の最近のブログ記事

休日にゆっくりと写真整理をしていたら、facebookで「天下泰平まつりの手習所 、小原流お月見のいけばな教室」が開催され、午前11時半までだと書いてあったので早速訪ねました。

家から5分の駿府城公園が会場です。

松岡慶子さん
松岡慶子さんが出展されていたのでした。

さっそく、生け花の見本をみせていただきました。動画はこちら。
小原流秋の生け花
小原流生け花作品はこちら

紅葉山庭園では白いホトトギスが咲いていました
紅葉山庭園では白いホトトギスが咲いていました

コスモス
コスモス 赤とピンクが基本ですよね
キバナコスモスとイチモンジセセリ
キバナコスモスとイチモンジセセリ

凄い人ででした。

ヒガンバナは本当に彼岸の前後に咲く。不思議な花です。根も茎も花もすべてに毒を持つため。田んぼの畦に植えてモグラ対策に利用するなどの方法があります。
また、かつては飢饉の際に根を掘って湯がくとアルカロイドの毒が消えて食用となるので(多分、ユリ根のようなかんじでしょうか)重宝されたのです。

スポットライト
スポットライト 街道沿いの畦に一列に咲くヒガンバナ。日陰の一角だけ日が当たり・・・

紅(くれない)
紅(くれない) 秋の訪れを象徴する赤ですね。

イチモンジセセリ
イチモンジセセリ 二ラの花の上に止まっていました。

秋近し。

富士山五合目から下山して、十里木高原を目指します。狙いは富士山と蕎麦畑です。
途中の有料道路。大した距離でないのにぐりんぱなどの施設があるため510円もします。しかし、以前、夜のうちに通ったらタダだった。なぜだろう。

十里木高原の手前に冨士こどもの国がありますが。入口を目指す車線は大渋滞でした。さすがシルバーウィークの連休です

十里木高原、秋の気配
十里木高原、秋の気配 ススキの穂が秋の気配を漂わせます。
蕎麦畑と富士山
蕎麦畑と富士山 快晴で撮影したかったですが、雲もまた良しです。

草もみじ
草もみじに染まるのももうすぐですね
十里木高原の秋の花々
十里木高原の秋の花々 可憐な命が高原の秋を彩ります。

十里木高原から、冨士市に一気に坂を下ります。すると、今宮にたどり着きます。
秋の茶畑
秋の茶畑は静かでした。
茶畑の撮り馬鹿隊
茶畑の撮り馬鹿隊 最後の獲物めがけてシャッター切ります。

集合が1時30分、草薙駅が9時過ぎ、私の帰宅が9時半でした。

今年の8月後半は寒い日が多く、秋の花々がそここでみられました。
オミナエシ
オミナエシ 秋の花は小さく可憐であることが多いです。黄色い花の代表のオミナエシ。
キンミズヒキ
キンミズヒキ 粋な名前をつけるものです。
ハゲイトウ
ハゲイトウ 赤い色が色鮮やかに雨のなかで存在感を放っています。
萩の花
萩の花 代表的な秋の花です。

ひと雨ごとに、気温が落ちてゆく。そんな季節になってまいりました。

長野県富士見町のスキー場が一面のお花畑。以前も訪問したことあるためいってみました。
結論はおおはずれ
ホームページの情報が古いしいい加減。お目当てのユリが終わっていました。しかも、そのくせ、入園料を1000円とられました。
こういう商売はないなと思います。でも、くさらずとってきました。

白樺林とユリ
白樺林とユリ ここが満開のはずでしたが・・・
白いゆり
白いゆり 仕方ないのでマクロ撮影に切り替えます。
ひっそりと咲く
ひっそりと咲く この群落を見たかったです
黄色いゆり
黄色いゆり わずかにのぞく薄日に輝いています。
蒸し暑い1日でした
蒸し暑い1日でした へばりました。そろそろお腹も減ったしランチにしたいです。

ランチは・・

撮り馬鹿隊3名で山梨遠征をしてきました。一応の予定は・・・
【予定】

  1. 午前2時出発
  2. 午前3時半ころ、富士山西側で天の川撮影
  3. その後、明野のひまわり畑撮影
  4. 富士見のゆり園撮影

という予定でしたが富士山がみえず、裾野→山中湖→河口湖とさまよいましたが富士山撮影できず、モーニングを竜王でとったあと、北杜市明野にまわりました。

午前7時半明野到着
午前7時半明野到着 第二目標値明野に到着です。隊長はひまわり畑と愛車で記念撮影していました。
甲斐駒ケ岳とひまわり畑
甲斐駒ケ岳とひまわり畑 富士山は見えませんがなんとか南アルプスは見えました。
朝日に輝く
朝日に輝く ちょうど満開でした。午前2時集合でやっと5時間半後に撮影開始です。でも、撮影できてよかった。
クマバチ
クマバチも必死に花粉にまみれて蜜を集めていました。
第一撮影場所にて記念撮影
第一撮影場所にて記念撮影 浜松からの利枝子隊員はほとんど徹夜ですが元気です。二台の車に分乗して、浜松号は娘さんと交互に運転交代のようです
いま、会いにゆきますの舞台になったひまわり畑
白い麦わら帽子とひまわり畑 いま、会いにゆきますの舞台になったひまわり畑です。
暑いけれど気持ちの良い撮影でした
暑いけれど気持ちの良い撮影でした 三脚を段の上において撮影です。

さあ、次の撮影場所へ


山中湖パノラマ台、花の都公園での撮影を終えた私は、河口湖を目指します。河口湖到着が6時30分ころだったと思います。
朝食を食べずにこの場所を目指したのは、ここを最後の撮影場所と決めていたから。後は天候が快晴でも暑いので富士山が雲をまいてしまう可能性が高かったからです。

河口湖大石公園
河口湖大石公園 ここはいつも被写体に恵まれ撮影しやすい場所です。
ラベンダーは最終版でした
ラベンダーは最終版でした 
ミソハギでしょうか
ミソハギでしょうか 赤い花が咲いていました。
愛車と私
愛車と私 山間地を走ると代替リッター14kmくらい。高速を走るとリッター20kmくらいです。今回も満タンにして出発しましたが、35%の残しくらいで静岡に帰ってきました。
鳴沢道の駅で水汲み
鳴沢道の駅で水汲み 地下30mからの天然水を汲み上げています。その水を約8リッターくらいポリタンクやペットボトルにいれてきました。半分は父母のお茶の水になります。
結構喜ばれます。残りは私が毎朝ランニング前に飲みます。水は時間制限があって、9時から午後5時まで。それゆえに河口湖で撮影を終えたあと、ガストで朝食をとり。8時過ぎにここにきました。しばらく待って採水。さらに10時の時間を待って「ゆらり」の開園を待ちます。

ゆらりは鳴沢の温泉施設で1300円なんですが、スマホでチケット見せると1100円になります。色々な温泉があり、かつ、仮眠スペースも綺麗なのでいいなと思いました。
温泉に1時間つかったあと、肩が凝っていたのでマッサージを2200円で20分受けました。その後、仮眠が40分程度。午後1時前に鳴沢を出ました。

鳴沢から左折して富士山の西山腹を通る県道71号線をとおり、朝霧道の駅へ。
朝霧道の駅、ヨーグル豚のカツ丼
朝霧道の駅、ヨーグル豚のカツ丼 お腹も減っていましたの美味しかったです。
さらに、朝霧フードパークを見学
エスプレッソアイス
エスプレッソアイス 朝霧乳業を見学させていただき、おいしそうなのでいただきました。

英気を養い、静岡まで帰ってきました。清水でガソリンを入れて自宅に帰りました。

大賀蓮の撮影を終えた私は、さらに七里が岩ラインを北西に車を進めます。次の撮影場所はオオムラサキセンターです。
穴山からJRの駅1個分。
なぜ、この場所を選定したかというと①雨でも撮影できる(屋根がある)、②オオムラサキが羽化を始めているという理由です。

オオムラサキをさ杖する前に睡蓮沼を撮影します。
紅の誘惑
紅の誘惑 蓮の優しい感じ比べると睡蓮の方がシャープな感じがします。
湖沼に咲く
湖沼に咲く 睡蓮は午後には閉じてしまうからオオムラサキに先立ち撮影するのは理由が合ったのです。
水生植物
水生植物 黄色色のヒツジグサの仲間でしょうか。
雨にぬれて
雨にぬれて 雫も美しいですね。

さあ、明日はオオムラサキです。

マイカーで豊科まで出張にいってきました。雨の日でした。ついでに韮崎市穴山によって大賀蓮を撮ってきました・
警察によっても、駅でも知らずということだったので、消防団が集会をやっていたんで聞いてみましたらばっちりでした。

古代からの目覚め
古代からの目覚め 大賀博士が千葉県の沼(2000年前の地層)から掘り起こした種が3個あり、それを池にいれてみたら1個が芽を出した。
その目覚めた種子が今、韮崎の地で開花しているのです。植物の生命力って凄い。
ハチと大賀蓮
ハチと大賀蓮 生き物の連鎖ですね。
開花直後
開花直後の蓮が雨に濡れていました。
種子
種子 これを持ちかえれば、大賀蓮が咲くかもしれないですね。
雨に咲く
雨に咲く 晴れもよいですが。雨もまたよしです。しっとりとした質感がでますね。

地図です。

穴山郵便局をナビに入れておくとよいでしょう。

那須高原のホテル、英国の森、クイーンズマナで自慢の薔薇を撮影しました。
クイーンズマナは薔薇が楽しめるホテルです
クイーンズマナは薔薇が楽しめるホテルです
季節は雨、薔薇の葉と雨のしずく
季節は雨、薔薇の葉と雨のしずく
英国風フロントから楽しめる薔薇
英国風フロントから楽しめる薔薇
雨に濡れて
雨に濡れて 雫をたくさんふくんで開花を待っている様子
小薔薇と雫
小薔薇と雫 

快晴もよいですが雨もよしですね。

カテゴリ

ウェブページ

links