日本のモーニング発祥の地は 一宮です」と聞かされていました。また商工会議所の方から、モーニングマップを渡されていました。
 モーニングの起源は織物工場が盛んなころ、工場が機織りの音で うるさいため喫茶店を商談スペースに下かららしいです。そこで、 常連に対するおまけという意味でモーニングが発生した次第。ガチャマン (機織り機を一回ガチャとやると、1万円もうかったということ)景気は 去りましたがモーニングが残りました。
最終日、ホテルで朝食を軽く食べて一宮の町を出てランチ用にモーニングを食べようと思い探しましたが、感覚がフィットするモーニングに出会いませんでした。
前日、一宮の商店街を歩いていたときに、面白いモーニングを行う店をみつけてありましたので、モーニング終了の10分前の10時50分に入り、モーニングを注文しました。
 オムレツ風味のモーニング、アイスコーヒーの価格で370円。いまどきこの価格と驚きました。味もおいしかった。
ところかわれば品かわる
6/27~28 尾張一宮を訪ねる
 尾張一宮に都合2泊しましたので、合計3回撮影できました。
 ご存知のとおり、ホテルを10時に追い出され、ゆく場所がありません。 遊んでいるのではなく、町を歩かざるを得ない。
 無論、時間を無駄にしたくないので講演に役立つ取材をしようと思いました。
尾張一宮本通商店街
八百屋さんの活気
八百屋さんの活気:尾張一宮は尾張地区で中核となる都市。そのメイン商店街である本通商店街です。
 その八百屋さんは店の前の道路いっぱいに商品を並べています。 凄い活気です。
空手チョップ
空手チョップ:尾張一宮の商店街はなぜか 昭和レトロの匂いがします。 自転車のおっちゃんがいいでしょう。

一宮市役所
一宮市役所:大正時代に建てられた古い建物。 面白い商店街だけれども、午後6時になると一斉にシャッターが下りるのは残念でならない。

真清田神社
一宮市真清田神社
一宮市真清田神社: ますみた神社といいます。この神社は一宮市民に愛されていて、 朝からひっきりなしに参拝の人が訪れます。こんな信心深い人たちを もつ神社は初めてです
神社の境内
神社の境内: とにかく歴史がありそう。そしてきれいな水。尾張の地は初めてでしたからとにかく驚きの連続でした。
一宮本通商店街
夕焼けの教会
夕焼けと教会:二日目の講演後にもう一泊するので 一宮に泊まりました。天候も良くなり夕焼けがきれいでした。
コーヒードリンク
三八屋のコーヒードリンク: 三八屋は一宮市のfacebookカフェとして有名らしい。そのコーヒードリンクは苦くてコーヒーの味のするアルコール。不思議な味がした。
尾張一宮の町を歩いての感想は次の通りです。
  • 空き店舗などのある地帯が合って頑張って欲しいと思った
  • あるいているおばちゃんや商店街の主の顔が昭和の香りがする
  • 物価がとにかく安い
  • 自動車の運転マナーが良く歩行者保護の精神に優れている

尾張一宮には大きな本屋がある。洋食の文化も盛ん。犬山には大きな本屋、カメラ屋さんもない。どちらかというと居酒屋さんや食堂が多い。
三河と尾張の違いも強く認識しました。
私は箱屋さんや中古パソコン屋さんとの付き合いが深いから、彼らが愛知県人という認識を強く持っていたけれど。全然違う。地元の方によると「大阪人」と「京都人」のような違いがあるそうです。打てば響く感じの三河人。相手をじっと観察しているような尾張人。
日本にはまだ経験しない地域と人々がいます。まだ修行が足らないようです。

よい経験でした
6/25 犬山夜景
犬山城下町夜景
犬山城下町夜景:江南市から名鉄に乗って 回ってきました。ホテルにチェックインして、夕飯を駅前で食べて 城下町を歩くことに。でも、ここで失敗に気がつく。
 それは犬山城下町は午後5時になると殆ど店を閉じてしまう(観光協会談)のです。でも、ままよと歩き始めてみると皮屋さんが空いて いたためなかに入ってみることに。実はカメラバックのショルダー部分の パッドにひびが入っていて気になっていたのです。1000円払って、 皮に交換してもらう。
6/26 銀明水を訪ねる旅
銀明水を訪ねて犬山散歩
銀明水を訪ねて犬山散歩: 犬山に前夜から泊まっていて、午前中に空き時間がある。午前10時にホテルをでなくてはいけない。でも、講演は午後1時半からです。
 観光協会もらったパンフレットに銀明水という文字が。金明水も あるらしいですが、とりあえず銀明水を見てみようと思いました。 しかし、どこにあるのかわかりません。地図から言うとこのあたり。
奥村邸
奥村邸: 近くに税理士事務所があり、その主らしき人が外に出てきたので、聞くと 奥村邸のなかにあるとか。古民家を改造したフレンチレストラン なり多が営業しています(なんと、この関係者が午後の講義にいらっしゃいました)。
銀明水
銀明水:織田信長が飲んだといわれる銀明水。 清冽に迸る水。水がきれいな街という印象が強く残ります。
昼の犬山城下
昼の犬山城下: 昼と夜では犬山城下のイメージが異なります。きれいな昔の街並みが残ります。
黒毛和牛すき焼き定食
黒毛和牛すき焼き定食:ここによる前に小島酒造という酒蔵(荵苳酒)が合ったので気になって寄ってみました。ところが、女将らしき年配の女性が「なにしにきたの?」という感じででてきてうろんな目で私を見ます。
 試飲できるのですかときくと「NG」、酒蔵見学できるのと聞くと秘伝があるから「NG」、中にある看板撮影していいときくと「NG」。試飲できない酒蔵なんて全国ひろしといえでも聞いたことがありません。なんじゃこりゃという気持ちになって。買わずに外にでました。わからないものは変えないですよね。
 気を取り直して昼食を。750円だったかな、美味しいすき焼き定食が食べられました。隣は看板のない豆腐屋、100円で辛し豆腐を購入。これもおいしかったなあ。
犬山城夜景
犬山城夜景
犬山城と屋形船:昼のうちに、この場所とあたりを つけて、夜を見計らって撮影にでました。ロケーション的にドンピシャ。 これで晴れていれば、そして三脚を持っていれば最高でした。
 ISO感度を800にあげて、手ぶれを防止しつつ撮影している途中に 屋形船を動きました。ラッキーです。
犬山城下素敵です
2012年6月25日~29日 4泊5日のセミナー旅行
いちい信用金庫が愛知びじねすパークいざ検索に加盟していただけることになりました。そのため、加盟者募集のセミナーを開催してくださる運びとなり、愛知県の尾張地区にいってきました。尾張地区は初めてです。

犬山の格子窓の城下町
犬山の格子窓の城下町:犬山に二泊しました。意外に古い街が多く、ホテルなどの設備がある街が少ないのです。人口は平均すると10万人前後だと思われます。
江南商工会議所でのITセミナーの様子
6/25 江南商工会議所でのITセミナーの様子:初めて尾張で講演させていただきました。自分の予想としては、浜松人や豊橋、蒲郡などの三河人、豊田などの方々を拝見しているので似たような雰囲気の方々かと思いましたが、実は違った。
遠州人は、とくに打てば響く。三河人は気軽に話ができる感じ。でもちょっと違う。なんともいえない雰囲気や違和感があって、久しぶりにうまく噛み合わわなかった講演会にしてしまいました。申し訳ありません。

犬山商工会議所ITセミナーの様子
6/26 犬山商工会議所のITセミナーの様子:前日のような失敗はゆるされないなあ。とプレッシャーを感じていました。ところが今回は受講生に救われました。
前に座った受講生から、数人良い感じの質問をだしていただけました。そうすると、その方々の実情に踏まえたIT活用の方法をご提案できるなど、具体的に踏み込んだ話ができました。
腹のさぐりあいですと、前向きな話ができません。その御蔭で、会場の雰囲気もこなれてきてアンケートの結果も良かったようで、ほっと胸をなでおろしました。

私はしゃべくりがうまくないので、顧客との対話が楽しみであり、そこからの一緒に講座を作り上げてゆくタイプの人間です。やっとコミュニケーションがとれたのでほっといたしました。
特に一番まえに座った方が、実は、この日の尋ねた銀名水という清水のあるレストランの関係者。そして、そのとなりに座った方が、私が前日、その居酒屋のまえに5分佇んで入るか入らないか真剣に迷った店のオーナー。その体験を踏まえて、なぜ、店に入らなかったのか、そのときの印象などとIT活用の必要性をお話させていただいたのです。

津島商工会議所のITセミナー
6/27 津島商工会議所のITセミナー:犬山から50分ほど名鉄で移動しまして、津島という桑名の横ともいえる地域に移動。セミナーを行いました。写真のとおり、後ろは居並ぶ銀行員の方々。ちょっとプレッシャーでした(汗;
特に前半部は受講生の様子がわからず、ちょっとまずいなあと思ったのでしたが、過去2日の経験から、「尾張の人にアプローチする場合には急ぎ過ぎてはいけない」と自戒しながら、丁寧に説明を行なってゆくと、参加者からポツポツ質問が出始めました。なんとなく尾張人の気質がわかってきたようです。
尾張人は、遠州人のように気軽に他人に話しかけるような雰囲気で接してはいけないのですね。慎重さが求められるのですね。
いままでは、どちらかというと、参加者のことを真剣に考えて、あなたの企業はこうするとうまくゆきますよ、と直接的にお話すればよかったのですが、こちらでは逆効果になる可能性があるので、参加者がよって来てから声かけするような感じが良いようです。

尾張一宮
尾張一宮 真清田神社:夕暮れの真清田神社。尾張一宮に移動です。ここでも2泊。昭和レトロのような商店街。地域の人に愛されている神社。また、新しい文化を見たような気がします。

一宮商工会議所でのITセミナーの様子
6/28 一宮商工会議所でのITセミナーの様子:犬山でもそうだったのですが、午前中に町をあるきました、商店街を見て回りました。そうすることによって、そこに息づく方々の印象や生活ぶりがわかる。その雰囲気で講演をやろうと思いました。

一宮市はこの地区で中核をなす地区ですから、依頼者がおそらく重視している地域ではないかと勝手に想像して、ここが正念場だと思いました。
講演が始まる前に一番まえに座られた方に声かけして簡単なIT相談に乗るなどして、事前準備をして、人間関係をつくりこみ、ボディゾーンを狭めておく工夫をしました。このひとは気軽に質問してもいい人なんだということを知って頂く工夫をしました。

会場は大入り満員で、商工会議所の方が「これだけ入るのは久しぶりだな」という状況でした。質問もよく出ました、中にはPCスクールの先生から「どうやったら、HPの重要性を認識してもらえるのか、"うちは地元の客だけ相手にしておればいいのだ"という考え方を変えられるのか」というまちづくり的な質問もでました。

国府宮駅前の風景(夏場所)
国府の宮駅前(夏場所):一宮から名鉄で国府宮駅へ。この日は凄く暑い日で、駅前には名古屋場所大相撲ののぼりが沢山あがっていました。

稲沢商工会議所のIT
6/29 稲沢商工会議所のポータルサイト説明セミナ 暑い日でしたが最後とあって一生懸命話をさせていただきました。
岐阜県からも講座に来ていただき有難うございます。

5日ぶりに家に帰ります








睡蓮を撮りに駿府城公園へ
 駿府城公園には、紅葉山庭園といって150円で入れる庭園があり、 花菖蒲などの植物が折々に見れます。そこに睡蓮があり、夏の風物となっておりましたが、結構撮影しにくい状況にあって苦慮していました。
 撮影の難しくしている理由は池に向かって下がり気味の傾斜にあって、 睡蓮は水平目線がきれいに撮るこつだと思っているから。はなはだ撮影しにくいという状況なのです。
睡蓮
睡蓮
6/23 睡蓮(白): 睡蓮の表情というのは、蓮とはまた異なり。とり澄ましているようで、 はたまた、静寂なようで不思議なたたずまいです。
 並行な目線で撮影するために300mm F2.8(サンニッパ)と2倍テレコンを 用意しました。こうすることによって並行な目線で睡蓮に近寄ることができます。
駿府城公園紅葉山庭園の花
ムラサキシキブ ムラサキシキブ: 写真をやっていて良かったなと思うことは。物事を良く観察するようになったこと。そして、花や蝶の名前を調べようという気になること。 ムラサキシキブは秋になると紫色の小さな実がなります。

カミキリムシ
カミキリムシ:このときマクロレンズを持って行ってよかった。公園のベンチで久し振りにカミキリムシに遭遇できました。
少しずつ、睡蓮の写真を撮りためてゆこうと思います
静岡にいた休日
 6月後半、撮影には一番つらい時期です。梅雨で天気が悪いし蛍も 終わってしまったし。
静岡市内のゆり
ユリのめしべ


黄色いユリが咲きました:卒業した中学校の校門近くにさいていました。
こぼれおちた花粉
こぼれおちた花粉:大量な花粉。でも、実をつけるのは多分1つなんだろうなあ。
カンゾウ: 花を世話をしている人と会話しました。これはユリではない、カンゾウだといっていました。カンゾウってゆりのことでは?というと「・・・」 という感じ。どうなんでしょうか。 カンゾウ

駿府城公園の近くの花々
ヤマモモ
ヤマモモ: 静岡市民文化会館という建物がありコンサートなどが行われます。 この駐輪場にヤマモモの木があり、毎年大量の実が落ちてきます。 大概は踏まれてしまうのですが、もったいないので撮影します。
クチナシの花
クチナシの花:初めてこれがクチナシの花だと知りました。クチナシの白い花♪でしたね。
花とミツバチ
花とミツバチ:撮影しながら。「君たち女の子。僕たち男の子」♪とはうたってはいませんでした(笑い
がんもバーガーと駄菓子屋cafe
がんもバーガーと駄菓子屋cafe
がんもバーガーと駄菓子屋cafe:安部さんから呼び出しがあったので昼前にゆきます。すると溶射屋さんちの○田さんが。 相変わらず眉毛がくっついていて格好いいです。
静岡おでんの牛筋、200円
静岡おでんの牛筋、200円: おにぎり1個120円と牛筋200円をいただきました、駄菓子屋楽しいですね。
駄菓子屋cafeで、スイーツデコ
駄菓子屋cafeで、スイーツデコ:実はこのイベント 居酒屋cafeで、スマホにスイーツデコしようというイベント、それに がんもバーガーさんがのっかってコラボしているという訳。
 勝○さんもさそって、男だけのおひとり様を避けた私でした。
 
静岡の駿府城公園周辺の出来事でした
おいしいものは人を元気にする
 新幹線のなかに閉じ込められたとしても、おいしいものを食べたら 再び元気回復です。
静岡市興津の魚伊
静岡市興津の魚伊(うおい)

静岡市興津の寿司屋魚伊(うおい)の海鮮丼:静岡市興津はかつて清水市でした。静岡市と合併して静岡市清水区興津となりました。
 コンサルティングの仕事でお伺いしたのですが、ランチをどこにするかが課題でした。駅前にレストランや食堂がなかったからです。そこで、ネットで検索すると魚伊(うおい)がでてきました。海鮮丼がありそうなのでお邪魔します。入口は狭くすぐ入れないような奥まったつくりになっていて隠れ家風です。
 店に入ると団塊の世代の方たちがお寿司をつまんでいました。他に肉体労働系の若い衆がケータイで仲間を呼び出しつつ酒を飲んでいました。
 絶対に「あたり」の直観が働いたので「写真撮影許可」をとって、海鮮丼を注文したのちに三脚をとりだし、組み立てて撮影しました。奥の椀は、アオサの入った味噌汁でした。

魚伊の海鮮丼
魚伊の海鮮丼 980円:なんといっても、この海鮮丼の嬉しいのは「10種類のネタから8種類選べるという点です。」
私はキンメダイ、太刀魚、イカ、ボタンエビ、鮪、いくら、鯛、イナダなどをチョイス。ホタテと、鮪すきみを外しました。 無論ネタを重複させてもありありだそうです。嬉しいですね。
 酢が効いた、堅めのご飯が特徴です。噂によると、元は魚屋さんだったとか。
山形のさくらんぼをもらう
山形産さくらんぼ
山形産さくらんぼ: 多分、佐藤錦。凄く美味しいです。あま酸っぱくて、小さいリンゴのような触感。いいね。
山形産さくらんぼの撮影
山形産さくらんぼの撮影: 本当は晴れ予報だったので明るい光の中で撮影したかったですが、 天候ばかりはしかたありません。でも、雰囲気だけご理解ください。
静岡天候不順です。梅雨なので仕方ないですが、全然、晴れ間が見れません。
おいしいも食べて梅雨をしのごう
6/20~22 台風一過の講演紀行といってもコンサル
 鳥取東伯郡から台風を押して、無理に帰ろうと思ったのは 午前中に人との約束があり、変わりが効かなかったからです。
6/20 午前中 ・・・
 午前中は、ある中小企業支援組織が、連絡をとってあげてくれということで、お電話したら会社に来てほしいということだったのですが、背景に ちょっと違和感があったから、中間の冨士駅にしてもらいました。
 冨士駅だったら、1時間で往復できますし、会談をしても、午後の仕事に支障は出ません。

 会談の結果はまだ出ませんが、多分、仕事は成立しない感じ。やっぱり、最初の直観は正しいと思いました。では、なぜ、鳥取から台風の中引き返してまでお会いしたかというと、それは紹介者の顔を潰したくないから。どうも、この方、発注する相手を決めていて、それ+アルファで欲しい情報を聞き出そうとしているご様子。私たちコンサルタントはアイデア力が勝負なのでそうは問屋がおろしません。そんな場合、私は途中で情報を遮断します。オッパッピー♪

 同じようなことがもう1件偶然あったのですが、そちらは会談しなくても無事仕事として受注いたしました。いちいち合わなくても、自分に関する情報はネット上ごろごろしていますから、ちょっと調べれば出てくるのです。その方には「加藤忠宏」でgoogle検索してご自分でご判断くださいとケータイ電話でお伝えしただけです。

6/20 午後、望月商会さん
望月商会のギフトビジネス
望月商会のギフトビジネス: この企業は溶射屋さんのご紹介。有難うございます。溶射屋さん。 従来のビジネスの転換点としてギフトビジネスとして、アクセサリ等を ネットで販売しようと考えておれます。

アクセサリ
アクセサリ:たくさん撮影させていただき、HPも順調に制作が始まりました。こういうのって嬉しいですよね。お土産もいただき有難うございます。
 静岡の興津駅から15分くらいで静岡駅ですが、しっかり熟睡してしまいました。写真をとると脳と目を使うので猛烈に疲れるのです。前夜は3時間ほどしかねていませんでしたので。

6/21 お客様のご都合で・・・
ティーポット
 6月21日はお客様を訪問して県外出張のはずでしたが、お客様のお父上の健康不良でキャンセルになりました。楽しみにしていた出張でしたので残念でした。でも、経営戦略を深く考える時間やスタッフとの時間が取れたり、レジュメをしっかり作りこむ時間や、新しい受注への対応ができたのが良かったなあと思っております。この日、猛烈に仕事が入ってきましたから。

 また、顎の様子がおかしい、歯医者にいっても治らない。自分の高校時代の友人で口腔外科医をいているのがいるので、その友人の予約が この日のキャンセルでとれました。右の顎の付け根が痛い。
 かれの見立ては、右の顎が悪いのではなく左が悪い。顎の半月板が ずっこけている。なるほど専門医にかかる時間がとれてよかった。

6/22 浜松で3件のお仕事と打ち合わせ
forest plus
forest plus:ネールアート、マッサージのフォレストプラス。facebookとWebとの連動、ブツ撮りなどで、本店ではないショッピングセンター店を訪ねました。浜北にあります。
施術写真
施術写真:あとでなんとかなるかと思いましたが なんともならず。黄色い光線に大失敗でした。これからRAWで撮らないと。気をつけます。
美人、施術者 美人、施術者: 笑顔の素敵な方でした。アンケート用紙を見ると初診の方へのアンケートになっています。こういうのってお医者さんもそうですが「あなたは妊娠していますか」と書かれていることが多い。通常、男の場合、関係ないので「空欄」にします。この話題を彼女にふると、「この間のお客様は"妊娠させました"とかかれていました」と・・・
汗;

ジャンボチキンカツ
ジャンボチキンカツ:浜北から、一端、 浜松駅に戻ってきたのでランチできたのが午後0時40分。次の方のお迎えが13:15ですから速攻で出るメニューを頼まなければいけません。
 浜松駅構内の濱の屋に入り、ジャンボチキンカツ定食980円。 まず、ジャンボに異議あり。これは単に肉をたたいて大きくしただけ。なぜ、これを頼んだかというと、猛烈にお腹がすいていたのと、夜戦があるから。

 必ずこういうネタを出すと「メタボになるぞ」という方がいらっしゃるので①ご飯は一口残し、②カツの衣はずしと申し上げておきます。健康は自分でコントロールできます。とだけ申し上げておきます。
 また、ご飯残しと書くと、小盛りを最初から頼めば良いというご意見もありますが、 その時間と余裕がなかったと申し上げます。結構、グルメネタは後めんどくさいことがあります。

上野勲さん
上野勲さん: 繁盛店請負人です。この方のfacebookのブランディングを担当しています。この日は午後から浜松は晴れてきたのでチャンスで、上野さんにご案内いただき、上野さんがご担当された店舗のご紹介をいただきました。 浜松のwangさん。中国料理店(中華料理店ではない)。

最初、ご主人は奥にこもってしまわれたのですが、そこでマンゴープリンを注文させていただきました。これをきっかけにながれが変わったように思います。facebook用の撮影と、上野さんへの看板等の撮影取材法をコーチいたしました。

浜松の中国料理店wangのまかないメニュー
浜松の中国料理店wangのまかないメニュー: これが実はラーメンなんです。最初サラダかと思いました(汗;
夕方から、浜北商工会を訪ねて、仕事のお打ち合わせをしました。 どうなりますことやら。

 県外の支援機関は不思議に思われているようですが、私の場合、 直接指名が多いタイプです。これも皆さんのおかげなんですが、最近は 県外講師が忌避される傾向もあって、一部の方にご迷惑をおかけしております。

コンサルは実力が出るので講演以上に真剣勝負!


昨日の答え 山葵寿司のあたったひと、お寿司

伯爵2貫  イカとエビ

ただ、伯爵は静岡県人なのでわさびに耐性があるらしく辛かったけれど、それほどでもなかった。まるで伊賀の影丸に登場する村雨兄弟(毒を飲んでも死なない)のようなもの。

6/11 鳥取で蛍撮影後の懇親会
 鳥取東伯郡(中部倉吉のやや西部)でセミナーを終えた時。 誕生日プレゼント工場さんと、蛍を撮影後、懇親会をやりました。 地元メンバーも2人(相沢プロカメラマンと坂田さん)加わりました。
 誕生日プレゼント工場さんはいまは鮭は飲まないので ウーロン茶です。
遊食空間きらく
鯛のうすかわづくり
鯛のうすかわづくり: これが突き出し。テキトーな突き出しをだして金をとる飲み屋と大違い。 ひと仕事も二仕事も手間が入っています。
おつくり
おつくり: 新鮮な鳥取のお魚がおつくりに。どれをとっても美味い。
日本酒は鷹勇(たかいさみ)
日本酒は鷹勇(たかいさみ): 鳥取の銘酒らしいので行ってみました。辛口でうまみがあるお酒の印象。
鳥取県名産いわがき
鳥取県名産いわがき:岩牡蠣もブランドがあって 7月の岩牡蠣を「なつきちゃん」というらしい。時期前なので実が小さいのだとか。でも、うまいよこれ。くせになるなあ。
べいなす
べいなす:べいなすの味噌田楽。最高だなあ。 日本人であることの喜びをしみじみ感じます。
遊食空間きらくのいたずら
わさびたっぷりのお寿司 わさびたっぷりのお寿司: 実はこの日、クイズの日で、クイズに正解するとお寿司が2貫もらえる。 例えば、「アメリカの州を10個」いえるか。とか「百人一首の歌人を10人いえるか」とか・・・
 僕はアンパンマンの登場人物だったような。
 それを4人ともクリアしてお寿司をゲットになったのですが、ここに きらく主人のオイタが入っていて、山葵が強烈に入ったお寿司が2貫あるのです、わかる?
 それが誰にあたったか!解答群から当たった人を選んで魚名を書いてね。

  • =解答群A=
  • 伯爵2個
  • 伯爵1個 誕生日プレゼント工場さん1個
  • 誕生日プレゼント工場さん2個
  • 誕生日プレゼント工場さん1個、他の方1個

  • =解答群B=
  • エビ2
  • エビ1 イカ1
  • イカ2
  • イカ1 鮪1


    うどんのカルボナーラ: 意表を突かれたのがうどんのカルボナーラです。これも美味しかったなあ。普通にやっていたのでは面白くないというご主人のアイデアがいいなあ。 うどんのカルボナーラ

    もさエビのフライ
    もさエビのフライ:鳥取県名物もさエビ 。通常は、刺身で食べるエビをフライにして食べる。いいね。

    FA、わさび寿司当たった人はどうなったんだろうか。愛のエプロン?
    6/18 鳥取湯梨浜町で蛍撮影
     鳥取東伯郡(中部倉吉のやや西部)でセミナーを終えた時。 誕生日プレゼント工場さんと、カラービーンズの坂田さんおよび 商工会のKさんと示し合わせて午後7時15分に集合して。蛍を撮りにゆくことになりました。
     昼間はじめっと曇っていたのですが、自分がセミナー後、夕方の コンサルテーションをしているころから雨が降り。こりゃあもしかして 駄目かもしれないと思いつつも、撮影場所にかけつけたら。雨がやみ。 まっことついちゅう(高知弁で本当=誠についております)という状態でした。
    里山の蛍
    湯梨浜の里山の灯りと蛍
    湯梨浜の里山の灯りと蛍: この場所はカラービーンズの坂田さんの撮影場所。場所を到着するや 蛍が急激に光はじめ、ついていることおびただしいです。
     前回の場所と違うのは、里山の民家の灯りが入ること。 逆にそれをアジにできるかが風景写真としてのポイントかなあと 思った次第です。
    蛍の群舞
    蛍の群舞: 最初、1枚目の上流側(反対側)は静かなものだったのですが、次第に上流も素晴らしい状態になり。撮影した次第です。自然環境で、これだけ、舞う場所はまだほかにしらない。
    樹下に舞う
    樹下に舞う:皆さんに解説したとおり、蛍は川沿いにある木の葉に住んでいる。時刻が進むと、木から宙に舞う緑色の光が幾筋も光跡を引いて幻想的な雰囲気になります。
    梅雨空に舞う光跡 梅雨空に舞う光跡: そのときです、暑い雲が少し空いて星空が見えるではないですか。 この機を逃してなるものかと、レンズを空中にむけるとすぅ~っと 緑い色の光が通り過ぎてゆきました。

     この後、台風の影響もあって雨に。翌日はずっと雨。 そして、特急電車が止まるくらいの天候になったのは記憶に新しい ことだと思います。
    撮影になると強運な私。もしかして?
    6/18~19 鳥取中部産業支援センターでのfacebook講座最終回
     facebookページ作成講座+コンサルティング3件。
    6/18 洋菓子のシェルブール
    洋菓子のシェルブール
    洋菓子のシェルブールHP制作はじめました。やっぱ、食べ物は美味しそうに見えないと買って いただけないので、真剣に撮影します。。
    6/19 醤油の中原醤油
    煮物
    煮物: 醤油を美味しそうに撮影することは難しい。そこで煮物など料理を 作ってきてもらいました。
    とんかつ
    とんかつ:おろしとんかつ。キャベツ添え。
    おろしとんかつ醤油添え
    おろしとんかつ醤油かけ:とんかつをさっぱり食べたい方であるなら。これはお勧めかも。
     このコンサルの最中、大事件。台風で特急列車が止まってしまい。鉄路で 鳥取から帰れないことが確定。私は部下のOに、商工会、派遣元の 経済産業省と交渉して航空機を使って帰って良いか。あるいは 鳥取空港にすべきか米子空港にすべきか、また、どこからその空港にアクセスすべきかを調べてもらっていました。
     その後の私の旅はfacebookに詳しく書いたとおりです。ブログの皆さまに公開しますね。
    • =今回の鳥取脱出=
    • 6/18 北条(商工会)15:35→自動車→倉吉駅16:00→バス→17:30 鳥取空港
    • 鳥取空港18:15→羽田空港 19:40→品川20:05
    • 品川20:33→これで帰れるはずが・・・新横浜で車中泊
    • 6/19 新横浜6:00→静岡6:50
    自宅に帰って食事して、風呂に入ったら元気になって。午前中 、人に会い、午後から仕事をしたのでした。
     まあ、列車で泊まったのはご愛嬌。要は仕事に影響がなければ いいんです。まいど!
    三浅さん、坂田さん、商工会の皆さん有難う
    6/17 駿府城公園散歩そしてブツ撮り
     日曜日は日ごろの疲れをいやしつつ。たまっていたブツ撮りを行います。
     Twinsさんのように上手くは撮れませんが。相応に撮れると思うからでしょうか、あちこちからいただきものがあり、撮影に枚挙がありません。
    日曜日の、駿府城公園散歩
    日曜日の駿府城公園、花菖蒲もおわり 日曜日の駿府城公園、花菖蒲もおわり: 駿府城公園の紅葉山庭園に150円払って入ろうとすると。「何の目的で撮影するのですか」だって、なんでもいいじゃんか。毎回聞かれます。 いい加減に名前と顔を覚えてほしい。それにしても不快です。 なんでそんなことをきくのでしょうか。
    それとも、プロの人は入れないのでしょうか。それこそ問題があるように思われます。

    ベニシジミ
    ヒメジョオンとベニシジミ: 花菖蒲がいまいちだったのでがっかりしていると、帰り際駿府城公園の 出口でヒメジョオンの蜜を吸うベニシジミに遭遇。
     性格が穏健な(どんなだ)蝶ゆえに、いつもゆっくり撮影できます。
    先攻 伊香保プリン(プリン専門店 クレヨン)

    箱を開けると伊香保プリンが6個入っています: レトロ調の箱をあけると6個のプリンが出てきました。おいしそうです。
    なんといっても卵らしいプリンはたべごたえがあります。
    箱を開けると伊香保プリンが6個入っています

    伊香保プリン
    伊香保プリン:岡田さんのご依頼は「箱をレトロ調に作ったのはよいが、普通に撮影したも、なんだかぱっとしない。なんとかしてほしい」とのことでした。
     確かに室内で普通にとると難しく、そこで、自然光の間接光を逆光でいれて正面斜めからライトを当てるといい感じです。
    静岡茶の紅茶とのコラボレーション 静岡茶の紅茶とのコラボレーション: 静岡茶の紅茶が注目されていて、味がふくよかでいい感じ。 しかも色合いもきれいで、ぱっと見、伊香保プリンの色彩と似合いそう
    そこでお茶を沸かして紅茶と伊香保プリンの姿を撮影しました。

    後攻 若木屋夏どら
    夏どらをもらう
    夏どらをもらう:和菓子にとって暑さは大敵、 人の食欲が落ちるからです。そんなとき、夏どら、甘さをからが 求めやすいように小さく大きさが設定されていのだろう。
    山一園の新茶と夏どら
    山一園の新茶と夏どら: 夏どらに紅茶もありだと思いますが、やっぱり緑茶。 山一園からいただいていた新茶の真空パックが合ったので、それを使い撮影しました。
    夏どらのアップ写真
    夏どらのアップ写真:おいしい夏どら。 抹茶風味と、スタンダードな風味どっちが好みでしょうか
    さあ、どっち!
    6/14 尾鷲、和幸寿司
     尾鷲のコンサルは午後5時ちょっとすぎに終わりました。
     特急は6時13分なので、ちょっと時間があります。夕飯を兼ねて 以前、訪問した和幸寿司を訪ねてみました。
    和幸の大将 和幸の大将: 以前、訪問したことを覚えていたようです。でも、話するとどうもちがう人とかんちがいしているんじゃあないかなあ。
    でも、覚えているよと言われると嬉しい気がします。

    寿司を握る和幸の大将
    寿司を握る和幸の大将: 前回は握りとあと一品追加というパターンで。今回もそうしようと思っていました。だって、何がお勧めですかときくと「うちは全部だ」っていうから。
     でも話しているうちに、「お客さん上寿司の竹というのを頼んでくれれば、寿司2カンつけるよといわれれば、ああこれがおすすめなんだなと わかります。それで(2,100円)
    和幸寿司、上寿司竹
    和幸寿司、上寿司竹:酢飯はあっさり系。ご飯は軽く握ってあって、やわらかい。なんといっても、白い鱒や鰹の子供(右はし)の腹身、いなだ、など珍しいネタも沢山あり。また、雲丹も天然らしいです。
     お客さん美味い雲丹をたべたければ7月にきなよだって。
    和幸寿司
    和幸寿司:いやあうまかった。といって金を払って帰ろうとすると。2000円に負けてくれた。大将曰く「丁寧に写真撮ってくれて寿司も喜んでいる」だって。有難う
    和幸寿司うまいぞ!(尾鷲駅近く)
    6/13~6/16 講演紀行
     天気悪いですね。梅雨だから当たり前かぁ。
     自分はセミナー後のコンサルティング1件。彼はテキトーに時間を潰して、私の宿泊するホテルに午後7時に待ち合わせ。
    6/13 日帰りで糸魚川にいってきました。
    魚沼平野は晴れ
    魚沼平野は晴れ: 新潟の初夏は気持ちの良い季節が多く、1年で一番美しいと思っています。越後湯沢で新幹線からはくたかにのりかえて車窓より。
    糸魚川商工会議所のWeb講座
    糸魚川商工会議所のWeb講座:facebookにおされぎみの Web講座。でも、重要だと思います。意外にwebのない企業多いですし、 運用されていないWebも散見されますから。中小企業がお金をかけずに 自分の商売を社会に知らしめることのできるツールです。
    講座の方々
    講座の方々:最新のSEOの動向やfacebookのアクセス数とビジネスモデルとの関係などについて話をさせていただきました。 GENさんは留年しました(冗談)。
    6/14 日帰りで尾鷲商工会議所にいってきました。
    尾鷲はコットン母さんの近く(といっても車で2時間程度ですが)の 熊野古道の入り口です。3時半の帰りの特急を逃すと(当然のがす)、 次が6時13分で、これを逃すと家に帰れません(笑い
    尾鷲商工会議所青年部の方々
    尾鷲商工会議所青年部の方々: お二人がCMSを使ったHPの更新やSEOについて指導してほしいとの要望があってお邪魔したのです。右の若木屋さんは和菓子屋で地域で人気店です。
    6/15 歯医者後、八百久のサラちゃん
     午前中歯医者にいってきました。理由は、奥歯の詰め物が飴をしゃぶったらとれたから。でも医者にいってみると、実は虫歯だったらしい。
    八百久のサラちゃん
    八百久のサラちゃん:午後は八百久の仕事。 HPはできたから販売促進の体制を確立する作業を支援します。
    6/16 群馬県伊勢崎市で群馬埼玉友の会開催
    東京駅で見たはやての連結
    東京駅で見たはやぶさの連結: 群馬にゆきには東京駅で、新幹線を東海道新幹線からあさまに乗り換えます。そのときにみた。東北新幹線はやぶさの最新車両。人が群がって 撮影しています。手前が秋田新幹線こまち。

    おぎのやの野菜たっぷり冷やし中華
    高崎駅でランチ、おぎのやの釜めしを食べようと思ったら、なんと野菜たっぷりの冷やし中華がおいしそう。980円だけどたべちゃえ。

    わきあいあいした群馬友の会
    わきあいあいした群馬友の会: 群馬埼玉とメンバーが合併して、共同戦線を張りました。それでオリジナル講座。授業内容はWebデザイン。
    facebookが結ぶ、群馬埼玉友の会
    facebookが結ぶ、群馬埼玉友の会: facebookは顔が見えて実名だからすぐに仲良くなれます。そのため、 一緒に学ぼうという意欲がわくし、勇気もわく。とても大切です。
     講座途中で、プリン専門店の岡田さんがプリンを皆さんに配布するなど。楽しい講座となりました。
    少しずつ前に進みましょう


    6/13 梅雨の晴れ間の車窓からの富士山撮影
     静岡だから富士山が毎日見れていいだろう?といわれますが。それは幻想です。梅雨の時期は富士山がちょっとでもみれればいいほうなのです。
    久し振りの富士山撮影
    冨士川鉄橋からの富士山
    冨士川鉄橋からの富士山:この日は、糸魚川に出張でネットで富士山が見れることが確認できていたので、車窓から撮る決意。 西の出張だとノーチャンスですが東の出張はワンチャンスです。
     幸い、指定席の自分の隣に誰も座らなかったのでD700に35mmを装着して新聞を読みつつも由比蒲原のトンネルを抜けて冨士川鉄橋がでるのをまちます。撮影モードは連射。ISO感度は800です。
    田園地帯を失踪中の新幹線の車窓から
    田園地帯を失踪中の新幹線の車窓から: 冨士川もきれいだったのですが新富士駅をパスしたひかり号の車窓から 田植えの終わった田園地帯が見えました。あまりこのような風景は梅雨時期にみれないのでラッキーでした。
     静岡駅を出て5分の場所、三島駅の入線直前に富士山を撮影するチャンスがありますが構図的に難しい。新富士駅前後が撮影しやすいポイントです。
    久し振りの富士山撮影で気分良かったです。
    6/11 鳥取で蛍撮影
     鳥取東伯郡(中部倉吉のやや西部)でセミナーを終えた時。 誕生日プレゼント工場さんと、示し合わせて午後7時に集合して。 蛍を撮りにゆくことになりました。
     自分はセミナー後のコンサルティング1件。彼はテキトーに時間を潰して、私の宿泊するホテルに午後7時に待ち合わせ。
     静岡とほぼ1週間か2週間ずれる鳥取の蛍。私の計算が正しいなら、 ちょうど飛び始めるころです。また、鳥取と静岡は時差30分くらいだから、午後7時から撮影予定現場にいっても間に合うはずとの読みもありました。
    誕生日プレゼント工場さん
    誕生日プレゼント工場
    ご機嫌の誕生日プレゼント工場さん: かれをやっぱり、4月の山中湖富士山撮影作戦に誘って正解でした。 あの頃から性格が変わられて、生きいきして楽しそうです。理論的にいうとあの誘いは無謀といってもよい状況だったと思いますが、直観が「彼を 誘え、それが彼にプラスだ」と叫んでいました。結果はこの表情のとおりです。あのとき誘って良かった。

    友達が困っているときの対処として、①黙って見守る。②適当なタイミングで声をかける。という方法がある。でも、①も大変難しく「あの人は何もしない人」と誤解されることがある。②もそのタイミングが大変難しい。いずれにしても今回はすべてにおいてタイミングが良かったということだと思います。ついています。

    誕生日プレセント工場さんにこの間、お話ししたことは「私も公職(名誉職、既得権益)をすべてなげうったことがあります」ということでした。捨てると楽になることがあり、執着すると・・・。彼の今後の生き方が楽しみです。

    鳥取に蛍飛ぶ!
    鳥取の蛍の飛翔
    蛍の飛翔:午後7時40分を過ぎると蛍が点灯し始めて、1匹、1匹とふわふわと飛び始めます。
    星空のディスタンス
    星空のディスタンス: 1枚目の写真だけでもOKでした。仕事で鳥取をお伺したのですから、 蛍の写真が撮れただけでも望外。しかも初めての場所ですから。 この場所は、facebook友達の坂田さんにおしえていただいた場所(彼の祖普段撮影している場所とは少しずれているのかも)です。
     1枚目は水を入れた構図。これは蛍撮影の基本です。でも、気がつくと星空が広がっている。梅雨の時期の蛍撮影で星が見えるのは稀。そこで星空に飛ぶ蛍の構図を作るとうまく2匹の蛍が綺麗な光跡を引いてくれました。蛍撮影では構図を途中で変更すると失敗が多いのですがラッキーです。
     なお、蛍撮影を主としたため、星が中途半端に流れてしまっていますがご容赦。

    北斗七星を横切る光跡
    北斗七星を横切る光跡:さらに。電線のある方向に北斗七星を発見かなりの高度で、三脚の1本脚だけ長くして、ノーファインダーで構図を作りました。何回かシャッターを切った瞬間に頭上を黄緑色の光跡がよぎります。最初は写っていないかと思いましたが、入っていました。ラッキー!
     車が10分に1度くらいしか通らない田んぼの田舎道。その退避域に車をを止めていたので、1台の車が停車している車をライトで照らして数分間。怪しかったのでしょうか(笑い
    誕生日プレゼント工場さんと幸せな時間でした。

    韓国料理と鳥取の魚の対決
     最近、経費節減で宿泊の旅が少なくなり懇親会を催すきっかけもなくなり宴会対決が少なくなりましたが久し振りに。
    先攻 シーズネットワークとの韓国料理
    シーズネットワークと韓国料理
    シーズネットワークと韓国料理: シーズネットワークのfacebookセミナーを終えた後、シーズの方々と 韓国料理をご一緒させていただきました。有難うございます。
    サムゲタン
    サムゲタン: 美味しかったが一味足りない。塩か醤油を少し垂らすと日本人好みかも。 自分はも塩がいいなあ。
    チジミ
    チジミ:韓国料理といえばちじみですよね。
    冷麺
    冷麺:食べる前に挟みで切ってくれるのですね。 おいしいです。
    ホタテのおかゆ
    ホタテのおかゆ:女性は少食というのはウソですね。 私を入れて8人で食べまくります。これも美味しかったな。
    ココナッツアイス
    ココナッツアイス: ココナッツアイスとカボチャのアイスを2個ずつ注文。
    後攻 鳥取の美味い魚
     場所は鳥取県倉吉市倉吉駅前の居酒屋かばです。変な名前の居酒屋ですが、結構、美味しい魚がリーズナブルに食べられます。
    誕生日プレゼント工場さんとのさしの飲み会
    誕生日プレゼント工場さんとのさしの飲み会: 二人で蛍の撮影にゆきました。ご機嫌な結果がでたので、二人で宴会を。 でも彼は飲めません。
    日本酒瑞泉(ずいせん)
    日本酒瑞泉(ずいせん):鳥取の銘酒です。辛口でさっぱりとした飲み口。美味しい日本酒です。
     いい写真が撮れたね。最高の夜だねとかいいながら、酒を飲んだり(彼はウーロン茶)、魚をつまんだりと気持ちの良い夜でした。
    アゴの卵の煮物
    アゴの卵の煮物:アゴとは鳥取で言うトビウオ。その卵の煮物がまた出てきました。これがまたうまいんだよね。
    おつくり、1000円
    日本海のおつくり、1000円: おどろくなかれ、サザエなどもついて1000です。安いなあ。
    鯖寿司
    鯖寿司: 鯖寿司は僧兵さんのお好みです。ここの鯖寿司は昆布にまかれて出てきました。このあたりが高知などと違います。
    鯛のあら煮
    撮影をしながら、料理を食べていたら、鯛のあら煮がサービスで出てきました。どうやら雑誌の覆面取材と 間違われたようです。三脚とジュラルミンのカメラバック、そしてスーツの男。いっしっし。
    さあ、どっち!
    6/11~6/12鳥取県にいってきました。
     facebookページ作成講座。そして3件野コンサルティングです。
    6/11 デジタル撮影講座(煮物娘編)

    きらくのお刺身:講座のテーマはカメラの設定や ホワイトバランス、ライティング、絞りと被写界深度の話など。 無論、実践付きです きらくのお刺身

    煮物
    煮物: 三朝温泉の遊食空間きらくの煮物。おいしそうです。
    煮物娘の石原さん
    煮物娘の石原さん(きらくの若女将):今でも、旦那と幼稚園にゆくとき手をつないでゆくほどラブラブなんだとか(汗;
    煮物娘の三木先生 煮物娘の三木先生:学習塾の アーク学院のWebマスター三木先生。こんなにかわいくて国立大学の理学部を出た才媛。どうも化学が先攻らしい。

    鳥取県東伯郡琴浦町でのコンサルティング2件
    ブライダルシェービングのhappy rush
    ブライダルシェービングのhappy rush:雛にもまれなというか、でも、漁村、農村地帯におしゃれなお店。発見です。
    中野るみさん:happy rushの店長はとてもかわいいかたでした。facebookページやWebのご相談に乗りました。でも、なんだか回線が遅くて。自分の携帯電話よりも遅いケーブルテレビなんてどうなんだろうか。 中野るみさん

    看板のないお店(堂後)でランチ
    琴浦町の堂後
    琴浦町の堂後:ご担当が推薦する店堂後。いってびっくり看板がない。おばちゃんといっても、私の母の1歳下の方がやっていて、でも、地域の方が次々来る。不思議な店。第一お見えが三角地だし。
    堂後のスペシャルラーメン

    堂後のスペシャルラーメン:昔懐かしいラーメンの味がする。サービス精神で具だくさん。
    ハチクの煮物
    ハチクの煮物: なにかおかずないかと聞いたら無料でハチクの煮物山椒添えがでてきた。 甘辛煮であるがうまし!
    前田農園のfacebook支援
    前田農園の黒らっきょう
    前田農園の黒らっきょう: 鳥取県は砂丘地帯が多いのでらっきょうの栽培がさかんです。黒糖いりの ラッキョウうまそうです。
    前田農園のスタッフ
    前田農園のスタッフ:左上前田さん。右上奥さんの純さん。左下はスタッフの方。右下は純さんのお姉さん。
     前田農園は単に農業をやっているだけでなく、六次産業的にドレッシングとか豆板醤とかの農産品加工品をfacebookで販売しようとしているんです。
    頑張る前田農園
    頑張る前田農園:農業者の事務所を訪問すると こういう写真撮りたくなってしまいます
    PM4:23の電車に乗ってPM10:30に静岡。
    6/10 岡部の蛍撮影3
     カメラマンの人間的特徴は美味い写真が撮れるまでしつこく通うこと。
    岡部蛍撮影隊2
    岡部蛍撮影隊Pert2:今回のメンバーはfacebookで 自然発生的に集まりました。合計5名。
    • =岡部蛍撮影隊Pert2メンバー=
    • 敬光堂(オーディオネット販売)戸塚さん(左)
    • 山一茶園 小澤さん
    • 伯爵
    • コンサルタント、ハロプロ豊田先生
    • 某社 S氏(仕事の後にいらっしゃった)
    午後6時半に集合。伯爵のレクチャーの後、明るいうちに記念撮影です。
     レクチャー内容は蛍の現れる場所、飛び方、現れる時間、 カメラの設置場所、カメラの設定(ISO800 F4 25s)などです
    準備万端、蛍バッチこい
    準備万端、蛍バッチこい:戸塚氏は凝っていて、 ipad持参、自分のカメラと連動して、カメラから自動的にipadに送信 、それをfacebookに流し込んでいます。
     さらに戸塚氏はお菓子などをお持ちになったのですが、カメラ設定と ipad操作に夢中で、お菓子を配り忘れています(笑い
     今回は、水辺からの撮影を選択。ただ、豊田先生はエントリーモデルのためレリーズがとりつかないのでバルブ撮影に苦戦していました。
    岡部の蛍
    水辺を飛ぶ蛍の飛翔
    水辺を飛ぶ蛍の飛翔:昨年の同日にも撮影していますが蛍の数が少ない。地元の方曰く「GWごろの大雨で流されたんだな」とのことでした。
    橋下の蛍の飛翔
    橋下の蛍の飛翔:橋をいれて撮影しなかった理由は画面の右上のように、光害が入るから。 でも、結構、この日は飛んでいたので。この構図でも1枚。
    S氏と一緒に静岡まで帰りました。
    6/10 可睡斉ゆりの園へ
     今年で4年連続の訪問です。梅雨の時期ゆえ、青空の光の下で撮影するか、曇りの下で撮影するかで花の表情が異なります。
     静岡を出た時は曇りでしたが、なんと撮影直前から青空が顔を出す ラッキーな展開。また、昨年は花のコンディションが凄く悪かったけれど、今年は花のコンディションがよく嬉しく思いました。
    ゆりの表情
    竹藪に咲くゆり 竹藪に咲くゆり: 可睡ゆりの園のエントランスには竹藪があり、その竹藪の前にユリが 植えてある。結構、竹藪が黒く沈むのですが午後の光を浴びて、また、 空が青くでていい感じです。

    クリーム色のユリ: ユリの色は赤、オレンジ、黄色、白、カサブランカ等々多彩です。 でもクリーム色したユリは初めてでした。今年は数が多かったように 思います。 クリーム色のユリ

    可睡斉ゆりの園の丘陵に咲く花
    色とりどりの渓谷
    色とりどりの渓谷: いつもはこの風景が撮りずらくこまっていました。 このような風景を撮影する場合、①花の密度、②手前にアクセントとなる花を置けるか、③アクセントとなる花のコンディションなどが要点となり、すべての要件を満たすのが難しいです。
    黄色の谷の貴婦人
    黄色の谷の貴婦人: 可睡斉ゆりの園の丘陵はそれぞれの渓谷ごとに色分けされていて、 黄色の谷、白の谷等に分かれています。ここは黄色の谷。
    かしまし娘たちの饒舌 かしまし娘たちの饒舌: 丘陵をいくつも越え、三脚を据え、カメラを据え付けて構図を作る。 そして、息を止めてシャッターを切る。そんな動作を繰り返していると 晴れた日にさんざめくかしまし娘たちの会話が聞こえるような気がします。

    多様な風景
    梅雨の晴れ間を見上げて
    梅雨の晴れ間を見上げて:風景撮影のコツとして、 曇天を構図にいれない。曇天のときはグラウンドを主体として構図する。 このケースは、ここの部分の空が空いていた。青空を入れるとさわやかな印象が残ります。
    鉄扇
    鉄扇(クレマチス):この花も撮影しにくい花で、ちょうどカメラと平行な場所に所在しないと天を見上げるか地を這うかといいう撮影になります。コンディションよく色もきれいです。
    頑張れ豊田先生
    頑張れ豊田先生

    袋井の豊田先生:可睡斉ゆりの園のある袋井市在住のコンサルタントです。なのでお誘いしました。どうもハロプロにはまっているらしく車の中はハロプロのミュージックでいっぱいでした(笑い
    夜の撮影もあるし、撮影でアップダウンをすると腹が減るので蕎麦を食べることに。ユリ根の天麩羅がつきます。1,300円。蕎麦は普通。ユリ根の味は甘い甘藷のような味です。
    夜の部の撮影もお楽しみに
    掛川市加茂菖蒲園
     撮影に出ようと思っても梅雨の時期は天候が悪くあいにく出歩くことが 億劫になります。土曜日が雨で、日曜日が曇り予報。夜から一眼レフ撮影隊があるので、午前中から午後は花を撮影するプランを立てました
    天竜浜名湖鉄道に乗り、掛川市加茂菖蒲園にゆく
    土蔵のある風景と花菖蒲
    土蔵のある風景と花菖蒲: 掛川市加茂菖蒲園はかつての庄屋・地主が自分の邸宅跡に菖蒲園を つくったもの。静岡からJR在来線で40分で掛川、掛川から天竜浜名湖鉄道で15分で原田駅。原田駅から徒歩20分です。
     予想は正解で満開です。でも、11:15分に原田着、次の原田発は12:12分です。往復徒歩が40分。しかし菖蒲園の改札が長蛇の列40人くらい。しかも団体窓口が空のなのに開放しないで列を放置しています。そこで、猛烈抗議。 無理難題はいいませんが、自分が正しいと思ったら明確に声をあげて主張することにしています。
     なんとかいれてもらえました。1,050円の入館料を払いますが撮影時間は正味10分。
     大好きな睡蓮とかもありますが、撮影している余裕はないので、涙をのんでパス!

    花菖蒲満開
    花菖蒲満開: 本来は、三脚据えたりレンズを交換したりして色々な構図を楽しむのですが。そんな余裕なしで105mmのマクロ望遠レンズ1本菖蒲、いえ、1本勝負です。
    瓦屋根と花菖蒲群 瓦屋根と花菖蒲群: この構図がいいなと思ったら、なんとパンフレット表紙がこの構図。 パンフレットは絞り込んで50mmくらいのレンズを使って撮影している様子。でも大混雑ですから50㎜つかったら大勢の人が写りこんでしまうのでそれはできません。やっぱり、仕事で撮影する人には勝てないものです。

    日傘で散策する花菖蒲園
    日傘で散策する花菖蒲園: どこにいっても人がたくさんいるので、花だけの完璧な撮影を捨てて、人の気配のする写真づくりに心掛けました。
     10分の撮影を終えて、原田駅までふたたび徒歩20分。駅に着くと 即座に天竜浜名湖鉄道が来ていました。途中駅からさわやかウォーキングの方が大量に乗ってこられました。
     掛川駅で降りるときに、facebook関係者Sさんに声をかけられます。悪いことはできないものです。
    今度はゆっくりさつえいしたいものです(続く)
    鳥取県琴浦町ファームむらかみのイチゴ
     鳥取県琴浦町ファームむらかみは脱サラから一転農業を志した村上さんの経営する農場です。その農場で生産されるイチゴをいただきました。
    末利華いちご
    末利華イチゴ

    末利華イチゴ: このイチゴは温室の中でモーツァルトを聴かせているとか。そのため 大粒で、腐りにくく、甘みが強いイチゴとなっています。実際に日持ちがよく、あきひめ種のイチゴは駄目になりやすいのですが冷蔵庫の中で 1週間はもつ優れモノです。講座のなかでお土産としていただいたのですが、三脚、カメラバックにさすがにイチゴは持ち帰れないので、ホテルから箱を調達して。着替えと一緒に送り返しました。クールをは使っていません。

    ファームむらかみのあきひめ種の苺
    ファームむらかみのあきひめ種の苺: いただいたのが月曜日、自宅に送られてきたのが水曜日、撮影したのが土曜日でしたが、さすがになんとかもってくれています。
     ライティングに少しくふうして撮影をします。
    きれいなイチゴ
    きれいなイチゴ: 今年は少し春が寒かったのでイチゴが長持ち。自分はイチゴが大好物です。これが長く楽しめるのは嬉しいことです。
    苺の断面
    苺の断面: イチゴをカットしてみました。中にスが入らずにみっしりと果肉がついています。さすがですね。

    いちごみるく
    いちごみるく まつりかいちごをいちごミルクにしてみました夏みかんや冷凍バナナ、牛乳で簡単デザートです。

     村上さん頑張ってください
    美味しいイチゴが食べられて幸せです

    6/6~6/10 静岡県内の講演紀行
     珍しく、静岡県内で終始するお仕事。
    6/6 家具メッセ見本市でのWebセミナー
    家具メッセのWebセミナー
    家具メッセのWebセミナー: SEOあり、facebookあり、事例ありで70分といわれて焦りました。 また、講演5分前にも関わらず観衆が1人しかいなくて・・・
     でもまあ、おかげ様で以下のような大入りで。有難うございます
    ぶにゃにゃんさん ぶにゃにゃん(松岡慶子)さん: 機械屋の跡取り娘の彼女もなぜか観衆でいて。一番前にいて激写でした。 あせってジョークを言ったら「おやじギャグ」と言われてしまいました(汗;

    CHA88
    CHA88の皆さん:静岡県のお茶を元気にしようという 皆さんです。地域の萌系お姉さん軍団、右の子は昨年も撮影した。

    6/7 浜松と藤枝で2件のfacebookのお仕事
    東海楽器、紫色のレスポール
    東海楽器、紫色のレスポール: 非常に珍しいギター、ヨシムラ薬局さんにいわせると40万円くらいするのでは・・とのこと
    ペイズリーギターを弾く
    東海楽器facebookページ作成に着手:これを公開したら 25いいね、「70いいね」に。仕事したな。俺!
    敬光堂
    敬光堂戸塚氏:こちら様は、facebookで知己を得て お仕事が。ネットで、オーディオ機器を販売されている。日本一のネットショップ。そのfacebook戦略の立案がお仕事。
    奥さまと黒田さん

    奥さまと黒田さん:奥様ともfacebook関連で知り合い、外注デザイナーの黒田さんもfacebookでからみがあり、蛍撮影を させていただいた方。ご縁が面白いようにつながるなあ。
    6/8 静岡で2件のお仕事
     1件目はCMSでHP構築のお仕事。そして。
    シーズネットワークのfacebook講座
    シーズネットワークのfacebook講座: モーニング娘。あらためイブニング娘の皆さん(冗談)ではありません。 シーズネットワークとは、静岡商工会議所に所属する女性企業家集団の方々。そのfaecbook講座であります。
    シーズネットワークのfacebook講座
    シーズネットワークのfacebook講座: もともと、シャイな正確な私、うまくしゃべれませんでした(汗;
    6/9 駿河友の会のfacebookページ作成講座
    昨晩満員だった同じ部屋で・・・
    駿河友の会のfacebookページ作成講座
    駿河友の会の皆さんが 「facebookページを作りたいから講座にしてほしい」とのことだったのが、来てくれたのが3人だけ。なぜか直前に仕事や出張が多くなったからだろうが、ちょっと残念。
    とりあえず、僕の話を聞いてくれて有難う
    三朝温泉 居酒屋きらく
     翌日のコンサルテーションに備えて、料理の状態を夜な夜なチェックにきました。そう、三脚一眼レフ持参で(笑い。
    鳥取県のうまい魚が食える店
    鳥取県産岩牡蠣
    鳥取県産岩牡蠣: 牡蠣はRのつく月は食べてはいけないという格言がある。 May、Juneなら大丈夫。というかチャ~ンス。
     プリップリの岩牡蠣をいただきます。
    上手い料理のおともは北条産ワイン
    上手い料理のおともは北条産ワイン: 鳥取県東伯郡北条はぶどうの産地。白から入って赤まで飲みました。
    アゴの卵の煮物
    アゴの卵の煮物:これは珍味。アゴとは、トビウオの こと。その卵。美味い絶品です。
    おつくりのサザエとホタテ
    おつくりのサザエとホタテ:新鮮で、こりこりしていてうまくって、イッヒッヒ。
    もずく酢

    もずく酢:お酒ばっか飲んでると、良くないからね。 もずく酢でも飲んで。
    カリフォルニアロール
    カリフォルニアロール: 巻きずしが揚げてあります。うまし。
    エビマヨ エビマヨ: これは飲み会の定番ですが、トビッコがかかっているのは初めてです。


    レインボーロール: ここのマスタはアメリカで修行してきたらしいので洋食とかアメリカの 個性が料理に表れている。 レインボーロール

    梨アイス
    梨アイス: デザートの梨アイス、これと違うのを私はチョイス。でも、すごく美味しそう。
    将来の女将さん 将来の女将さん: お手伝いするつもちが・・

    現在、HP構築を支援させていただいております。
    繁盛店です。三朝温泉にお越しの際はぜひ
    朝5時半に起きて鳥取までいってきました。もっというと鳥取よりも特急で30分に西の倉吉駅まで。
    途中、京都駅で50分の待ち時間が合ったけれどお弁当買ったり。facebookやったりであっというまでした。
    鳥取県商工会連合会、中部産業支援センターfacebook講座
    6/4 鳥取県商工会連合会、中部産業支援センターfacebook講座開講です。
    おかげ様で商工会地域の方が、会議所よりも集客力が高く。今回も20人募集の予定が+10人で30人エントリ。

    三浅さん登場
    三浅さん登場(右上)、坂田さんはfacebookでは結構知る方が多い。韓国子供服を打っておられてNikon派の使い手。なんと仲間内で速攻でNikon D800を購入されてお目見えです。
    左下はアーク学院のWebマスタ三木先生。右下は居酒屋きらくの若女将の石原さん。翌日の診断先企業でもあります。詳しくは翌日書きます。

    ホテル
    三朝温泉の宿はペンション風のホテル。ちゃんと温泉があるのですが、実は土曜日に軽い外科手術をやったものですので(皮膚科でいぼを切開した)風呂に入れず、介護用の入浴剤で体をぬぐい、温泉は足湯だけ。

    パンだけの朝食
    パンだけの朝食:ダイエットしているので想定内(笑い

    6/5 三朝温泉の居酒屋きらくのCMSによるHP開発支援

    お見送りのわんこ
    そのまえにホテルのわんこにお別れを

    旬菜香の薬膳そば定食
    おひるごはんは旬菜香の薬膳蕎麦定食:美味しいしヘルシーです。

    英語に強いアーク学院
    英語に強いアーク学院が今日2番目のお客様。5人体制でfacebook,CMS,blogの運用を議論する。SEO、アクセスログなど盛りだくさんの内容。

    姫路駅の黄色い蕎麦
    姫路駅の黄色い蕎麦とカツ丼定食:面白いので注文してみることに。本当はうどん屋になるつもりが、戦争当時うどんの日持ちが悪く黄色い蕎麦を開発して、それを駅そばとしてうることに。それが黄色い駅そばの物語の始まりらしい。何回も姫路駅に来ていたのに知らなかった。

    新幹線ひかり号に乗り換えて帰る
    新幹線ひかり号にのり替えて帰る。

    夏が近いから夕闇が遠い。姫路駅で夕焼けの中で新幹線を迎えるなんて冬だと考えられない。

    はくと号で爆裂睡眠したから。本読んで帰ろう

    6/2 紅葉山庭園、花菖蒲が見頃と新聞に載っていました
     
    紅葉山庭園、花菖蒲が見頃
    紅葉山庭園、花菖蒲が見頃
    紅葉山庭園、花菖蒲:静岡新聞に見頃との掲載になりましたが、それは報道があってもなくても、先週の偵察でわかっていました。
    そこで。金150円を払って中に入ります。
    花菖蒲と清水
    花菖蒲と清水:毎年植え方が異なるので、撮影の仕方も毎回考えさせられます。
    着物柄を連想して 着物柄を連想して: ぱっとみて、さえない花、でも背景との調和は抜群だった。なので撮影。 でも、みなさんこの花に気がつかないんだなあ(笑い
    だから、写真は隠れている風景の掘り起こしなんだと思う。

    白い花菖蒲: 花菖蒲の特徴は花弁の真ん中が黄色いこと。白いのがかきつばた。 この花も着物柄に似ているなと思う。 和服柄を想う

    花菖蒲と雫
    花菖蒲と雫 花菖蒲と雫: 明け方に雨が降ったらしい。眠っていたので気がつかなかった。 その名残が日陰の花菖蒲の花に残っていた。この花は撮影する人が凄く多かった。でも雫を撮影する人はほとんどいない。う~ん、なぜなんだろう。

    花菖蒲の涙: このおちそうで落ちない雫の危うさが心の琴線に触れた。 これも良く観察していなと気がつかない小さな風景だと思う。 要は花だけを見ていては気がつかないと思う。 花菖蒲の涙

    駿府城公園とわんこ
    柴犬の2歳児 柴犬の2歳児: あまりにもかわいいので飼い主に頼んで撮影させていただきました。 予想通り柴犬の二歳児。犬がなくなって、もう飼わないつもりでいたそうがですが、この子をペットショップで見て衝動買いされたそうです。 なんとなくよくわかります。

    トイプードル: 柴犬を撮影しているときにやってきた2匹のわんこずれ散歩の方の犬。 やっぱり黒い犬は撮影が難しい。駿府城公園の石垣の上の散歩道は わんこ出会い確率が高い。 トイプードル

    花菖蒲とアヤメ、カキツバタの違いわかりましたか?
    6/2 岡部の蛍撮影
     藤枝市岡部町で蛍が撮影できそう。静岡市で撮影して数日後にお邪魔しましたが、蛍の数が少なかったので出直してきました。
    デジタル撮影隊新メンバー
    黒田さん
    黒田さん:タウン誌のお仕事をされています。 facebookで知り合って、急きょ参加。本当はお寿司の山本さんも参加 予定でしたが、残念ながら、当日、お客様が発生。翌日訪問ということが 決まり資料作りのために豊田にお帰りになりました。

    黒田さんとの合流はまだ明るい午後6時半としました。理由は現場の確認と、説明。 蛍撮影のためのカメラセッティング。蛍の予想される飛行コースのレクチャーなどがあったため。 黒田さんはミラーレス2台とEOS Kissの三丁拳銃。私はNikon D700と35mmの広角レンズと三脚の実です。
    彼女の行動パターンは真理子先生とくりちゃんを足して2で割った感じ。好奇心旺盛のカメラ女子なんですが、橋の上に這いつくばってカメラをあれこれいじりまくっている感じは栗ちゃんそっくりです。

    カメラ女子との初手合いなので。CENOVAによって前田園の葵っこ焼をお土産で持参したところ好評でした。

    Sさん Sさん: ある会社のサラリーマンです。私の高校の後輩。会社のお仕事を終えてから駆けつけてくれました。お疲れ様です。

    とにかく仕事熱心な方で、急なお客様対応の残業を終えて駆けつけてくれました。

    仕事がお忙しいことはよくわかっていたので、期待してなかったのですが、暗闇で呼びかけられたのですぐにわかりました。

    その前から、その場所に不似合いなネクタイの人がいることは夜目にわかっていましたが、急な出会いに感激でした。有難うございます。

    蛍撮影

    宵の口のフライト: この段階では私と黒田さんだけ。午後7時15分をまわると蛍が点灯し始め。一匹に引きと空に舞い上がってゆきます。この構図は好きなのですが、 残念ながら右上にどうしても光害が入ってしまうのが難。でも蛍が 浮き上がってゆく様子をお楽しみください。 宵の口のフライト

    蛍の群舞
    蛍の群舞: 思うにまだまだ最盛期でない様子。昨年は6月10日ころに来ましたから。 それでも、静岡市の撮影場所を上回る発生数。
    蛍撮影の初めての黒田さんも興奮して、完全にカメラ女子状態です。
     
    蛍の軌跡
    蛍の軌跡: 蛍がふと目の前をスウ~ッとよぎりました。その雰囲気を感じていただければと思います。

    カテゴリ

    ウェブページ

    links