の最近のブログ記事

毎度のことですが10月上旬はアサギマダラの季節。夏を日本の高山で過ごし、秋になると里山に降りてきて、海を渡り南洋に帰ってゆく不思議な蝶です。この蝶が静岡市だと匠宿あたりで撮影できるのです。

フジバカマとアオスジアゲハ
フジバカマとアオスジアゲハ アサギマダラはフジバカマの花とアザミの花が好き。だから、その花が咲いている場所ならいる確率が高い。
フジバカマとアサギマダラ
フジバカマとアサギマダラ 青空に映える羽の模様です。
アサギマダラは毒蝶です
アサギマダラは毒蝶です フジバカマの蜜を吸い、体内にアルカロイドという毒を蓄えて鳥に食べられないようにするのです。
アサギマダラの開翔
アサギマダラの開翔 羽にフジバカマの花が透けてきれいです。

今年も出会えてよかった。この蝶を見ているとステンドグラスを思い出します。

明野のひまわり畑と国蝶オオムラサキセンターとは近隣地域ですが、台地が異なります。ひまわり畑の台地をおりて、韮崎の七里が岩を登った先にオオムラサキセンターはあります。
オオムラサキメス
オオムラサキメスがいました。私は目が悪く(近眼+乱視)で視力検査のもっとも大きな文字が裸眼で読めません。しかし、他の二人よりもオオムラサキをみつけることは上手いです。
雄は綺麗な紫色をしていますが、メスはこのように茶色です。
利枝子隊員からオオムラサキの裏羽根のことについてきかれ「これは羽化したばかりか」と聞かれましたがそうではなく保護色だと思います。
吸蜜するオオムラサキ
吸蜜するオオムラサキ さかんに樹液を吸っています。
ジャコウアゲハ
ジャコウアゲハ ジャコウアゲハは毒蝶です。体にアルカロイドという毒を蓄えて鳥に食べられないようにしています。目印は長い尾。黄色の斑紋です。
蛇の目蝶
蛇の目蝶 日陰を好むようです。
ベニシジミ
ベニシジミ 目もかわいらしい大好きな蝶の一つです
睡蓮
睡蓮 このほかオオムラサキセンターでは池に睡蓮が咲いていて、こちらの撮影は無料です。(入館料は410円)

さあ、長野県富士見町にGO

いよいよオオムラサキの撮影です。オオムラサキは国蝶です。
オオムラサキの誕生
オオムラサキの誕生 じっとして羽が渇くまで動けません。
オオムラサキ
オオムラサキ 綺麗な紫色(青?)ですね。
カラスアゲハ
カラスアゲハの開翔です。
アゲハの吸蜜
アゲハの吸蜜 高いところをひらひらと飛んでいました。
お子様大好きカブトムシ
お子様大好きカブトムシ 

さあ、撮影は終わりです。諏訪に向かいます。

アサギマダラがきていないか先週、偵察に出たのですが、まだあえず、出直しになりました。
駿府匠宿のアサギマダラ
駿府匠宿のアサギマダラ 来ていました。しかし、フジバカマの花が少なくて、大群ではないのが残念でした
フジバカマとアサギマダラ
フジバカマとアサギマダラ きれいな開翔が撮れました。
Lタテハ
Lタテハでしょうか、わかるかた教えてください。
一文字せせり
一文字せせり つぶらな瞳がかわいいです。

蝶の嫌いな方ごめんなさい。

ランドクルーザで八ヶ岳の標高1600mの場所まで登ってきました。
白いガの一種
白いガの一種 マクロ決死隊で思い切りよってみました。
カミキリの仲間でしょうか
カミキリの仲間でしょうか 小さな花に戯れていました。人知れぬ森で生きる命です。

もうすこし、高度上げてみると・・・・
藤袴とアサギマダラ
藤袴とアサギマダラと出会えました。途中何度か車の前を横切ったアサギマダラ。とうとう撮影です。まだこんな高い位置にいたのですね。
アサギマダラは、旅する蝶で、5月ころにフィリピンや台湾からやってきて秋なるとかの地に帰ってゆく蝶です。いわゆる旅する蝶。

なぜフジバカマにいることが多いかというと、フジバカマのアルカロイドという神経毒を吸いとって、自分を食べた鳥が食中毒になることを狙っているのです。


自分的には、クロツグミのメスをペンションで撮影で来て、キジの初撮影、今年初のアサギマダラ撮影ができてハッピーでした。
仕事をしながら趣味が満たされるのは最高です。
タテハ系のヒオドシでしょうか
タテハ系のヒオドシでしょうか タテハ系の蝶は羽が落ち葉のような形をしていますね。
ツマグロヒョウモン
ツマグロヒョウモン 羽の端(ツマ)が黒でヒョウモンだから。
クジャクチョウ
クジャクチョウ 確かに孔雀の羽根のようですね。少し羽が痛んでいました。
ウラギンシジミでしょうか?
ウラギンシジミでしょうか? 蝶は詳しくないのでわかりません。

今回はアザミの花に蝶が集中していました。

無料でコーヒーを飲ませてくれるケーキ屋に立ち寄りました。
無料でコーヒーを飲ませてくれるケーキ屋に立ち寄りました。なんて良心的なんだろう。お礼に排水をしてきました。

仕事で、今年初のアサギマダラ撮影、人生初のキジ撮影ができてラッキーでした。

梅雨の時期は富士山が撮影できないのでがまんです。そこで、地道に雨上がりの雫とか植物を撮影します。6月22日日曜日に駿府城公園にゆきました。
ジャコウアゲハ
ジャコウアゲハ 散歩中にジャコウアゲハを見つけました。超ラッキー。長崎アゲハにも似ているので、ちょっと不安でした。

ジャコウアゲハのメス
ジャコウアゲハのメス 散歩していると何気に黒いアゲハが公園の花壇にみえました。近寄って見るとジャコウアゲハです。これは珍しい。ジャコウアゲハアルカロイドという毒を持っているアゲハです。雄は羽の模様が赤くメスはオレンジ色です。
雨上がりの雫
雨上がりの雫 淡い萌黄色と雫を撮影しました。
ネジバナ、アジサイと雫
ネジバナ 上から撮影してみました。
雲のすと雫
雲のすと雫 なかなかいい場所になくて撮影が難しかったです。
アジサイ
アジサイ 色彩の変化が楽しめますね。

梅雨明けが待ち遠しいです。


撮り馬鹿早朝撮影隊の後、朝食を食べ、仮眠したあとに、家でランチ。写真の整理も始めました。
ただ、天気の良いうちに、撮影しておきたい季節ものの被写体が合ったので、バスで丸子まででかけました。

途中バスの中で寝てしまい、気が付いたらたくみ宿・吐月峰バス停直前で焦りました。
フジバカマの中の貴婦人
フジバカマの中の貴婦人 そう、被写体はアサギマダラ。アサギマダラは旅する蝶で、毎年、初夏に大分県の姫島に大挙上陸。その後全国各地の高山に散って行く蝶です。
その蝶が、故郷に帰るために低地に降りてきたというわけです。
フジバカマとアサギマダラ
フジバカマとアサギマダラ この白い花はフジバカマです、丸子地区では意図的にフジバカマの花を植えているということ。なぜ、アサギマダラがフジバカマにくるかというと、フジバカマにはアルカロイドという毒があり、その毒を飲んで、アサギマダラは鳥に食われないための準備をしているのです。
アサギマダラの開翔
アサギマダラの開翔 ステンドグラスのようにきれいです。
赤い色のフジバカマとアサギマダラ
赤い色のフジバカマとアサギマダラ 秋の光線を受けています。
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ フジバカマに来ていたのはアサギマダラだけではありません。
エルタテハ
エルタテハ L型の白い斑紋が茶色い羽根に示されています。だからエルタテハ。
アカタテハ
アカタテハ 昨年はアサギマダラも少なくがっかりでしたが、今年は数が多いだけでなく、めずらしい蝶も沢山見れてとてもラッキーな一日でした。
青い空と柿の木
青い空と柿の木 この木の風情が好きです。毎年撮影します。
落柿舎
落柿舎 以前、秋に京都嵯峨野を訪ねた時落柿舎の柿が熟して落ちている風情がとてもよかった。
くまさん牧場の静岡紅茶アイス
くまさん牧場の静岡紅茶アイスを食べてから帰りました。

アサギマダラの旅はまだ長いです。無事に故郷に帰って欲しいですね。

10月6日は休日でしたが午後3時40分の特急で甲府にゆかねばならず、ちょっと午後の時間の使い方が課題でした。
ランチを食べて、ネットを見ていたら、富士山が顔を出しているようなので、思い切って12時45分に家を出て、徳願寺山を登ってみることにしました。
色々下見もしたかったという本音もあります。
徳願寺山からの富士山
徳願寺山からの富士山 最初は雲に隠れていたのですが、25分ほど登山しているうちに顔を出してくれました。
蕎麦の白い花
蕎麦の白い花 頂上から少し下った、見晴台(溶射屋さんの秘密の場所)では蕎麦の花が満開直前まできていて、楽しみな雰囲気です。赤い高嶺ルビーはまだ咲き始めでした。
頂上のツマグロヒョウモン
頂上のツマグロヒョウモン 見晴台の竹製手すりにはツマグロヒョウモンがいました。

すすき逆光
すすき逆光 もう少し痛かったのですが電車の時間も気にかかりましたので14:20分下山を開始。
途中で逆光のすすきが綺麗だったので撮影します。
アゲハ蝶
アゲハ蝶 彼岸花も終盤ですが、ここぞとばかりアゲハなどの様々な蝶が飛びかって吸蜜していました。
ナガサキアゲハと彼岸花
ナガサキアゲハと彼岸花 あと少しで下山当場所に彼岸花が咲き乱れており、ナガサキアゲハなどの黒いアゲハチョウが飛び交っていました、はじめてナガサキアゲハを撮影成功です、嬉しい。

14:55分のバスに間に合います。そして、15:15に県庁着。そこから徒歩で家に帰り着替えて、15:40の電車に間に合いました。
バス1本遅れたら危なかったですね。
この日はものすごく熱い日で、汗びっしょりで気持ちが悪かったのでシャツを着替えて出張に出かけました。

どうも昆虫や生物にとって都合のよい日というのがあるらしい。まだ、不学なのでよくわからないが7月9日はそんな日だったようだ。
蒸し暑く、最初曇りだったのだけれどだんだん晴れになって行き気温も上昇。
午前中にコンサルティングを終えた私は静岡市駿河区の用宗海岸沿いに用宗駅まで歩いていた。撮影の都合上マクロレンズを持っており、それは例のカメラバックの中でボディに装着されていて、非常に撮影に有利な環境だった。
ハマユウ
ハマユウ 用宗海岸はハマユウが咲き誇っており。まるで日南や宮崎の青島海岸のような風情だった。海岸で海水パンツ姿で寝転んでいる人もいた。
アゲハ舞う
アゲハ舞う ある空き地。そう、用宗や焼津で空き地が増えている。理由は海に近すぎるからだと思う。その空き地に花が沢山さいていて、アゲハ蝶が舞っていた。最近、駿府城公園でアゲハが撮影できていない。ちょうどいいとカメラバックからやおらマクロレンズ105mmつきのカメラを取り出し撮影した。

アゲハ結構警戒心が強く、本当に1瞬が勝負。ピントを合わせてシャッターを切るのを待ってくれない
吸蜜中のアゲハ
吸蜜中のアゲハ 黄色が濃いのでキアゲハかと勘違いしたがアゲハだった。頭上や周辺を数匹、数種類ののアゲハがまっている。
一度、逃げ去っても蝶は戻ってくるので、知らんぷりしてカメラをバックに収める振りして周囲を見渡せば、どこかしこに蝶はいた。
アオスジアゲハ
アオスジアゲハ この蝶は街中などでみかけたりします。でも、警戒心がアゲハよりも強く、かつ、高いところを飛ぶ習性が合って撮影が難しい。昔、20歳代のころ、北海道オホーツク地方の斜里岳という山に登ろうと思い、山道を登っているときに水場にこのアオスジアゲハがたかってみずをのんでいたのを思い出しました。
なぜ、覚えているかというと。そのとき顔をあげたときにキタキツネと目が合ったからです。
イチモンジセセリ
イチモンジセセリ 通常はイチモンジセセリは秋口の蝶で、これがくると秋という蝶なのですが、初夏に見るのは初めてです。
よほど、この日は蝶にとって都合が良かったのでしょうね。
花
そういうわけで、12時過ぎにしごとをおえて道草をしたので、静岡駅には1時ころに到着。それから自宅でランチとなりました。

こんな日もあります。

バスにのって2012年10月21日丸子泉ケ谷にアサギマダラの撮影にゆきました。これが今年の最後のアサギマダラ撮影のつもりでした。
金木犀咲くころ
金木犀咲くころ 青空に金木犀がきれいに映えています。

フジバカマとアサギマダラ
フジバカマとアサギマダラ 今年はどうも数が少ない見たい。でも、いました。

ヒメタテハ
ヒメタテハ この日はタテハ系の蝶が多くみられました。

121021C-tateha.jpg
Cタテハ 翅の下に白い「C」の字が見れますか?

キタテハ
キタテハ 裏も表も同じ模様の羽をしています。

来年また会いましょう
来年また会いましょう アサギマダラはまた、台湾やフィリピンに帰ってゆきます。また、来年、会いましょう。

気持ちよく充実したのよい1日でした。

カテゴリ

ウェブページ

links