街づくりの最近のブログ記事

9月19日は午後から仕事があるのですが、今、応援している小島さんが出展されているということをfacebookで知りました。
駿府城公園にはヒガンバナが土手沿いに咲いていました
駿府城公園にはヒガンバナが土手沿いに咲いていました
秋の花は小さく可憐です
秋の花は小さく可憐です。マクロレンズで撮影します。
天下泰平祭り
天下泰平祭り お茶の業者の方は一角を占めておもてなしをしています。
小島康平さんと抹茶引き
小島康平さんと抹茶引き  なんと小島さんは殿さまのコスプレをされていました。もともとインテリジェンスな二枚目なのでよくお似合いです。

秋バラ
秋バラが小さく咲いていました。

この後、着替えてから仕事に向かいました

久し振りに床屋に行ってのんびり、画像加工や動画作成をしていました。
パサージュの猫
パサージュの猫 となりは染物屋だったのですがどうやらそのご商売を転業されて不動産ビジネスになられたようで。パサージュという商業集積ビルと小路のある施設となりました。
そこと私どもの屋並みの間に猫が住み着いていたのは知っていましたが、とうとう、御隣の猫になったようです、右の猫は左前脚に怪我をしています。
白い巨大なわんこ
白い巨大なわんこ 以上のような理由によって小路には人通りが休みの日は増えて、このような大きな犬を連れた方も多くなっています。
ブーゲンビリア
ブーゲンビリア これはお近くのおうちの壁面のブーゲンビリア華やかな赤です。
駿府城散歩
駿府城散歩をしました。すると、高校の同窓生のお店がリニューアルしているのに気がつきました。もしやと思ったら、案の定、友人が帰郷していました。
そのため、散歩を中断して彼と1時間程度話しこみました。久し振りの同窓生でした。

酒は富士宮市柚子の富士錦酒造の「柚野の里」です

11月になると大道芸ワールドカップが静岡市にやってきます。
けやき通りの大道芸
けやき通りの大道芸 こんなの簡単そうに見えて、自分がやったら大怪我しそうです。
セノバ、前田園最終日に駆けつける
セノバ、前田園最終日に駆けつける 高校時代の友人である前田君がセノバから撤退するようです。なので招集がかかったので抹茶白玉アイスを食べに立ち寄りました。そのあと、駿府城公園へ、撮り馬鹿隊の平尾隊員が、芸人に撮影を頼まれたとかでいらっしゃいました。
大道芸
大道芸を見物する人たち。ぺガサートは1階から地階を見降ろせる場所があります。
ピエロ、静止型の芸をする方々
ピエロ、静止型の芸をする方々 色々な表現があるものだと思います。
青葉小学校、駿府城公園
けやき通りから、青葉小学校、駿府城公園へ 公園ではクレーンなどを使ってよりダイナミックな芸が披露されています。
空中芸
空中芸、異民族の人々など。多彩な芸や人々がみられます。
大道芸ワールドカップ2013年優勝者
大道芸ワールドカップ2013年優勝者 まるでとっとこハム太郎のような芸でした。

また、来年もみられるかな。

静岡市にいるときは夜散歩することが多い。まれにカメラを持ってあるくことがあり、手持ち撮影などで撮影します。
大概、気に入らないので消してしまいますが今回は、だんだん夜のスナップ撮影の方法がわかってきたので掲載します。

109交差点
109交差点 巨大ショッピングセンタ(シネマコンプレックス兼ターミナル)CENOVAから109へけやき通りを経由して松坂屋、静岡駅となる。
夜のブティック
夜のブティック きり絵のような窓の風景が気に入っている
観葉植物雑貨ショップ
観葉植物雑貨ショップ はっきり言って何を打っているのか分からない。
意外に同じ町内であるのに何をやっているのか分からないショップが多いことに気付く
夜の店舗
夜の店舗 CENOVA近くの飲食店が固まっている場所
鷹匠一丁目
鷹匠一丁目 レストラン前に止められた自転車
鷹匠2丁目飲食店
鷹匠2丁目飲食店 古い民家を数年間かけて自分で改造した店主の自慢作

明日は晴れるのでしょうか

静岡市葵区鷹匠桑港(そうこう)
 facebookで知り合ったone day cafeの安倍さんご夫婦にご招待されて、 静岡市葵区鷹匠桑港(そうこう)で懇親会に出ました。
安倍さんご夫婦
安倍さんご夫婦: 弊社の高見もお招きいただきました。

桑港(そうこう)は 自分の自宅からあるいて数分の場所にあるのですが、 一度もいったことがなく、非常に興味がありました。


この日は午後6時半に待ち合わせ。私が10分くらい前に到着して予約席に案内されて待っていました。

6時半ちょうどに3人でご到着です

安倍さんご夫婦

乾杯
乾杯:7/3のone day cafeの成功を祝して乾杯です。
お通し
お通し: 4人いるので4種類のお通しがでました、ピクルス系あり、パン系ありと多彩です。
桑港
桑港内装: 最初、サンフランシスコと読むかと思いましたらそうでもないのですね。そーこー だって。内装はシンプルな作りででもかざらずおしゃれで気軽な感じです。
白ワイン 白ワイン: 最初は、梅酒でしたが、ワインの辛口があるというので4人で封を開けて 飲むことにいたしました。きりりと引き締まっておいしいです。

鷹匠、桑港のお料理の数々
基本イタメシ: パスタを堅めにゆでるのが特徴。こんなに堅めにゆでる店は初めてですが 嫌ではないギリギリのライン。おいしいですよ。パンにはちみつやペーストを つけて食べる食べ方もいいね。
安倍さん
安倍さん:この日はご主人の話をお聞きしながら、そして 彼女の笑顔とお話を楽しめました。ありがとうございます。
桑港のお二人
桑港のお二人:シェフの方(右)は当初 写真は駄目とかおしゃっていましたが、最後は・・・。
自分はじっくりと人とお付き合いするのが好きなので、100人以上の中で 芋を洗うように名刺を交換するよりも、仕事やプロジェクトをこなしながら、 1対1の信頼関係を気付いてゆくことが好きなタイプです。facebookにおいても そのようなスタンスを築いてゆきたいと考えております。
鷹匠、桑港。楽しい夜でした。
7/3 one day cafe
 facebookをやっているとご近所に住んでいるのに まったく交流のない方と交流ができたり、互いのビジネスや 人生の目的、趣味が理解できたりして面白い。
 今回は、安倍さん計画、運営しているone day cafeがfacebookの ビジネスモデルとして、非常に適合したモデルなのではと注目して、 成功したら面白いことになると、研究者的視点で関与しました。
 安倍さんも私の写真に興味を持っていただいたようで、 facebookを通じてプロポーザルがあったので、アマチュアであることを いいことに協力してみました。
空き店舗を活用した、流動的出店形態のone day cafe
one day cafeのエントランス
one day cafeのコンセプト:コンセプトはオーガニック。
 健康志向、自然志向です。出店形態は不定期で空き店舗に出店する。 場所は静岡市の中心市街地の駿府町商店街の空き店舗です。
one day cafeスタッフミーティング
スタッフミーティング:開店は午前10時、私は午前9時45分ころに到着。蒸し風呂のような 二階に機材をセッティングして、みなさんのミーティングから取材開始。
開店からお客様満員御礼
開店当初から満員御礼: 開店当初から、開店時間を待ちかねたみなさんが押し寄せ。なかには粋な 和服の方も。なんとなく趣味嗜好と食との関連性がうかがえる一コマでした。 私は撮影したくてもスタッフが忙しく、被写体がこなくてやきもきしました。
デザートから撮影のスタート
デザートからの撮影のスタート:一番苦労したの右の抹茶。 この抹茶の色を出すのに苦労。なぜなら、お願いした ライトが現場になく、手前の反射がないからレフ板で急きょ対応。
ひじきハンバーガー
ひじきハンバーガー:サラダは乙女の指でかきまわせといったのは、ジャンジャックルソー。 ひじきハンバーガーも同様です。
味噌とバジル

味噌とバジル:バジルはハンバーガーのペースト。味噌は別売りです。
白玉の持ち上げシーン
白玉の持ち上げ:甘いもの好きな方にはたまらないのではないでしょうか。良く冷やして 召し上がれ。
スタッフの笑顔が素敵なone day cafe
スタッフの笑顔が素敵なone day cafe:安倍さんご夫婦を含めて お茶関連の方、などきれい処も多数撮影させていただきました。
予期せぬゲスト
 意外な方々もいらっしゃいました。
guestの皆さん
ゲストの皆さん:溶射屋さんのコメントが最初から予想できそうです。 「あっ、うちのK田さんが。そして、アイリンクのT見さんだ。」 いかがでしょうか。溶射屋さん。みなさんで楽しめました。 今度は奥様を同伴でいらしては・・・
 補助金も役所や商工会議所や商工会の支援もなくfacebookで勝手に盛り上がる one day cafe.コンセプトがしっかりしていれば共感の輪がガンガン広がります。
こういう試みも町の活性化には重要だと思います。

カテゴリ

ウェブページ

links