の最近のブログ記事

6時過ぎに新道峠を下り一端河口湖におりた私は冨士吉田経由で花の都公園に再び戻ってきました。
多分、富士山が撮影できるのではという予感があったのです。

白虹
白虹 初めて撮影しました。もう少し早くこれたらもっとすごかったらしいですが仕方ないですね。

朝靄の中から姿を現す富士山
朝靄の中から姿を現す富士山 冠雪とひまわり畑の写真は珍しいでしょう。本当は天の川とあわせたかったですが朝靄の写真となりました。
紅葉の季節の始まり
紅葉の季節の始まり 美しい季節の始まりですね。

さあ、仕事、仕事。

富士吉田市、歴史博物館と鏡山(かねやま)の滝の撮影です。
田貫湖、精進湖、河口湖と回ってきてこの地に。理由は3時半に山中湖でダイヤモンド冨士狙いだからです。

歴史博物館の紅葉回廊
歴史博物館の紅葉回廊 昨年は雨でしたが陽光に照らされた風情もいいですね。
古民家と美女
古民家と美女 素敵な光線のなかで女性撮り。
鏡山の滝
鏡山の滝 歴史博物館から道路を隔てた鏡山の滝。
二時の虹
二時の虹 初めて滝のある場所で虹を撮影しました。結構狙っていると難しいものです

落ち葉のハーモニー
落ち葉のハーモニー 滝を撮っていると足元で、僕を撮ってくれよと声がしたような気がしました。
記念撮影
記念撮影 山中湖のダイヤモンド冨士は残念ながらくもに覆われて不発。佐野さんはここでさらば!となりました。

でも、撮り馬鹿隊の旅は続きます。

自然の描く、天体ショー

 そろそろ、朝焼けも終わったことだし「朝飯を食おうよ」と言い合って、集結した私達。でもなんかおかしい。気がついたのは僧兵さん。
彩雲
僧兵「あそこの雲の上に虹が見えます」
伯爵「ほんまや!(いきなりの天体現象で動揺して関西弁)」
雲海に浮かぶ彩雲
雲海に浮かぶ彩雲:この光景は昨日、ホテルが無料で実施してくれたスライド上映会で見た光景。それが撮影できるなんて。
 良く見ると彩雲、円形をして中心に核があるのがわかります。
彩雲と北アルプス
彩雲と北アルプス:スライド上映会でのホテル側の助言は、ホテル職員「こういう光景を見たら、とにかく撮影してください」
 そのこころはこうです。
 風景写真家はとにかく、絵にしようと考える。つまり、①構図を考える、 ②露出を考える、③ピントの位置を考える、④色彩を考える。⑤手振れを考えて念をいれる
 とにかく結構、ない頭で考えるものです。
 その結果、「シャッターチャンスを逃す」というわけで、反射的に写しておきなさいということです。助言がいきました。
光環(こうかん)
光の環
光環(こうかん):彩雲を撮影してホテルに引き上げると、玄関にホテルマンがサングラスをかけて待っていて。
ホテルマンwithサングラス「光環がみえますか?」
伯爵「見えません。どこ?」
ホテルマンwithサングラス「僕はサングラスをしているから見えるけれど」
※・・・ということは、偏光レンズをつければさつえいできるじゃん。
観客「今はあまり見えなくなったけれど、太陽の少し下にいます」
 ・・・ということで、それをヒントに撮影します。
 RAW,偏光フィルタ、12~24mmのレンズで撮影。現像してみて大成功!みえました光環(こうかん)の再現に成功。
  • Nikon D700
  • Nikkor 12~24mm (16mm相当)F4 PLフィルタ
  • F16 1/800秒 ISO200
  • 三脚 ベルボン645
  • 撮影日 2009年12月27日 8時ころ RAW
自然の厳しさを知る
 快適なホテルにいると、ここが厳冬の山であることを忘れてしまいます。
厳冬の山頂
王ヶ頭山頂:油断しちゃあいけない。ここは・・と思ってそここを観察すると色々発見できます。
風雪
風雪:あった、あった。こんなのが。本当は名前があるのだろうけれど、でも凄い。雪が強風で煽られてこんな風に岩にへばりついていたりする。
風紋
風紋:こういう風景は誰も撮影しないけれど自分は大好き。砂丘できた風紋と同様に雪原にもこんな造形を風は残してくれていた。
自然は凄い

="明日に架ける橋

 11月後半に秋田県横手市で虹を見ました
明日に架ける橋
"明日に架ける橋:強く振っていた氷雨があがって美しい虹が田園地帯に出現しました。
2009年は有難うございます =感謝=
 皆さんのお陰をもちまして、例年になく忙しく、かつ、楽しい日々を過ごさせていただきました。本当に有難うございます。感謝申し上げます。
  • 大瑠璃セレクションのお客様有難うございます。
  • 講演、コンサルテーションのお客様有難うございます
  • ITリーダ塾の皆さん有難うございます
  • 経営革新塾・創業塾のお客様有難うございます
  • 写真撮影隊の皆さん有難うございます
2010年も宜しくお願いします!
不況といわれますが、やまない雨はない

カテゴリ

ウェブページ

links