父母の最近のブログ記事

5月13日休日に「母の日」食事会を行いました。娘二人はすでに大学生で上京しているため、私夫婦+父母4人です。
場所は静岡市葵区の回転寿司ごえもんです。
母の日に父母と食事会です
母の日に父母と食事会です、ごえもんは回転寿司のわりに品質がよく美味しいお寿司屋さんです。
静岡の初夏の味覚生桜えびの軍艦です
静岡の初夏の味覚生桜えびの軍艦です。私以外は、普段食べ慣れているらしく注文しませんが、他県の方は珍しいのでわたしがかわりに注文して差し上げて、試食します。
静岡の代表的味覚キンメダイ
静岡の代表的味覚キンメダイ すこし脂のノリがいまいちでしたが美味でした。
はまぐりのお吸い物
はまぐりのお吸い物 母と妻はアオサ海苔の味噌汁、父はあら汁を頼みました。私は肝臓によいはまぐり。貝の旨味がたまりません。
ごえもんの寿司
ごえもんの寿司 GWのあとということもあってかネタがいまひとつですが、まあ、お腹いっぱいになりました。
4にでしっかり食べて、一人1500円ちょっとでした。
バラをプレゼント
バラをプレゼント よる散歩していると、花の半額セールをやっていました。バラの鉢植えが1鉢1000円で入手出来ました。母にプレゼントしたら大変よろこばれました。

父母も元気なので、私もありがたいです。感謝。

5/15の富士山
5/15 駿府公園からの富士山:駿府公園が改修されて富士山が見やすくなりました。 ここは昔,
「やすらぎの塔」広場といって、戦災でなくなった方を慰めるための慰霊塔があった広場です。
 その広場からみた富士山。人工物はありますが、適当に撮影するには幸便です。午前中は特に 快晴で、こんなに綺麗に撮れるんだったら、富士山と新幹線の写真をこの時間帯に撮ればよかった。
母の日の食事会を、静岡市の寿司幸で
5/15 母の日の食事会を静岡市、寿司幸(すしこう)で:母の日のろくなプレゼントもしなかったので、 寿司幸に両親をご招待して、食事会をやることにしました。
私は午後から富士市に新幹線と富士山の撮影に出ていて、なんとか遅刻せずにもどってこれました。
静岡、寿司幸の寿司
5/15 静岡市、寿司幸(すしこう)の寿司:いつも思いますが 地の魚をうまく食わせてくれる寿司屋、そして、高すぎず、安すぎずの寿司屋がいいですね。 最近ダイエットしているので、たくさん食べられなくなっています。6人で19000円でした。 まずまず納得ですし、美味しかった。父も母も喜んでくれました。
 今年は桜海老の軍艦がなくて残念でした。
お得です、寿司幸

父母の肖像2010

| コメント(46) | トラックバック(0)

父母を撮影する

 以前、静岡県袋井市にある、可睡ゆり園のフォトコンに二年連続で入選という話しをかきましたが、そのあたりから家族の私の写真に対する考え方が変わってきました。
 妻も「すごいじゃん」。母は「葬式写真を撮ってくれ」という始末です。ただ、母は74歳(現役の仕事人です)、父は81歳。元気であることは間違いないですがなにがあってもおかしくない年齢です。だから、半期ごとに撮影しようかということになりました。
母の肖像

:母は加藤みつといいます、旧制は梅原みつ。静岡県三ケ日での梅原氏の次女でした。西遠女子高校を卒業後、数年の花嫁修業を経て父の元へ。実家は商人として栄えた家でしたから衰退期の加藤家はかなり貧乏に見えたそうです。

 私は父母の長男として生まれました。予定の名前は真造。あんまりな名前だと母が抗議して今の名前になりました。戦争期は苦労して空襲に追われ松菱百貨店に逃げ込もうとして断られ、それが大正解。松菱百貨店は艦砲射撃で倒壊したのでした。


母の笑顔:葬式写真にならないよ、といわれましたが。人はやはり笑っていたほうがいい。梅原家は長男が算盤日本一三連覇をなしたように計算が速い家系です。


 母も算盤初段。記憶力も抜群で、子供の頃はやりにくい母でした。

母の笑顔

父の肖像

:父は加藤光宏といいます。私にとって祖父の加藤鉄太郎とはまの長男としてうまれました。幼年時に肋膜(ろくまく)という肺病を患って、学年が1年遅れています。戦争前の世代でしたから陸士(少年陸軍幹部学校)を希望するも、肋膜の傷が肺に残っていて不合格。

静岡中学、静岡高校から静岡大学、国民金融公庫とすすみます。


 祖父が無くなって祖母を転勤崎に引き取ろうとするのですが祖母が拒否、本人が銀行を辞めることになりました。そこから再び苦労するのです。


父母の人生を見ていて、多くの人に裏切られ、騙され金を取られたりしたりしていますが。いずれの騙した人も末路は哀れ。そんな姿をずっと見続けているので、いまのような性格をした私がいます。
父母の写真を撮る1回目です 2010.08.29

カテゴリ

ウェブページ

links