考える舌べろについてのブログ

| コメント(3) | トラックバック(0)

全国の美味しいものを旅をしながらいただいています。そんななかでふと思ったことを書かせていただきます。
=女子力アップランチについて=
そらまめ
そらまめ 長野県松川村のcafe 女性ほぼ満席でした。はやめにはいれてよかった。パンは1回おかわりしました。
美味しいと思います。
きじとらカフェ(静岡市)
すずとらカフェ(静岡市) 前々から気になっておりました。猫がお出迎えです
きじとらカフェ、土曜日のランチ(十五穀米)をチョイス
すずとらカフェ、土曜日のランチ(十五穀米)をチョイス 土曜日は通常ランチがないとか。これはカフェの入り口の看板に偽りあり。
土曜日は通常ランチがないことを明記すべき
すずとらカフェデザート
すずとらカフェデザート これが一番のいおしかった。
思うに女子力アップランチは野菜たっぷりはOK、賛同するところ。十五穀米もOK。ただ、価格が全体的に高すぎです。ランチ1300円。これはちょっと思う。でも客が入ればよいというかもしれないが、素材の原価を考えると疑問だな。美味しいけれど、めちゃくちゃ美味しいというわけではないからね。

=かねぶん 賄い=
外食で一番美味なのは賄いなのかもしれないと密かに思っている。
かねぶん(お茶農園)の賄い蕎麦
かねぶん(お茶農園)の賄い蕎麦 お母様が自分打ったとか。上手につくれば料理は美味いのかというとさにあらず。
その人間の考え方や生き方が、味に出ますよね。美味いなあ。
野菜天麩羅
野菜天麩羅 これも激ウマだったな。あったかい料理をあったかいうちに食べる基本ですよね。プロの料理は美味くて当たり前、それ以上の付加価値がないといけないよね。素人は心がこもっていて、うまければ十分。

宇都宮餃子を考える
それは宇都宮餃子。宇都宮に今年は2日ほど出張があり、餃子を毎回ランチでいただかせていただいております。理由は餃子日本一で有名だった町だから。最近は浜松に餃子日本一をとられて奪還できなくなっています。なぜだろう。

■2件目のみんみんにいってみる。
11時半に入店、私たち新幹線をおりた客から、ちょうど行列になりました。
みんみん名物ジャージャー麺
みんみん名物ジャージャー麺 名物で復刻メニューということでいただきました。しかし、これが一番「?」なメニューだった。理由はきしめんの冷麺に肉みそがのっているだけでこれといって特徴がなかったから。無論、美味しいのですけれど、行列をつくるほどではないと思ったのです。
水餃子
水餃子 たれなどを直接入れても良いし、または、小皿で持ってもよいとのこと。おいしいです。ただ、すぐ食べてしまわないと、すくうときにちぎれてしまう。また、ふやけてしまうなどの注意点が必要です。これを主食の前にもってこられるとおかずとして食べようとしていますから、どうしても時間を経過することになって美味しさが半減することが惜しい。
みんみんの餃子
みんみんの餃子をいただきます。食べて記憶がよみがえりました。これは昔ながらの餃子。美味しいです。

■餃子の考察
 全国でいろいろな餃子を食べさせて頂いて、いくつか考えるポイントがある。それは以下の通りです。

  1. 意外に皮が重要。食感に影響を与えるから
  2. 餡の配合が重要。餡に何をどの程度混ぜるかによって味の基本が決まる。
  3. 調理の出しかた、手順など。美味しいものをお腹を減らせた方に度の順でだしたらよいか
  4. メニューに創意工夫があるか。人の味覚はどんどん変化しています。

地元に愛された店。それは良いですが、旅人の私は「美味しい」と思いながらも違和感をもっています。それは私がメニューをお客様の舌に合わせて改革している店を知っているからでしょう。出張者や地元民に愛されるならそれでも良し。でも、日本一を狙うならスタンスが違うなあと思った次第です。皆さんのご意見も伺いたいところです。

考える舌でありたいなと思っております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt-templates.com/mt/mt-tb.cgi/2427

コメント(3)

こんばんは!

どれも美味しそうですね!
作る方の思いも入っているのですね!

こんにちは!

見た目的にも女性受けしそうなランチばかりですね!

おはようございます。

旨いもの・人気のお店などには、必ず理由があります。
その理由を正しく理解することが大切。
以外に、基本的な事も含まれていますね。

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

links