高知県の風景の最近のブログ記事

高知の伊野の大黒様
 高知県いの町には伊野の大黒様という神社があって、たまたま仕事で 通りかかったら満開でした(3月8日)
伊野の大黒様
伊野の大黒様: 伊野町は水がとても綺麗で、酒蔵や製紙業が盛んです。高知市からいの町までは、 チンチン電車が通っています。 その昔ながらの街を守る大黒様。
咲き誇る梅
青空の映える梅
青空に映える梅: 気持ちのよいお昼ごろでした。青空、逆光、そして満開の梅。
梅の開花
開花直後の梅: 梅の開花直後。小さい花びら、かわいいですね
ここにメジロを望むのは贅沢でしょうか
嶺北の旅
 たくさんの仕事をいただいているので落ち着いて、紅葉の撮影ができません。だから、仕事をしながら紅葉撮影をさせて頂いています。
 場所は嶺北。土佐町。高知と愛媛県との県境です。高知よりもかなり高度が高い。 Googleマップで「A」の場所です。

大きな地図で見る
山肌の紅葉
山肌の紅葉
山肌の紅葉:今年の紅葉は、葉が焼けているので遠方から撮影する方がきれいかもしれない。
茅葺屋根の家をたずねて
かやぶき屋根の家
茅葺屋根の家さめうらこむさんの別荘、早明浦ダムからさらに上流に30分程度車で上る。
渓谷の紅葉
 茅葺屋根の谷間に日があたって
対岸の紅葉とライティング
対岸のライティング:実はこの日は曇り、この日は雲の動きも速い。そのなかでライティングがスポットで対岸の山肌にあたる。渓谷越しの撮影です。
ハイライト
杉林のハイライト:高知は林業が盛んで杉林が多い、整然として、暗色の杉林に一瞬光が当たって黄葉が鮮やかに浮かび上がる。まるで舞台の上の踊り子へのハイライトのように見える。
紅葉

紅葉:折からの夕日に透けて紅葉の葉脈まで見えます。今年はどれだけ撮影できるのだろうか。チャンスはあるか。
炎
:この地区は山間地で高度も高いので寒くなるのが速い。今年は燃えるような紅葉を撮影できるでしょうか。
高知県土佐町、早明浦ダム周辺の紅葉でした


日高村 =彼岸花のある風景=
 予土線沿線に仕事でゆきました。支援のコンピュータセッティングは商工会スタッフがやってくれるから その間、15分間だけ日高村の写真を撮りました。
彼岸花のある風景
白い彼岸花のある風景
白い彼岸花のある風景:高知県日高村の土手に咲く白い彼岸花。折からの太陽に輝ききれいだ。
土手に咲く
曼珠沙華:いつみても彼岸花は不思議な形状をしている。こんな形状をしている花をほかに知らない。 燃えるがごとく
アゲハ蝶と彼岸花
アゲハチョウと彼岸花:もう、この時期アゲハはいないと思ったが、さすがは南国高知。ラッキーにも撮影できた。 同じく見つけたカラスアゲハには逃げられた。 この網目模様の上部が真っ黒だとキアゲハである。
彼岸花の田園風景
刈穂の庵のとまをあらみ
刈穂:高知の稲刈りは早い、7月上旬にはかってしまう
用水路のある村と彼岸花
用水路のある村と彼岸花:田園の一本道を撮影しながらふらふらと歩いていると、 集落まで来てしまった。
草刈り中の農夫
草刈り中の納付:彼の自転車が農道にぽつんとにおかれている
高知の片田舎のどこにでもある秋の風景

魅惑の高知遠征

 高知にいってきました。天候は良く、仕事をしながら楽しく撮影もできました。
高知の夕焼け
高知の夕焼け:講座を終えて、駅前のホテルにチェックイン。空が綺麗焼け始めている。調度宴会時間もいい時間なので外に出て撮影。
スナックのグラス スナックのグラス:体調が良かったので、寝不足ではあったのですが、猫さん、犬さんと久々に二次会へスナックに彼らが行きたがっていたので、スナック「姫」へ。綺麗なお姉さんを前にカラオケを歌いました。

ボトル
ボトル :高知の夜は更けていきます。今日、久し振りに出会った、昔の戦友(一緒に、高知でITを普及したときのパートナー)のことを思い出していました。
彼は、その後、異動になり別のセクションを担当させられ。かわいそうなことになっていました。でも少し立ち直っていたみたい。
 自分にかかわった人は皆、幸せになってほしいのになあと思いました。
帰路のエアライン
帰路のエアライン:雲の上が綺麗に夕焼けています。 ANAで帰ります。
高知、いついっても不思議な場所です

高知県いの町

 高知県いの町に久々にいってきました。
格子戸の町屋
午前中の診断が終わり商工会に一端到着。県連の方は何かあるそうで、私は30分の撮影タイムができました。
格子戸の町並み
格子戸の町並み:天気は雲の多い晴れ、とても暑い日でした。
たばこ屋のある風景 たばこ屋のある風景:嫌煙権の確立した昨今、たばこ屋はめずらしいでしょう。ちょっとフォトレタッチしました。
椙本神社(伊野の大国さま)
伊野の大黒様の境内
椙本神社:いの町は紙漉きの文化がある古い町。長曾我部氏のお姫様が紙漉きを伝えたとか。その町の神社です。
境内を散策する
境内を散策:カメラを持って、社務所の前を通り、境内を散策。狛犬がいました。
異次元へのドア
異次元へのドア(フォトレタッチしました):あけると、死の翼に触れそうで(汗;
境内の親子
境内の親子:そろそろ帰ろうとすると、親子連れが来た。ちょっと観察していると子供が転んだ。泣く子供。それをあやす親。静かな昼の風景。
仁淀川
仁淀川
仁淀川:川遊びする人、ボートに乗る人が見える。まだ、世間は夏休みかもしれない。
きっと、ブログの殆どの人が知らない世界

カテゴリ

ウェブページ

links