地方の文化の最近のブログ記事

長野県の撮影から舞台は八ヶ岳にうつします。その前に美味しい食事会を八ヶ岳倶楽部で行います。
八ヶ岳倶楽部の紅葉
八ヶ岳倶楽部の紅葉 午後の逆光を浴びて綺麗に輝きます。
八ヶ岳倶楽部と撮り馬鹿隊
八ヶ岳倶楽部と撮り馬鹿隊 リラックスした時間が流れます。
きのこのパイ包み
きのこのパイ包み 美味しゅうございました。
フルーツティー
フルーツティー たっぷりなフルーツが入っています。どのテーブルでも頼まれていますね。
あるグループはフルーツをほじりだして食べていました(本当)
最後の一滴まで
最後の一滴まで 少しずつ味が変化するフルーツティ、最後の一滴まで飲みたいですね。
英気を養う撮り馬鹿隊
英気を養う撮り馬鹿隊 さあ、八ヶ岳でひと撮影!

なにが撮れるのか!

韮山反射炉があることは知っていました。また最近世界遺産に登録されたことも誇りに思います。
しかし、撮り馬鹿隊なので、ネーチャーに興味があったため未訪問でいました。

世界遺産韮山反射炉
世界遺産韮山反射炉 伊豆の国市韮山にあるこの反射炉は製鉄に使われました。この世界遺産の利用目的はあまり知られていません。
反射炉の利用目的
反射炉の利用目的 なぜ製鉄かというと、反射炉の企画者である江川英龍は大砲や鉄砲の鋳造の目的にこの施設の建設を計画したのです。その発端は「アヘン戦争」だということです。
国の危機を事前に察知して、先に行動をうつ。そんな計画だったのでしょうね。
江川家というのは、源頼朝の挙兵に功労があっということでこの地の代官を世襲で納めることを許された家系です。英龍こと江川太郎左衛門はこの36代目なんです。

国難に先立ち、先手を打って兵器開発をする目的の韮山反射炉
国難に先立ち、先手を打って兵器開発をする目的の韮山反射炉 なんだか。当時の明治維新直前の状態と今の状態似ていませんか。そう思うのは自分だけだろうか。
おりしも国会は重大な日本の方向を法律として決議しました。そんな時期とここを訪問したときとは偶然に一致したのです。

韮山の反射炉。ここに観光客が毎日たくさん訪れています。大砲も「へえ~」とか言ってみていきます。でも、もしですよ。これを今作ると国会で決議したらどうなるんだろうかなどとも想像をめぐらせてしまました。

伊豆の温泉に入る
伊豆の温泉に入る 韮山温泉館という260円で入れる温泉によってきました。夕方4時から運営です。入口がちょっとわかりにくいです。
まあ。金額的にぜいたくは言えません。地元にある銭湯の温泉版です。石鹸もシャンプーもありませんから持参してください。

伊豆について、少し知識が得られました。

実は稲葉邸、もう一つの魅力を持っていたのです。それは古雛飾り。江戸時代のお雛様が残っているのです。
食事の後、松田さんのご案内で古雛飾りを撮影しました。
■現代雛
竹雛飾り
竹雛飾り これはこれで壮観です。売り物ですね。
竹雛飾りII
竹雛飾りII しかし、見学者が少ないのが残念。これが京都市内だったら、すごい人出だろう。
情報発信も工夫がいることでしょうね。

■古雛飾り
古雛飾り
古雛飾り やはり昔のお顔をされています。
古雛飾りII
古雛飾りII こちらのお顔は少し端正です。
こんな撮影をしていると館長らしき人が「稲葉邸分家に連れて行ってあげる。あそこにはすごいのがある」と。時間が50分ほどあったのでついてゆくことに。

■稲葉邸分家 もとは酒蔵だったそうですね。上品なご婦人の丁寧な対応を受けました。有り難うございます
由緒ある金屏風と雛飾り
由緒ある金屏風と雛飾り 実はこの雛飾りすごく由緒あるもの、NHKが大河ドラマで使いたいから貸してくれと言って断った物件だとか
稲葉分家の古雛飾り
稲葉分家の古雛飾り アップにしてみました。

なかなか見れないものも見て眼福です。松田さんに久美浜駅までおくって頂き、西舞鶴軽油で静岡に帰ります。

お腹がすいたので八ヶ岳倶楽部によってランチをすることに、ここは俳優で日本野鳥の会の会長の柳生博さんのショップです。
カラマツの落ち葉を踏みしめて
カラマツの落ち葉を踏みしめて お店に入ります
干し柿が陽光に輝きます
干し柿が陽光に輝きます 
パスタ、パイ、サラダを4人でシェア
パスタ、パイ、サラダ、ソーセージを4人でシェアしました。
デザートはフルーツティ
デザートはフルーツティ 1750円で2人前、3~4人前を頼みます。リンゴ、みかん、苺、ライチ、檸檬、メロンなどがふんだんに入っています。
時間経過が楽しめるフルールティ
時間経過が楽しめるフルールティ 

4人でシェアしたので、それぞれ2000円ですみました。
ここから運転手が交代となって、石澤さんが運転手となります。八ヶ岳→韮崎→甲府市→八代→精進湖です。
精進湖からの富士山
精進湖からの富士山 富士五湖のなかでここだけが見える状態でした。天候悪化予報のわりにはラッキーだと思いました。
ここで1時間後の夕焼けを待つことにします。

結果は微速度撮影動画(タイムラプス)でどうぞ。

仲間のおかげで良い旅でした。お疲れ様でした。

静岡流通センター夏祭りが8月30日土曜日に開かれました。昨年は日にちを忘れていていきわすれ。今年は手筒花火を撮影していないので、ここで撮影しようと思いました。
午後5時半に夕食を食べ、6時過ぎに自転車にのって40分。静岡の東の果てに静岡流通センターがあります。

観客は多いけれど手筒花火の撮影者は少なく、場所取りをまず行いました。先着している人の視界を遮らず、三脚を据えられてかつ自分の撮影スペースを安全地帯に確保すること。手筒花火は破片が飛んでくるので立ち入り禁止エリアができます。

爆音戦隊駿府レンジャー
爆音戦隊駿府レンジャー 場所取りを終えたら、腕試し。花火の直前に行われる爆音戦隊駿府レンジャーのライブコンサートを撮影です。機材はNikon D800+80~400mmズームレンズ。このレンズはこの撮影用にもってきたのではなく、場所取りに失敗した場合、遠距離からでも手筒花火が狙えるためにもってきていました。
爆音戦隊駿府レンジャー
爆音戦隊駿府レンジャー この三人にドラムとあと、良く意味のわからない女性が1人。
ギターソロの場面
ボーカルと、リードギターソロ ああああぁ~♪ ターザンのような声が響きます。
となりのおねーちゃんの連れていた犬
となりのおねーちゃんの連れていた犬。犬が私にじゃれついたので会話が生まれました。そこで105mmマクロレンズでわんこをとってあげました。彼女は暗いせいか私のことをもう少し若い人と勘違いしてたようです。

さあ、手筒花火の時間がまじかです。

葉桐社長にご案内いただきまして、 標高800m東頭(とうべっとう)の天空の茶園でミニ茶会をやってまいりました。
静岡市葵区玉川
静岡市葵区玉川です。静岡市市街地から1時間強。ここからは自動車は登れないので登山道もしくはモノラックでゆきます。この時点で標高が650mです。

モノラックで登山する様子は動画でお楽しみください。あまりの急こう配(650mから一気に150m昇ります)。三脚持って動画撮影、モノラックの後ろの壁にひっついて、落ちないようにしていました。
標高800m東頭の茶園です。
標高800m東頭の茶園です。
氷水を使って、東頭(日本茶)の茶会のはじまりです
氷水を使って、氷水出しの東頭(日本茶)の茶会のはじまりです
東頭のミニ茶会。お茶受けは黒やっこです。
東頭のミニ茶会。お茶受けは黒やっこです。 この日は曇り、でも蒸し暑かったです。お茶がさわやかで甘露でした。

葉桐社長有難うございます

出張で熊谷市に泊まりました。午前中、時間が合ったので熊谷市聖パウロ寺院を訪ねました。
熊谷は全国で一番暑い町です。この日もよい天気、めちゃくちゃ暑くなってきて重いカメラバッグが肩に食い込みます。
聖パウロ寺院
聖パウロ寺院 バラが見ごろでした。聖パウロ寺院は市民に公開していてなかがみれる珍しい宗教施設です。
協会の礼拝室
協会の礼拝室 ひんやりして気持ちがいいです。
c
協会の礼拝室 祭壇は登壇禁止です。下から撮影します。
パウロ寺院のステンドグラス
パウロ寺院のステンドグラス 結構、撮影が難しかったです。逆光の撮影ですから。
サボテンの花
サボテンの花 道を探していたときに気がつきませんでした(不覚)。集合時間も迫っているから、食事もあるし、駅に戻ります。
かもつけ蕎麦
かもつけ蕎麦 つけものや、デザートもついていました。おいしゅうございました。

この後、熊谷市商工会で仕事させていただきました。

葵タワー25F フレンチレストラン 最上階スカイレストラン「ヴォーシエル」で撮り馬鹿隊と友の会の新年会が行われることになりました。
お料理以外に実は楽しみがありました。
葵タワー25Fからの夜景
葵タワー25Fからの夜景 国道一号線です。結構カーブしているものです。この日は富士山側が他のグループで抑えられ得ていて撮影不可でした。
静岡駅の夜景俯瞰
静岡駅の夜景俯瞰 南東の静岡駅方面はこんな感じです。
高いと思った駅南のビル群も見下ろす感じになります。
撮り馬鹿隊、撮影スタイル
撮り馬鹿隊、撮影スタイル 簡単そうに見えて、高層ビルからの夜景撮影は難しい。特に光害。ガラスに写る光が大敵です。撮影のポイントは以下の通りです
【撮影のポイント】

  1. 三脚必須
  2. バルブ撮影(マニュアルの低速撮影)
  3. できればレリーズも欲しい
  4. シャッター速度は問題がなければ40sくらい
  5. 光害を防止するために頭からすっぽりコートで隠す

飲み放題コースで5800円
飲み放題コースで5800円となりました。味噌田楽+日本酒で5,500円と比べたら各段のリーズナブル。

この話の真相はこんなこと

  1. 豊橋で5年ほどまえに白井さん、伴さんら6人で飲みました。
  2. 場所は豊橋の味噌田楽の名店、きく宗です。
  3. 日本酒を飲んだら価格が跳ね上がり5500円になりました。
  4. この金額が高いか安いかでいまだに白井さんと議論になっています。

乾杯「撮り馬鹿隊+駿河・三河友の会合同新年会」
乾杯「撮り馬鹿隊+駿河・三河友の会合同新年会」 さあ、5800円飲み放題でどんなお料理が出てくるのでしょうか!

楽しみです。明日をご覧ください

豊橋市で炎の祭典(手筒花火)があるので、浜松の講座終了後、みなさんと新幹線に乗って豊橋駅まで。
パンツ屋さん一党は仕事が忙しいので私、中古パソコン屋さん、箱屋さん、Sさん、餃子屋さん、木仙人さん、松井額縁さん、大森さんの8人でゆきます。
場所は豊橋野球場。重い荷物を駅のコインロッカーにおいて、ビール電車にゆられて球場前まで。すでにチケットが500円で購入されていて、中に入ります。
台風前の夕焼けぞら
台風前の夕焼けぞら 怪しい筋雲が夕焼けを飾ります
炎の祭典
炎の祭典の開始です。しかし、特等席を占める方型の携帯電話撮影が写り込むのが難点で、400mm撮影でもこんな感じ
大会場で手筒花火の撮影は難しい
大会場で手筒花火の撮影は難しい 前にも陣取ったカメラマンがいてその頭の隙間からの苦しい撮影。
手筒花火のハネ
撮影のくふうをして何とか。
手筒花火は最後に末尾部分を破裂させて終了します。これが、クライマックスですね。

撮影は終了ですが、会場から抜けた人で路面電車がの列をなして乗れません。徒歩で豊橋駅まで。
豊橋駅前、一福食堂で一杯。
豊橋駅前、一福食堂で一杯。 岐阜県チームはここで離脱。残ったメンバーで一杯やりました。

お疲れ様です。帰ったのは午後11時でした(汗

人ごみは嫌いですが、ガンモバーガーさんが出店されるというので、散歩がてらにいってきました。
ガンモバーガー安部夫婦
ガンモバーガー安部夫婦 いきいきと働いていらっしゃいました。
お客さんの少年
お客さんの少年 親御さんに許可を得て撮影させていただきました。
子供「なんに使うの?」
伯爵「ホームページだよ」
子供「え~っ、俺が有名になっちゃっう~」(笑い
ジャグリングする子供
ジャグリングする子供 おだてて、ジャグリングをやっていただきました。
ご当地アイドル「私の富士山」
ご当地アイドル「私の富士山」をうたうユニット ひとだかりが出ていて、あきらかにお宅の方が、ビデオで撮りつつ、お宅独自のエールを送っていました。

カテゴリ

ウェブページ

links