2014年6月アーカイブ

5月23日土曜日は快晴予報でしたが雲海は出ませんでした。5月24日に白井さんが沼津で仕事があるとおっしゃっていたので、「雲海と富士山撮影しませんか」とお誘いしたら。ご一緒できることになりました。朝4時に起きてみると真上の空はあいているものの、東側に雲が合って嫌な予感です場所はアクアのCMの場所です

アクアのCM


雲海と朝焼けにたたずむ人
雲海と朝焼けにたたずむ人 現地まで人間ナビをさせていただきまして、なんとか到着。行ってみてハッピーなのは富士山が靄っているものの見えたこと。雲海も仰山あります。
茶畑と雲海と富士山
茶畑と雲海と富士山 現地はこんな感じ。茶畑は伸び放題でした。蒼い時が終わりつつあり、赤い時間が始まりつつあります。
朝焼けと富士山
朝焼けと富士山 雲海は波打つ海のようでした。

私の撮った動画は・・・


記念撮影
記念撮影 今回は伊豆の旅行のようにお結びころりんはなかったです。めでたしめでたし、家まで送っていただき白井さんは商談へ沼津へ。

自分は朝食を作り、御客さんのところへ着替えて向かいます。

出張で熊谷市に泊まりました。午前中、時間が合ったので熊谷市聖パウロ寺院を訪ねました。
熊谷は全国で一番暑い町です。この日もよい天気、めちゃくちゃ暑くなってきて重いカメラバッグが肩に食い込みます。
聖パウロ寺院
聖パウロ寺院 バラが見ごろでした。聖パウロ寺院は市民に公開していてなかがみれる珍しい宗教施設です。
協会の礼拝室
協会の礼拝室 ひんやりして気持ちがいいです。
c
協会の礼拝室 祭壇は登壇禁止です。下から撮影します。
パウロ寺院のステンドグラス
パウロ寺院のステンドグラス 結構、撮影が難しかったです。逆光の撮影ですから。
サボテンの花
サボテンの花 道を探していたときに気がつきませんでした(不覚)。集合時間も迫っているから、食事もあるし、駅に戻ります。
かもつけ蕎麦
かもつけ蕎麦 つけものや、デザートもついていました。おいしゅうございました。

この後、熊谷市商工会で仕事させていただきました。

あちこちで美味しいものを求めて、グルメハンターしています!

■神楽坂、鳥茶屋別邸
神楽坂、鳥茶屋別邸の親子丼特盛り
神楽坂、鳥茶屋別邸の親子丼特盛り 美味しゅうございました。看板がわかりやすい店、美味の法則です。赤いのが西瓜のシャーベット(スイーツ)。右はお客様に出していただいた茶菓です。
■甲府市ナチュラルグレース
甲府市ナチュラルグレースのランチ
甲府市ナチュラルグレースのランチ バジルがかかっているのはスズキ。茶色いのが鳥カツです。上手いし、カロリーが低いのでうれしいランチです。
たっぷりシラスのぺペロンチーの
たっぷりシラスのぺペロンチーノ、夕飯を頂いて帰ります、これはメルマガで絶対食べたいと思っていました。

■甲府土産のスイーツ
信玄餅ロール
信玄餅ロール 和紅茶(静岡茶)を合わせていただきます。美味しいです。


名古屋市のラ・シベール
名古屋市のラ・シベール 仕事の合間に、名古屋市で有名なみゆき亭の一番人気のハヤシライスをいただきます。玉ねぎのうまみが素敵なハヤシライスです。
ラシベールのスイーツ
ラシベールのスイーツ チョコ、プレーン、抹茶を撮影後。プレーンをいただきました。

■ホテルで那須弁
なす弁
なす弁 30食限定だそうです。私が最後の1人でした。9つの那須産の食材がワンプレートに新緑の中での食事は快適でした。
■興津の美味しい刺身
興津の美味しいお刺身です
興津の美味しいお刺身です たこ、鰯、マグロ、鰺、酢でしめた鰺がとても美味しかったです。

美味しいものが食べられる、幸せですね。

全国あちこちからコンサル依頼をいただきました。有難うございます。
5月19日 神楽坂に草木染めの大家を訪ねる。
神楽坂は面白い町です
神楽坂は面白い町です まさに京都のような風情があります。
草木染め(吉田成子作)
草木染め(吉田成子作)ってこんな感じです。

■5/20 ナチュラルグレース、野菜たっぷりのヘルシーレストラン
かおちゃん
かおちゃん 社長のお孫さんです。モデルになっていただきました。
しらすたっぷりぺペロンチーの
しらすたっぷりぺペロンチーの 最後にごちそうになりました。

動画です。よかったらみてください

■5/21 静岡県内で2件のコンサルティング
辻村染色
辻村染色 藍染工房のコンサルティングです

静岡市に帰って、お茶の販売会社のネットプロモーションです。

■6月22日 ラ・シベール
ラ・シベール、名古屋市大須店
ラ・シベール、名古屋市大須店のコンサルティング。パンケーキショップの集客です。

動画を作りました。

■6/23 ペンションあじわい
ペンションあじわい
ペンションあじわい 那須町のペンションです。あかちゃん同伴の宿として成果が出ています。シャクナゲがきれいでした。
仕事を終えて、大宮経由で熊谷に入り宿泊です。
■5/24 (土曜日)くまがや市商工会でオリジナルセミナー
岩崎さんあるところのスイーツあり
岩崎さんあるところのスイーツあり 加藤の講座は頭を使う。スイーツ持参が習慣となっているセミナーです

群馬さいたま友の会セミナー
群馬さいたま友の会セミナー いつも有難うございます。今年も有難うございます。
■5月25日 望月商会にて、打ち合わせ
事業計画の打ち合わせ会議
事業計画の打ち合わせ会議 最後にごちそうになってしまいました。

そのまま甲府に旅立ちます

全国を歩きながらランチとスイーツを味わいます。
■柏の葉キャンパス
■柏で食べた海老シンジョ
柏で食べた海老シンジョ 和食のランチバイキングです。
グレープフルーツゼリー
グレープフルーツゼリー 甘酸っぱくて美味しいです。

■宮城県古川市茶房クレイン
茶房クレインのランチ
茶房クレインのランチ はワンプレーとランチ。
加美町のゆるキャラ、カミーゴ
加美町のゆるキャラ、カミーゴがはいったどら焼き、中の餡がチョコでした。

■宮城県ランチ
ヒレカツ定食
ヒレカツ定食 お客さんが別注で蕎麦を食べようとして注文されましたが来ませんでした。

宮城県名物ずんだもち
宮城県名物ずんだもち お客さんの商品です。
松川かれいのお寿司
松川かれいのお寿司 宮城県からのかえり新幹線のなかでお寿司を食べました。古川駅の構内北辰のお寿司、スーパーのお寿司で美味しいと評判です、しかもタイムセールで半額が嬉しい。
■清水榮寿司
榮寿司のランチ
榮寿司のランチ やはり清水のお寿司は美味しいです。

5/17 SOBA笑

| コメント(8) | トラックバック(0)

5月17日の早朝はパール冨士撮影会でした。その昼間、藤枝で「美味い蕎麦を食う会」に誘われていて、JRにのって出かけてきました。
SOBA笑の蕎麦
SOBA笑の蕎麦(ゆず塩そば) 冷たい塩汁に蕎麦、そして豚角煮。煮卵というラーメンに似た外観ですが立派な蕎麦で大変美味しい。
デザート
デザート甘夏ゼリー 甘すぎず美味しかったです。
発起に石川さん
発起に石川さん 右が戸塚卓世さん、花はクロユリ。
集合写真
集合写真 記念写真を撮らせていただきました。
敬光堂へ
敬光堂へ 新装開店なった新ショップへ。

石川さんに自宅まで送っていただきました。有難うございます。

山中湖でパール冨士を撮影したのちに、撮り馬鹿隊は静岡・藤枝に戻りつつ撮影を継続していたのでした。
■花の都公園
チューリップと富士山(花の都公園)
チューリップと富士山(花の都公園)  少し間バラが残念でしたが。花の都公園が初めてのメンバーばかりだったので、喜んでいただけました。
花の宮公園は山中湖から数キロ離れた場所でトヨタのアクアのCMに使われた場所です(花はひまわりでした車は黄色)。

時刻は6時過ぎ、ここから40分ほど離れた河口湖へ。早朝なので渋滞知らずです。
アイリスと富士山(河口大石公園)
アイリスと富士山(河口大石公園) 大石公園はポピューラーな場所ですが、多彩な構図が望める不思議な場所です。
アイリスと富士山は初めての構図でした。
芝桜と富士山
芝桜と富士山 芝桜は本栖ハイランドが有名ですが、駐車場に入れるのに時間がかかったり、駐車場や入場料に無駄なお金と時間を使うので、河口湖で撮影できることがわかっていましたので、ここで撮影です。
ラベンダーと富士山
ラベンダーと富士山 まだまばらながら、ラベンダーが咲き始めていました。ラッキーです。
記念撮影と撮り馬鹿隊
記念撮影と撮り馬鹿隊 私以外のメンバーはこの場所も初めて、富士山のコンディションもよく短時間ながら濃密な撮影会でした。このとき7時過ぎだったと思います。

花の都公園の富士山は山中湖の富士山とほぼ同じフォルム。河口湖からの富士山と相当形が違うことがわかっていただけるでしょう。無論、静岡からの富士山や朝霧からの富士山も別物です。
帰りの車中
帰りの車中 2時間弱かけて静岡→藤枝を目指します。ローラこと海野さんはずっと冨士山を飽きずに眺めていました。また、交差点にとまると富士山の撮影結果をカメラで確認するなど帰りも楽しい撮影旅行でした。私が帰ったのが9時前。藤枝の皆さんは多分、藤枝着9時半ごろだったと思います。

この日の私は、また、藤枝に御用にあってお邪魔するのでした。

5月17日パール冨士を追いかけたメンバのお話しをしましょう。
山中湖にて、撮影準備OK
山中湖にて、撮影準備OK 撮影場所にはカメラマンは少なく、場所取りに苦労はありませんでした。それだけ予測が難しいパール冨士。
パール冨士撮り馬鹿隊の皆さん
パール冨士撮り馬鹿隊の皆さん 隊長は体調不良で不在、副隊長が頑張って藤枝から山中湖間で片道2時間の運転をしてくださいました。有難うございます。また、SOBA笑の大将戸田さんは開店日にかかわらずご参加有難うございます。場所特定に貢献されました。私の役割は人間カーナビ。
そして飛び入りは山梨県の佐野さん。facebookの情報をキャッチして参加です。ローラこと海野さんも「わかんない!」といくら叫んでも、どなる親父をおらずよかったですね。

思うに近くに上手そうなカメラマンがいましたが、フィルムの大型カメラを持っていました。大概こういうい人は安心というものです。
リアウィンドウの紅富士
リアウィンドウの紅富士 早めに撮影場所に到達できたので余裕でこんな撮影もしていました。

湖畔を泳ぐコブハクチョウ
湖畔を泳ぐコブハクチョウ 金色に染まる湖をスイーッと泳いでゆきます。
山中湖で記念撮影
山中湖で記念撮影 念願かないました。皆さん有難う。

でも、まだ旅は続く。だって、まだ時間は5時40分。

パール冨士とは、富士山の頂上に月が沈む、あるいは富士山の頂上から月が現れいずる現象です。でも、この撮影は難易度が高く、デジタル一眼レフ撮影人生10年まったく撮影できていませんでした。なぜならすごく条件がシビアでそれを満たしている必要があるんです。

  1. 満月であること(月に2回しかない)
  2. 富士山が出ていること(当然)
  3. 富士山の後ろに雲がないこと
  4. 月の出と日の入り、もしくは月の入りと日の出がほぼ同じタイミングであること(カメラの露出の問題)
  5. 位置特定が難しい 太陽は1日違うと、1分、100mしかずれないが、月は50分、数キロずれる
  6. その時間にその場所にゆけるか

このため、1度は偶然、パール冨士の撮影場所に出くわしていたが曇っていて出ず(2012年11月)、2度目は1~6の殆ど条件をすべてみたしたが微妙にずれる場所の修正に戸惑っている間に突きに沈まれ(2013年1月)、3度目は昼間で見れた富士山が夕方急激に雲に隠れて空振りという具合で3連敗中でした。

しかし、ある日ふと、土日曜日が満月であることに気がつき、撮り馬鹿隊に図ったところ、数名同行者がいて、そのメンバーで話し合ったところ午前5時35分に山中湖湖畔でみられるという結論に達したのでした。

撮り馬鹿隊、藤枝部隊は午前2時集合、加藤邸に0230集合でいってきました。途中朝霧あたりで美しい富士山をみましがパス。
早朝の山中湖湖畔
早朝の山中湖湖畔到着04:30、パール冨士の1時間前に現地到着。駐車スペースを見つけて機材を取りだし、スタンバイです。
紅富士と満月(山中湖)
早朝の山中湖湖畔 日の出近くになって、紅富士になりました。本当はこの瞬間に月が沈んでくれるとよいのですが、都合よくいかないのが泣き所です。
山中湖のパール冨士
山中湖のパール冨士 少し計測ソフトの予測がずれました。本当は山頂のどまんなかの予定が、月は山頂の左隅をかすめて沈みました。

動画をどうぞ。

このままで終わらないのが撮り馬鹿隊です。

あちこちでコンサル依頼をいただいております。有難うございます。
■5/12 千葉県柏市 ワインショップキムラ
わインショップキムラでコンサルティング
ワインショップキムラでコンサルティング 新規事業プランに関するご相談です。

■5/13 一路岡山へ
朝食を自分で作って新幹線に乗り込みます。
グリーン車で新大阪駅まで
グリーン車で新大阪駅まで カードを使っていると年数回この時期にグリーン車に無料で乗れます。

■5/14~15  さらに一転宮城県へ
クレインと気の良い仲間たち
クレインと気の良い仲間たち  仕事していると、どんどんお仲間が集まってきて。ショーコさんを訪ねてきます。
翌日は・・・
米粉うどんと米粉パスタ
米粉うどんと米粉パスタ かなり美味しく希望が持てる食品でした。

■5/16 静岡に戻り石井自動車のWeb開発プロジェクト
女将が作るHP
女将が作るHP 事業プランを事前に作っておいて、そのコンセプトに基づいてWebを開発します
石井自動車社長とスタッフ
石井自動車社長とスタッフ 暖かい組織が皆さんのカーライフをサポートします。

さあ、土曜日は休日です。

5月13日休日に「母の日」食事会を行いました。娘二人はすでに大学生で上京しているため、私夫婦+父母4人です。
場所は静岡市葵区の回転寿司ごえもんです。
母の日に父母と食事会です
母の日に父母と食事会です、ごえもんは回転寿司のわりに品質がよく美味しいお寿司屋さんです。
静岡の初夏の味覚生桜えびの軍艦です
静岡の初夏の味覚生桜えびの軍艦です。私以外は、普段食べ慣れているらしく注文しませんが、他県の方は珍しいのでわたしがかわりに注文して差し上げて、試食します。
静岡の代表的味覚キンメダイ
静岡の代表的味覚キンメダイ すこし脂のノリがいまいちでしたが美味でした。
はまぐりのお吸い物
はまぐりのお吸い物 母と妻はアオサ海苔の味噌汁、父はあら汁を頼みました。私は肝臓によいはまぐり。貝の旨味がたまりません。
ごえもんの寿司
ごえもんの寿司 GWのあとということもあってかネタがいまひとつですが、まあ、お腹いっぱいになりました。
4にでしっかり食べて、一人1500円ちょっとでした。
バラをプレゼント
バラをプレゼント よる散歩していると、花の半額セールをやっていました。バラの鉢植えが1鉢1000円で入手出来ました。母にプレゼントしたら大変よろこばれました。

父母も元気なので、私もありがたいです。感謝。

吉ケ島棚田(小山町)、下之坊(富士宮市)の藤と芥子を撮影した私は冨士市大渕笹場へ到着です。
最後のターゲットは富士山と茶畑。この被写体ともうひとつ(伊豆半島からのツツジと富士山)が今年の撮り残した撮影でした。
実は、ここによったもう一つの理由は、お茶屋の小澤さん。この方、御商売柄時節お忙しい。これを押してこの撮影隊に参加した理由はこの茶畑と富士山の撮影が仕事上必須と考えていたからです。
大渕笹場の富士山と茶畑
大渕笹場の富士山と茶畑 静岡県知事室に掲載されている写真はこの場所の風景写真です。
新茶の季節
新茶の季節 まだ、未収穫の新茶が残っていてくれました。感謝です。ラッキーです。
富士山と茶畑
富士山と茶畑 富士山を大きく撮影してみました。望遠レンズを使ったため被写界深度をとるため絞り込みました。
御機嫌な撮り馬鹿隊
御機嫌な撮り馬鹿隊 久し振りに隊長、副隊長と幹部そろい踏み。撮影も三か所でできて富士山も最高のコンディション。皆さん笑顔です。

これで、すっきりと1週間の仕事にのぞめます。

吉ケ島の棚田の撮影を終えた私たちは、隊長の車に乗って、下道を御殿場から富士宮に抜けます。富士山の中腹を横切ったのです。
富士宮市についた私たち下目指すのは2番目の撮影ポイントである大石寺下之坊です。
下之坊の藤の花
下之坊の藤の花 今年は藤の花を撮影していませんでした。ちょうど下之坊で藤の花が咲いたという情報が合ったので2番目の撮影ポイントとして選定したのです。
バイオレットシャワー
バイオレットシャワー 藤の花の房から花弁がシャワーのように降り注ぎます。
富士山と藤の花
富士山と藤の花 かなり逆光り気味で残念な撮影となりましたが、ブログ掲載します。

もうひとつ、面白いものを見つけました。
逆光に輝く芥子の花
逆光に輝く芥子の花です。皆を集めて撮影します。
ケシ畑
ケシ畑 民家の空き地らしいのですが一面、ケシの花だらけ。藤の花よりも時間を使って撮影しました。

時間もかなり切迫してきました3番目の撮影場所を目指します

5/10(土曜日) 吉ケ島棚田(小山町)という棚田があります。この棚田は[あらぎ島型棚田」と言われて奇妙な格好をしています。
一言で言うと「Ω」型。
この棚田に水がはられているはずで、そうなると逆さ富士などが望めそう、あるいは朝焼けが反映されると凄そうということでいってきました。
天気は快晴で午前2時半集合でいってきました。
未明の写り込み
未明の写り込み 天気は快晴。清水インターから高速道路にのり、御殿場インターでおりました。そこから、足柄駅近くまで走り、東名高速道路と交差するところまで。
すると、撮り馬鹿隊の活動情報を漏えいした人がいるらしく(笑い)、別働隊の人がいました。
Sさん「撮り馬鹿隊ですか?」
伯爵「はいそうです。Sさんですよね」
Sさん「はい}
伯爵「ではよろしく」
facebookで大体どんな人かわかっているので安心です。この方、忍者部隊月光と私が勝手に名付けているチームで夜の富士山撮影の専門チームの方です。
朝焼けの写り込み
朝焼けの写り込み ついたときは星が見えていましたが午前5時になるともう空が朝焼けてきました。美しいです。
紅富士と吉ケ島棚田
紅富士と吉ケ島棚田 朝焼けは角度的に棚田に反映されませんでしたが得意な風景が撮影できました。
ここはまだ、他の方に知られていないので、2人があとからきた程度で、我々の一人占め状態でした。
棚田の写り込みと早苗
棚田の写り込みと早苗 これから田植えなんでしょうね。田植え前ゆえに鏡面状態を撮影できたのはラッキーでした。
なぜ、この棚田がチャンスと読んだかというと、新潟などの北国でも田植えがはじまったからです。その情報からここの状態が予測できたのでした。
撮り馬鹿隊
撮り馬鹿隊 お茶屋の小澤さん、SOBA笑の戸田さん、戸塚隊長、私。月光部隊のSさんです。

ここでSさんと別れて次の撮影へ。時刻はまだ6時です。

妻が不在で自炊が多くても、コンサル仕事を頂くとどうしてもランチは外食が多くなります。
■先攻 藤枝SOBA笑 鴨蕎麦大盛りと茶の天麩羅
鴨蕎麦大盛り
鴨蕎麦大盛り 焼いたネギが甘く美味しく、まさに鴨葱状態。蕎麦も味がしっかりしていて、しかも雑実がなくつゆも甘すぎず、辛すぎず適切です。
茶の天麩羅とコシアブラの天麩羅
茶の天麩羅とコシアブラの天麩羅 春の素材の天麩羅は絶品です。
そばつゆ
そばつゆ SOBA笑の蕎麦湯は、蕎麦粉を新たにといて出してくる。茹で汁じゃあないんだよ。さらに新しいつゆもつく。

■後攻 冨士市中華料理の炎(えん)
海老チリソース
海老チリソースをランチメニューからチョイス。前菜とスープがこの前に来る。
あんかけお焦げ
あんかけお焦げ さっぱりとしたあんかけスープ、シャリカリご飯が絶妙に絡まって美味しいです。

デザートのマンゴープリン
デザートのマンゴープリン こちらも本物の味。くどくない中華ランチでした。

さあ、どっち。

GW中も仕事を頂いていたのですがキャンセルになるなどしていて5/7が稼働再開
■5/7 SOBA笑(藤枝)
住宅地の隘路にある静岡銀行を退職した蕎麦屋。それがSOBA笑。この店をさらに売れるようにするための経営計画の立案が求められています。そしてIT戦略が。
SOBA笑
SOBA笑 奥さんはパン道場の師範。それぞれが道を極めた方々。一度来ていただければ美味いといっていただけるはず。その最初の一歩をお手伝いするプロジェクトです。

■5/8 清水
プリンを頂く
プリンを頂く 経営計画を詰めてゆきます。頭のエネルギーをフル回転。将棋を指しているような状態でした。プリンで糖分補給です。

■5/9 冨士市製造業、Webプロモーション計画
冨士市商工会
冨士市商工会 東海道線から身延線への乗り継ぎ3分差で完了。偶然対面のホームだったから、跨線橋渡らずに済んだだけ。
冨士市商工会の美人事務員Sさん
冨士市商工会の美人事務員Sさん 愛犬のトイプードルのララさんに似ているのか犬が主人に似たのか
支援先はプレス加工業
支援先はプレス加工業 テーマは新規販路開拓支援です。この機械はステンレス素材をトイレットペーパ状に巻き取ってあって、順次プレス機に送りこむもの。
プロジェクトチーム
プロジェクトチーム 経営企画室の面々と商工会の経営指導員Sさん(写真左下)。社長は右上。

仕事も頑張ります。

5/6みどりの日、 妻が不在の子供の日。3食作りながら、折を見て撮影に行こうと思いました。天気は午前曇り、のち晴れ。そうならなかったら、ならないで良いと思っていました。
阿智村から帰ってきた後、5/5は雨。疲れをいやしてゴールデンウィーク最終日を迎えました。
朝食のオムレツ
朝食のオムレツ オムレツはバターを使いますが妻はバターが嫌いなのでオムレツを作っても喜びません。だから不在時に作ります。
このあと、松坂屋でやっている画廊主宰の東山魁夷の版画展を見に行きました。
丁寧に見ていると、店主らしき人物がよってきました。ボロい恰好をして、絵を買いそうもない男が、目線の高さなどを変えながら見ているので気になったようです。
マンゴーの商品撮影
マンゴーの商品撮影 ちびマンゴーが宮崎県から来たので撮影して、画像をお送りしました。マンゴーのうち2つは母の日ということで父母にあげたら喜ばれました。
ランチの鮪丼
ランチの鮪丼 300円くらで買ってきたサクを切り分けて鮪丼1丁あがり。
ランチを食べたら急いで時刻表を調べて静岡駅に急ぎます。なぜなら、午後から富士山がでてきたから。

■日本平からの富士山
日本平ホテルに到着、フロントに「どこで、茶畑と富士山が撮影できるのでしょうか」と聞きました。リュックを背負った胡散臭い恰好をした男が訪ねて業務と直接関係のないことを聞くので不審だろう思いますが、流石一流のサービス業、地図を示しながら丁寧に教えてくれました。有難うございます、フロントの方。
日本平からの富士山と茶畑
日本平からの富士山と茶畑 この茶畑は日本平ホテルから、一端、日本平の頂上付近までのぼり、旧道を10分ほど下ったところにあります。たまたま自分のいったとき背景が灰色であまりよくなかった。1時間ほど撮影しながら、茶畑の農家の方と話しながら、いきつもどりつしていると空がだんだん蒼みを帯びてきました。
茶畑のなかに人がいますが、邪魔と思わず点景としました。その方々が良い位置に来るのを待ちました。
抹茶アイスとこぶ茶
抹茶アイスとこぶ茶 頂上付近の売店で購入。こぶ茶はサービス(試飲用)。濃厚で美味しゅうございました。

16:30のバスで静岡駅へ帰る。その後、静岡市美術館へゆき川端康成と東山魁夷展へ。東山魁夷のち密な諧調表現を勉強しつつ、写真の精進を誓いました。
夕飯の豚角煮丼
夕飯の豚角煮丼 あらかじめ煮込んでおいて、冷蔵庫にいれてありました。あたためてご飯に載せるだけ。
鰯つみれ汁
鰯つみれ汁 これも特売の鰯のミンチを出しを取った味噌汁に投入するだけ。これがまた凄く美味いんだな。美味美味。

ということで、また日常に戻ります。

4/4 花桃を訪ねる旅は今年最後の桜の撮り収め出もありました。阿智村、浪合、平谷村、根羽村,売木村は標高が高い(900m~1200m)ので桜がまだ残って見ごろだったのです。
しだれ桜
しだれ桜 平谷村から根羽村に抜ける道の途中で見つけました。逆戻りして側道に入り撮影です。全体像はこんな感じ
しだれ桜
しだれ桜2 青い屋根の家が人工物で邪魔なので構図からカットして撮影です。
馬頭観音と桜
馬頭観音と桜 馬頭観音は旅の神様。ここは多分。旧道で、長篠や豊橋などから昇ってくる道だったのでしょう。
最初の桜から100mくらいのところにありました。

カフェDECO前の桜
カフェDECO前の桜 古い小屋がいい味出しています。二本の桜のコラボレーションです。

平谷村,ひまわりの湯につかってから、した道を豊橋まで。ここで双子ちゃんチームとお別れです。白井さん、伴さんと3人男塾の旅です。
伴さんの車で売木(うるぎ)村の峠を越えて(1100m)、新城市に降りてゆく途中に

光背を浴びて
光背を浴びて 完全逆光で巨大な桜の木を撮影しました。手前は花桃です。こんな巨大な桜が名前もつけられず人知れず山の中に存在するのですね。

夕日を浴びて
夕日を浴びて 萌黄色の中の桜。白、萌黄色、黄色、深見緑色が美しいです。
長篠城跡
長篠城跡 白井さんの推薦で最後に尋ねました。ここを囲んで武田軍と徳川+織田軍が光芒を繰り広げたのですね。

途中水平環アークという不思議な虹を見ながら、豊橋駅に送ってもらいました。4時にひまわりの湯を出発して、豊橋到着7時6分、駅でラーメンを食べて新幹線で静岡着午後8時でした。

根羽村(通称、ネバーランドといいますが)にcafe DECOがあります。カメラマンの石原弘介氏夫妻が運営している店。
過去にも取り上げたことがありますが、4回目くらいの訪問です。
以前の記録はこちらです


カフェDECO
カフェDECO 私たちが入った11時50分ころはまだ、客も一人もおらずに独占状態でした。食事後。続々と御客さんが入ってきましたが、しばらく石原夫妻と会話ができました。
ワンちゃんは黒いらぶらドールの老犬と柴犬のきかん坊がいるんですが、黒ラブラドールは寄る年並みか少し元気がなく横になったままです。
カルボナーラ
カルボナーラ 白井さんはカレー、私はカルボナーラを。カレーは銀座デリーから取り寄せているとのこと。カルボナーラを頼んだのは地鶏卵を使っているからです。その地でなければ味わえないものを食べる楽しみがあります。
大人のプリン
大人のプリン ブランデーが入っています。以前は大きくて1000円でしたが、いまは小さいのが500円、頼みやすいです。
記念撮影
記念撮影 店舗内は広々としてくつろぎやすいです。

ぜひ、お近くをお尋ねの際は、お寄りください。

9時10分撮影終了で、次の撮影場所の検討に入ります。白井さんは「伊那に花桃情報あり」として、1.5時間走ればお昼前に伊那と主張されますが。①不確実な情報、②往復3時間のハズレはリスクと考えていました。特に白井さんの不確実な情報に乗って、あたったことは殆どありません。そこで私は「南下ルートをたどれば、標高1200mのパン屋、ランチは根羽村でDECO」を提案。全員の賛同を得ました。
花桃の里、阿智村を後に
花桃の里、阿智村を後に このとき、花桃の里から園原インターチェンジまで大渋滞がでていました。白井さんの最初の予測が当たったのです。
キッチンストーブの銀命水サイダーと佐久間智子さん
キッチンストーブの銀命水サイダーと佐久間智子さん 愛知県から浪合に移住してきた佐久間さん。阿智村商工会と共同開発した銀命水サイダーがあたりました。有名な星野リゾートにも卸しているとか。またfacebookも頑張って、サイクリング、ツーリストがここでパンを食べたりサイダーを飲みにくるようになりました。

キッチンストーブでくつろぐメンバー
キッチンストーブでくつろぐメンバー チョロスとともにサイダーを頂きます。このとき、星の観察チームも店に入ってきて、FBや写真の話題で盛り上がり、交流も生まれました。
キッチンストーブで佐久間さんと記念撮影
キッチンストーブで佐久間さんと記念撮影 佐久間さんとはほぼ1年ぶりにお会いできました。早朝起きですが皆さんも元気です。

旅はまだまだ続きます。

5/3浜松祭から帰った私はデータをパソコンに吸い上げ、風呂に入ると翌日に備えて睡眠を取るのでした。
5/4は午前04:30に双子ちゃんパパの石川さんが自宅まで迎えに来て、阿智村の花桃を撮影に行ったのです。
実はこれは裏話があります。5/3は石川さんご家族と冨士市の茶畑撮影に行く予定だった。そこへ、三河チーム(伴さん、白井さん)が「花桃を撮りにこん?」といってきたので、計画を変更してそちらに参加することになったのです。
石川さん家族は2時半おきだと聞いています。なぜ、こんなに早起きなのかというと、花桃の里は午前9時ころから大渋滞が始まるらしく、渋滞にはまる前に長野県阿智村のある園原インターチェンジを通過しようという作戦です。
石川さん家族
石川さん家族と花桃の里にAM08:30INです。天気は快晴で、花桃も満開。最高のコンディションの撮影スタートでした、三河チームとの合流に成功して撮影開始です。
こいのぼり舞う、花桃の里
こいのぼり舞う、花桃の里 午前の光独特の斜光で陰影が入り、写真に立体感ができます。素敵な環境での写真撮影ができることを感謝です。
陰影と花桃と
陰影と花桃と 阿智村は伊奈谷にあるため、午前には東側に影ができます。そこに少しずつ光があたってゆくと花桃がスポットライトを浴びたように浮かびあがります。
こういう撮影は風景写真家に嬉しい展開です
色彩多彩
色彩多彩 萌黄色、赤、ピンク、白の花桃。森の黒っぽい深緑色。さまざまな色彩が混在してシンフォニーを奏でます。

■双子ちゃんの撮影
花桃と双子ちゃん、航君、御母さん
花桃と双子ちゃん、航君、御母さん お父さんはいいカメラを買ったのに風景写真に集中なので私が撮ります。
幸せな家族
幸せな家族 双子ちゃんピンクが萌ちゃん。青がリコちゃんです。一卵性なのですが、それぞれの個性が出てきて面白い。積極性と消極性が合う都度に交差していたりして人間の不思議さを感じる次第です。
旅はまだまだ続きます。

3時半から撮影場所の選定に入りました。そこで決めた場所が・・・
アクトタワーから、浜松祭御殿屋台を撮影する計画
アクトタワーから、浜松祭御殿屋台を撮影する計画としました。ここで3時間場所取りしたため、他の撮影者との場所取り合戦もなく、おやつをとったり、芝生に寝転んだりリラックスすることができて朝からの撮影の体力補充ができました。さらに良かったのは、撮影を来客があったため断念した、宮澤利恵子さんと合流できたこと。もうひと方の宮武さんは合流できなかったけれど4人になったのは嬉しかった。

祭りの子供
祭りの子供 ときどき下界に降りて順番に撮影します。御殿屋台にいる友人にサインを送る子供。
浜松市の夕焼け
浜松市の夕焼け 綺麗な夕焼けが現れました。6時半、御殿屋台の開始です。
御殿屋台引き回し
御殿屋台引き回し 80~400mmの望遠レンズで遠距離撮影です。薄暮の中練りと屋台の引き回しが始まりました。ゴルゴ13気分ですね。
太鼓をたたく少女
太鼓をたたく少女 行進の邪魔にならないように撮影するので撮影ポジションが難しいです。午後7時半、私は翌日3時半おきなので帰宅するためにアクトタワーを降りて下界で撮影して帰る予定です。
御殿屋台引き回しII
御殿屋台引き回しII 勇壮な浜松の伝統文化です。静岡市にはない祭りですね。

明日は3時半おきです。

凧揚げ会場を引き上げた私たちは浜松市半田の浜太郎を目指します。
浜太郎社長請井さんとIさん
浜太郎社長請井さんとIさん お腹がペコペコです早く食べたい。
浜太郎に到着すると県外ナンバー(京都、広島、名古屋、横浜など)が満車状態ですでに行列ができています。さすがに社長と同伴なので予約席が用意されていました。
浜松餃子
浜松餃子 初めて、円形の餃子を撮影することができました。もやしがのるのが浜松流です。
浜太郎自慢のチャーハン、チャーシューのせ
浜太郎自慢のチャーハン、チャーシューのせ 危険なくらいうまそうです。
すべての料理を3人でシェアします。
ラーメン
ラーメン こちらもスープを一から、つくるそうでう、うまいです。
浜松餃子の浜太郎
浜松餃子の浜太郎 こうしている間も席待ちの列ができています。時刻は3時ちょっとまえ。ゴールデンウィークとはいえ、この繁盛は素晴らしいです。

再び浜松駅近くの中心部に戻ります。
練り
練り 少年たちが。夜からの練りの準備をしていました。
御殿屋台
御殿屋台 町内の人々が力を合わせて御殿屋台を動かしています。

時刻は3時30、御殿屋台までまだ3時間あります。私たちは撮影場所を探します。

浜松まつりにいってきました。5月3日午前09:30浜松駅集合です。静岡駅発AM07:30の各駅列車に乗って浜松駅北口に集合。シャトルバスに乗り換えてまずは、凧揚げ会場である中田島砂丘へ
中田島砂丘の凧揚げ会場
中田島砂丘の凧揚げ会場に到着するとすでに凧が雲のない空に上がっています。
凧合戦
凧合戦 たこと凧が綱をからめ合って戦います。まるで白影と猩猩左近(しょうじょうさこん=金目教の忍者)の戦いのようです。
凧上げ
凧上げ 大凧が滑空を開始した瞬間です。
激練り
激練り ラッパの音が響く中、凧糸を操る男。
少女ラッパ隊
少女ラッパ隊 あどけない少女も浜松の文化に染まってゆく瞬間。
浜松まつりのわんこ
浜松祭のわんこ、礼儀正しくおとなしくえらい。
浜松祭でであった笑顔。
浜松祭でであった笑顔。 最高の笑顔を撮らせていただきました。お写真をお送りしたいです。ご連絡ください。
浜松祭の撮り馬鹿隊
浜松祭の撮り馬鹿隊 熱い中体力を失いそうです。

今日は1日メニュー体力温存でゆきましょう。

富士山とツツジの撮影をしたくて、朝早く起きました。そして、朝食を妻の分を作りAM06:26の各駅電車に乗りました。午前8時半の伊豆長岡駅発のバスに乗れば葛城山のロープウェイ始発に乗れるからです。
しかし、三島駅に着く頃、富士山は雲の中に隠れてしまいました。しかし、このままでむなしくかえるのが嫌なので予定通り撮影を継続することにしました。
エビネ
エビネ 蘭の仲間で日陰を好みます。
シュンラン
シュンラン 今年も出会えました。この蘭も日陰を好みます。森の中などで出会うと嬉しくなります。
スズラン
スズラン 可愛い顔してあの子やるもんだねと。毒があります。
ツツジと雫
ツツジと雫 早朝撮影のメリットを享受します。
陽光に輝く
陽光に輝く 美しい伊豆の初夏の風景です。
色彩のじゅうたん
色彩のじゅうたん パステルペンの色をぶちまけたような色彩の洪水です。
キアゲハ舞う
キアゲハ舞う この日は蝶のランデブーがそこここで見られました。しかし、高いところを飛ぶのとひらひら舞っていてピントを合わせやすいので撮影に苦労しました。
でも、富士山が撮影できないのが残念ですが、これが撮影できたのでよしとします。
チョコロテンを食べて帰る
チョコロテンを食べて帰る チョコ味の心太を下に敷き詰めてアイスが上にのっています。アイスは3種類を選べます。苺アイスをチョイスしました。

昼過ぎに自宅に帰り妻と食事をしました。富士山とツツジは来年の楽しみです。

4月30日 連休前に藤枝市で仕事をしました。そのお客さんが光文堂の海野さんです。海野さんは撮り馬鹿隊の一員です。

■海野さんと撮り馬鹿隊。
海野さんには逸話があります

 ○逸話1 ダイヤモンド冨士の撮影時(4/20)に大阪のおっさんに怒られる。 マニュアル撮影を忘れて、私に質問しているときに「うるさい、おまえら!」と怒鳴られました。
  おまけに、ダイヤモンド冨士は撮れなかった。
 ○逸話2 春の撮り馬鹿隊に密かに参加予定だった海野さん。 前日女子会に出て、3時に目覚ましを設定し、荷物を玄関に置いておいた海野さん。 でも、起きれませんでした。

このため、海野さんは「撮影したい!という気持ち」が募っていたのでした。

■コンサル終了時の会話
海野さん「藤棚撮影にゆきませんか」
実は、このとき5時でした。海野さんの理解に合わせてゆっくりと仕事を進めていたからです。
伯爵「遅くなったから無理しないでいいですよ」

■蓮華寺池公園の藤棚
藤枝市蓮華寺池公園のこいのぼり
藤枝市蓮華寺池公園のこいのぼり 残念ながら蓮華時池公園の藤棚は終盤でした。

さらに納得のゆかない海野さん藤枝市役所の藤棚へ、でも納得がゆきません。そして・・・

■瀬戸谷川の吊り橋へ
タイミングが悪いとうまくゆかないのは撮影もビジネスも同じです。来年はと思っていても、来年生きていたり、健康でいる保証がありません、同様に家庭環境が外出できる環境かどうかも疑問でしょう。だから、撮り馬鹿隊は「撮れるときに撮る」を是としているのです。
藤のからまる吊り橋
藤のからまる吊り橋 仕事の終了が遅かった。また、撮影方針転換に時間がかかったので日が暮れてしまいました。藤のからまる吊り橋に到着したのは6時過ぎでした。

藤と吊り橋
藤と吊り橋 たわわに吊り橋に藤がからまっており、紫色と白色の化粧が施されています。

記念撮影(吊り橋)
記念撮影(吊り橋) 遅くなってもいけないので、ここで撤退です。

8時過ぎに静岡駅ににたどり着きました。
翌日からGWです。

 2014年春 春の撮り馬鹿隊の最終地は、西湖でした。あまり期待しないで、訪れたのですが、結果は「西湖野鳥と花爛漫の湖」でした。

西湖からの富士山
西湖からの富士山 冨士桜のピンクが萌黄色と相まって優しい色合いです。一度はかくれた富士山も西湖でもう一度出会えました。
桜満開
桜満開 4/28の段階で桜が満開でした。桜のざわめきが聞こえるかのようです。
ミズバショウ
ミズバショウ 西湖には野鳥の森があって、管理人も親切な方で丁寧に教えてくださるので、ここを最後の撮影地に選びました。
カワラヒワ
カワラヒワ 本命はオオルリですが声はするが姿は見えず。他の方は撮影できたようですが私たちの前には出てくれませんでした。
ミツバツツジとコガラ
ミツバツツジとコガラ 黒い帽子をかぶっているようです。シジュウカラと比べると小さく、そして、お腹にネクタイがありません。
シジュウカラ
シジュウカラ シジュウカラはこの写真のようにお腹にネクタイがあります。
ヤマガラとドウダンツツジ
ヤマガラとドウダンツツジ ヤマガラはこのようにカラフルです。

最後にキビタキとコルリが姿を見せましたが、ピントを合わせてシャッターを押す段階で逃げられて写真がありません。
充実した撮影旅行でした。戸塚隊長も私も体力のほとんどを使い果たしたと思います。

撮り馬鹿隊春の旅行、ホテルマウント富士山中湖の朝食編です。
手焼きオムレツ
手焼きオムレツ ここの楽しみはシェフの手焼きオムレツ、その場で焼いてくれます。
サラダ
サラダ 野菜をたっぷり補給します。ちょっとパンもかじってみました。
味噌汁をチョイス
味噌汁をチョイス 寒い撮影のあとは暖かいものが恋しくなります。
戸田夫婦
戸田夫婦 お疲れ様でした。ここでお別れになります。急ぎ帰りご商売だそうです。

このあと、私は温泉、隊長は仮眠といういつものパターンでした。
まだ、もうちょっと続きます。

前夜、10時過ぎまで飲みました。問題は戸田夫婦が殆ど富士山の撮影していないこと。このまま、まったりしていると泊まって、温泉つかって、朝食食べて帰ることになりそう。それじゃあ撮り馬鹿じゃあないじゃんってことで恒例の早朝撮影です。3時に起きだして・・・
赤い桜と富士山
赤い桜と富士山 午前3時起床。カメラを持ってホテルのパティオに。バックライトを浴びた桜と富士山が燃えていました。残念ながら昨年見れた天の川は雲の中でした。

4人集合して、いざパノラマ台へ
パノラマ台夜景
パノラマ台夜景 多くのカメラマンを想定しましたが。天気が悪いのと、休日ではないためかカメラマンは少なかった。でも不思議な夜景が撮影できてハッピーでした。
蒼い時と富士山
蒼い時と富士山 朝焼けを白い山頂に写し込む紅富士を望みましたが、残念。得られませんでしたが静謐の青を得ました。
元気な撮り馬鹿隊
元気な撮り馬鹿隊 今回はチェアを持ちこんで楽ちん撮影でした。
天候の変わり目を狙え
天候の変わり目を狙え 雲間から太陽がのぞき桜と山頂の一部をライトアップ。不思議な写真となりました。

さあ、朝食です。

山中湖から移動して夕景と夜景をどこで撮るか。そのとき戸塚隊長が「新道峠が4日前に開通したいみたい」。いいね!
新道峠は、河口湖と笛吹市を結ぶ若彦トンネルの近くにある撮影スポット。新道峠の第一展望台からは河口湖ほぼすべてと、富士山、そして山中湖の一部まで見渡せます。

夕刻の新道峠
夕刻の新道峠 新道峠は駐車場から5分くらい急坂を登ります。急坂を登り終えた最初のポジションは、木が邪魔。そこで、前回は比較的見通しの良い第二展望台で撮影しました。しかし、今回は明るいうちに到着できたので、さらに10分ほど登った第一展望台で撮影することに。

最初は女衆は第二でいい。といっていたのですが。私と、足をくじいてつえを突く戸塚隊長が昇ってゆくと、ついてきました。これが初めての第一展望台からの富士山です。

新道峠の登頂記念
新道峠の登頂記念 私も第二から上があることを知っていましたが暗いためリスクを冒したくなかったで、第二やその下で撮影していました。

新道峠第一展望台からの富士山と河口湖
新道峠第一展望台からの富士山と河口湖 夜も快晴で富士山が綺麗に見えます。そして夜景も。

このとき、私たちの頭上の岩の上で、CANON派カメラマンが脚立に乗って撮影。良く落ちないものだと思いました。三脚も1.5m以上伸ばしているのでファイダーをのぞけない。そこで、撮影したデータをipadに送って画像確認しているようです。

ホテルの部屋のみ
ホテルの部屋のみ 女衆は新道峠まで。新たにホテルで戸田夫妻と合流して、メンバーチェンジの撮り馬鹿隊です。

明日は冨士山撮れるでしょうか。

カテゴリ

ウェブページ

links