千葉県の風景の最近のブログ記事

千葉県市原市でみた風景

 経営革新塾のお仕事で、千葉県市原市を訪ねました。10年以上も前に尋ねたことのある街でしたが、ジェフ市原しか思いつかなかった。でも、この地域の方々と触れ合ったり、語ったりするといろいろなものが見えてくるのです。
市原から富士山が見えるという驚き
富士と京葉工業地帯の夜景
富士と京葉工業地帯の夜景:この日、猛烈に天気が良くて・・・。仕事の後に懇親会があって。その前にホテルにチェックインすると富士山がシルエットで猛烈に綺麗。そこで、受講生の方に相談すると。その方、街づくりのNPOの方でビル管理組織に掛け合ってくださいました。有難う。
 でも、猛烈に風が強く、私も飛ばされそうなくらい。殆どが手振れでした。
五井からの富士山
市原市一望:翌日も強風快晴でした。 NPOの方が、「朝も撮れよ」とのことでお言葉に甘えました。
※市原サンプラザビルF11から撮影:ビル管理組織の許可を得ています
小湊鉄道
レイルウェイ
レイルウェイ:市原市のメイン駅はJR五井駅。その五井駅は、内陸部を縦貫するような小湊鉄道の始点でもあります。
夜景とSL
SL:くだんのNPO氏。ついでにこっちと夜景の富士山の撮影後に小湊鉄道のSL置き場に連れて行ってくださって。思わぬSLとの対面となりました。
現役車両、小湊鉄道
小湊鉄道現役車両:なにか猛烈にレトロな雰囲気。でも、この車両は現役なのだとか。凄い存在感です。
袖ヶ浦からの富士山

袖ヶ浦からの富士山
袖ヶ浦からの富士山:おりからの強風快晴で、富士山くっきり。東京湾を挟んで富士と対面です。東京湾に浮かぶ海苔筏。そして三角浪。 海に立つ高架は東京アクアラインです。
まだまだ知らない土地や風景との出会いがあります。

前日の答え:EM店長=奥さん、7Dオーナー=パンツ屋さん

九十九里、浜辺にて

 早朝の浜辺は美しさにあふれています。
貝殻(紅)
紅色のした貝殻はなぜかいとおしくて:潮の香がしたと誰かが呟いている錯覚にとらわれてしまうから。
砂に埋もれた忘れ物
砂に埋もれた忘れ物: 波が置き去りにした忘れ物。また海に帰ってゆくのだろうか。
浜辺にて
浜辺にて:流山からきたkanekoさん。「一度、九十九里の朝焼けを見てみたかったの」と幸せな表情。散歩の犬も軽やかな足取りで駆け抜ける。
黄金色に輝く風紋
黄金色に輝く風紋:なぜに早朝の輝きはこれほどまでに美しい風景を創造するのだろう。
千鳥足
千鳥足と風紋: 浜チドリ、お前の行く先に幸せはあるのか。
ジャスミンの香に誘われて
ジャスミンの香に誘われて:一度、しまったレンズをもういちど取り出してしまったほど。
撮影隊
撮影隊 : 一度、行方不明になったHさんも見つかって、めでたし、めでたし!
美しい風紋がまた撮影できたなんて!

九十九里の朝は今日も快晴だった

 東金商工会議所の新担当者及び受講生2名、 komaiと私の5人で早朝撮影会を実施しました。
朝焼けと樹木
この日の朝焼けは: 黒い雲を伴っていて不気味な赤い色を帯びていた。 (50mm F1.4)
九十九里早暁
九十九里早暁:荒涼な砂だけの浜辺。朝焼けだけが美しい。(12~24mm F4  露出はF11)
早暁の波頭
早暁の波頭:この日は東風もあって、天気は良かったが波が高かった。
早朝の雲の流れ
雲は流れる: 雲はどこから流れてきて、どこへゆくのだろうか。ふと感がるほどの速い流れ。
堤防の見える風景
堤防の見える風景:早朝からデジタルカメラで撮影しようとする女性グループが2組。爆竹でふざける若者達。堤防で釣る無数の人々。
 なんでも、この日の太陽はダルマだったらしい。だけれども、堤防にさえぎられてきっちりと見れたわけではない。でも、それはけして目的でなかったから。これで十分だった。 記念撮影
記念撮影: 左:komai,中:akbたん。右:kanekoさん。
 ストロボを使ったシンクロ撮影です。
記念撮影2
記念撮影2:撮影はkomai
おかげさまで、久々に気持ちのよい撮影ができました。有難うございます

カテゴリ

ウェブページ

links