静岡の風景の最近のブログ記事

富士方面の新規顧客の訪問のついでに富士宮市の白糸の滝に立ち寄り。最後の紅葉と富士山、虹を撮ってきました。
土産物屋の駐車場が200円。公営駐車場が500円。当然200円をチョイス。
虹と白糸の滝
虹と白糸の滝 ちょうど虹が出ていました。最近分かったことは、白糸の滝は基本的に北側にある。逆に南側はП字型に開けている。そこに太陽が当たると滝に虹が出る理屈。
12時半の虹
12時半の虹 本当に綺麗でした。
白糸の滝の紅葉と富士山
白糸の滝の紅葉と富士山 終盤でしたが、初めて撮影できて嬉しいです。来年はもっと早めにこようっと。

撮影のおかげで、ランチを食べ損ねました。冨士市のそばきりこばやしによったら、既に閉店。(>0<)

自宅に帰り、カップ焼そばを食べました。

静岡から浜松の仕事を経て、その後、信州安曇野へ。そんな自動車によるコンサル旅
■11月24日 東亜工業
餃子ビジネス支援サイトの構築
餃子ビジネス支援サイトの構築が任務です。撮り馬鹿隊で見られない真剣な表情

東亜工業を午後5時に出て、そこから引佐→新城→三遠南信道→東栄町→設楽町とたどって根羽村。
ここで喫茶DECOでパキスタンカレーを食べて、再び飯田→伊那→岡谷→豊科です。食事しながら4時間弱でこれました

■11月25日 長野県池田町で2件コンサル
シードルづくりを語るマイスター
シードルづくりを語るマイスター リンゴを使った炭酸果汁サイダー。
シードルを注ぐ
シードルを注ぐシーンの撮影です。

動画です

真空装置の赤田工業
真空装置の赤田工業 スマホサイトになりました。その更新方法について自主更新チームを支援しております。

仕事を終えて池田町商工会に一度帰り、池田→豊科→岡谷→八ヶ岳インターチェンジ(食事)→甲府南→精進湖線→富士宮→新冨士→新東名→清水→自宅へ帰ってきました。

父母のために安曇野の湧水を汲んできました
父母のために安曇野の湧水を汲んできました 全部で20Lくらいでしょうか。ポリタンクが小さく見えますね

■1月26日 3件清水でコンサル
これはボリュームがあるので後日報告します。

■1月27日 
宇都宮で腰痛対策器具を売る方のWeb支援
宇都宮で腰痛対策器具を売る方のWeb支援でした。

お疲れ様です

浜松餃子王から、「明日、早朝撮影をしたいんだけれどいい?」「午前9時までに自宅に帰りたんだけれど」というメッセージが来ました。
はい、できますとも。以下のような計画をお送り帰して、承認。実行に移します

  1. 午前2時に我が家に集合、速攻かけるので2人だけ。(多数の人の集合を待つと時間的に厳しく行動の制約を受ける)
  2. 午後3時30分 白糸の滝。満月だから月虹が撮れる可能性がある。最悪のケースとして、滝と深夜の星と富士山撮影
  3. 午前4時30分 新蒲原、工場萌えと富士山
  4. 午前5時30分 薩埵峠からの富士山撮影 終了7時。

コンサルタントですから、相手の要望を可能な限り満たすプランを立案するのは得意です。後は実行に移すだけ。

約束の時間に浜松餃子王到着。トランクに撮影装備を入れて、助手席にもぐりこみます。

白糸の滝展望台と富士山
白糸の滝展望台と富士山 星が綺麗に輝いていました。月虹は見れませんでしたが、紅葉もまずまずのコンディションでした。

ここから2プランあったのですが、次の撮影を考えて新蒲原のイハラケミカルの工場に40分かけて移動。空きスペースに駐車して、徒歩で海岸線にでます。
世界遺産と近代科学の融合
世界遺産と近代科学の融合 一瞬、化学プラントの光に目を奪われ富士山を見失い、撤退するところでした。しかし、目を凝らすと富士山がいます。しめた!そんな感覚です。

ここから15分ほど移動して、最終撮影地の薩埵峠。
曙と軌跡
曙と軌跡 光跡は第一東名と国道1号線。海は桜エビ漁のようです。早朝にここに来たのはこれがはじめて。
伊豆半島を赤く染めて
伊豆半島を赤く染めて朝焼けが来ました。
撮影する人
撮影する人 シルエットが美しい時間です。
感動の共有
感動の共有 素敵な時間を共有できました。お誘いいただき有難うございます。

こういう時間があるから。人は笑顔で生きて行けると思います。

旧年中はどうも有難うございます

隊長からお声がかりが合って、久々の撮り馬鹿隊。先週の隊長は直前までエントリしていて、風邪ひきでドタキャンでした。
そのときは大雲海が出たので残念賞。よってリベンジを受けて立ったというところでしょう。お互いに仕事が午後からあるので9時帰宅をベースに計画しました。

未明の光跡
未明の光跡 場所は薩埵峠です。久し振り(約1年ぶり)の撮影です。
薩埵峠のハチの字ループ
薩埵峠のハチの字ループ この下を普段走っている私たちも撮影者から見るとこんな風に写っているのだなと改めて関心

清水港の街あかり
清水港の街あかり 日本平ホテル庭園からの撮影です。

今年もよろしくお願いします。

11月1日は雨予報が覆り快晴情報。やる気になった撮り馬鹿隊。さっそく急遽編成で、隊長、私、短パン王子でいってきました。
2時伯爵邸、2時半短パン王子邸、4時ふもとっぱらです。

途中、清水、由比、蒲原、冨士、富士宮で富士山がみえず嫌な予感ですが、ふもとっぱら到着。
ふもとっぱら夜景
ふもとっぱら夜景(黒の時刻) 4時なのに、木星と金星が綺麗に富士山山頂に輝いていました。
青の時刻
青の時刻 黒の時間帯から青の時間帯へ推移して、そして。
ふもとっぱらの朝焼け(赤の時間帯)
ふもとっぱらの朝焼け(赤の時間帯) 朝焼けのあかが来ました。

黒、青、赤を楽しんだ後朝霧高原道の駅へ
ダイヤモンド冨士
ダイヤモンド冨士 少し右から出ました。

さあ、撮影は始まったばかりだ。

精進湖から数キロ戻ってふもとっぱら。まだ少し星が残っていました。
麓っぱら夜景
麓っぱら夜景 まだ星が残り、背後からの灯りが微妙なライティングとなっています。
シンメトリーな風景
シンメトリーな風景 上下対称な風景ができあがりました。

ここでふもとっぱらがこれ以上に焼けそうにないので朝霧道の駅に移動です
ダイアモンド冨士
ダイアモンド冨士 朝霧道の駅でどんぴしゃのダイヤモンド冨士でした。ススキ添え
コスモスとダイヤモンド冨士
コスモスとダイヤモンド冨士 少し時間が経過してしまってハレーションが出ましたね

まだまだ撮影は続きます

山中湖での撮影が、車中泊にもかかわらずおもわしくない成果であったため、忸怩たる思いで。自宅に向けて運転していました。
ただ、ある予感と計算が頭をよぎっていたのも事実です。

山中湖→河口湖→鳴沢。ここで冨士が嶺にゆかず、139号線を意図的に走ります。精進湖→本栖湖→そして朝霧。
朝霧高原の夜明け
朝霧高原の夜明け 7時少し前。朝霧高原を通過。このとき富士山の北側(左)に夜明けの太陽を見ました。このまま南下すれば、
富士山の山裾に太陽が隠れてダイヤモンド冨士が撮れるかも。

実は朝霧高原道の駅近辺で、この時期にダイヤモンド冨士が撮れるを知っていたのです。問題は予測しなかった時代なので
撮影場所を感で決めないといけない。

いったん朝霧高原道の駅にINするも。まだ南のような予感がして、花鳥園のあたりへ。でも、建物が合って撮影できない。さらに南下。
でも行き過ぎた気がする。

すこし北にもどります。そこで勝負!
朝霧高原のダイヤモンド冨士
朝霧高原のダイヤモンド冨士 ちょっと右だったような気がしますが06:55。ダイヤモンド冨士ゲットです。

とりあえず坊主を免れた私は自宅に帰ったのでした。

 

どうやら晴れそうなので、三重県出張なのですが、早起きして朝活動をしてきました。6時前に戻ってくれば7時代の新幹線に間に合いますから。

雲海レインボー
雲海レインボー AM03:50 吉原に到着する前に帰宅する自動車に出会いました。これは悪い兆候。晴れているのに富士山が見えないから。
確かに現地到着しても富士山が見えない。北斗七星も見えるのに。

天の川と流星
天の川と流星 この日はなぜか流星が飛ぶ日で、シャッターを切っていないタイミングで赤い火球が飛びました。

少し考えました。これは、下辺の冨士市あたりに霧がありその霧に街灯などの光が反射して富士山が見えないのです。もうすこし待てば富士山が出てくると信じて待ちました。
reimei
黎明 とうとう富士山が姿をあらわしました。星も残っていて気持ちの良い色彩を見せてくれました。10分の時間が閉じ込められて不思議な写真となりました。
うごめく雲海
うごめく雲海 生き物のように雲海が動いています。
もやる朝。日の出前に吉原を去る
もやる朝。日の出前に吉原を去る もう少し撮影したい気分ですが。仕事があるため帰路を急ぎます。

また来ます

冨士山五合目を下った撮り馬鹿隊は、水ケ塚駐車場で富士山を撮影します。
塚駐車場とは、富士山登山の人が夏場に基地として利用する駐車場であり、夏場を過ぎると閑散としています。
雲海と富士山
雲海と富士山 先刻我々が見下ろしていた雲海がいまは我々のはるか高い位置にあるのが大変不思議です。

さらに、車を帰路に進めるのですが、冨士市雁堤公園によりました。
雁堤のヒガンバナ
雲海と富士山 予想通り咲き始めていました
ヒガンバナと富士山
ヒガンバナと富士山 

短時間ですが充実した早朝撮影会でした。

仕事を豊橋で行いました。途中のインターチェンジで雲の形を見て「これは焼ける」と直感して静岡市徳願寺へ
シジミ蝶
シジミ蝶 到着時は6時前。少し日が残っていました。
黄金のとき(徳願寺)
黄金のとき(徳願寺) 静岡の町も夕焼けの中にあります。
夕焼けと富士山
夕焼けと富士山 見事に焼けましたね。

焼津港で、別の方が撮っていらっしゃいました。実は焼津港も候補の一つでした。でも徳願寺にした理由は途中で給油したかったからです

リッター131円ちょっと得した気分でした。

カテゴリ

ウェブページ

links