2013年12月アーカイブ

呉市のペンションスオミは、美味しい和食が食べられる宿であり、美しい瀬戸内海の島々が見れる宿なのですが、今回の旅行であることを発見しました。
■ペンションスオミの建物と天の川
天の川
天の川 発見のきっかけはスオミでの夕食を終えて外に出てみて、カシオペア座(Wの形をした星座)をみつけたこと。カシオペアは天の川を横断している星座なのです。
だからISO感度をあげれば撮れるかも。でも、近くに道路があり街灯が点灯していて邪魔。だから、スオミの庭から空を狙ってみました。結果は正解でした。

ペンションスオミの上空に横たわる天の川
ペンションスオミの上空に横たわる天の川 これは資産です。このペンションのウリ、付加価値があるのではと考えました。

■美しい瀬戸内海の島々
朝焼けの瀬戸内海
朝焼けの瀬戸内海 朝焼けと、輝きを取り戻した海。ときおり漁船がよぎります
朝焼け雲
朝焼け雲 青い時間帯から次第に赤い時間帯へ
ペンションスオミのレストラン
ペンションスオミのレストランも朝の光が差し込んできます。もうすぐ朝食です。
パン
パン ペンションスオミでは自家製パンで。お客さまをお迎えいたします。

皆さんいかがですか?

フィンランド大使館シェフの店。ペンション・スオミは4年間に宿泊した呉市川尻の宿です。この宿に再び仕事で泊まってきました。
■2013年11月21日 1泊目
ペンションスオミ、1泊目のディナー
ペンションスオミ、1泊目のディナー 当日に夕食を予約したのである材料で作っていただきました。それでも、さすがのものが出てきます。
メインディッシュの小隊
メインディッシュの小隊 野菜も。鯛の目玉までもすべて食べられるものは食べました。オーナーから「すべて食べていただき有難うございます」と言われました。美味しいんですから当然ですとも。

瀬戸内海と星空の綺麗な宿
瀬戸内海と星空の綺麗な宿 料理だけではなく、風光明美な場所に存在するペンションです。ただ、店の名前がオーベルジュスオミに変わっていたことが驚きでした。
1泊目朝食
11/22 1泊目朝食 スオミの朝食はパンと卵料理です。野菜は自家製の野菜も含まれます。ジャムはいちじくと苺のジャムで、いちじくは自宅でとれたものらしい。おいしいです。

■2泊目(11/22)
オードブル
オードブル いくらとマスの寿司などの数々。素晴らしい仕事がしてあり、美味しんぼ級です。

本格ディナー
本格和食ディナー 酢の物、煮物。お吸い物、焼き物、メイン、ご飯、デザートです。
手長エビのお造り
手長エビ、サヨリ、小鯛のお造り 美しくも美味しい一皿でした。手長エビは手を持って中身を吸うと肉がすいだせるというおまけつきでした。

■11/23 朝食
スクランブルエッグ
スクランブルエッグ 朝食のメインディッシュ美味しゅうございました。

珈琲もおかわり自由です
珈琲もおかわり自由です 香ばしい香りが部屋に漂う、そんな朝が好きです。


■デザートに力を入れるペンションスオミ
ペンションスオミのデザート
ペンションスオミのデザート 年末にはケーキバイキングをやるそうです、プロモーション用の動画を作りました。

よかったらみてね!

■11/23 土曜日 出張帰り
以前にもfacebookで速報をお知らせしたとおり、安倍川花火のフォトコンテストの入選表彰式と安倍川花火功労者のパーティがあったので、出張帰りに夜のパーティに出席してきました。
場所は静岡駅近くのホテルアソシアです。
パーティの開催
パーティの開催 全く知っている人のいないアウェイ状態でした。とりあえず、入選者の固まっている席に案内されました。司会は例の「大スターマインー♪」の岸氏でした。
入選表彰
入選表彰 一応、上川国会議員や田辺市長、元市長の天野県会議員のまえでの表彰でした。
チキンなハートなのでびびっていました。
ごちそうの数々
ごちそうの数々 このほか、お寿司やオードブルなども出てきまして豪華なものでした。ちょっと敷居の高いフォトコンでしたが、申し込んで良かったと思いました。

木遣り
木遣り イベントを盛り上げます。
日本酒花の舞とデザート
日本酒花の舞とデザート お腹一杯になっちゃいました。

ごちそうさまです。
■11/24 次女の絵画特選の展示を県立美術館へ見いに行く
静岡県立美術館
静岡県立美術館 美大に合格が決まっている次女が、高校美術展で特選を撮ったので「見にゆかすか(静岡弁で、見に行こうか)」ということで、静岡鉄道に乗っていってきました。
静岡県立美術館プロムナードは晩秋の気配でした
静岡県立美術館プロムナードは晩秋の気配でした ケヤキの木が紅葉しています。県立美術館駅からだらだら坂を15分ほどのぼって美術館への道。
シェフ限定プリンと珈琲でブレーク
シェフ限定プリンと珈琲でブレーク 500円のコーヒーブレークです。次女の作品は私が思ったよりも水準が上で、大変うれしく思いました。

良い休日でした。

出張旅行でいただく美味しいお料理です。
■恵那でランチ
煮カツ丼ランチ
煮カツ丼ランチ 本当は和食を食べるはずでしたが御休み。よって、時間の問題もあってすぐはいれそうなお店に。結果として煮カツ丼ランチとなりました。無論おいしかったですよ

■伊賀牛のさいころステーキ
伊賀牛のさいころステーキ
伊賀牛のさいころステーキ 駅前の上野商工会議所の入居しているビルの2階にこの店があることは前回チェックしていました。金額的に予算オーバーですが、美味しいものにもご縁があると思いますので食べることにしました。
これを食べる予定だったので、恵那では和食を嗜好していたのですが。流れなので逍遥として流れに従います。
■上野市駅前の喫茶店
朝5時半からやっている、喫茶店 シャコンヌのモーニング
朝5時半からやっている、喫茶店 シャコンヌのモーニング 商工会議所の青年部の方のお店だそうです。一生懸命そうなので、ホテルの朝食を食べずにお伺いしました。コーヒー代+100円です。

■三原市の和食ランチ
三原の和食ランチ
三原の和食ランチ 気合の入ったランチです。手間がかかっていますし、素晴らしい和食でした。
おいしゅうございました

■倉敷市で食べたステーキ丼
ステーキ丼
ステーキ丼 倉敷市でのコンサルティングの後、呉市に移動するための電車待ちの間に商店街の焼肉屋のランチメニューをみつけました。お得でしょう。

■KENの広島風お好み焼き
KENの広島風お好み焼き
KENの広島風お好み焼き 以前食べたことのある店KEN。呉市の川尻地区にあります。ネギ沢山をチョイスです。

■瀬戸内海名物穴子丼弁当
穴子丼弁当
穴子丼弁当 三原からの帰路、昼食の時間がなくお弁当を買いました。穴子丼弁当。瀬戸内海地区は牡蠣、蛸、穴子などが名物です。


11/20 広島県から倉敷市に仕事のために移動してきて宿泊。ちょっと時間がとれたので倉敷美観地区をそぞろあるきました。といってもカメラと三脚をもって。
倉敷美観地区の夜景
倉敷美観地区の夜景 もっと観光客がいると思ったら意外でした。
大原美術館あたり
大原美術館あたり 川面に光が反射して綺麗です
高級日本料理屋へのいざない
高級日本料理屋へのいざない 全体的に価格表のない店が多く、不安で入れません。
穴子天丼
穴子天丼 やっとありついた夕食。意外に店を閉めるのが早いんです。撮影を終えて午後7時半になったらほとんどの店が閉まっていました。

夜は初めてでしたが美しい景観でした。

富士五湖を離れた撮り馬鹿隊の目指す場所は、南アルプス市の伊奈ケ湖でした。
伊奈ケ湖の紅葉写り込み
伊奈ケ湖の紅葉写り込み このような見事な写り込みは初めてです
カメラ女子
カメラ女子 とろけるような紅葉の中、カメラ女子が浮かび上がります。
紅葉俯瞰
紅葉俯瞰 見下ろす紅葉もいいでしょう

実はこの3つの写真は同じレンズで撮影しているのです。そのレンズは何でしょうか?

本流に染まる赤
本流に染まる赤 小さいけれど急流を見つけました。
紅葉越しの湖
紅葉越しの湖 緑色の湖面が綺麗です。

ここから再び朝霧へ移動、狙いはパール冨士、富士山頂から出る月を撮影しようという企画。
パール冨士撮影隊
パール冨士撮影隊 朝霧道の駅で秋山さん(左2人目)が参加。しかし、富士山は雲に隠れるは、撮影場所には電線がうじゃうじゃあるは、自動車にひかれそうになるわで退散しました。
最後は散々でしたが、とっても充実した秋の撮影会でした。

山中湖からとってかえしてきた私たちは冨士ビューホテルで朝食バイキングを食べることに。
河口湖,冨士ビューホテル朝食バイキング
河口湖,冨士ビューホテル朝食バイキング これが1,500円なんですから、あの前日のカフェで食べた2000円の朝食はなんだったのでしょうか(笑い
フルーツの柿
フルーツの柿 オムレツも手焼きで焼いてくれて、フルーツも食べ放題。
この後、私は温泉に、戸塚さんは仮眠。それぞれに時間を過ごします。
冨士ビューホテルからの富士山
冨士ビューホテルからの富士山 紅葉も見ごろでした。ホテルのお土産売り場に印伝(皮細工)を売っていたので小林夫婦の旦那様に「奥さんに買ってあげるとポイント高いよ」と悪魔のささやきをする私でした。

■河口湖紅葉回廊
紅葉回廊
紅葉回廊 ホテルの清算をすませて、河口湖紅葉回廊へ。ちょうど紅葉が見ごろでした。
紅葉、空を見上げて
紅葉、空を見上げて 見上げれば紅葉と青空がありました。
陰影
陰影 初めて撮影する紅葉のパターン。
双子のもみじ葉
双子のもみじ葉 バックライト浴びて綺麗でした。

■御坂峠へ
御坂峠からの富士山
御坂峠からの富士山 紅葉が美しかった。逆光でも綺麗です。

撮り馬鹿撮影隊の5人
撮り馬鹿撮影隊の5人 戸塚隊長、宮澤さん(左)、小林夫婦と私です。

御坂峠を越えて甲府に入り、そこから南アルプス市を目指します。

愛知県の仕事を終えて藤枝駅まで移動してきました。
藤枝駅前のコメダ珈琲で、かねてから食べてみたかったシロノワール(小)を食して。
コメダ珈琲シロノワール
コメダ珈琲シロノワール 初めて食べますが、アイスが乗っているのですね。
藤枝駅南口ライトアップ
藤枝駅南口ライトアップ 普通に撮っても面白くないので、魚眼レンズで狙ってみました。
ライトアップの富士山
ライトアップの富士山 この後、藤枝市でセミナーです。そろそろ迎えが来るはずとおもったら。戸塚卓世さんにみつけていただけました。
戸塚卓世さん「夫が三脚を持っている人を見つけて来いと」
伯爵「どうもいつもお世話になります」
戸塚稔春隊長「やっぱり撮っていましたかハッハッハ」
てなものです

Merry X'mas

殆どでずっぱりで、あちこち飛び歩いていました。
■恵那1件、伊賀・上野でセミナ1件
嵯峨乃やの新製品開発プロジェクトスタートです
嵯峨乃やの新製品開発プロジェクトスタートです 写真は使用前使用後ではなく。本プロジェクトの主の物語を作るための写真です

ここから名古屋経由で伊賀上野へ
上野商工会議所facebookセミナー
上野商工会議所facebookセミナー 動画静止画の実践をやりました。

動画も2個制作しました。

11/19 フラットネット最終回
上野市駅から伊賀上野経由で藤枝まで
上野市駅から伊賀上野経由で藤枝まで モーニングを喫茶店で食べて、一路藤枝市までとってかえし。大井川商工会でふらっとねっと西村真弓さんのコンサルティング

11/20 仙石組といってもやばい組織ではありません。
センちゃんファーム
センちゃんファーム 仙石組は土木会社。センちゃんファームは自然薯農家、つまり土木会社から農家への転身組です。新製品のにゅうめんうまし。

三原市から倉敷市へ移動。
11/21 倉敷市でコンサル、呉市でセミナー
呉市で回転寿司会社をコンサルして、一路、呉市へ。
呉広域商工会、経営革新塾
呉広域商工会、経営革新塾 Web開発型のセミナーと演習です。

11/22 呉市でコンサル1件、夜経営革新塾2日目
ブティックのコンサル
ブティックのWebコンサル。翌週再訪問して動画を制作することで合意。夜はセミナーでした。

11月23日 土曜日は移動日でした。

11/18 静岡→名古屋→恵那☆→名古屋→伊勢中川→伊賀神戸→上野市★ 宿泊
11/19 上野市→伊賀神戸→伊勢中川→名古屋→掛川→藤枝☆→静岡
11/20 静岡→岡山→三原☆→倉敷 宿泊
11/21 倉敷☆→三原→安芸川尻★ 宿泊
11/22 安芸川尻☆★ 宿泊
11/23 安芸川尻→三原→岡山→静岡 

2013年11月17日早朝。2時半に目覚めます。戸塚さんと同じ部屋。どうも外を見ると河口湖周辺の天候が思わしくありません。集合は3時ですから、その時間までに作戦を続行するか、眠るかを決定しなければなりません。この段階で、少しモチベーションは落ちていました。理由は、①1日目の撮影がダイヤモンド冨士以外は完璧以上であったこと。②激しく活動していたので疲労していたことです。

でも、駄目もとで、操作した山中湖では富士山が見えている。昨日の夕方と全く逆の展開。急遽、新道峠での流星撮影のプランを破棄して、山中湖のパノラマ台での撮影を決断。残った仲間に伝達します。
パノラマ台からの深夜の富士山
パノラマ台からの深夜の富士山 山中湖は雲海の中です。これも想定内。前日の天候パターンから湖畔での撮影よりも高所からの撮影が有利と踏んだのでした。
中空に満月が残っています。このため、星や流星の撮影は無理ですが、富士山が綺麗に撮影できることが嬉しい。相変わらずパノラマ台には多くの車が駐車していますが、この時間に殆ど撮影する人はなく私たちの独占状態でした。
日の出前のパノラマ台の雲海
日の出前のパノラマ台の雲海 だんだん明るくなってきて、撮影者も多くなってきました。
雲海は盛り上がったり、へこんだりしています
山中湖パノラマ台からの富士山と雲海
山中湖パノラマ台からの富士山と雲海 暁のなか黄葉したカラ松が浮かび上がってきます。非常に幽玄な風景です。
紅富士
紅富士 美しく富士山が染まってくれました。有難う。
離脱した新潟部隊は、河口湖で雲海が明けるのを粘っているそうですが(ケータイでの連絡)まだ、河口湖は雲海のなからしいです。やはり、山中湖に来て正解でした。
パノラマ台での撮影隊の記念撮影
パノラマ台での撮影隊の記念撮影 寒い眠いもこの感動の風景の中では、どうでもいいことです。私はホテルからお湯を持ってきて、味噌汁や珈琲を給湯サービスいたしました。

小林さんの旦那さまは写真を撮らないため車の中で休憩されています。奥様はそんな旦那様のために味噌汁を持っていったりかいがいしい。
ここで、石澤さんが仕事で離脱。そこで、山中湖から御殿場へのルートをたどり東名高速に乗り浜松へ戻り、そこから新幹線にのって名古屋にゆかれるそうです。有難うございます。

撮影隊は5人になりました。でも、まだまだ、続きます。

山中湖でのダイヤモンド冨士は不発なので、とりあえず宿のある河口湖方面に戻ることに。
予定変更です。ここで河口湖方面で富士山が見えないのであるならば、明日の晴れ予報を信じて、宿に帰り懇親会の予定でした。しかし、河口湖で富士山が見える。
そこで急ぎ、新道峠へいってみることにしたのです。

しかし、新道峠にきてみると、なんと富士山は雲の中です。ただ、ここまで新道峠まで登ってきた努力を無駄にしたくなかったことと、河口湖の夜景がとてもきれいだったので撮影しているうちに・・・・

新道峠からの河口湖夜景と富士山
新道峠からの河口湖夜景と富士山 かつてあった邪魔な立木が伐採されていて。凄く見渡しが良くなっていました。
私がこの場所を発見しました。数人あとに続いてきたので合図して招き入れますが、残りの4人がきません。
携帯電話が通じない場所だったのです。
この後、わずかな時間で富士山は雲に隠れたのでした。
あらためて富士山撮影のむずかしさをしりました。
帰りの道は凍結していて危険でした。
ホテルでの部屋飲み懇親会
ホテルでの部屋飲み懇親会 お一人様1000円投資の懇親会。楽しかった。

ここでたぬちゃんと金子さんが翌朝の撮影をせず、塩山で新潟チームに合流することを表明。
さあ、翌日は良い風景が撮影できるのか?

富士吉田市、歴史博物館と鏡山(かねやま)の滝の撮影です。
田貫湖、精進湖、河口湖と回ってきてこの地に。理由は3時半に山中湖でダイヤモンド冨士狙いだからです。

歴史博物館の紅葉回廊
歴史博物館の紅葉回廊 昨年は雨でしたが陽光に照らされた風情もいいですね。
古民家と美女
古民家と美女 素敵な光線のなかで女性撮り。
鏡山の滝
鏡山の滝 歴史博物館から道路を隔てた鏡山の滝。
二時の虹
二時の虹 初めて滝のある場所で虹を撮影しました。結構狙っていると難しいものです

落ち葉のハーモニー
落ち葉のハーモニー 滝を撮っていると足元で、僕を撮ってくれよと声がしたような気がしました。
記念撮影
記念撮影 山中湖のダイヤモンド冨士は残念ながらくもに覆われて不発。佐野さんはここでさらば!となりました。

でも、撮り馬鹿隊の旅は続きます。

おかげさまであちこちからお声がけいただき感謝です、西日本シリーズが始まりました。
11/18 上野商工会議所(伊賀)の消費税転嫁対策事業 facebook講座
 恵那商工会議所で、大森さん(嵯峨乃や)のコンサルティングさせいただいて、名古屋経由で伊賀上野市へ。

古代米のガンモバーガー
古代米のガンモバーガー この他、伊賀の郷、西澤のコロッケの撮影や動画撮影も撮影もさせていただきました。

11/19 大井川商工会、ふらっとねっと創業計画、販促支援最終回
 伊賀を早朝脱出して、藤枝駅に。大井川商工会でふらっとねっと西村真弓さんのコンサルティングでした
葵タワーからの夜景と富士山
葵タワーからの夜景と富士山 よく晴れた日でした。ちょっと1年前からアイデアがあったのですが、さつえいするチャンスや場所が問題でしたが成功しました。
11/20 再び、岡山県と広島県へ
自然薯ラーメン
自然薯ラーメン 美味いです
自然薯うどん
自然薯うどん これも美味しいです

これがその動画です。

この後、翌日のコンサルティングのために、倉敷市に移動でした。
11/21 日本一の売上を誇る回転寿司屋のコンサルティング
金融機関の導きでコンサルティングでした。

そのあと、ランチを食べてから、再び広島県呉市に移動です
11/21~22呉広域商工会のWeb開発講座1回目~2回目
呉れ広域商工会のWeb講座のガソリンスタンド3兄弟
呉れ広域商工会のWeb講座のガソリンスタンド3兄弟 仕事を終えてペンションスオミに2泊、土曜日の23日を移動日にして帰りました。

明日また、富士山河口湖紅葉作戦シリーズに戻ります

河口湖の紅葉を撮影した後、大石公園に寄りました。ここは比較的平凡なようで、良く探すと素敵な風景が見つかる場所です。
大石公園のドウダンツツジの紅葉と富士山
ドウダンツツジの紅葉と富士山 真っ赤に燃えています。これも紅葉です。
ススキと富士山
ススキと富士山 私が撮影した後、皆さんに、こんな風景が撮れますよとご案内しました。道は一本道、でも、発見できない方が多かった。なぜだろうか。
奥藤で鳥モツ煮ランチ
奥藤で鳥もつ煮ランチ、鳥もつ煮は単独で頼むと通常500円~600円します。でも、この奥藤、鳥もつ煮と蕎麦がセットで漬物がついて1,050円。とってもリーズナブルです。

さあ、もう一か所行って、山中湖でダイヤモンド冨士狙いです。

河口湖は広い湖です。しかも雲海がべったりと張り付いているため、一部の場所しか撮影できません。それを確認するとともに轟さんとなんとか合流して、河口湖で朝靄と紅葉と富士山の撮影の撮影をします。
河口湖は雲海の中
河口湖は朝靄の中 河口湖には何回もきていますが、朝靄は初めてです。しかも萱が朝日を浴びて真っ赤に染まっています。綺麗です。
紅葉と富士山と朝靄
紅葉と富士山と朝靄 こんな風景を一度撮ってみたいと思いました。やはり、田貫湖、精進湖、河口湖と転戦しながら撮影して正解だったのです。一か所にいたら、3つの美しい風景のうち1つしか撮影できなかったことでしょう。

撮り馬鹿撮影隊秋2013、記念撮影
撮り馬鹿撮影隊秋2013、記念撮影 メインメンバーが全員集結しました。皆さん遠路から、しかも早朝から有難うございます。徹夜で車を走らせてきたメンバーもいます。
ラ・ボーエで2000円の朝食
ラ・ボエームで2000円の朝食 とにかく朝食を食べる場所がありません。コンビニでいいと思うんですが、駄目って人もいて結局、タイマイ払うことに。ちょっと悔しいです。もうひとつ、まったりしたことが間違いでした。
今、思えば、これだけが決断ミスで、今夜宿泊する河口湖ビューホテルにゆけば1,500円でバイキングが食べられたはず。距離もそんなに離れていなかったし。

河口湖桑崎の紅葉と富士山
河口湖桑崎の紅葉と富士山 綺麗なんですが、上の写真と比べてみてください。青空の発色が違うでしょう。
早朝でないとでない色彩というのがあるんです。これが7時と9時との時間の違いです。私たち撮り馬鹿隊がなぜ、早朝の時間にこだわるのかという理由が理解できることでしょう。

これだけ、悔いが残ります。ちなみに正面に見える大きな建物が河口湖ビューホテル。

河口湖を6時前に出発し、河口湖に寄る道すがら、精進湖を撮影する計画をメンバーに告げました。この段階で、田貫湖に皆さん未練を少しおもちのようでしたが、精進湖方面に行かないと轟氏に合流できないことと、精進湖でも美しい夜明けが撮影できるという読みもありました。
果たして読みが当たるかどうか・・・

朝靄と紅葉の湖
朝靄と紅葉の湖 予想は的中絵もいえない朝靄が湖面を立ち込めていました。そこにボートが出てきて・・・
夜明け前の富士山
夜明け前の富士山 左からライティングされて富士山に陰と陽が表れています。
精進湖の夜明け
精進湖の夜明け 精進湖で夜明けを迎えました。美しい夜明けです。一般的に朝靄は夜明けとともに盛り上がるという特性を持っていて、幻想的な風景となりました。
朝靄と撮影隊
朝靄と撮影隊 小林じゅんこ隊員と戸塚隊長です。

轟さんから電話が鳴ります。彼は寝坊したようです。我々も精進湖を撤収して河口湖にかけつけると調度良い時間になりそうです。

実は11月17日はしし座流星群の極大日でした。その前日も降ることが予想されます。しかし、大流星群ではないので、あまり気にしていませんでした。

満天の星空と富士山
満天の星空と富士山 とりあえずチームA(静岡隊)とB(浜松隊)は午前3時半に加藤邸で合流し、田貫湖を目指します。既に前日から新潟隊が朝霧高原に宿泊しているので合流するためです。
田貫湖到着と同時に、宮澤さんが「すご~い」と感動の悲鳴を上げます。満天の星空。そして湖面への写り込みです。私も三脚を据えて魚眼レンズで撮影した1枚に、流星が写り込んでいました。ちょうど富士山の山頂の上くらいです。
しし座流星群と富士山
しし座流星群と富士山 長時間露光の中、火球が落下してゆきます。

この間。ゆくえ不明になっていたたぬちゃんと連絡が取れ、新潟隊、小林夫婦と合流。佐野氏も合流、総勢9名になりました。

朝靄の風景
朝靄の風景 夜のうちから気がついていたのですが、田貫湖には朝靄がたっていました。日が昇ると途端に朝靄が膨らんでゆきます。朝焼けの中に浮かぶ桟橋上のカメラマンも一服の絵になります。

しかし、轟氏との合流があるので、精進湖→河口湖への道を急ぎます。たぬちゃんは撮影従っていましたが、約束を守らないといけませんし、精進湖でもこの状態ならケアラシはあるはずと読んでいました。

予想は当たるでしょうか!

2013年撮り馬鹿隊の秋の旅行が11/16~11/17に行われました。目的は紅葉と富士山です。この日に設定したことには理由が合って、①河口湖で紅葉の最適日であると予想した。②晴れ確率が高いということ。案の定、土曜日晴れ、日曜日曇りの予報が、直前になって、両日とも晴れとなりました。この作戦では、雲の動き、雲海の発達など予想もつかない気象変動がありまして、その都度、機敏な決断を要求されましたが。感が働きいい決断ができました。

●チーム編成 11名です

  1. チームA 戸塚隊長(藤枝)、加藤参謀(静岡)
  2. チームB 石澤隊員、宮澤隊員(浜松) 石澤隊員が二日目朝に離脱予定なので、その後はAと合流
  3. チームC 小林夫婦(浜松)
  4. チームD たぬちゃん+金子さん(新潟)二日目朝に離脱予定
  5. チームE 佐野周一氏(笛吹市)  一日目終了時に離脱
  6. チームF 轟氏(河口湖町) 河口湖撮影のみ参加
  7. チームG 秋山隊員(富士宮) 二日目パール冨士だけ参加

撮り馬鹿女子部
撮り馬鹿女子部 たぬき先生、宮澤さん、小林じゅんこさん。
仲の良い小林夫婦
仲の良い小林夫婦 カメラ女子のじゅんこさんのためにご主人は運転手。素晴らしい!
撮り馬鹿男子部
撮り馬鹿男子部 なんと佐野周一氏(中左)は、CANON 70Dを買ったばかりなのに、使いにくいからといってNikon D800に転向。嫁に睨まれても「亭主の道楽だ」で一蹴!男ならこう来なくっちゃ!

河口湖大石公園からの冨士山
河口湖大石公園からの冨士山 夜以外は好天気で撮影日よりでした。

河口湖の紅葉
河口湖の紅葉もばっちり!

さあ、撮り馬鹿達の旅のはじまりです。

あちこちで色々な物をいただきます。

きび団子ロール
きび団子ロール 岡山名物です。これに、和紅茶(青山さんちの商品)、そして三森さんちのぶどうで自家製デザートです。
田子作のおこわ弁当
田子作のおこわ弁当 マツタケおこわと栗おこわ。まいう~です。
鶏照り焼き丼と蕎麦
鶏照り焼き丼と蕎麦 上野駅で30分の時間をつかまえての夕食、なんとしてもお弁当は嫌だという考えです。
最初、ラーメン屋を考えました(早いから)、しかし、駅構内の店が閉店となって時間をロスりました。
なんとか夕飯にありつきました。
いわき市での手作りのハンバーグランチ
いわき市での手作りのハンバーグランチ 丁寧に作ってあるという感じ。美味しかったです

浜松卸商団地でとっこ寿司の御寿司
浜松卸商団地でとっこ寿司の御寿司 高齢な職人が握るとっこ寿司、頑張ってほしい
ふかひれラーメン
ふかひれラーメン 清水でいただいたふかひれラーメン、TVで撮りあげられた一品らしい。

ごちそうさまでした。

セミナーありコンサルあり。地方巡業あり、地元ありと多彩です。
11/11 尾張一の宮から、伊賀上野へ。
一宮市で飲食店のコンサルテーション発生でスクランブルです。その後、関西本線をたどりつつ、尾張一宮→名古屋→亀山→伊賀上野→上野市です。
伊賀電
伊賀電 途中から私鉄で伊賀電鉄へ。1両だけの電車ですがラッピングが面白い
11/12 一路静岡へ
翌日は、上野市のホテルを出て、上野市→伊賀神戸→伊勢中川→名古屋→静岡と戻ります。

動画制作させていただきました。
村田ボーリング技研にて
村田ボーリング技研にて 仕事が終わると御約束の御茶目タイム。
その足で、いわき市に向かいます。深夜ホテル着。
11/13 いわき市のローヤル油機
ローヤル油機械の佐藤社長
ローヤル油機械の佐藤社長 グリースの専門家です、Webサイトリニューアルの相談をさせていただきました。
もう1件、製造業のWeb開発プロジェクトをやらせていただき、静岡にいったん帰ります。
11/14 一日に3件(県内)
浜松卸商団地のBCP計画策定
浜松卸商団地のBCP計画策定 パンツ屋さんと津波対策を話し合います。
浜松市から藤枝市まで移動です。
光文堂海野さん
光文堂海野さん 光文堂印舗のWebマスター、HPを作りたいとのことでご相談です。頑張ります。
光文堂印舗の新製品、女性用おしゃれはんこ
光文堂印舗の新製品、女性用おしゃれはんこ 綺麗な文様でしょう!

この後、清水へ
清水経営塾で、魅せる販促コンサルティングを語る
清水経営塾で、魅せる販促コンサルティングを語る youtube活用、facebookやWebとのメディアミックスについて話させていただきました。有難うございます。
11/15 ドタキャン
参りました。

前日キャンセルは参ります。11月は皆さんの日程どりに苦労していたのに、スタッフの苦労が無駄になりました。

11/5 この日はトリプルヘッダーです。
■1件目 用宗、カネナカ商店 

youtube動画作成しました。
■2件目 用宗の税理士先生の事務所まで歩いてゆく途中に・・・懐かしい人に出会いました。
藍ちゃんママと偶然出会う
藍ちゃんママと偶然出会う お姉さん犬のキャッシュは亡くなったそうです。残念。
■3件目 藤枝アカデミックガーデニング facebook講座
セミナーの様子
セミナーの様子 回を追うごとに人が集まってきて盛り上がります。今日は補助いすがでました。

■11月6日 県内外でダブルヘッダ
1件目 冨士市で製造業のWeb開発支援
製造業の倉庫
製造業の倉庫 製造業でも一眼レフとコンパクトカメラで適当に撮った写真では差が出ます。
さて、ここから一気にみちのく一人旅です
■2件目 宮城県栗原南部商工会 消費税転嫁対策セミナー 
facebookと動画を活用した販売促進講座
facebookと動画を活用した販売促進講座 熱心にご受講いただきました

11/7 コンサルを1件やらせていただき、一路帰路につきました。

11/8 浜松と三島で2件のコンサルティング
■1件目 東亜工業 餃子製造機を作っている会社です。facebookの知り合いのご紹介。日本でシェアが60%
なんだとか
請井社長と浜松商工会議所
請井社長と浜松商工会議所のご担当とスタッフの方々。

ここから一気に三島まで移動。新幹線でも1時間以上かかります。
清水町わんのはな
清水町わんのはな SEO対策のお話しをさせていただきました。

■11/9 甲府商工会議所、山梨IT実践ビジネスセミナー
可愛い女子チーム
可愛い女子チーム youtube動画の制作方法とUP方法、facebookやWebへの貼り付け方法をお教えしました。
このあと懇親会がありまして、甲府に1泊。翌日日曜日に帰りました。

皆さん、お疲れ様でした

11月になると大道芸ワールドカップが静岡市にやってきます。
けやき通りの大道芸
けやき通りの大道芸 こんなの簡単そうに見えて、自分がやったら大怪我しそうです。
セノバ、前田園最終日に駆けつける
セノバ、前田園最終日に駆けつける 高校時代の友人である前田君がセノバから撤退するようです。なので招集がかかったので抹茶白玉アイスを食べに立ち寄りました。そのあと、駿府城公園へ、撮り馬鹿隊の平尾隊員が、芸人に撮影を頼まれたとかでいらっしゃいました。
大道芸
大道芸を見物する人たち。ぺガサートは1階から地階を見降ろせる場所があります。
ピエロ、静止型の芸をする方々
ピエロ、静止型の芸をする方々 色々な表現があるものだと思います。
青葉小学校、駿府城公園
けやき通りから、青葉小学校、駿府城公園へ 公園ではクレーンなどを使ってよりダイナミックな芸が披露されています。
空中芸
空中芸、異民族の人々など。多彩な芸や人々がみられます。
大道芸ワールドカップ2013年優勝者
大道芸ワールドカップ2013年優勝者 まるでとっとこハム太郎のような芸でした。

また、来年もみられるかな。

梅が島の撮影の後、静岡市街に降りてきたら、10時50分ころになっていました。もう、どちらかというとランチの時間です。駅までゆく予定でしたが、ふとみると「ごえもん」という回転寿司屋が。
生サクラエビ
生サクラエビ 岡本夫婦は、生シラスやシラウオなどから入っていましたが、私は生サクラエビから。

鮪
鮪 脂がのってうまいっす

赤貝
赤貝 店員に活赤貝をすすめられましたが倍の525円もするので(笑い こっちで十分美味しい。

太刀魚の寿司
太刀魚の寿司 これも静岡ならではでしょうね。

鯛
鯛 さっぱりしていて美味しいです。この後、青海苔のみそ汁などをいただきまして静岡の寿司を堪能しました。

ご夫婦も普段召し上がられないネタを食べられたようで満足されていたようでした。
そして、静岡大道芸ワールドカップを撮影してから富士宮方面に去って行かれました。

出勤時間がひっ迫した戸塚隊長は藤枝のショップに出かけてゆきました。残された私は岡本夫妻と話し合いをして、お腹をすかしているので静岡でモーニングでも食べようか!という話になりました。
安倍峠の紅葉
安倍峠の紅葉に別れを告げて・・・

紅葉をほふく前進で激写
紅葉をほふく前進で激写する岡本さん

そこで、坂をぐんぐんくだって、梅が島の温泉街を通り抜けた時に岡本陽子さんが滝発見。普通はスルーするところですが・・・

赤水の滝
赤水の滝 多分、赤水の滝というらしい。(調べた)。豪快な瀧です。
滝を激写する岡本さん
滝を激写する岡本さん 凄い執念です
ドングリのシーソー
黄葉。黄色く染まったブナの黄葉が綺麗です
紅葉の落ち葉
紅葉の落ち葉 ゆく秋を惜しむ
ドングリのシーソー
ドングリのシーソー ドングリの上に何の葉なのだろうか落ちて、微妙なバランスをとっておりました。

岡本さんとの旅、まだ続きます

鹿児島から帰った翌日、3時におきて、安倍峠の紅葉と富士山撮影に行ってきました。
帰りの新幹線。広島を過ぎたころにメッセージが入り、急遽撮り馬鹿隊。その後、帰ってfacebookを見ると、千葉から来客が。「静岡での富士山の撮影ポイントを教えてほしい」とか。なら誘っちゃえってことで合計4人の旅となりました。

月宿る安倍峠
月宿る安倍峠 安倍峠とは、静岡の山間地、梅が島から安倍峠を経由して山梨県身延町に抜ける標高1,400mの峠です。11/2には紅葉が盛りと考えていて、以前からいってみたいと思っていました。

4時45分くらいに峠下の駐車場につき、鹿の鳴き声を聞きながら懐中電灯を照らし、峠をゆきます。戸塚隊長はクマよけの鈴をつけています。
富士山と北斗七星
富士山と北斗七星 がけ崩れで道路が封鎖されていて、封鎖線を徒歩で静岡側を超えて、さらに山梨側を超えると富士山が現れました。そらは満天の星。きれいです。
夜と朝の間の刻
夜と朝の間の刻 10分間露光したらこんなになりました。このとき富士山が見えていた場所はここと、富士宮市と富士吉田市の三つ峠だけで、後は全滅だったようです。そういった意味で、県外からのお客様を我々は幸運に導いたと言えそうです。
朝焼けの時
朝焼けの時 撮影が順調にゆくのかなと思いきや、このときから不審な雲が現れて雲をよぎるようになりました。
下界のともしび
下界のともしび 安倍峠の左下に民家の灯りが見えます。あれが身延町です。
紅葉の安倍峠
紅葉の安倍峠 一端は雲に隠れた富士山ですが。日の出とともに顔を出してくれてなんとか紅葉と一緒に撮影することができました。
県外からのお客様と撮り馬鹿隊
県外からのお客様と撮り馬鹿隊 県外のお客様は岡本陽子さん。芸術系の大学を出て、主婦をしながらプロ写真家を目指す方。千葉から旦那さまが徹夜で運転してきたそうです。旦那さまは峠の向こう側で自動車の中で仮眠中。三連休の3日間を撮影三昧だそうで、うらやましい限りです。

さて、明日は・・・

鹿児島の最後の半日をどこですごすかは、鹿児島に来るまでまったく決めていませんでした。というか、日々の生活に追われて考えていなかった。さすがにそれはまずいので、前日あたりからネットで検索していたのですが、だいたい1日コース。
そこで、朝、桜島フェリーに撮影にいく途中のタクシーの運ちゃんが「そういえば、仙厳園で菊祭りやっとると」といっていたので、ホテルに帰ってきた後にネットで検索し、ホテルフロントにバス停を確認してゆくことに。
城山の下、ザビエル公園からバスに乗る
城山の下、ザビエル公園からバスに乗る そして、西南戦争で西郷隆盛がこもった洞窟後→城山ホテル→西郷隆盛最後の地を回って仙厳園へ。その間、約40分くらい。
菊祭りと仙厳園
菊祭りと仙厳園 入園料1000円。高いなあと思いましたが入ってみると超広い。例の篤姫の実家の別邸らしい。
石組みの階段
石組みの階段 このあたりは篤姫のドラマで撮影に使われたそうです。
ヒョウモン
アカタテハ 鹿児島はまだ温かく蝶が舞っていました。
菊と手水鉢の金魚
菊と手水鉢の金魚 なにか粋を感じます。
■薩摩切子
 薩摩切子とは、鹿児島独特のカットグラスの文化を持つ切り子細工のこと。ぐい飲みなどのこと。島津斉彬が江戸切子の文化をまねて初めて独自の文化に発達したが、島津斉彬の死去と薩英戦争の爆撃で工場が破壊されて、文化が途切れました。その文化が現代に復活したのです。
薩摩切子
薩摩切子 これは紅という色。赤、紅、薩摩紫、青、黄色、緑の6色あります。発色が異なるのはまぜる金属がことなるから。1つとして同じものはなく、手作業ですべて作る。また色彩のよって原材料費が異なるので価格も違う。
薩摩切子の輝き
薩摩切子の輝き この怪しい光に魅せられて、前回(数年前の)以来気にかかっていました。薩摩切子は本当に高い。これより小さいもので26,000円くらいします。これで32,600円です。前回はチキンで買えませんでした。
薩摩切子と甲州ブドウ
薩摩切子と甲州葡萄。でも、そろそろ持っても良いだろうとタイマイはたいてかってきました。家に帰り早速甲州ブドウをもりつけて撮影です。

金属が入っているガラスゆえ、重く。ずっしりとした手ごたえを感じながら幸せな気分でおります。


実は、前日軽く切り上げたのには理由がありました。

4時半にホテルを抜け出す
5時にホテルを抜け出す 鹿児島の日の出は東京から1時間遅れ。すなわち6時代後半です。そこで、5時おきして、ホテルを抜け出し、桜島フェリーまでタクシーを飛ばします。
5時20分桜島フェリー着
5時20分桜島フェリー着 もうこの時間からフェリーが動いていました。凄いなあとおもったのは10分~15分おきぐらいに頻繁に出入港していること。そのくらい、鹿児島の人にとってフェリーって重要なあしなのですね。

三日月が見守る桜島フェリーと桜島
三日月が見守る桜島フェリーと桜島 昨日まで噴煙を上げていなかった桜島。今日は噴煙を上げています。
早朝の桜島フェリー
早朝の桜島フェリー 問題はまだ暗い環境で、動くフェリーを止めて撮影することが難しい。以前、D80で望んで動態ぶれして公開したので、D800でリベンジ。ISO1600という、昔ならちょっと考えられない感度で撮影しています。

動画も撮影してみました。お時間があったらご覧ください。
ホテルに帰る頃には明るくなっていました
ホテルに帰る頃には明るくなっていました 帰りは路面電車で帰ってきました。さあ、朝食を食べて午前中観光です。

いきのタクシーの運ちゃんに聞いた情報がよさそうです。

鹿児島に久々にきた限りは、鹿児島らしいものを食べたいと思いました。
ホテルのフロントに聞くとお勧めの店を2件ほどご紹介いただきました。いずれも天文館という鹿児島随一の繁華街の近い場所にあるので、店の前に行って決めようと思いました。
天文館
天文館 左にコンビニ、右に無邪気の看板がみえますね。
吾愛人(わかな)でとりあえずビール
吾愛人(わかな)でとりあえずビール 焼酎もいいのですが、ある目的があったから、今日はとりあえずビールとします。
キビナゴ
キビナゴ 酢味噌和えでいただきます。講演のスタッフなども「鹿児島においででしたらぜひ、キビナゴを」とおっしゃっていましたので、まずはコレ!
鹿児島地鶏のタタキ
鹿児島地鶏のタタキ これも間違いなくうまいだろうなあって。思いました。九州の方鶏好きですよね。
鶏文化のあるところで撮り食べるならうまいはずです。コリコリして美味
黒豚すき焼き
黒豚すき焼き これも美味。最後にご飯たのんで勝手に雑炊にしてしまいました。全部で3000円でした。

むじゃきによって帰りました。明日は・・・

鹿児島は宮崎同様に食の美味い県のひとつです。今回はスイーツを取り上げてみました。

■ワシントンホテルランチデザート
ワシントンホテルのランチのスイーツ
ワシントンホテルのランチのスイーツは13種類の中から3つ選べます。悩ましい。
ワシントンホテルのランチのスイーツのもりつけ例
ワシントンホテルのランチのスイーツのもりつけ例 じゃじゃ~ん。森つけるとこんな感じ。フルーツソースも綺麗ですね。
珈琲はおかわり自由です
珈琲はおかわり自由です

■天文館むじゃき
天文館むじゃきの店頭
天文館むじゃきの店頭 こんなかんじです。

天文館むじゃき
天文館むじゃきにいってみました。シロクマのモニュメントがお出迎えです。違和感があるのは料理メニューがあること。実はこのむじゃきはシロクマアイスで有名なんですが、元は食堂だったのです。
シロクマアイス(ベビー)
シロクマアイス(ベビー) これでベビーです。スタンダードは超巨大ですよ。
2日目もシロクマアイスを食べながら換える(苺味)
2日目もシロクマアイスを食べながら換える(苺味) いたるところに店がありました。
鹿児島中央駅でシロクマアイスと珈琲を購入して九州新幹線さくら号に乗り込んだのでした。

セントレア空港に一泊しました。三脚を持っていたので色々と撮影できました。
■セントレア空港の夜景
セントレア空港、名鉄駅
セントレア空港、名鉄駅 セントレア空港は、名鉄で簡単にアクセスでき、かつ、ホテルなども自由通路で直結。きわめて使い勝手の良い空港です。

セントレア空港の夜景と飛行機の光跡
セントレア空港の夜景と飛行機の光跡 これが撮りたくて!なんとか撮れてうれしいです

■セントレア空港の朝焼け
三日月浮かぶ
三日月浮かぶ ホテルの裏側に港があって、海上保安庁の船がありました。空には三日月が浮いていました

日の出
日の出 しばらく撮影していると日の出となりました。

ホテルの裏庭からの日の出の風景
ホテルの裏庭からの日の出の風景 そろそろ朝食ですね。

旅は面白いですね。

旅をする楽しみの一つに地域の美味しいものをいただくことにあります。
■徳島のランチ

阿波池田ドンの海鮮丼スペシャル
阿波池田ドンの海鮮丼スペシャル950円です、池田駅で45分まちの時間待ちの間に商店街でいただきました。
現代では、物流も優れていますから美味しい魚が手に入れようと思えば山国でもてにはいります

味喜びのランチ、天丼
味喜びのランチ、天丼(東みよし町)、750円のランチで良心的です。100円高くていいから、天ぷらを充実して欲しいです

■コンサル先の企業でいただくランチ 飲食業のコンサルが多いとこうなります。
喫茶ロダンのランチ
喫茶ロダンのランチ 肉詰めピーマンが美味でした。コブなどのおかずも美味しゅうございました。

餃子の花咲の餃子鍋
餃子の花咲の餃子鍋 煮崩れない皮がもちもちしておいしゅうございました。

釜飯の花の木
釜飯の花の木 ランチがカブリました。午前中の餃子の花咲で、ぜひ餃子を食べていってくれといわれ、ランチは花の木を予約してあったのです。そこでおにぎりにしていただき、夕飯としました。ひえてもおいしゅうございます。

ホテルの朝食
ホテルコンフォートの朝食 通常のコンフォートホテルと朝食の内容が違います。はっきり言って豪華。周りを見渡すと制服のパイロットやスッチーが。なるほど。 

■鹿児島の食事
早朝撮影後の朝食バイキング
早朝撮影後の朝食バイキング 早朝撮影後なのでお腹が減りました。ただ、メタボになってはいけないので撮影用に、鶏めしのご飯を半分残しました。(ごめん)。さつま揚げや地鶏の生卵などの郷土料理も地場の素材も美味。

ざぼんのチャーシュー麺
ざぼんのチャーシュー麺 無性にラーメンを食べて帰りたくなりました。なぜそう思ったのかは不明です。ネットの有名店もありましたが「ざぼん」という店のほうが混んでいましたので入りました。とんこつ風味が美味しかったです。

まだ、旅行シリーズ続きます。

カテゴリ

ウェブページ

links