デジタル撮影談義の最近のブログ記事

宮城県大崎市にあるスイーツショップガトースワンは当社がHPをお預かりしている会社です。
その企業からコンサル依頼があって、コンサルのついでに商品撮影も依頼されました。

■誕生石の撮影
ガトースワンの奥様、加藤莉莉さんは中国の方で、誕生石の販売などもされていて結構店頭でも売れています。
誕生石の撮影I
誕生石の撮影I 要するに12種類撮影しました。
翡翠
翡翠 多分翡翠だと思いますが・・ 意思は詳しくありませんあしからず。

パワーストンの動画はこちら


■スイーツの撮影
バレンタイン用ケーキの撮影
バレンタイン用ケーキの撮影 これがメイン
ケーキ盛りつけ事例
ケーキ盛りつけ事例 チョコソースで曲線を描くだけで、皿の表情が変わります。
春を告げる苺ホールケーキ
春を告げる苺ホールケーキ なんともうまそうです。
おなじみ苺のショートケーキ
おなじみ苺のショートケーキ これは後で食べさせていただきました。

雨の中駅まで贈って下さり有り難うございます。

全国の皆さまの商品を撮影させていただきます!
 みなさん努力されていて、新製品がどんどん生まれています 。誇りに思うとともに、もって帰っていいよといわれると「これは 責任重大と思う次第です」。
 1月2日は本当は富士山がっつり撮影プランを企画していました。快晴予報でしたから。でも、早朝4時半に起きてもそらには雲いっぱい。8時こそ富士山はでていましたが、撮影に出ようとした午前10時には雲の中。
 そうであるならば、みなさんのご恩を一気にかえすときかなと思い。 部屋に三脚を据えたわけです。
贈って喜ばれる丸又
おせち料理。丸又提供
おせち料理: 弊社がHPを作らせていただいた丸又。焼津では「贈って喜ばれる丸又」として有名です。 いただきものは錦玉子と伊達巻でした。伊達巻大好き。
久比岐の里農産からお餅をいただきました
久比岐の里農産センターのお餅 きみちゃんちのお餅: お餅を妻に御雑煮にしてもらいました。朝の光に映えて美味しそうです~!
日南黒潮市場の宮崎産天然鯛の一夜干し
宮崎産、天然鯛の一夜干し
宮崎産、天然鯛の一夜干し:これにカマスの一夜干し が2匹ついて、 日南黒潮市場から我が家に到着。家族を待たせて撮影した後に食すことに。
ストーブで焼いてみました。
ストーブで焼いてみました。:こんがり焼けてきました。おいしそうです。
天然鯛の一夜干し、いただきます
宮崎産、天然鯛の一夜干し、いただきま~す: それ自身に塩味が付いて、でも、広島産のも塩をつけてたべたら最高。 うまみが違います。
スイーツはティンカーベルのおこげ
ティンクさんに松屋おこげをいただきました。 ティンクさんに松屋おこげをいただきました。: ZUKUDAS@松本によったときに、いただいた貴重な銀座まつやおこげ。 まずはパッケージの撮影です。格好いいなあ。

銀座まつやおこげ
銀座まつやおこげ:もったいないけれどパッケージを 向いてみました。その時母が。母に少しずつあげたら凄く喜んでいました。
コーヒーにもよく合います、おこげ
コーヒーにもよく合います、おこげ:妻にもコーヒーを淹れてあげました。すこし破片をかじってみると大人の味、深い味。 地味があるスイーツって少ないと思いますが。これはうけるかも
 これからも撮るからどんどんおくってきてね(^0^V
製品をご提供の方有難うございます。感謝申し上げます
黒冨士農場を訪ねる
 ある金融機関からオーダーが入り、山梨県の黒冨士農場が有機 JAS認定を受けて、新たなビジネス展開をしたいと考えているので、 SEO支援をお願いしたいと依頼してくださいました。
 急な仕事ですが、農業分野は実績を積みたいと考えていたので 一も二もなくお邪魔します。
 ただ、想定外だったのは前夜の大雨。身延線がストップしてしまい、 静岡から新横浜、八王子周りで甲府IN。食事はあずさ号の中で、コンビニで買った 赤飯結びと鱒の寿司結びとお茶。
黒冨士農場
黒冨士農場社屋
黒冨士農場社屋: 甲府から甲斐市へ。そして山をどんどん川に沿って登ってゆくと、山の中腹に 養鶏牧場があります。この日は、このときだけ青い空が顔を出していました。
黒冨士農場入口とメンドリ
黒冨士農場とメンドリ: ここの特徴は有機JAS認定を受けていること、有名ブランドに卵を卸ていること、 そして、平飼いの鶏からとれるおいしい卵です。
鶏
ニワトリたち: 品種名はなんとかブラウンとかいったが、名前を忘れました。
平飼いのニワトリたち 健康な卵は健康な鶏から生まれる: 鶏舎は会社から一段高い山の上にあって。鶏は屋根の中にはいたが、 檻の中にはおらず。自由に外に出ては草をついばんだりしている。こんな鶏が産む 卵をたべたい

バームクーヘンのカット: おいしい卵でつくったきれいなバームクーヘン、甘い卵の匂いが漂ってきそうな 風情です。 バームクーヘンのカット


フォークでいただきます フォークでいただきます: 撮影者の約得で。バームクーヘンを御呼ばれです。 土産にもう1個もらて帰ったら、妻が「甘くないのね(ほめている)」とのこと。 よかったです。
平飼い鶏たちの卵から作るおいしいスイーツ
新潟県産車麩の撮影
新潟県産車麩:関与先の「お富さん」が車麩をうりだすということで、では撮影してあげましょうかといったら 段ボール箱一杯に贈ってきました。
 以前から新潟県産の車麩はおいしく、とても体にいいので深く理解をするために 撮影を申し出たのでした。
新潟県産車麩

車麩で煮物を作ろう
車麩で煮物を作ろう:妻にこの素材で車麩の煮物を作って欲しいと頼んだところ、結果は失敗。煮崩れてしまったのです。
車麩の煮物 車麩の煮物: 新潟県産の車麩はとても食感が良く。美味しい。
 グルテンが主成分で良質淡白質ということで、ヘルシーライフが楽しめそうです。


新潟県車麩の煮物を食す:新潟にお邪魔するようになってから、この車麩の実力を知りました。いまではとても食べたいと積極的に考えるくらいです。
車麩煮物持ち上げ
 母にもあげて食べてもらったのですが、大変美味しいと評判で、さすが日本本来の 食材と思いました。
マンゴーの撮影

マンゴーが届きました
宮崎産マンゴーが届きました: 日南黒潮市場の古澤氏からマンゴーを購入しました。古澤氏が何屋か?と良く聞かれます。 彼の本業は米屋さんです。
 ネット経営革新塾に来ていただき、マンゴーやにんにく、牛肉など宮崎の特産品を 売る業態を開発されて、頑張っておられます。
 商品が到着したとき出張が続いていました、2~3日放置していたらちょうど「たべごろ」 になったようです。
マンゴーのスウィースポット
マンゴーのスウィートスポット: マンゴーのスウィートスポットはプロカメラマンのTWINSさんが撮っておられます。 彼のは恐らく特上。私が購入できるのは普通の商品。まあ、違いがありますがお許しを。
マンゴーの切り込み
マンゴーの切り込み: マンゴーの写真を始めてみたときはなぜ、こんなきり方、食べ方をするのか不明でしたが 購入してみるとわかるもの。
 中心部に楕円形の大きな種があるから。三枚におろすと、強烈な甘さと南国産 果実の芳香が部屋中に漂います。
マンゴーを食す
マンゴーを食する: おいしくいただかせていただきます。
マンゴーの撮影は あくまで私のおせっかい
鰻の蒲焼ができるまで
 CMSの仕事で大井川、鰻のまる忠さんをお尋ねしました。。
 その折に、コンテンツアップのために、鰻丼ができるまでの工程を撮影させていただきました。
鰻のまる忠
蓮華咲く大井川
大井川は蓮華咲く:気持ちのよい季節でした。。
大井川の鰻は背開き
大井川の鰻は背開き:関東流ですね。鰻はまずはえらの部分を目打ちでうって動けなくして捌きに入ります。
串打ち

鰻の串打ち:適当な大きさに切り分けてから串うち。まだ、切り取られた頭は動いています。
鰻の白焼き
鰻の白焼き:両面、こんがりと焦げ目のつくくらいに焼き上げます。
本焼きとタレ漬け
本焼きとタレ付け:このタレ付けがたまらん。滴るエキス。
鰻の蒲焼定食
蒲焼定食
蒲焼定食:もうたまりません。
肝
鰻肝串:山椒添えです。
うな丼持ち上げ うな丼、持ち上げシーン:さあ、皆さん召し上がれ。

最後に食べ切れなかったくしをお土産で頂きました。ご馳走様です
綺麗な写真をアップして、ホームページをドレスアップしよう!
 大崎市の講座で、商品写真を撮影しました。綺麗に撮影できたかな。受講生の皆様には大変喜んでいただけたようなのでUPしたいと思います。
光物の撮影
パワーストーンの撮影
パワーストーンの撮影:ポイントはバックライトを下に敷いて、その上にガーゼを置いて、さらにそのうえにガラスをおいて撮影した。やってみて思ったことは、ガーゼの色を写しこむので、RAWで撮影して自動補正をかけるとうまくゆくことを発見。嬉しかった。
眼鏡の撮影
眼鏡の撮影:上記と同様の方法で眼鏡を撮影。うまくいったかな?
寿司の撮影
鯖にぎり寿司

鯖、にぎり寿司:すし屋の女将が前日の光物の撮影を見ていて最初は消極的だったのに俄然ヤル気が出たみたいですしを持ってきた。鯖の青びかりする部分が表現できたかなと思う。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D700 RAW
  • 天候 晴れ、時刻 AM10時30分~12時10分
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Niikor 105mm VRF2.8 F11,ISO400,マニュアル
  • 簡易レフ版使用、逆光、照明の合計3灯

カンパチ
握り、カンパチ:基本の設定は同じである。バックライトは自然光、右前方にレフ板、左から人工灯。
鮪赤身、寿司にぎり。
鮪の赤身にぎり:いただきま~す。
役得
握り12貫
にぎり12貫:撮影者の役得ですね。結局、撮影したお寿司をお昼ご飯としていただいちゃいました。ご馳走様です。すんごくおいしかったよ。
 さて、このお寿司屋さんはどんなお寿司屋さんなのでしょうか。
  • =クイズの選択肢=
  • ア 回転寿司
  • イ 普通のお寿司屋さん
  • ウ ちょっと高級でこだわりなお寿司屋(寿司幸クラス)
  • さん
  • エ 清水の末廣鮨銀座次郎クラスのお寿司屋さん
ライティングの重要性を体感しました。
2月12日、山中湖に集結せよ
 2月12日~13日にかけて山中湖に集結して写真撮影するプランを計画しました。
 mixiやtwitterメール、私の持つ個人メールアドレスを駆使して募集して私を含めて 10人の方が集まりました。
  • =計画の過程=
  • 2010年11月 伯爵が計画を起案、真理子先生にうちあける→即、賛同
  • 2010年12月 おおよそのプランを2人で相談して練り上げて、愛知県チーム、群馬チーム、山梨チームに投げかける
  • おおよそのメンバーが形作られました
  • 2010年12月10日ころ、宿泊先を決める
  • この間、若干のメンバーの離脱、去就不明者の確認をしました
  • 2010年1月20日ころ、宿泊先を変更する
  • 宿泊予約をしたホテルの評判があまりにも悪い評判で「死んでしまえ」と書かれていましたので変更することに、5段階評定で1点がついていました。
  • 2010年2月8日ころ、急遽、2人が増員となるとともに、ジャガーさんがこれないことが確定になりました
  • 2010年2月10日ころ、宿泊先からキャンセル待ちの追加部屋がOKの連絡がありました

2月11日~12日 猛吹雪の予報
 2週間前から天気図などを確認していました。1週間前には天気予報が出ます。
  • =天気予報の推移=
  • 当初の予報 11日(前日)雪、12日 曇り、13日 曇り
  • 次の予報 11日(前日)雪、12日 曇り、13日 晴れのち曇り
  • 次の予報 11日(前日)雪、11日(前日)雪、13日 晴れのち曇り
  • 前日の予報 11日(前日)雪、11日(前日)雪のち晴れのち雪、13日 快晴

撮影の計画概要
 真理子先生とおおよそ練ったプランは次の通り
  • =天気予報の推移(当初)=
  • 12日 川口湖に集結し、御坂峠からの富士山、そして山中湖のダイヤモンド富士
  • 12日 河口湖の富士+花火、夜景撮影、宴会
  • 13日 雪景色の富士山をパノラマ台、そして霧氷と富士山のため花の都公園
  • 13日 朝食後、忍野八海、もう一ヶ所行って解散

少なくとも天気予報が正しければダイヤモンド富士は諦めです。
そのかわり13日はものすごく最高なコンディションで撮影ができるはず。
箱屋さん「天気、大丈夫ですか?」とメールが来ましたが・・・
私はルビコン川のシーザーのごとく全軍に「計画は決行である。サイは投げられた」と告げました。
きっと、赤壁の戦いで南東の風を待っていた諸葛孔明はこんな気持ちだったのでしょうね。

皆さんの集結の様子
山中湖撮影の行動計画
山中湖撮影のための、集合の様子:問題は皆さんが東京、山梨、愛知、静岡、群馬の5県に渡ること。集合当日雪であることが懸念されますが上記のように無事集結できました。
 河口湖集結は午後12時。私のバスが雪で遅れて11時10分着が40分着。でもOK
 箱屋さんチームは富士宮や焼きそばをランチに食べてきて2時半頃集合
 くりちゃんは仕事があるので、夜の河口湖に到着、ちささんは翌日早朝に集合です。
12日は大雪!
三島駅の様子
静岡も雪、三島駅も雪:静岡はめったに雪など降らないのに新幹線ホームでも雪が舞っています。案の定三島でも雪富士急バスがくるか心配でしたが何とか乗り込めました、お客は私含めて2名です。
御殿場でバスがチェーンを履く
御殿場駅到着、バスがチェ-ンを履く:御殿場から山中湖は籠坂峠という難所があります。御殿場でさえ大雪。押してしるべし。当然ながらチェーンをはく。
ここで外人ほか8名くらいが乗り込みます。その後、なんとか、無事、山中湖を経て富士河口湖駅にたどり着けました。
メンバー紹介
中古PC屋さん 中古パソコン屋さん(伴さん):静かな方ですが、信頼できる方で、信念をもってもくもくと努力・行動のできる方です。目立たないですが頼りになります。宴会用のお菓子を大量に持ってきていただきました。
愛知県と静岡の混合チームの輸送係も請け負ってくださって輜重隊隊長の風情がただよっていた。

箱屋さん(白井さん):典型的な町衆。お祭り好き、味噌好き。甘いもの好きの典型的三河人。箱屋さんのご発言は、三河人の価値基準や三河人の嗜好、気質を知るのにものすごく参考になります。キップがよく、気持ちのよい方です。

この方に喜んでいただけるためには、基本的に粋であることが重要です。つまり、江戸っ子のような感覚で食べ物や、宿、イベントをチョイスしていけばたぶん満足していただけるかなと思っていました。
街の気の良い箱屋さん

防災トイレ屋さん 防災トイレ屋さん(石川さん):駿河友の会の会員です。前週の駿河友の会でこの撮影会を知り、奥さんを説得して、ご参加。
なんでも私のブログや、私の写真を奥さんに見せたら「行ってもよい」となったようです。私の写真も棄てたものではないな(笑
家族を愛する、1.5歳の双子のお父さんです。

向学舎さん(小林真理子先生):今回の撮影旅行の企画者の一人であり、参謀役を果たした。山中湖や河口湖の観光協会に問い合わせ、花火やキャンドルライトのイベントを調べつくし、雪対策の情報を早めに流した。
 さすが理科系だけあって、計画は緻密で行き届いていた。必要十分な情報提供を得て、全体の撮影プランを組み立てることができたのでうれしかった。

 山梨県に居住しているけれど、行き帰りの不便さを考慮して女性部屋に宿泊することに
向学舎、小林真理子先生

ちささん ちささん(片山ちささん):プロのブライダルモデル兼、ヨガのインストラクター。ご本人曰く、ファッションモデルは大きくなくてはいけない。ブライダルモデルは小さいほど有利だそうだ。
本当は別の山中湖の高級ホテルに宿泊中だった。(溶射屋さんが良く泊まる会員制ホテル)そこから早朝駆けつけてくれた。
旦那様も参戦予定が都合によって流れたのは少し残念だった。

あんまり、かわいいから伯爵が変な質問しても、嫌がらずに答えてくれる優しさを持っている。

僧兵さん(青木さん):僧兵さんが青木という苗字なのはあまり知られていないのではないか(笑い
 見た目と違って冷静沈着。雪道などの運転を見ても慎重で、確実なドライビング技能をお持ちである。くりちゃんを義経だとすると弁慶のような頼りになる存在。
僧兵さん

ぽてちよ親子 ぽてちよさん、ぽてちよ娘(岩崎さん):ぽてちよ娘さんはぽてちよさんの次女。お父さん似だそうです。
石川さん同様に、急遽、作戦1週間前に参加が決まった。
伯爵の挑発(中古ズームレンズを売ってあげるという)に乗ってしまい、Nikon D7000ユーザになる。伯爵の授業を聞いているにもかかわらず一眼レフの絞りなどのマニュアル設定を全く理解していなかった(汗;

くりちゃん(栗原さん):「くりちゃんが来ると、曇る、富士山が撮影できない」という山梨チームのジンクスを克服しに来た。
 ただ、流星群撮影に出かけると事故ったり、氷瀑で怪我したり、沖縄に行けば、沖縄テゲテゲ親父にいぢられたり、山梨の
酔っ払いにからまれたり、滝で幽霊を撮影したり、キツネにばかされたり、と受難続き。こちらのジンクスも破れるかが課題。

くりちゃん

 今回は多士済々、新人・ベテランの入り混じって。楽しく、バランスの良い編成となりました。
加藤忠宏
  • =私の撮影機材=
  • Nikon D700,D300
  • Nikkor VR105mm F2.8, 35mm F2 ,16mm fish eye F2
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
D300mmは105mmを装着してもよし、16mmの魚眼を装着すると24mmの超広角になるので好都合ゆえ二挺拳銃です。
いよいよはじまりです!
珈琲のスプレモ
 三次にコーヒーの美味い店あり。その名はスプレモ。
スプレモコーヒーの抽出
珈琲の抽出:一杯いっぱい、心を込めて。すべて、サーバをその都度丁寧にあらって香りを大切にします。
欠点豆をハンドピッキング
欠点豆をハンドピッキング:焙煎前に豆を検査、一個々選別。わるい豆を選り分けてゆく。欠けた豆は火の通りが均一にならない、その他の豆は美味しくない。美味い豆だけを使い焙煎する。
コーヒー焙煎: 火の通りをよく見て、最適な状態を保ちます。 焙煎作業

三次スプレモ
三次市、スプレモ:スプレモのご夫婦は、お二人がコーヒー教室に通っている時に知り合ったそうで、結構、お年が離れているらしい(^^; でも好きな仕事を二人で続けられるのはとても素敵だ。
三次スプレモカウンタ
三次スプレモカウンター:一度に数をこなすため、サーバを複数用意して一気にドリップする。この日も満席に近く、入れ替わり立ち代わり客が来る。
アイスコーヒー
アイスコーヒー:冬にアイスコーヒーもないものだということではなく、商工会議所K氏が撮影のバリエーションを考えてオーダした。
ガテマラ ガテマラ: これは私が頼んだもの。結論から言うと失敗。自分はキリマンジャロが好きなタイプ。このように苦いコーヒーは苦手。これはうまい、まずいの問題ではなく、好みの問題。
 去年溶射屋さんと頼んだ、東チモールコーヒーは今年は、コーヒー豆高騰により入手困難だそうです。ぜひ。飲みたかった。

さて、上記のコンテンツはスプレモさんがセミナーで新ページを制作するために撮影されたもの。現行のWebにリンクをはっておきます。
コーヒー豆のハンドピッキング
広島県三次で美味いコーヒーを飲むならスプレモ
mosrite
 長野コンサル先赤田工業さんに、エレキギターの製作会社さんがいらして 撮影して欲しいということになりました。どうやら、赤田工業さんの関与先らしい。私はエレキギターの目が利かないのですが mosriteというブランドギターらしいです。
エレキギターの弦
エレキギターの弦: まずはアップから!
mosrite、ギター
フローリンが似合いすぎるエレキギター: 質感を重視してフローリンにじかおき。
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D300 jpeg
  • 天候 雨、時刻 PM1時30分
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Niikor 105mm VRF2.8 F11,ISO400,1/30
 雨でよかったかもしれない。
エレキギターを弾く女性
エレキギターを弾くひと: ただ撮るのではつまらない、人を置いてとることに。
オギソー、エレキギターを弾く 赤田工業でモデルとといえば・・・: そう、オギソーさんです。彼女しかいないという感じ。実はオギソー。ギターを弾いたことが無い。 だから、持ち方から弾き姿の作り方を指導しました(笑;
 エアギターの要領です。

ギターのヘッド部分mosrite
mosrite,ヘッド部分:やっぱりギターでこの部分を撮影しないと 手落ちでしょう。
mosriteカーブ
曲線に萌える: エレキギターのが萌えるのはこのギターのカーブした湾曲ボディ部分なのだそうです。 なるほど
心楽しい撮影でした
若き書道家を撮影
 静岡県商工会連合会の創業塾。若き書道家に撮影を依頼されました。 ご本人も掲載OKなので、掲載させてもらいます。
書道「雪」
書道「雪」: 私の感覚からすると、字を丁寧に綺麗な蹴ること自身が素晴らしい。
  • =伊勢崎市商工会経営革新塾=
  • Oさん「うちの社長の字読めないっす」(汗;
  • 伯爵「それはなんとなくわかる自分もそういわれるから」
  • Oさん「そのうちなんとなく何が書いてあるかわかるようになる」(苦笑
  • 伯爵「自分もそうなんだけれど、頭にアイデアとか浮かんでくるとそれが消えないうち に書こうと思うのです」
ちょうど、書道しているところを撮影させてもらったのですが「これをどうしても撮って欲しくて」 「生徒にとって貰っても撮れないのです」とのこと。
書道用の毛筆
書道用の毛筆: すずりも立派だし、毛筆もいっぱいお持ちです。やっぱりプロはいい道具をお持ちですね。
書道家、小山瑞恵さん
書道家、小山瑞恵さん: やっぱり風貌が職業人の顔されているように思いました。他の方と雰囲気が異なります。これは私の撮影者としての感覚であり、感想です。
小山さんが 書道を職業にしているといわれると、なぜか納得が行く感じがします。要はプロは その"職業に相応しい顔"になるということなのでしょう。
 
 そういえば以前、私が若い頃に父と将棋と囲碁の女流棋士の風貌の差異についての議論になりました。
  • =父との会話=
  • 伯爵「将棋の女流棋士は、目鼻立ちがはっきりしている方が多いし、化粧も濃い。囲碁の方は どこにでもいそうな感じの方が多い。しいていうと高校の先生のような方」
  • 父「それはおそらく、将棋と囲碁の頭脳競技の"激しさ"によるのだろう。将棋は 全部の駒を相手に渡しても、相手の王様を詰みませていればよいからね。 囲碁はバランスだから」
  • 伯爵「なるほど」
 
  • =今回の撮影機材と撮影条件=
  • Nikon D300 jpeg
  • 天候 晴れ、時刻 AM11時00分
  • 三脚ベルボン 645,レリーズ
  • Niikor 105mm VRF2.8 F11,ISO400,1/60

書「はなごよみ」
書「はなごよみ」 作:小山瑞恵: 軽快なタッチが持ち味なのかな。もう少し作品を撮影させてもらいたいなと思いました。
 彼女にバナーを作って差し上げたら喜んでいただけました。
 思うに、撮影者と被写体の方でコミュニケーション取りながら撮影すると 良いものが撮れるし、かつ、良いコンテンツができるということなのでしょう。
静岡の創業者すべてに幸あれ!

カテゴリ

ウェブページ

links