2014年5月アーカイブ

連休中のお仕事

| コメント(8) | トラックバック(0)

連休中でも今年は仕事をいただきました。有難うございます。
■4月30日 雨、金融機関との仕事の打ち合わせ
母の育てたクンシラン
母の育てたクンシラン 雨に打たれています。県内で金融機関と仕事の打ち合わせにでかけます。

■5/1 藤枝にでかけて光文堂さんのコンサル
藤枝の光文堂印舗の海野さん
藤枝の光文堂印舗の海野さん かわいいはんこを制作、販売する方です。
伯爵「この間の撮り馬鹿隊で関西弁の変な親父にどなられて酷い目に合いましたね」
海野さん「そうなんです、あまりにひどいのでトラウマになっちゃいました(涙目)」

女性向けおしゃれなはんこ
女性向けおしゃれなはんこ 私も商品写真撮りしながら、Web開発の応援をさせていただきました。

充実したGWです。

忍野八海から花の都公園へ移動してきました。ここで、5番目の撮影場所。良く富士山が持っています。
■花の都公園
花の都公園の冨士桜と富士山
花の都公園の冨士桜と富士山 ちょっと早かったでしょうか。
富士山の左側に雲が現れました、これが出ると大体、富士山が隠されてします、予想通り雲がどんどん大きくなって。山中湖に我々が移動したときには富士山が雲に隠れてしまいました。

■山中湖(洞の水場)で野鳥撮影
そこで野鳥撮影です。でも、別荘地に撮影場所があります。60年ちかく撮影できていたのですが、別荘地に不法駐車する人が多く、別荘管理者の東急不動産が業を煮やして駐車禁止にしました。そこで、私たちは下の無料駐車場に車を置いて20分ほど徒歩で撮影場所へ、3kg以上の望遠レンズ、2kg以上の撮影機材、座イス、3kgの三脚を持ってですから結構大変です。
大洞の水場の撮影
大洞の水場の撮影 ご覧のとおり、撮影者は激減。ゆっくり撮影できます。
シジュウカラの水浴び
シジュウカラの水浴び 飛沫が飛び散ります
ヒガラの羽干し
ヒガラの羽干し 水浴を終えたヒガラが木に止まって羽を乾かしています。
遅いランチ
遅いランチ 撮影後、撤収、遅いランチを取った時は既に3時になっていました。カレーが1000円でした。

撮り馬鹿隊
カフェの撮り馬鹿隊 元気そうですが、撮影しあった撮影データを見ると、皆さん疲れていますね。それはそうです2時起きとか3時起きして、3時半集合で12時間ここまで撮影しまくっていますからね。

でも、これで終わりじゃあないんです。


忍野八海に到着です。午前10時半ころ。美味しいお蕎麦屋びわがありますが、お昼にはちょっとと早い。
そこで撮影続行です。

■桂川沿いの美しき風景
 この場所はカメラマンにあまり知られていない場所、かつ、観光客が少ないので撮影しやすい場所です。
稲藁と一本桜越の富士山
稲藁と一本桜越の富士山 この場所はいい場所らしく私たちを含めて3組の撮影チームが競合しましたが、順番待ちで撮影しました。話し合いができる相手はいいですね。
でも、そうこうしているうちに良い場所と気付かれて、どんどんカメラマンが寄ってきます(汗

桂川の春
桂川の春 水仙が咲き誇り蒼い水面と相まって春を感じます。

■忍野の有名な場所
忍野の春
忍野の春 自動車がばんばん走る橋の上、しかも、その端に6人も並べばいっぱい。さらに、皆が撮っているに川に降りて撮影する迷惑者もいて大混乱でした。
そんな雰囲気を一切感じさせずに、しらっと撮るのが風景写真家です。
桜越しの富士山
桜越しの富士山 満開の桜に富士山が祝福されているようです。この構図はおそらく私たちだけの構図です。
橋越しの富士山
橋越しの富士山 この構図も大競争、20人以上のカメラマンがこの周囲にいます。観光客が通り過ぎるのを待って慎重にシャッターを切り、次の人に場所を譲ります。

撮り馬鹿隊レディースの皆さん
撮り馬鹿隊レディースの皆さん 花桃のそば撮影させていただきました。素敵な笑顔を有難うございます。
右上のSさんはサラリーマンIさんが欠席のため急遽宮澤利恵子さん(左上)がお声掛けした方。一眼レフなしでケータイで富士山撮りでした。Betsui Mariko(左下)は岡本陽子画伯(ほふく前進のカメラマン)のNIKONカレッジのお友達です。

さあ、まだ富士山は見えるぞ。どこへゆこう

田貫湖を6時半に抜けて、8時前に河口湖着、田貫湖→朝霧高原→本栖湖→河口湖のラインは、本栖ハイランドで芝桜まつりをやるので渋滞がおきやすい。そこで、早めに通過してパスしようというのです。昨年は本栖ハイランドによったのですが、今年はしばらくらの生育が遅れているとかで写真にならないから金を払ってまで見る価値なしというわけ。
河口湖の桜と富士山
河口湖の桜と富士山 最初にとっておきの場所に行ったのですが、既に葉桜でした。その場所は昨年私が撮影した後にプロの写真集を見たら偶然同じ構図で撮影していてびっくりした場所。でも、春先が寒くてまだ北岸の円形ホールに桜が残っていました。

河口湖の撮り馬鹿隊
河口湖の撮り馬鹿隊 この時点で8時半。3時半スタートなのでまだこんな時間?という感じです。
COCOSでモーニングバイキング
COCOSでモーニングバイキング 750円。しかも新聞もフリーです。この新聞が後で物凄く威力を発揮します。
河口湖ということでワカサギのフライをとりましたがいまいちで1個でストップしました。
普通は、このモーニングの時間1時間が富士山撮影で命取りになるケースがあるのですが、どうやら今日は特別な日のようです。

さあ、次の撮影場所にゆくぞ

4月27日、28日春の撮り馬鹿隊で富士山撮影をしてきました。手始めに田貫湖でダイヤモンド冨士撮影です。
理想的には4月20日ですが、曇りで撮影できず。ただ、田貫湖は範囲が広いので1週間がダイヤモンド冨士ウィークとなるからチャンスは残っていました。

前夜は寿司会で買えたのが10時ころでしたが、良く朝の3時半に起きて、皆さんについてゆきます。目指すは田貫湖
朝焼けに浮かぶ冨士山
朝焼けに浮かぶ冨士山 午前5時前に到着しました。空が朝焼けになっているので焦りました。早速三脚を組み立てて撮影です。
田貫湖のダイヤモンド冨士
田貫湖のダイヤモンド冨士 なんとか左端からですが山頂から撮影です。動画もどうぞ!

ある撮影者の悲劇
ある撮影者の悲劇 実はこの写真、午前5時ころ撮影なんですが、右端の方は二丁拳銃です。三脚も二本。しかし、三脚の立て方に問題が合って、自分の足側に三脚の足が二本ある(△)。こういうのって、足をひっかけやすいんです。
左から二つ目が私の三脚なんですが三角形の頂点が自分側にあります(▼)。これはひっかけにくい。覚えておいてください。

ダイヤモンド冨士の撮影後、右の撮影者の方、立ち上がろうとして左側のカメラの乗った三脚を足に引っ掛けてカメラを湖に水没させてしまったのです(午前6時半ころ)。
ざぶん。三脚がまるで犬神家の一族の助清君の足のように湖に立ってしまった。岸から2mもあるので我々も手が出ない
彼もどうしてよいかわからない。我々の後ろをケータイで動画で撮影して解説している人もいました。私は悪いので撮影しませんでした(当然ですね)。ただ、落とした本人が助けにゆけないものを我々が助けられる訳がない。

そうこうするうちにカメラ、レンズ、メモリ、三脚ごと静かに湖に沈んで行ってしまいした。まるで海ゆかば状態です。戦艦大和の沈没を見た水兵さんの気持ちが本当によくわかりました。嗚呼。そうなんです、でもこれは他人事でありません、我々の仲間でもレンズを谷底に落とした人もいます。私もかつて二丁拳銃でいたときに傾斜地に三脚を放置してもう1個のカメラで撮影中に三脚が倒れてレンズが壊れた経験があります。お互いに他山の石ということで気をつけましょう。

田貫湖で記念撮影
田貫湖で記念撮影 カメラが沈没した場所をはずして記念撮影して田貫湖を去ることに、我々の撮影プランはまだ始まったばかりですから。
実は参加予定でいたのにこのなかに入れなかった人がいます。
その人は前日女子会で飲んだため、カメラセットの詰まったリュックを玄関においたまま熟睡だったそうです。どなたかって。この1週間前に関西弁の親父に怒られた人です(笑い

新緑の田貫湖
新緑の田貫湖が見守ってくれています。

撮影はこのあと、どのような展開をたどるのでしょうか。

どうも曜日の巡りと、天気の巡りがかみ合わずに茶畑と冨士山の写真を撮り逃がしています。このままゆくと今年1枚も撮れない可能性があったため、午後からセミナーがあったので早朝起きしてワンチャンスにかけました。
今宮の茶畑と富士山
今宮の茶畑と富士山 冨士市にゆくと、あるfacebook友達がピックアップしてくださり今宮へ。その方は場所不安ない故、私が誘導。なんとか撮影できました。でも、朝一番は雲ひとつなかったのですが、誘導している間に雲が回ってここで数枚撮ってアウトです。

本当はもう1か所回りたいと思ったのですが雲がモウモウ状態であきらめました。
その方も、9時から御用があるということで冨士駅までご親切に送ってくださいまして取りあえずなんとか1枚といったところです。
冨士駅構内のパン屋で朝食
冨士駅構内のパン屋で朝食 チキンアボカドサンドとソラマメパン&バナナジュースです。

でも、感謝に堪えない。有難う。貴重な季節を失わないで済みました。

人は一人で生きられない。写真もそうですね。

岐阜県から木仙人さんが来られていたので、急遽「回転寿司で静岡の寿司を食べる会」を静岡駅魚河岸寿司で開催しました。
GWで空いているか自信がなかったのですが5時入店して正解でした楽勝で座れました。

乾杯
乾杯 女房が怖くて回転寿司が食えるかってとこでしょうか。
Yさん「いやあ、うちのはfacebookをみているから・・・」
Iさん「以前、妻の親にこのブログを見られて、妻のお母様が"娘がつわりのときに"と激怒して(汗;」とそれぞれ苦しい事由があるようですが乾杯~!

かっぱ寿司より美味い魚河岸寿司?
かっぱ寿司より美味い魚河岸寿司? 翌日かっぱ寿司だといいます。
伯爵「かっぱってどうなん?」
Iさん「かっぱはオール100円なんです、ここみたいに、すべてにそれぞれの値段がついているわけではないです」

旬のネタ
旬のネタが入るお造り ホタルイカの沖漬けがありました。嬉しいです
こぼし寿司
こぼし寿司 普段、静岡のお寿司を食べられないYさん優先です。結果雲丹が残り。私が頂きました。
キンメダイの寿司
キンメダイの寿司 静岡でないと食べられない寿司の一つです
初ガツオ握り寿司
初ガツオ握り寿司 うまいですねえ、回転寿司に思えません。静岡では普通の寿司屋が廃業しているケースが多いのですが、その理由がよくわかります。
上握り
上握り2人前たのみました(写真は1人前) 大きな穴子は県外のYさんとIさんへ。

喜んでいただきよかったです、Yさんは翌日の仕事のため沼津に泊まることになりました。
そして私は家に帰って翌朝、撮り馬鹿隊がAM03:30に迎えに来るので風呂入ってねなくてはいけません。

ペンションあるびおんが、撮影ガイド、撮影指導をビジネス的に行うため、プロモーション動画を撮影することになりました。
そのついでに、夏鳥を小淵沢で撮り、その様子を動画にしようという計画です。
イカル君
イカル君 KIYOSUKのマークのモデルです。綺麗な声で鳴きます。
標高1,040mの桜
標高1,040mの桜 ペンションあるびおんは標高1,000mの場所にありますので、桜は4月後半になります。
サンニッパ
サンニッパです。野鳥撮影に必須のレンズです。正式にはNikkor 300mm f2.8といいます。テレコンといって2倍になるレンズを装着しています。
オオルリ
オオルリ 幸せの青い鳥をなんとか撮影できました。とりあえず、これは証拠写真
空舞うノスリ
空舞うノスリ トビではありません。鷲鷹の仲間の猛禽類です。トビとの違いは尻尾。トビは内側に切れ込んでいますが、他の鷲鷹は扇のような形になります。
しだれ桜とシジュウカラ
しだれ桜とシジュウカラ 実はシジュウカラ良いとして、本当はオオルリか、キビタキをこの構図に想定したのですが降られました。
モズとしだれ桜
モズとしだれ桜 一服の屏風絵のように撮影できたので満足です。

野鳥は野鳥、桜は桜の都合があるので人間の思い通りゆきません。また来年チャンスがあることを祈ります。

八ヶ岳、小淵沢のペンションあるびおんの食事を三食味わってきました。
ルバイアートワインでディナーを
ルバイアートワインでディナーを 赤、ロゼ、白と甲州ワインを味わいました。漬物も美味しいです

ディナー
ディナー しらすサラダ、新玉ねぎスープ、魚介類の料理、肉料理です。肉料理などに塩麹を有効に使っています

朝食
朝食プレート フルーツ、サラダ、ソーセージ、卵料理が基本です。
オーナー夫人はるみさんの賄い料理でランチ
オーナー夫人はるみさんの賄い料理でランチ 大きな頭のぶり1尾を3人でシェア。おいしゅうございました。

笑顔はごちそうのための調味料です

儲からないけれど、それなりに仕事がある。ぼちぼちな人生です。
4月21日 経営計画書作成に清水へ。

4月22日 名古屋市にラシベールのコンサルテーション。
商品撮影
商品撮影 午前中は経営計画の策定をして、その後に、商品撮影となりました。
ドーナツの撮影です
ドーナツの撮影です 色々な味が楽しめますね。

4月23日 清水で静岡商工会議所相談会。
普通2件ですが、3件いらしたのでサービス早出で1時にゆきました。

4月24日 辻村染織のWeb戦略策定
不思議な兄弟
不思議な兄弟 一見すると怖そうな社長。でも凄いテレ屋です。

ここから山梨県に移動です。
4月25日 ペンションあるびおんの動画作成支援
 2本動画を撮影して、Webプロモーション戦略についての相談
コブシ咲く、ペンションあるびおん
コブシ咲く、ペンションあるびおん いい天気ですね。
市川夫妻はお元気でした
市川夫妻はお元気でした 素敵ですね。

動画を二つ作りました。

塩麹を作った料理について。

ペンションあるびおんの野鳥ガイド、撮影環境について

4月26日 静岡で駿河友の会です
Nikon DF
Nikon DF DFは画像エンジンがD4のものを搭載しているので画像が綺麗です。

今週も良く頑張りました。


実は石窯ピザの会の裏イベントに「秘密の茶畑とSL撮影」があったのです。西村さんが茶農家の方に許可を得て撮影できるようにだんどっていただきました。被写体は大井川鉄道のSLです。
■茶畑とSL撮影、午前の部
私は確率が多いほど有利だと思い、午前10時に石川さん家族と現地入りしました。
秘密の茶畑を疾走するSL
秘密の茶畑を疾走するSL 午前11時に通過の情報を得て現地に。しかし、いきなりSLの汽笛が聞こえて、しかも、蒸気機関車を逆向きにつけたSLが茶畑を疾走してきます。このときは三脚を備える暇なく手持ちで撮影しました。
茶畑の中のツツジ
茶畑の中のツツジ 真っ赤なツツジが美しく。写してしまいました。
午前最後のSL
午前最後のSL 最初のSLから待つことしばし、お昼前に金谷方向から千頭方向にSLが疾走します。ピーという規定、シュッシュという蒸気音、そして、レールの振動がなんともいえません。
SL午前の部撮影隊
SL午前の部撮影隊 双子ちゃん、航君も記憶に焼き付いたでしょうか。

■茶畑とSL撮影、午後の部
千頭、家山方向からのSL
千頭、家山方向からのSL 今度は線路ギリギリの茶畑の位置空の撮影です。

SL撮影の楽しみは、乗客が手を振ること。カメラマンも手を振る。感動の共有です。
午後の部SL撮影隊
午後の部SL撮影隊 西村さん、商工会Sさん、石川さん、小澤撮り馬鹿副隊長、山梨から来襲の佐野さん。そして私でした。

雨の中の撮影で失敗した人もいましたが、みなさん笑顔で良かった。

  • 撮影条件 Nikon D800,50mm f1.4G 三脚,jpeg,連射
  • ISO1600,F11,1/250

茶園に入って撮影の場合、農家の方がいたら一声おかけください。

石窯ピザの会の続編です。
ピザをこねる双子ちゃん
ピザをこねる双子ちゃん 一生懸命で可愛いですね。
竹炭ピザにトッピング
竹炭ピザにトッピング ピザ生地は数種類あります。どれを食べるか、どれにあたるかは運次第です。
美味しいですか?
美味しいですか? ほっぺについたピザソースがなんだかほほえましいです。
サラダは胡桃ドレッシングをかけて食べます
サラダは胡桃ドレッシングをかけて食べます 
マーチン35をかきならす男
マーチン35をかきならす男 途中フォークソングの演奏のアトラクションもありました。

スモークチキンも美味しいです
スモークチキンも美味しいです 確か塩麹で下処理してあったはず。むしゃぶりつく美味さ
メロンの漬物
メロンの漬物 大人、特に男性陣に人気でした。

デザートの苺
デザートの苺 これ単体でも十分惜しいですが
デザートピザ
デザートピザにするともっと美味しい。ちなみにトッピングのプロデュースは私でした。これに蜂蜜かけてたべる。
タンポポを吹く少女
タンポポを吹く少女 ほほふ恨ませて、タンポポの旅立ちのお手伝い。

次回は・・・、そう、あれの撮影です。


4/20 静岡県島田市金谷でふらっとねっと主宰の石窯ピザの会があったので出席しました。
ふらっとねっとは、西村真弓さんが主宰する団体で、普段はパソコン講座などを開いているのですが、シニアの野歩き隊を率いた活動もします。
双子パパの石川さん家族とゆく旅
双子パパの石川さん家族とゆく旅です。そうそう、石川さんNikon DFを購入されていました.1600万画素なんだけれど。D4(最上級機)のセンサー搭載です。新金谷駅でSLとお子さん
ふらっとねっとチームと石川家、佐野家の皆さま
ふらっとねっとチームと石川家、佐野家の皆さまそして、大井川商工会の下村さん、副会長の小澤さんが後藤上です、佐野さんの奥さんは美人過ぎて撮るのを忘れました。

チームフラットネット
チームフラットネット H夫妻も応援にかけつけて。

石窯でピザを焼いたり、SLを撮影したりで楽しい旅の始まりはじまり

4/19は長期予報は曇り。しかも良く20日は雨でした。
直前になって、曇り時々晴れの予報に変わったので、もしかするとということで田貫湖のダイヤモンド冨士を撮りにゆきました。
しかし、残念ながら不発。山梨の佐野さんは合流前にすでに撤収していました。
不機嫌な田貫湖
不機嫌な田貫湖 一瞬富士山が見えたもののまた隠れてダイヤモンド冨士は撮影できません。このため、カメラマンは大変不機嫌。私たちの別の場所(多分、休暇村ウッドデッキ)では怒号が飛び交っていたそうです。
今回は初心者がいたので、コーチしていましたがローラのように「わかんな~い」といっていました。
すると・・・
「お前らなにやってんだ固まっていないでうるさいから散れ~」と関西弁なまりでおやじが上から叫びます。
ようは、富士山とれなくて御機嫌斜めなのを人のせいにしているのですね。
どうもダイヤモンド冨士狙いは不愉快な思いをする確率が非常に高いです。特に田貫湖は
コゴミ
コゴミ 私はしばらくトイレに行くなどして場をはずしていたら、あっというまに怒号おやじを含めて周囲の方々はいなくなっていました。
要は「ダイヤモンド冨士以外には興味はない」と。
でも被写体は探せばいっぱいあるんです。
asebi
アセビと雫。 こんなせんさいな風景だって手の届くところにある。
寒緋桜と雫
寒緋桜と雫 ほら、ここにも。
確かに、なにわ、群馬、習志野などのナンバーが所せましに駐車しているところから察すると、前の晩からきて、場所取り。
それが撮影できないと頭来るのもわからないではない。でも、視野がせまくなると本当に美しいものがみえなくなるのではないでしょうか。
霧と桜
霧と桜 そうこうすると湖に霧が出てきました。桜や萌黄と合わせると日本画のような風情です。

ここから、ローラを切り離して、富士市大渕に茶畑の偵察にお邪魔します。
新緑の見える茶畑と撮り馬鹿隊
新緑の見える茶畑と撮り馬鹿隊 本来はこの正面に富士山があるはず、でも、みなさん表情は明るいです。
菊桃と茶畑
菊桃と茶畑 花桃(菊桃)がピンク色の花を茶畑のなかで咲かせていました。終盤らしく花弁がひらひらと散っていました。
そうかあ、ここにも美しい風景の発見がありました。

富士山は不発でしたけれども納得の撮影でした。

望月邸で興津飯

| コメント(8) | トラックバック(0)

仕事で望月商会を訪問したらランチを一緒にといって振る舞いご飯をいただきました。内容的にまさに興津飯といえそう。
興津宿は東海道五十三次の17番目の宿場町です。興津の語源は、興津宗像神社祭神の1柱・興津島姫命がこの地に住居を定めたことという説が有力です。
いずれにしても漁港のある興津。近くに桜エビ漁で有名な由比港があって、山海の魚や山の幸が豊富です。
お造り
お造り 鰺、太刀魚、さよりなどが豊富で新鮮です。
タケノコ
タケノコ やわらかで春の息吹を感じます。
タケノコのみそ汁
タケノコのみそ汁 やわらかなでもしっかりとした歯ごたえ、さわやかな舌さわり。みそ汁も大豆の形が残った手作りみそです。
心太
心太(ところてん) 用宗で作られたものだそうです。
デザート
デザート みかんの品種は不明だそうです。

こういうものを食べていれば長生きできそうです。

妻が大学に行った娘に付き添って不在がちです。自炊します。
牛すね肉煮込みカレー
牛すね肉煮込みカレー じっくりことこと煮込みました。
トマト丸ごとスープ
トマト丸ごとスープ ポトフの残り汁を使いました。
餡蜜
餡蜜 東京の新宿区神楽坂で仕事帰りに買って帰りました。デザートがわりにします(自炊ではありません)
blood_moon(4月15日)は赤い月の日でした
blood_moon(4月15日)は赤い月の日でした 狼が吠えてきそうです
牛ステーキを焼きました。
牛ステーキを焼きました。 バターでまず牛を焼いて。その肉汁で野菜を炒めました。さらに牛を網焼き温野菜と合わせます。
丸又の黒はんぺんと油揚げしゃけの朝食
丸又の黒はんぺんと油揚げしゃけの朝食です。いたって簡単。焼いたり切って盛りつけるだけ。
ホタテのみそ汁
ホタテのみそ汁 貝汁が出てうまし!ベビーホタテは290円くらいで大量に買ってきたものです。

安い素材で、健康的に美味い飯を作ります。


今年は昨年の貯金で、継続コンサルの方、認定支援機関としてお使いいただく方、経営計画立案の方と多士済々で、ある意味本当の経営コンサルタントとしての活動が多いように思います。

4月14日 コンサルの後講演1本
清水で午後に1件、事業計画の作成をしておりました。その後に静岡に回ってしずおか信用金庫の経営塾の講演でした。
しずおか信金、販促プロモーションセミナー
しずおか信金、販促プロモーションセミナー 事実や実践事例にもとづいて。どうしたら結果が出るかという話をいたしました。
以前から「結果を出す自信がなければ引退します」と宣言しております。実際に売り上げが2倍になりましたと今年も行っていただける方がでました。俺の時代が来たという方も。それぞれが私を使って幸せになっていただきたいと思います。

4月15日藤枝へGO!
本陣商店のコンサルティング
本陣商店のコンサルティング FBの販促テクニックもお教えいたしますが。半分が事業計画の立案です。前回、ぽろっと提案したことを既に実践されていて結果が出ている。こちらとしても嬉しいし、御客さんのノリがよくなるのは当然かなと思います。事業計画建て終わる前に結果が出ちゃっていいのかなと思います。(本当)
4月16日 望月商会
4月16日 望月商会 仕事の前、自家製ランチのご歓待いただきまして有難うございます。

4月17日 甲府へ移動日。ちょっと早めに出ます。
丸又、鈴木理恵子社長と出会う
丸又、鈴木理恵子社長と出会う 身延線特急ふじかわ号に乗ろうと思ったとき声かけていた来ました。私も似ている方がいるなと思いましたが、じろじろ見るのはいやらしいので、気がつきませんでした。
こういう出会いって、ご縁がない方とは成立しないのでうれしいことです。

4/18 甲府で2件コンサルティング
剥製の熊
剥製の熊が社長室にあり、なんですかこれ?と聞くと
「先代がとらえてきて、それを飼っていたのだが、子供を抱き込んだので猟銃で撃った」とのこと凄いですねえ。世間は広いです。

2件目は昨年の継続のあとの延長のあとのおかわり。お客さんはちょっとした隘路にはまっておられましたが、ちょっと助言したらすっきり解決。大体こんなものですね。

皆さんありがとうございます

SOBA笑のセミナーから帰ったのが午後10時半くらい。ここから睡眠を取って、翌朝1時半にサラリーマンのSさんが迎えに来て早朝撮影会です。ちなみに、私は妻が上京しておりません。すべて自分でやっているので、まあ、お許しください。

午前1時ちょっとすぎに目ざましで起きると、その少し後にSさんがきました。
早朝2時すぎの田貫湖
早朝2時すぎの白糸の滝 白糸の滝の側に大きな桜がありまして、これをモチーフにして撮影しました。
なぜ、白糸の滝かというとSさんになにかこだわりがあるようでして。まあ、よくわからないけれどついてゆこうということです。

Sさんの夜景志向はいまいち理解できないのですが、まあ、あまり気にしないたちなのでついてゆくと。こんどは「ふもとっぱらキャンプ場」
でも、「ふもとっぱらキャンプ場」はジャンボリーをやっていて、数百人がキャンプしていてとても撮影できる環境じゃあないので退散です。
午前4時前の田貫湖
午前4時前の田貫湖 雲が多いものの、富士山の山容が見えるからOKです。流れる雲がいい感じ。
天の川と富士山
天の川と富士山 4時ちょっとすぎの富士山。これが最後のチャンスと魚眼で天の川を狙ってみました。
5時過ぎの富士山
朝焼け 5時過ぎの富士山です。5時10分には日があけるはずなので。もう、富士山の裏側のどこかでは日の出なのかもしれません
ダイヤモンド冨士くずれの日の出
ダイヤモンド冨士くずれの日の出 6時5分ころに富士山の頂上右下あたりから日の出でした。
桜の花と富士山
桜の花と富士山(柔らかな春)。 このような桜と富士山の写真を撮ったのは初めてです。

==嫌みなおやじとの遭遇
この場所、先着の方がいました。いい場所を抑えていていますが、タオルでカメラを隠しています。三脚を立てると気配から言って、喧嘩になりそう。だから撮影する意思がないと考えて手持ちでばしばし色々な構図で撮っていました。すると・・・
「撮影できない」という。それはそうでしょう。タオルでカメラを覆ったらさつえいできないはず。いるんですねこういうのって。
==

田貫湖でSさんと
田貫湖でSさんと 結局7時ちょっとすぎまで田貫湖にいました。帰り際Sさん「田貫湖って変なやつがいますね」
というか、「~ねばならない親父」だと思います。だれかの写真を見て①同じ写真を撮らねばならない。②同じ条件になるまでいなければならない。③その間は人に撮らせてはならないって。
確かに、私たちがみた写真は青空に白い桜と富士山の雪で綺麗な写真でした。
でも、この写真だって好きなんです。自分の場所じゃあないんだから、楽しく撮れないものでしょうか、ねえ、先輩世代のカメラマンさん!

8時半ちょっとまえに自宅。Sさんは出勤してゆきました。

| コメント(2) | トラックバック(0)

4/12 芝川から帰った私は午後3時半に藤枝南口に集合して無割り蕎麦(もろやま華うどん) SOBA笑「蕎麦屋deうどん」の会に出席しました。
この催しを行う、SOBA笑の戸田さんは、静岡銀行を早期退職されて蕎麦屋を独学で藤枝にて開業されました。
自宅を改装した蕎麦屋さん。そこで、「塩を混ぜない、踏まない。こねない、踏まない」うどんをつくるとか。
西村さんの運転でしたが、今はgoogle mapをスマホで検索しながらナビってくれるのでカーナビがなくてもなんとかなります。
SOBA笑の植物たち
SOBA笑の植物たち 蘭、ニリンソウなど山野草が鉢植えされています。戸田夫妻は登山が大好き。そのため、山野草を集めておられるのです。
もろやま華うどんづくりセミナー
もろやま華うどんづくりセミナー 遠くは山梨、浜松から。佐野さんは家族連れでこられました。

セミナーの様子はこの動画でどうぞ! もろやま華うどんの起源とか、その特性がよく語られています。
参加者の皆さま
参加者の皆さま 今回のセミナーは本格的セミナーのプレセミナーの位置づけで、まずは「撮り馬鹿隊」仕様ということでした。お一人だけKさん(写真下から2段目右)という方がいますが、この方は、私のご招待です。
もろやま華うどん
もろやま華うどん うどんというよりも、小麦の香りの強い感じで確かに無割蕎麦という感じ。
ジェノベーゼ鴨うどん
ジェノベーゼ鴨うどん 鴨は塩麹で下処理されています。これが絶妙にうまい。

会費は、この2枚の蕎麦と体験セミナーそして。自分でうったうどんが3人前で1,500円でした。
蕎麦屋deうどん
蕎麦屋deうどん 28mmの広角レンズっててまえの人の顔が大きくなるからっていったら女性陣に逃げられちゃいました。

小澤さんが親切に家まで送ってくれました。小澤さん有難う

芝川の桜がいいらしいと先週情報をつかんでいました。しかし、優先すべき撮影が合ったのでそちらへ。
芝川の内房地区はタケノコの産地で有名です。
2014年、最後のチャンスで望みました。
菜の花畑と富士山
菜の花畑と富士山 目指す内房地区は、身延線芝川駅から徒歩25分くらいの場所にあります。富士川を渡るから面倒。
途中電線はあるものの富士山が綺麗にみえる菜の花畑に出会いました。
芝川、内房地区の桜と菜の花と富士山
芝川、内房地区の桜と菜の花と富士山 結論から言うとちょっと送れました。もっと早く来ればいいじゃんとは思いますが、御存じのとおり、先週は桜の銘木を4本訪ねていますのでしかたありません。どうしてもいつでも撮れる風景は後回しになってしまいます。
菜の花
菜の花 暗い森をバックに撮影しました。
萌黄色
萌黄色 富士川の川辺に萌黄色の木々が陽光に輝いていました。

これでお昼には帰れるはずです

久し振りに、宴会対決です。
■先攻 韮崎市さんばん
韮崎市さんばんは鳥料理が美味しい人気店です。わに塚桜ライトアップ撮影後に懇親会となりました。
リモデヤ社長
リモデヤ社長 リフォーム業をネットで受注している若手成功社長です。
甲州ワインと軟骨
甲州ワインと軟骨 山梨とくれば甲州ワイですよね。
焼き鳥盛り合わせ
焼き鳥盛り合わせ お肉も柔らかく美味しゅうございました。
〆はざる蕎麦でした。
〆はざる蕎麦でした。 

■後攻 沼津の天麩羅専門店
吉邨さんと
吉邨さんと 沼津仲見世商店街まで、お仕事の打ち合わせできたので、ヨシムラ薬局を訪ねました。
酒は新潟の緑川
酒は新潟の緑川 淡麗ですが、すこし、〆張鶴などからするとキレと豊潤さに欠ける感じです
お造り
お造り 流石沼津、刺身が美味い。
特上天麩羅
特上天麩羅 凄く美味いです。天麩羅屋の経営は寿司屋よりむずかしい。ネタをしめて待てないからです。

さあ、どっち

王仁塚桜を撮影後、ホテルに帰って食事をしてタクシーで実相寺の山高神代桜の撮影に向かいました。
王仁塚桜が撮影できる=神代桜の撮影日ということを経験的に知っていたからです。
神代桜
神代桜 重厚な幹回りがこの桜の生涯を語っているようです。昨年は4月1日に撮影しました。

山高神代桜と南アルプスの山々
山高神代桜と南アルプスの山々 まだ桜は少し早目ですが。納得の撮影でした。
チューリップ咲く実相寺
チューリップ咲く実相寺 白い雪を抱く山々と桜。そしてチューリップ畑でした。
身延山しだれ桜の子供
身延山しだれ桜の子供 実相寺では身延山しだれ桜の子供や神代桜二世をすでに準備していて、壮大な戦略に驚かされます。
桜の寿命って長いのですね。
スモモの花咲く
スモモの花咲く このあたりのスモモ農家は、畑を潰して駐車場にしているとか、という話を聞きました。それで1年分稼げるらしいので凄いと思った次第です。

タクシーで日野春駅に戻りました。なるほど日野春往復の方が安いんだ。でも韮崎タクシーの運転手さんは親切で快適でした。有難う。

4/6 わに塚桜(王仁塚桜)のライトアップと早朝の撮影
2013年の作品はこちら
2012年の作品はこちら

薄暮のライトアップ
薄暮のライトアップ 5時に韮崎着。6時半のライトアップの40分前に到着して所定の場所に三脚を据えて場所取り。
ライトアップは空が群青色のうちに撮影できるか否かが美しい写真が撮れるか否かのポイントです。
わに塚桜のライアップはこの角度が一番美しい。
わに塚桜、ライトアップII
わに塚桜、ライトアップII 撮影開始から30分後の写真です。この日は風が強く、桜の花が揺れます。どんどん暗くなって行く環境の中で、桜を撮影しました。
動画もどうぞ


3/7 早朝のわに塚桜
翌日は4時半に起きて、徒歩で30分あるき撮影場所へ。しかし、撮影場所に泊まった方もいるらしく、最適な撮影場所は占有されてしまいました。でも一列目の橋がかろうじて空いていてラッキーでした。最適な撮影場所は桜の傘の下に八ヶ岳が見れるのです。
早朝のわに塚桜輝き
早朝のわに塚桜の輝き。 皆さん寒さをこらえて日の出を待っていました。日の出の瞬間、桜の花が赤く輝きます。
わに塚桜
わに塚桜 2月の大雪で大きな枝が折れたわに塚桜、でも健在で嬉しいです。

来年もあえるでしょうか。

妻が上京して帰ってきません。一度帰ってきましたが次女の体調がすぐれないので付き添っている模様。でも、仕事はぬかりなくします。

4/7 甲府にてコンサルティング
甲府の佐藤さん
甲府の佐藤さん 新しいビジネスモデルの再構築中なのでお手伝いします。右の方の事務所に同居しています。

4/8 清水の相談会。静岡商工会議所の清水支所の相談員をお受けしています。
 朝食作り
朝食を作る。ポトフを作ってあったので後はコーヒーを入れて、トーストを焼いて・・・簡単です。
ツツジの季節
ツツジの季節 静岡は桜が終わってツツジの季節になってきました。

4/9 沼津の商店街からオファーがあったので仕事のお打ち合わせに沼津市まで。
沼津の方々
沼津の方々 ランチのカルビステーキ定食。市川園の市川さん。吉邨さんとお母さん。仕事を通じて色々な方とお会いできるのがうれしいです。

4/10 東京からオファー
神楽坂でランチ
神楽坂でランチ facebookで知り合った方のご紹介。facebookで知り合った方もコンサルさせていただき売上が倍になったそうです。
そんなこともあって、芸術系の大物の方をご紹介いただきました。経営戦略から、IT活用までお話しさせていただきました。
fujiyano
Fujiyaのペコちゃんです。Fujiyaがあったので、ペコちゃん焼を買って帰って、父母にあげました。

一人で生きてゆくのは洗濯の関係など大変なんですが、母がその点をフォローしてくれるので、あとはなんとかというところです。

奈良県宇陀で又兵衛桜を撮影した私は名古屋まで帰ってきていました。しかし、直接家に帰れば1時ころにたどりつただろうに、新幹線を掛川でおり、電車に乗り換え金谷駅へ。さらにそこからタクシー代をケチって徒歩で牧野原公園へ。金谷駅から30分くらいかかりました。時刻は午後1時半ころお腹が減っていたので、イタリアンレストラン、ルイジアナママに入ります。ちょっとまって、席に通されパスタを注文します。
ホタテのパスタ
ホタテのパスタ 1,500円くらいでした。無論おいしいです。
サラダバイキング
サラダバイキング とかいいながら色々あります。
牧野原公園のカタクリの花
牧野原公園のカタクリの花 残念ながら終盤でした。でも、なんとか撮影できました。
これが静岡で撮る最後のチャンスとおもったので少し無理しました。
牧野原台地からの富士山
牧野原台地からの富士山 この場所には何回もきていますが。富士山をまともにみれたのがこれが初めてです。しかも桜も残っていて超ラッキーです。
新緑の茶畑
新緑の茶畑 お茶の新芽も出ておりました。

もうすぐ初夏が来ます

又兵衛桜を撮った私は朝食を撮ると、そそくさと宿からもらった情報により天益寺(てんやくじ)へ撮影にゆきました。
帰りのお見送りバスは9:30、時刻はまだ7:30.2時間あればひと撮影できて、ひとっ風呂温泉につかる時間もとれそうだから。
天益寺山門入り口
天益寺山門入り口 天益寺は、やどから徒歩20分くらい。なんでも不審火で伽藍を焼失したらしい。そんなことがあるですね。
宇陀市の花見山、天益寺
宇陀市の花見山、天益寺 行ってびっくり花見山がそこにありました。ここに火をつけるなんてどんな精神構造しているんだと思いましたね。
殆ど人が来ない天益寺。きっと又兵衛桜があるから皆さんそちらに目を奪われているのでしょう。
天益寺のしだれ桜
天益寺のしだれ桜 見事なしだれ桜が日本境内にありました。
桜花
桜花 山桜の原種に近いのでしょうか、葉が同時に出ていました
土筆
土筆 宿に帰って温泉につかり、荷物を整理して帰りのバスに乗り込みました。

実はこのあともう一つ撮影プランを持っていたのです。

かぎひろの里(本郷温泉)に宿泊した私は、午後9時に寝て午前3時半すぎに起きだして旅館を抜け出して、又兵衛桜に夜道をたどりました。
前日下見をしてありましたので。夜でも迷わずゆけましたが空は満天の星空で希望が持てました。
又兵衛桜にいってびっくり。だれもいないと思いきや少なくても20名くらいの人が闇夜にうごめいて夜桜を撮影しています。

南の空に目をすかすとさそり座が見えます。さそり座がみえるということはそこの天の川がいるということです。
又兵衛桜と天の川
又兵衛桜と天の川 おまけに流星の写真も撮れました。
又兵衛桜と天の川
又兵衛桜と天の川II 天の川を肉眼で見ると大概の場合、雲に見えます。だから星座の知識が必要なのです。
春には夜明け近い時間帯にオリオン座が沈み、さそり座が地平線上に見える(1枚目 又兵衛桜の右上の赤い星がアンタレス=さそりの心臓です)。その近辺のもやっとした部分が天の川です。

もう。これが撮れただけでガッツポーズでした。でも、この天の川に気がついていたのは私ととなりの人くらいだったと思います。
夜明けの又兵衛桜
夜明けの又兵衛桜 背景に花桃が見えます。朝日を浴びて赤く染まっています。

もう少し続きます

又兵衛桜という桜の巨木があります。後藤又兵衛と縁があるということこの名があります。武家屋敷跡にある桜は有名で、一度撮りにゆきたいと思いました。しかし、奈良県の山奥にあるという噂でなかなかいけないのではないかとあきらめていました。しかし、意外に簡単にゆけることがわかり4月5日金曜日の午後、会社を早退して訪ねることになりました。
もともと、妻が次女の状況につきあっていて、不在。だから一人でいてくださいと言われていたのでちょうどいいかなと思いました。
ただ、希望だった土曜日の宿泊が取れずに、金曜日になりました。しかも土曜宿泊なら日曜日が晴れ予報ですが、金曜日宿泊だと土曜日が曇り予報でおもわしくない予報でした。

まず静岡→名古屋→近鉄→名張→榛原という手段で訪れます、宿は夕飯をとるといったら榛原駅まで迎えに来るといってくれたのがラッキーでした。おまけに温泉までついています。
奈良大宇陀の「本郷温泉かぎろひの里 椿寿荘(ちんじゅそう)」の桜
奈良大宇陀の「本郷温泉かぎろひの里 椿寿荘(ちんじゅそう)」の桜です、これでも結構立派です。
又兵衛桜 オリオン座と
又兵衛桜とオリオン座 桜の右側に雲がありますが、そのなかにオリオン座がいます。
温泉に入り、夕食を食べてから夜景撮影に出ました。
北斗七星と又兵衛桜
北斗七星と又兵衛桜 まだ夜と言っても交通量が相応にあるので光害を受けています。

そこで今夜は早く寝て早朝に出直すことにしました

3/31 川根家山、牛代の水目桜が満開とニュースになりました。撮り馬鹿隊は小澤副隊長を中心として部隊が編成されて夜間撮影にいってきました。
 ●2012年の記録はこちら
 ●2011年の記録はこちら

茶畑にたつ一本桜
茶畑にたつ一本桜 ライトアップしていただいています。ただライトがかなり強烈な緑色。撮影に苦労します。
茶畑のたたずむマドンナ
茶畑のたたずむマドンナ 威圧的風景ではなくひっそりとたたずむ姿が美しいです。
エゾヒガンサクラの枝ぶり
エゾヒガンサクラの枝ぶり なぜか桜の古木はエゾヒガンが多くソメイヨシノではありません。
エゾヒガンのこぶりの花
エゾヒガンのこぶりの花 エゾヒガンはこのよに小さな花を房のようにつけます。ある意味桜の原種に違いのかもしれないです
苦戦する撮り馬鹿隊
苦戦する撮り馬鹿隊 何しろ緑色。桜の色も緑色に写ります。結局フォトショップで補正しました。
撮り馬鹿隊記念撮影
撮り馬鹿隊記念撮影 今回は大井川商工会メンバー3名と藤枝SOBA笑隊と私でした。

みなさまお疲れ様でした。

富士宮市、柚野にある、興徳寺のしだれ桜と富士山を撮りにゆきました、西富士宮まで電車で行ってあとはタクシーでした。
運転手さん「あれえ、興徳寺の桜咲いていましたっけ」
伯爵「間違いなく咲いています。潤井川で咲いていましたから」
桜Aが咲いたら桜Bが咲く。そんなことを丁寧に押さえておくと、便利です。また、この寺は和尚さんブログがあるのでチェックしておくことが重要です。
■こまった先輩世代
 さっそく興徳寺に到着、撮影場所Aへ。年配がずっと三脚を据え付け、いつまでたってもどきません。そこで声をかけます
伯爵「後ろからとっていいですか」
先輩世代「・・・」 返事がないのでもう一回聴くと
先輩世代「順番を守れよ、女衆も撮っているから撮らせろよ」
別に、どいてくれと言っているわけではないのです。単に後ろから撮影して良いかということですが逆切れされます。
いつも思いますがなんとかならないかなぁと残念に思いました。

■興徳寺のしだれ桜と富士山 メインの撮影場所Bです ここが本命です。
興徳寺の大しだれ桜と富士山
興徳寺の大しだれ桜と富士山 フィルムはが多いです。相手に写界を邪魔しないかレンズ構成やカメラ構成などを確認しながら慎重に撮影しました。この撮影場所の撮影者は他人に配慮もできる方が多く、お互いに邪魔しないように、場所を譲り合って撮影しました。

■桜の枝越しの富士山
桜の枝越しの富士山
桜の枝越しの富士山 ここが撮影場所のC。ここは三脚を建てるスペースが3人分しかないので激戦ですが、ここも常識的な方々でよかったです。有難うございます。

和尚さんが通られたので挨拶させていただきました。

後で運転手に感謝されました「お客さんのおかげで、情報が得られました」
知識とか知恵は蓄積して使いましょう。

冨士市のある組織に提案営業のついでに、潤井川の満開の桜と富士山を撮影しました。

■ちょっと事件
 入山瀬駅から撮影場所にいたるまで大きな見通しの悪いカーブがあります。しかも、そのカーブに急スピードで車が突っ込んでゆく。はねられてはしゃれにならないから。慎重に歩いていました。そのときです。後ろからガツンと押されました。黒いワンボックスカーが私の背負っていた三脚にあたったのです。私は三脚に守られて平気でした。
 黒いワンボックスカーはミラーが折れ曲がっています。そのまま去って行きました。当て逃げですよね。でも、何回もなくしても出てくる三脚。この三脚に今回も守ってもらいました。
■潤井川、龍厳淵
龍厳淵のレンギョウと桜
龍厳淵のレンギョウと桜 レンギョウの花が笑っているかのようです。
真白き富士と桜
真白き富士と桜 富士山をよく見ると左から右に空気が流れていることが分かります。
龍厳淵の橋梁からの撮影
龍厳淵の橋梁からの撮影 一番スタンダードな撮影場所。でも、気をつけないと橋の上を車が行き交うので、通行の邪魔にならないようにします。
潤井川の河岸からの富士山と桜
潤井川の河岸からの富士山と桜 本当はもっと右側から撮影したかったですが、三脚を据えた方がどきません。喧嘩もしたくないので、撮れる範囲で撮ります。
満開の桜と富士山
満開の桜と富士山 もしかすると一番いい日に撮影できたのかもしれません。
花桃の花
花桃の花 こちらも満開で、とても幸せな色彩をしているなと思いました。
潤井川の桜
潤井川の桜 咲き始めの桜が一番美しいです。

幸せな日でした。そしてついていました。

カテゴリ

ウェブページ

links